バンダイ コレクターズ事業部の商品ブランド・魂ネイションズのロボットフィギュア関連商品情報を発信する公式サイトです。

2016年06月

01
『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』の前半主役機、インパルスガンダムの
バリエーションのひとつである本機が、ついにROBOT魂<SIDE MS>で登場!

3月のトライ品レビューに続き、赤紫のボディカラーも鮮やかに誕生したこちらのアイテムの
製品サンプルをご紹介です。発売に向けて、羽ばたけデスティニーインパルス!


02
03
今回のROBOT魂で「初商品化」となった、デスティニーインパルス!
本編アニメには登場しておりませんが、製造の背景と主役機のバリエーション型ということも相まって
非常に人気が高い機体です。作中で製造された4機のうち、赤紫の機体色が特徴である
1号機が商品化されました。

やはり目を引くのは、背中に装着されたデスティニーシルエットですね。
砲撃から斬撃まで、「いかなる戦況でも活躍する万能型MS」という機体コンセプトが、背中の武装からよく解ります。

04
05
それでは武装をひとつずつご紹介。インパルスガンダムからの標準武装である
「高エネルギービームライフル」が付属。専用の持ち手パーツでしっかりと構えさせることが出来、
両手持ちも可能です。また、スコープ部分も可動します。
※2016/6/30追記:ライフルの説明に一部誤りがあったため、文章を修正いたしました。

06
07
ソードシルエットの「剣」を受け継いだ「エクスカリバーレーザー対艦刀」は、レーザー部分にクリアパーツを使用!
この二振りを連結させると全長約30cmほどにもなり、必殺の「アンビデクストラスフォーム」が
パーツの差し替え無しで再現できます。
※「魂STAGE ACT.5 forMechanics」は別売です。
08
09
10
ブラストシルエットからコンセプトを受け継いだ「延伸式ビーム砲塔」は、基部のアーム機構によって
肩、腰の両方からの展開が可能。砲口には伸縮ギミックが搭載され、こちらもパーツの差し替え
無しで設定を再現することが出来ます。
(腰から展開する場合は、一度外して付け直す構造になります)

11
前回のトライ品レビューでは、肩の引き出し機構、胸~腰の可動域、股関節の前後スイングなど
柔軟性のある可動構造をご紹介しました。これらのおかげで、上でご紹介した武装の数々も、
劇中イメージに近いしっかりと肩、腰の入ったポージングで遊ぶ事ができます!

2層のパーツからなるデスティニーシルエットは、展開に加え基部が可動するので「翼をはばたかせる」
ポージングを実現。もちろん別売の魂STAGE ACT5.にも対応しております。
14
『SEED』世界のMSと言えば、互換性のある各種バックパックが特徴のひとつ。インパルスシリーズ搭載の
「シルエット」にも、ROBOT魂では遊べる仕掛けが隠されています。
「ROBOT魂<SIDE MS> ストライクルージュ(天空のキラVer.)」(別売)とシルエットが交換できる
パーツが付属し、ストライクルージュ(天空のキラVer.)にデスティニーシルエットを装着、
デスティニーインパルスにオオトリストライカーをそれぞれ装着させることができます。

  1516
17
こちらが装着例!2機ともイメージがガラリと変わりますね。
この交換ギミックは、「ROBOT魂<SIDE MS> ストライクルージュ(天空のキラVer.)」以降に
発売されたROBOT魂『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』シリーズに搭載されます。
7月発売予定の「ガナーザクウォーリア(ルナマリア機)」でも同様に遊べるので、お楽しみに!
※画像内「ROBOT魂<SIDE MS> ストライクルージュ(天空のキラVer.)」は、魂ウェブ商店限定商品です。
現在は受注終了しております。



12
また、今回の「デスティニーインパルス」は店頭販売アイテム第200弾です!
それを記念して、『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』チーフメカ作画監督である
重田 智氏の描きおろし豪華パッケージでの発売となります!!

上画像が、そのパッケージデザイン!重田氏が初めて描いたというデスティニーインパルスが
全面にデザインされ、「R-Number 200」の部分は銀箔押しという特別仕様です。
これは『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』ファンには見逃せない!


13
コズミック・イラの戦いの裏で生まれた、インパルスとデスティニーを繋ぐ万能型MSが
6月24日、ついに一般店頭へロールアウト!
パッケージから本体、付属品まで、「R-Number 200」のメモリアルナンバーを冠するにふさわしい
充実した内容となっております。運命の翼で、薙ぎ払えデスティニーインパルス!



ROBOT魂 <SIDE MS> フォースインパルスガンダム



ROBOT魂 <SIDE MS> ガナーザクウォーリア(ルナマリア機)


©創通・サンライズ

16
「Zガンダム」「ガンダムMk-II」「百式」「リック・ディアス」と、リリースが
続いていた『機動戦士Zガンダム』ROBOT魂シリーズに、ついにアクシズの女帝・ハマーン様の
愛機「キュベレイ」が登場!6月17日の発売を前に、商品版サンプルをレビューです!


02
03
それでは、ROBOT魂で降臨した「キュベレイ」の全身像からご紹介!
優美さすら感じさせる、曲面で構成された独自のフォルムを完全再現です。最大の特徴である
両肩のフレキシブル・バインダーはもちろん、足や腕などのフォルムも細いところは細く、広がる
ところは広げて、とメリハリを効かせてあり、立たせた際の存在感を一層際立せます。

0405
0607
大きな曲線を描くフォルムが目を引きますが、その隙間からのぞくメカニック部分も注目!
関節部に見えるスリットや、バインダーの内側、ひじの内側なども、非常に細やかに造形して
あります。このメカニカルさと優美な外見のギャップこそがキュベレイの魅力です!

猫の目のような、特徴的なデュアルアイもタンポ印刷で再現されています。
胸や腰のフォルムをよく見ると、特異なデザインでありながら、一方ではジオン系MSの系譜を色濃く
受け継いでいるのが改めて解りますね。

09
10
同梱のジョイントパーツを使用することで、別売りの魂STAGEにも対応。MS部隊を率いて
優雅に宇宙空間を航行するイメージでのディスプレイも可能です。
もちろん可動範囲も十分に確保されているので、あの「腰に手を当てる」ポーズも出来ます!
※画像内の「魂STAGE ACT.5 forMechanics」は別売です。

両肩のバインダーも、二重ジョイント内蔵で腕から独立してフレキシブルに動きます。開く、閉じる
といったアクションも自由自在で、蝶のように羽ばたくキュベレイの姿を完全再現です。

11
12
13
ビーム・サーベルは長短2種×2本ずつが付属。ビーム・サーベルの柄は取り外しができ、長い方は
バインダーの内側に収納可能です。肩関節には引き出し機構を搭載しているため、長い方の柄で
「ビーム・サーベルの両手持ち」も!

08
また、これらとは別に「手首収納時のビーム・サーベル柄」も別パーツで搭載。劇中ではこのまま
ビーム・ガンとしても使用していましたね。ビーム・サーベルを手首から引き抜く、一連の流れも
再現できます。
(手首のサーベル柄は、ビーム・サーベル(短)を持たせる際には外して下さい)

15
キュベレイと言えばオールレンジ攻撃!
ファンネルコンテナパーツは、通常のものとエフェクト取付用のものが付属します。
エフェクト取付用のコンテナパーツに青いエフェクトパーツ(計6本付属)を挿し込むことで
ファンネル攻撃を立体的に再現出来る仕様となっています。
17
18
19
「このキュベレイ、見くびっては困る!」
キュベレイのオールレンジ攻撃が炸裂!リアスカートから前方へ向かうファンネルの軌跡を、クリア
パーツで立体化してあります。本体のホワイト×ピンクのカラーリングと相まって、とても稀有な
「美しいROBOT魂」となっていますので、ポージングも優美に!華麗に!気高く!ハマーン様らしい
イメージで飾ってあげて下さい!

21
22
そしてキュベレイといえば、百式との因縁の対決!
「ROBOT魂 〈SIDE MS〉 百式」をお持ちの方は、第50話「宇宙を駆ける」をはじめとした、シャアと
ハマーン様の掛け合いがROBOT魂で再現できる!

23
同じく発売済の「ROBOT魂 〈SIDE MS〉 Zガンダム」とも!


20
怪しく咲いた宇宙世紀の華、というべきキュベレイ。独自のフォルムを崩さず、それでいて
「ここが動いてほしい」というポイントを押さえたアイテムとなっております。
特にクリアパーツでのファンネル攻撃再現は、<SIDE MS>シリーズの中でも挑戦的な試みと
なっていますので、是非実物で遊んでみて下さい!



「ROBOT魂<SIDE MS> キュベレイ」は6月17日(金)発売予定!

現在全国のホビー取扱の各店舗様、ネット通販サイト様にてご予約受付中です!


©創通・サンライズ

kaiser_07
ついに降臨!黄金神スペリオルカイザー!
レビュー前編では「SDX スペリオルカイザー」の圧倒的な美しさについて
ご紹介しましたが、今回の後編では変形・合体ギミックについてご紹介!
ロボットアニメの変形シークエンス風に、脳内SEを充てて楽しんで頂ければと思います。
(この記事通りでも変形出来ますが、「カッコいい感じ」を演出した見せ方となっています。
実際の商品では、取扱説明書の順序に従い変形させて下さい)



kaiser_11
まずSスペリオルドラゴンの合体ギミック!
Sスペリオルドラゴンは、肩、足を折りたたむことでスペリオルカイザー
本体へと合体。パーツの差し替え無しでの合体を可能にしました。
スペリオルカイザー本体側にもディティールが造形されており、合体する
「流れ」を目で見て楽しめる隠れたポイントとなっております。

kaiser_12
Sスペリオルドラゴンを、本体側ピンに嵌めます。
この時、しっかりとSスペリオルドラゴンにピンが挿されば、首がせり上がる
ギミックが稼働します。その後、胸アーマーを2段階で閉じるのですが、この時に生まれる
「バシィッ!」とパーツ同士が合わさる「気持ち良い手応え」を体感して頂きたい!
子供の頃の「おもちゃで遊んで楽しい瞬間」を、指先で感じてもらえると思います。

kaiser_13
そしてカイザーワイバーンへの分離&変形!
まず、Sスペリオルドラゴンを本体から取り出し、ショルダーワイバーンを
両肩から外します。

kaiser_14
手首パーツを外し、手甲をワイバーン形態用のもの(画像右)と差し替えます。

kaiser_15
カイザーワイバーンの足となるバックパックを外し、収納していた爪を展開します。

kaiser_16
ガシィィィィンン!!
外したバックパックを、90度回転した手首に装着したーーー!!

kaiser_17
kaiser_18
そして本体を180度回転させ……合体!!
ここで台座用ジョイントと、ワイバーン用ジョイントを交換することで
スペリオルカイザー時の腰部可動をロック!

kaiser_19
kaiser_20
かかとのジョイントを引き出し、つま先にショルダーワイバーンを装着!

kaiser_10_2
胸の下に補助支柱を差し込み、ウイングや足首など各部分を調整して
カイザーワイバーン完成!
kaiser_21
kaiser_22
スペリオルカイザー時の股関節~足可動が、そのまま竜の首可動となるので
迫力あるポージングも自由自在!Sスペリオルドラゴンも、可愛いサイズながら
塗装やクリアパーツの使用など、こちらも高い完成度になるよう仕上げてあります。
カイザーワイバーンにSスペリオルドラゴンを乗せるのもオススメです!


180度回転させての人型→二頭竜と、非常に大胆な変形ですが、こうしてご紹介すると
変形ギミックそのものは「意外とシンプル」なのがお分かり頂けますでしょうか。
変形後の余剰パーツも「手首」「台座用ジョイント」「手甲パーツ」のみとなります。


kaiser_09
現代の技術で、圧倒的な「絶対神」の再現を目指したスペリオルカイザーですが、
従来SDX同様の「手にとって遊ぶ楽しさ」も随所に盛り込んであります!
あらゆる角度から眺めても実感できる神々しさと、大型パーツをガシガシと分離合体
させる快感も持ち併せた「SDX 黄金神スペリオルカイザー」、
受注締切は6月20日23時です!

『SDガンダム』シリーズファンの皆さんはもちろん、ロボットフィギュアユーザーの
皆さんにも、完成度の高さを体感して頂きたいハイエンドモデルです!





「SDX 大福将軍」も好評受注受付中!


©創通・サンライズ

kaiser_01
Sスペリオルドラゴンとカイザーワイバーンが
スペリオルユナイトして生まれた「黄金神スペリオルカイザー」!
現在「魂ウェブ商店」で好評受注中、先日AKIBAショールームで開催された
タッチ&トライ企画で、いち早く触って楽しまれた方も多いこちらのアイテムを
ロボットフィギュアブログでも撮りおろし画像でご紹介です!

やはり他のMS族とは一線を画する神、ということで、2回に分けての「前後編」
ご紹介します。今回の前編では塗装、プロポーション、ディティールなどの
ビジュアル面から「SDX 黄金神スペリオルカイザー」の魅力に迫りたいと思います!
※今回ご紹介するのは工場サンプル品です。実際の製品と一部異なります。

kaiser_02
黄金神スペリオルカイザー、光臨!!
スダ・ドアカワールドを創造した黄金神が今、優雅に翼を広げ目前に……!
スペリオルカイザー本体は全高約19センチ、翼を広げた全幅は約40センチと
このサイズはもちろんSDX史上最大!
物語中でも放たれていた圧倒的な存在感が、現実のものとなり伝わってきます。

サイズが大きいだけでなく、纏う雰囲気もまさに「神」。関節部やカイザーワイバーンの爪部分には
ダイキャストをふんだんに使い、大型ロボット系アイテムならではの重厚感を
手のひらから感じて頂けます。(「METAL BUILD」をお持ちの方は、それをイメージされると
サイズ感や重みが近いと思います)

kaiser_03
「黄金神」スペリオルカイザーですから、ボディの金色の再現、表現はこだわりが
盛り込まれているポイントです!濃淡を変えた2色の金色を駆使することで、
デザインのシャープさや立体感をより強調。当時の元祖SDガンダム版では成型色だった箇所も
SDXでは関節部分以外フル塗装となっており、豪華絢爛な仕上がりです!
差し色の赤と緑も、メタリック塗装を使用し高級感を高めています。

ショルダーワイバーンのガンダムフェイスが「クリアパーツ越しに見える」という
パーツの多層構造からなる演出も、金色表現に並ぶ見どころのひとつです!

kaiser_04
そして元祖SDガンダム世代には、絶対欠かせない要素である「金メッキ」。
胸、肩、ひざなど元祖SDガンダム版の箇所を踏襲しつつ、SDXではつま先、肩の一部
(カイザーワイバーンの角部分)にも追加されています。

kaiser_05
kaiser_06
翼は折りたたむことが出来ますが、折りたたんだ状態もボリューム満点!
先端のパーツ基部にはジョイントが搭載され角度が調節でき、翼を折り畳んだ時も
美しいシルエットになる仕様となっています。

kaiser_07
手首は「握り手」「開き手」の2種が付属し、翼基部、肩、ひじ、ひざ、股関節、尻尾など
本体可動部分も各所に搭載されています。大胆なアクションポーズ、というよりは
やはり神々しくと悠然と構えた、荘厳なポーズが似合いますね。

kaiser_08
本体だけでなく台座も黄金神にふさわしい、豪華なものに仕上げてあります。
「GOLD GOD SUPERIOR KAISER」の名が刻まれた台座は、本体と同様のメッキ仕様。
台座は「METAL BUILD」のものと同じ構造で、角度をつけてのディスプレイも可能です。


そして、SDXでビジュアルご紹介となると、当時からファンを魅了してやまない
新作イラストの数々も欠かせないのですが……

描きおろしパッケージイラストも本日初公開です!



kaiser_pkg1
パッケージ前面は、スペリオルカイザーのデザイナーである
大河広行氏のイラスト!

Sスペリオルドラゴンとの合体、まさに「神」が生まれる瞬間を
ダイナミックに描いた、迫力満点のイラストとなっております。

kaiser_pkg_yokoi2
もう一面には、おなじみ横井画伯!
こちらはSスペリオルドラゴン&カイザーワイバーンのツーショット!

パッケージは現在も開発中なのですが、「このスペリオルカイザーが入る箱」と
ご想像頂けるように、パッケージも従来SDXシリーズに比べかなり大型になります。
ということは、これら描きおろしイラストが超ビッグな状態でお手元に届くということ!
眺めた時の興奮のまま、SDXで遊んで、一緒に飾って頂きたい!


kaiser_09
そんな前面パッケージイラストのイメージで、SDXも撮影してみました!
SDガンダム外伝の中でも、「究極」と呼ぶにふさわしいキャラだけに、単なる立体化では
終わらない「神々しさ」や「絶対的な強さ」も感じられるアイテムとなっています。
素晴らしいパッケージイラストとともに、是非それを感じて下さい!


kaiser_10_2
次回の「後編」レビューでは、カイザーワイバーンへの変形合体など
「SDX 黄金神スペリオルカイザー」搭載ギミックをご紹介します!
飾るだけでもこんなにカッコいいスペリオルカイザーが、どのように変形するのか
手に持って遊んだ時の「おもちゃならでは」のワクワク感をお伝えしますので、お楽しみに!




「SDX 黄金神スペリオルカイザー」受注締切は6月20日23時!




「SDX 大福将軍」好評受注受付中!


©創通・サンライズ

20
「ガンダム!俺に力を貸せ!」

21
「お前もガンダムか!」

2016年6月現在、テレビ朝日系では『機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096』が放映されており
「朝からTVでガンダムUCが見られる」という素晴らしい状況ですね。
魂ネイションズからも、新世代アクションフィギュア「ネクスエッジスタイル」で
「ユニコーンガンダム」「バンシィ」が2ヶ月連続で発売!サンプル品を2体同時にご紹介です!
(上は照明を当て撮影したイメージ画像です。実際の商品は発光しません)

02
『機動戦士ガンダムUC』ネクスエッジ第1弾は、やはり主役のユニコーンガンダム。
全身のサイコフレームを展開した「デストロイモード」での商品化となります。
こちらは5月27日より、現在好評発売中です!

03
続いて第2弾はユニコーンガンダム2号機「バンシィ」。可動やサイズ感など、基本的な仕様は
1号機のユニコーンガンダムと共通ですが、獅子を思わせる大きく開いた頭部ブレードアンテナ
など、全身に禍々しいイメージを漂わせての登場です。こちらは6月10日発売予定!

0405
0607
ネクスエッジスタイルの特徴のひとつである、独自のディティールへとズームイン!
純白のユニコーンガンダム、漆黒のバンシィともに、機体表面のモールドがさらにソリッドに、
さらに細かくアレンジされているのが解りますでしょうか?

また一部クリア成型のパーツを用いることで、全身をめぐるサイコフレームの輝きを立体で再現。
ユニコーンガンダムの赤、バンシィのオレンジの色味も、劇中イメージに近くなるよう
調整されています。2機で最も異なる頭部ブレードアンテナはメタリックゴールドで塗装されており、
特にバンシィはネイルの先端も塗装されているので、より攻撃的な印象に!

08
09
10
武装はユニコーンガンダムには「ビーム・マグナム」「ビーム・サーベル×2」「シールド」
付属!ネクスエッジの特徴のひとつである広い可動範囲に、ユニコーンガンダムの手足の
長さが加わることで、様々なアクションシーンが再現可能です。
ひじ、ひざも90度以上曲がり、首もかなり上まで「見上げる」ことが出来ます!

11
12
バンシィにはOVA版で搭載された「アームド・アーマーBS」「アームド・アーマーVN」が付属。
劇中でも強烈な印象を残したこの兵器も、「EDGE PLUS アレンジ」が盛り込まれています。
ガンを構えての射撃、ネイルを振り上げての格闘のどちらも、ユニコーンガンダムには無い
重々しさ、息苦しさが伝わってきますね……!

13
14
また、バンシィに付属の「汎用ビームエフェクトパーツ」を使用することで、アームド・アーマーBSの
一撃がさらにドラマチックに!こちらは他アイテムへの使用はもちろん、別売りの「ネクスエッジ オメガモン」
エフェクトパーツと組み合わせられるなど、ひとつ持っていると今後も活用できるパーツになっております。

15
もちろん従来シリーズ同様のステージも付属し、複数体あればステージも増築することが
可能です。今回のユニコーンガンダムには長ポール×3、バンシィにはエフェクトパーツ用の
クリア支柱が同梱されているので、2つ揃えれば画像のように高低差のあるディスプレイに!


発売済のユニコーンガンダムでは、すでに遊ばれた方も居らっしゃると思いますので
ここからは発売前のバンシィを加えたツーショットをご紹介!
17
「あなたはマリーダさんだ!」「うるさい!」

01
16

18
OVAのEpisode 5では「アクシズ・ショックの再現」と言われ、禁忌とされていた
「フルサイコフレーム機体を並べる」光景が、ネクスエッジで実現!
お好きなポーズとスタンドの組み合わせ次第で、対決・共闘のどちらのイメージでも楽しめます。

また、ユニコーンガンダム付属のビームトンファーをバンシィに装着させることで
原作小説7巻の挿絵風のシーンにもしてみたり。


19
「俺と来い! 俺を独りにするな!」
バンシィといえばマリーダさん。マリーダさんといえばこのシーン。
戦闘シーンですらない、バンシィが呆然と立ち尽くすという場面ですが
OVAでのEpisode 5における屈指の名シーンでもありました。


「ネクスエッジスタイル ユニコーンガンダム(デストロイモード)」は好評発売中!
「バンシィ(デストロイモード)」は6月10日発売予定です!



ネクスエッジスタイル スペシャルページはこちら!


©創通・サンライズ

↑このページのトップヘ

 魂ウェブ