うめびより

出会って20年目にして結婚した中年新婚夫婦のわたしたち。沖縄から広島に嫁いだ小さなイクミ(私)と大きな梅さん(旦那)の何気ないほんわかした日常を描いていきたいと思います。

沖縄

帰省・7

再び暫しの
見えなくなるまで手を振ります。
結納の時もそうでしたが、車の中でぽっかり一人になってしまう瞬間が辛くなりました。
絶妙なタイミングで「君の名は。」挿入歌流れるし
お陰様で帰り道を間違えました。地元なのに。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

帰省・6.5

アリビラ追憶
肘鉄写真は「なんか面白いから撮った」そうで、決して責める感じではないのですが
やはり広い寝床で広々寝かせることが出来たらいいなあ・・・と思います。
たまに背中を痛めたりするのでとても気がかり。
私が寝袋で寝れば良いだろうかと考えたりもしました。
そういう話を出すと「大丈夫だよ」とのほほんとしています。

梅さんがたくさん居たら楽しいだろうなあ。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

帰省・6

やさしさに包まれたなら
このような気遣いは普段からしてもらっていることなのですが、
この時は本当に明け方まで全く寝付けなかったので
とても有難かったです。
旦那さんの気配りは数え上げたらきりがないくらい。
私はそのお返しをできているのだろうか・・・と時々申し訳なくなります。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

帰省・5

鬼のいぬ間に

どちらかというと母の方が鬼みたいに描いてしまった・・・
もちょっとおだやかな顔をしているはずなのに。心象かしら。
この光景は旦那さんから伝え聞いたのを想像で描いているので違うところもあると思いますが
大体こんな感じなのではないかと。

1日目は叔母さんが同席していたので、改めて挨拶をしたかったようです。

私がトイレから戻ってきた時には両親は何事もなかったかのように相変わらず黙ったままでした。

私が知らないだけで旦那さんにもっと大事なことを言っていたのかもしれませんがそれはわかりません。
私はこの時母の眉間の消えない深い皺がより一層深くなったのではないかと考えたりします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

帰省・4

読谷1
読谷2
ザ・沖縄観光!です。
猛烈な寒波がくる前日、ギリギリ砂浜におりてぱちゃぱちゃできるお天気でした。
結納の際に旦那さんがぽつりと「砂浜歩いてみたいなあ・・・」というのを当時無視して(気持ち的にそれどころではなかったのですがその件に関してはまた今度)しまったのが大変気になっていたのです。
旦那さんは勿論ですが私も一年以上島を離れてみて、如何に沖縄の海が美しいか実感しました。

この後は悪天候に見舞われ、しきりに「オンシーズンにリベンジ!」が合言葉のようになりました。

そして、考えてみるとまるまる24時間ふたりっきりで過ごすのはかなり久しぶり
いえ、初めてだったかもしれません!



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
プロフィール

うめみいくみ

ギャラリー
  • 害虫対策
  • 害虫対策
  • 病院について
  • 病院について
  • 別居
  • 別居
  • 別居
  • 話してもだいじょうぶ
  • 話してもだいじょうぶ
最新コメント
楽天市場