バンダイ コレクターズ事業部の商品ブランド・魂ネイションズのロボットフィギュア関連商品情報を発信する公式サイトです。


damage

戦闘獣との戦いで、絶体絶命のピンチを迎えたマジンガーZ!
このまま世界は暗黒大将軍の手に落ちてしまうのか!?



00
偉大な勇者、D.C.シリーズに満を持して降臨!
2017年1月に衝撃のデビューを果たした「超合金魂 GX-70 マジンガーZ D.C.」(以下文中「マジンガーZ D.C.」)、6月23日から魂ウェブ商店受注開始の「GX-70D マジンガーZ ダメージver.」に続き、「GX-73 グレートマジンガー D.C.」(以下文中「グレートマジンガー D.C.」)が6月24日ついに店頭発売!マジンガーZを超える性能を持つ脅威のスーパーロボットを、製品サンプルでレビューです。「マジンガーZ D.C.」のレビューと一緒にどうぞ!

mazinger_banner
・ロボットフィギュアブログ「超合金魂 GX-70 マジンガーZ D.C.」

※記事内の「超合金魂 GX-70 マジンガーZ D.C.」は別売りです。


01
本アイテムは「マジンガーZ D.C.」と同サイズ、同フォーマットのパッケージが目印です。数多くのダイナミック作品を手掛けたアニメーターであり、本アイテムの総合監修もされた、越智一裕氏によるグレートマジンガー&鉄也さんの描き下ろしイラストが輝きます。(初回特典付きのものは、箱前面にシールが貼られています)


02
03
梱包時では「マジンガーZ D.C.」同様、細かいパーツは台座の中に収納されています。その中から目の光った「起動フェイスパーツ」「ブレーンコンドル(合体用)」を取り出し、換装・合体させてファイヤーオン!グレートマジンガーを起動させるのは、鉄也さんとあなたの力です!
また、取扱説明書とは別にフルカラー解説書も付属します。永井豪先生のイメージスケッチ、戦いの軌跡と使用した技の解説、本アイテムの開発画稿など、『グレートマジンガー』ファンにとって資料性の高いものとなっています。


04
これが「超合金魂 GX-73 グレートマジンガーD.C.」!
1998年の「GX-02」から19年を経て、グレートマジンガーが超合金魂ブランドに再び登場。マジンガーZよりも鋭角的に、よりマッシヴになった全身のフォルムを、D.C.クオリティで完全立体化です。1年以上放映したTVアニメ、複数の劇場作品に登場したグレートマジンガーには様々な作画バリエーションが存在しますが、本アイテムはそれらを総括したイメージと仕様で商品化されています。


05
0708
スクランブルダッシュの表裏での色の違い、青い手足など「マジンガーZ D.C.」から受け継いだアニメ再現度の高さはそのままに、腕のフィンや指関節の黒など「グレートマジンガーならではの彩色の違い」も完全再現。ふくらはぎ裏の補助翼も、差し替え無しで展開・収納を可能にしました。番組初期に見られた「収納状態のスクランブルダッシュ」も付属します。


06
20
スクランブルダッシュも翼パーツが全4枚付属し、差し替えによって前進翼/後進翼の状態をそれぞれ再現。また映画『グレートマジンガー対ゲッターロボ 空中大激突』に登場したグレートブースターも付属します。


09
マジンガーZ以上に複雑なデザインの頭部も、設計用3Dデータに越智氏が修正を入れていく形で立体化。曲線の微妙なカーブや全体のバランスなど、アニメのイメージを可能な限り立体で再現しています。2種付属するブレーンコンドルのキャノピー部分も、合体用はクリア、単体では水色に塗装、とそれぞれに合わせた仕様となっています。

10
11
12
14
パーツの差し替えで「アトミックパンチ」「ドリルプレッシャーパンチ」「ネーブルミサイル」「ニーインパルスキック」「バックスピンキック」が再現可能!肩装甲、ひざ裏の装甲はポージングに合わせて可動し、腰装甲を差し替えることで太ももをより高く上げることが出来ます。「マジンガーZ D.C.」で培われた可動範囲の広さは、多彩な技を持つグレートマジンガーでさらに活用されています。

17
18
13
グレートマジンガーを象徴するもうひとつの武装「マジンガーブレード」も2本付属。こちらはTVアニメをイメージしたカラーリングです。
「グレートブーメラン」は、本体の胸部高熱版を外すと内部のスプリングによって自動的に穴が埋まる、取り付ける時はそのまま挿す構造になっています。パーツを外しても劇中のイメージを大きく崩さない、これも「D.C.」で初めて実現したポイントです!


15
16
そしてグレートマジンガーの代名詞といえば、天を指差し稲妻を呼ぶサンダーブレーク!
うなじアーマーを首と背中の隙間に入れることによって、頭部を真上に向かせられます。これでサンダーブレークのポーズはもちろん、飛行ポーズなどもアニメのイメージに近づけてポージングできるのです。


21
22
ディスプレイ台座は「マジンガーZ D.C.」と同じ仕様のものが付属し、。本体を固定するスタンドも、2種のアーム×2種の先端パーツで組み合わせられます。収納状態のスクランブルダッシュを背中に装着した状態でディスプレイしたい場合は、先端をクリップにして腹部を固定(画像右端)するのがオススメです。


23
24
「グレートマジンガー D.C.」には初回特典として、「マジンガーZ D.C.」とともに使える「握手用右手首パーツ」が各1個付属!実際にこの2体を並べてみると、身長差だけでなく体格や顔つきといった、それぞれの個性がきちんと反映されているのがよく解ります。
超合金魂20周年を迎えた2017年に「マジンガーZ D.C.」が誕生し、空から攻める「対デビルマンオプションセット」(魂ウェブ商店/受注終了)があり、戦闘獣にやられた際の「ダメージver.」が商品化決定……となったら、当然このシーンの再現は絶対に欠かせないのです!


6月は24日に「グレートマジンガー D.C.」店頭発売、同日に「マジンガーZ D.C.」再販、6月23日には魂ウェブ商店「対デビルマンオプションセット」の発送(予定)と、ダイナミックなアイテムが続々集結!「ゲッター1 D.C.」「マジンガーZ D.C. ダメージver.」とこれからもリリースが続きますが、まずはこの2体で超合金魂の最新技術をご堪能下さい!


26
27
「超合金魂 D.C.」シリーズでは、「GX-73 グレートマジンガー D.C.」と「GX-74 ゲッター1」の2体をご購入&ご応募頂いた方に「ダイナミック三連格納庫」をプレゼントするキャンペーンを開催予定!
3個1セットの組み立て式で、「マジンガーZ D.C.」「グレートマジンガー D.C.」「ゲッター1 D.C.」が台座ごと格納できます。まずはこの2体を格納してみました!

格納庫のイラストは、『マジンガーZ』をはじめ数々の東映アニメーション作品で美術監督を務めてきた辻忠直氏による描き下ろしです。越智一裕氏のタッチを立体再現した「超合金魂 D.C.」シリーズと、辻忠直氏の背景が奇跡の邂逅を果たします。格納庫については、7月の「ゲッター1 D.C.」発売前により詳しくご紹介しますのでお楽しみに!



【「ダイナミック三連格納庫」キャンペーン詳細はこちら】

※詳しい応募方法は、各商品同梱の「キャンペーン申込み方法のご案内」でご確認下さい。
※本キャンペーンの対象商品は「GX-73 グレートマジンガー D.C.」「GX-74 ゲッター1 D.C.」の2商品です。「GX-70 マジンガーZ D.C.」(再販分含む)は対象外となります。


shoutenbnr
「超合金魂 GX-70D マジンガーZ ダメージver.」魂ウェブ商店で6月23日から受注開始!



©ダイナミック企画・東映アニメーション


16
コミック『真マジンガーZERO対暗黒大将軍』(秋田書店刊)にて初登場、2017年2月発売の『スーパーロボット大戦V』へも衝撃の参戦を果たした「マジンガーZERO」が、満を持してスーパーロボット超合金にラインナップ!神も悪魔も超越した、禍々しいデザインやフォルムをボリューム満点で立体化です。5月27日発売直前に、製品サンプルを撮りおろしでご紹介!
そしてレビューの最後には、忘れてはならない「偉大な勇者」の最新情報も掲載!


01
02
3月に発売された「マジンエンペラーG」同様、スーパーロボット超合金シリーズの中でも大型なパッケージが特徴です。内容は本体・各種手首パーツ・ZEROスクランダー・アイアンカッター等とシンプルですが、非常にボリューム感のある仕様となっています。


03
全てをZEROに還す、唯一無二のスーパーロボット・マジンガーZERO!
スーパーロボット超合金にて堂々の初立体化!マジンガーZERO本体は全高約165mmですが、背負った真紅のZEROスクランダーがご覧の通りのデザインなため、立たせた際の存在感は凄まじいものがあります。


04
0506
他のマジンガーZとは一線を画す頭部のデザインもここまで再現!緻密な造形とメタリック塗装でこのデザインが立体となった様は、『マジンガーZ』シリーズのファンなら必見です。他にも胸の放熱板の形状や腹部のディテールなど、立体になることで禍々しさがより際立たせられています。頭部のパイルダーは取り外し可能です。


07
08
上腕に取り付けるアイアンカッターは大小2個ずつ付属。こちらも曲線を多用した、今までに類の無い複雑なデザインとなっています。付属の「握り手」「開き手」パーツと組み合わせて、マジンガーZEROの勇姿を再現!


12
アイアンカッターの取り付け部分(上画像赤部分)は、手首と前腕から独立して360度回転するため、本体のポージングに合わせてアイアンカッターの角度を変えることが出来ます。また、スクランダーを外した際に見える背中の面構成の細かさも見どころの一つです。


09
10
下半身や肩、体幹の関節にはダイキャストが使用され、重厚感を感じさせるとともに安定したポージングを実現。腹部、股関節、足首に引き出し機構があり、見た目から想像出来る以上に広い可動範囲を誇ります。つま先とかかとの別パーツ化、ひざを曲げた時に露出する関節のディテール&メタリック塗装と、可動と外観の両立のために随所に小技を効かせてあるのがポイントです。


11
付属のジョイントパーツを使うことで、別売りの「魂STAGE ACT.5 forMechanics」にも対応。戦いのフィールドさえも吹き飛ばす強さのマジンガーZEROを、浮かせてディスプレイさせることができます。

13
14
そして、大きな「ZERO」をかたどった「ZEROスクランダー」が本アイテムの最大の特徴です!マジンガーZERO本体の背中からは着脱が可能で、こちらも別売りの「魂STAGE ACT.5 forMechanics」を使用することで、スクランダー単体を浮かせて飾ることも可能です。


15
ここで「魂STAGE ACT.5 forMechanics」(別売り)を2個用いて、マジンガーZERO本体を奥に、ZEROスクランダーを手前に置いて、コミックス4巻の「ZEROスクランダーの上に乗るマジンガーZERO」のイメージを再現してみました!
上画像は遠近法を使ったトリック撮影ですが、この後のグレートマジンカイザーとの対決~まさかのアイツが大活躍をイマジネーションさせる遊びが出来ますので、ぜひお試し下さい!
※上画像は、撮影のために演出を加えています。実際の商品でマジンガーZERO本体をZEROスクランダーに乗せることは出来ません。


16
全てを破壊しZERO<原初>に戻す力を持つマジンガーZERO。その強大さには誰もついていけないのか――!?

いや!我々にはまだあの男が居る!!



17
剣鉄也!!そしてグレートマジンカイザー!!


18
ZEROの伝説は「偉大な皇」に続く!
明日5/26(金)16時から魂ウェブ商店で「グレートマジンカイザー」が受注開始!
5/27(土)の「スーパーロボット超合金 マジンガーZERO」発売前に、このアイテム展開因果律から振り落とされるな!


great_kaiser
魂ウェブ商店「スーパーロボット超合金 グレートマジンカイザー」受注ページ



「スーパーロボット超合金 マジンガーZERO」商品詳細ページ


©Go Nagai・Yoshiaki Tabata・Yuuki Yogo/Dynamic Planning

0517_0004
リル・ドラケン&ミサイルポッドのサンプルが到着!
早速リル・ドラケンからチェック!



0517_0004_2
機首のセンサー部分はクリアパーツで再現!



0517_0004_3
スタンドとリル・ドラケンを繋ぐジョイントパーツ。
基部にボールジョイントを使用しており角度の調整が可能。



0517_0006_2



0517_0006
劇中では見る事が無かった3機の駐機状態も再現可能
トリプルテイクオフを決めろ!!



0517_0005
最終話の戦いを再現すべく展開状態のシールドに加え、
アサルトソード DAS-03k 通称ドラケンファングも新規造形で付属。



90度折りたたんだ翼を保持する専用パーツも付属。
翼を挟んでロック穴に取り付けます。
0517_0001 0517_0002
▲背面からこのように保持します。


0517_0003


「DX超合金 Sv-262Hs ドラケンIII(キース・エアロ・ウィンダミア機)用リル・ドラケン&ミサイルポッド」は
5月22日(月)23時締切です!!お買い逃しなく!
0517_0006
※画像内の「DX超合金 Sv-262Hs ドラケンIII(キース・エアロ・ウィンダミア機)」は別売りです。


0517_0006


©2015 ビックウエスト

wt_rogo

バンダイ コレクターズ事業部が贈るハイターゲット向けフィギュアブランド『TAMASHII NATIONS』のブランド発足10周年を記念し、1年間で世界10都市を巡る
「魂ネイションズ 10th Anniversary WORLD TOUR」(以下文中「ワールドツアー」)が現在開催中!2016年12月にブラジル・サンパウロ、2017年2月に香港で開催され、今後も各地で驚きの新アイテムをお披露目予定です。
そしてワールドツアーは、2017年4月29~30日にニューヨーク、5月27日~28日に大阪・梅田に上陸!その後メキシコシティ、中国、台湾、フランス、スペイン、イタリアの開催が予定されており、ニューヨーク以降の上記各会場では、開催記念商品もご用意しております。

PKG集合写真
こちらが全9種(「聖闘士聖衣神話APPENDIX 黄金聖衣オブジェ WORLD TOUR Ver.」は1種とカウント)の開催記念商品。 各ブランドの特色を活かしたパッケージの上に、ワールドツアービジュアルをイメージした特製スリーブを被せた仕様となっています。ニューヨーク会場からの発売開始前に、製品サンプルを撮り下ろし画像でご紹介しましょう!


スーパーロボット超合金 真マジンガーZ ゴールド Ver.
01
スーパーロボット超合金からは、2009年のアニメ作品「真マジンガーZ」がワールドツアー開催記念商品にラインナップ。パッケージも黄金のマジンガーZが全面にあしらわれた特製仕様です。

02
全身を黄金に輝かせ、鋼の魔神「スーパーロボット超合金 真マジンガーZ ゴールド Ver.」降臨!全身にまばゆいメッキ加工が施されており、箇所によって金の色味が変えられています。ホバーパイルダーももちろん金色となり、着脱も可能です。

03
05
04
ゴールドver.となり、背中にゴッドスクランダーを携えた姿も神々しさが何倍もアップ!ゴッドスクランダーは展開・可動し、絢爛豪華なディスプレイを楽しむことが出来ます。背中のブースター3基は可動し、角度が変えられます。


06
07
ゴッドスクランダーを外しても、特別仕様の豪華さは満点です。胸部を引き出すことで体幹部分の可動範囲が広がり、マジンガーZ本体のアクションもさらにダイナミックになります。また各種手首パーツを使用することで、劇中の様々なシーンを再現できます。付属のジョイントで、別売りの「魂STAGE ACT.5 for Mechanics」にも対応。飛行シーンなどでもディスプレイ可能です。


08

■スーパーロボット超合金 真マジンガーZ ゴールド Ver.    販売価格:9,000円(税込)


これらワールドツアー開催記念商品は、ニューヨーク、大阪、メキシコシティ、中国、台湾、フランス、スペイン、イタリアの各開催会場にて販売されるスペシャルなアイテムです。イベント最新情報は、魂ウェブをはじめとした公式サイトで随時お伝えしていきます。
皆様のご来場、心よりお待ちしております!


【魂ネイションズ 10th Anniversary WORLD TOUR 公式サイトはこちら】

※イベント概要、商品購入方法については公式サイトをご参照下さい。
※開催記念商品の一部は、イベント終了後各国の「魂ウェブ商店」等でも販売を予定しております。
※画像は試作品を撮影したものです。実際の商品とは異なる可能性があります。


©2009 永井豪/ダイナミック企画・くろがね屋

00
好評展開中のHI-METAL R 『超時空要塞マクロス』シリーズに、「MBR-07-MKII デストロイド・スパルタン」「ADR-04-MKX デストロイド・ディフェンダー」が登場!そこで今回は2017年5月発売の「スパルタン」の試作品撮り下ろし、8月発売の「ディフェンダー」の商品詳細を改めてご紹介します!
※画像は開発中の試作品を撮影したものです。実際の商品とは少々異なります。
※記事内の「魂STAGE ACT.5 forMechanics」は別売りです。



01
02
こちらが「HI-METAL R スパルタン」のテストショット。これが無塗装の状態で、機体色のダークグリーンと関節部のグレーは成型色で再現されています。機体コンセプトや駆動構造など04系列と07系列の違いが、立体になると一段とよく解りますね。本アイテムでは設定を忠実に再現しつつ、各部にディテールを追加して立体での見映えも追求されています。

03
0405
足裏、ひざ、ひじ、腰、肩などにはダイキャストパーツを使用。スパルタンのボリューム感溢れるデザインと、ダイキャストの重厚感が非常にマッチします。この「無骨でずっしりとした質感」の再現こそ、デストロイドシリーズならではのポイントです。スマートなVFシリーズとはまた一味違う魅力を、ぜひ実物でも味わって下さい!


0807
06
そして劇中では宇宙戦闘だけでなく、ゼントラーディの鎮圧といった一風変わった任務にも就いたスパルタンは、HI-METAL Rになっても様々なアクションを見せてくれます!腰は360度回転&引き出し型関節で、深く前屈させることも可能です。前屈腕・足の可動範囲も見た目以上に広く、敬礼ポーズだってこの通りです。

09
特徴的な五指のマニピュレーターは、フォルムを重視するために差し替え式で再現。棍棒を持たせられる握り手、自然に下ろした手、力強く開いた手の3種手首パーツが付属します。

10
次に、塗装まで施された工場試作品(画像左)も並べてみましょう。成型色、造形、素材で仕様を整えた上に塗装とマーキングが加わると、さらに映像のイメージへ近づいていくのがよく解ります。

11
露出していた足首のダイキャスト部分は塗装され、ナンバリングやマーキングはタンポ印刷で再現されています。背中のダクト類やエンジンカバーも、塗装されると印象が全く異なります。

12
13
対空レーザー機銃は角度が変えられ、肩・胸ハッチを開けると、連動して内部のロケット弾やガンクラスター砲身がせり出します。武装部分だけでなく、ハッチの裏にもディテールが入っているのも要チェック!

14
マルチな活躍を見せたスパルタンは、HI-METAL R でも劇中の様々なシーンを再現しつつ、ダイキャストの重厚感も楽しめる、非常に高いプレイバリューのアイテムとなっています。量産機とはいえ、アイテム単体として非常にこだわりをもって開発を進めているので、5月の発売の際にはじっくりと遊んでみて下さい!


01
02
そして対空遠距離攻撃の要「デストロイド・ディフェンダー」が、3月27日から一般店頭予約開始!
こちらのアイテムも設定を忠実に再現しつつ、アクションフィギュアとして見ごたえ、遊びごたえのあるモデルになるよう開発を進めています。

04
高精細カメラアイのスライド昇降、コクピットカバーの開閉、マガジンパーツの交換など、設定にある様々なギミックを立体で再現。上述の「スパルタン」と同じく、足裏、股関節、肩関節にはダイキャスト素材が使用され、「スパルタン」にも負けない重厚感とプレイバリューとなっています。

05
06
「ディフェンダー」の特徴である高角速射砲も忠実に再現され、広い可動範囲を持つ肩関節によって様々なポーズがつけられます!



de02
VFだけでなく「リガード」に「モンスター」「スパルタン」「ディフェンダー」と、星間戦争で活躍した『マクロス』メカが揃ってきました!TVシリーズ27話『愛は流れる』のような、統合軍VSゼントラーディ軍の大迫力シーンが再現できるかも?
HI-METAL R で続々展開する『超時空要塞マクロス』シリーズを、今後もお見逃しなく!



【 HI-METAL R ADR-04-MKX デストロイド・ディフェンダー 商品詳細ページ】



【HI-METAL R MBR-07-MKII デストロイド・スパルタン 特設ページ】



【魂ネイションズ マクロスシリーズスペシャルサイト】


© 1982 ビックウエスト

↑このページのトップヘ

 魂ウェブ