高濃度ビタミンC点滴の有効性が証明されたとの報告あり

東京工科大学は2018年6月28日、高濃度ビタミンC(VC)による、がん転移抑制メカニズムに関して新発見をしたと発表した。これは、同大学応用生物学部教授である佐藤拓己氏らの研究グループによる成果だ。

高濃度のVCの投与について、がん治療に効果があることが報告されており、副作用のない治療法として注目されている。また、外科手術や放射線療法、化学療法などの補助で用いられる「高濃度ビタミンC点滴」は、がん転移を抑制する可能性が示唆されているものの、詳細なメカニズムは明らかになっていなかった。

研究グループは、がん治療に効果があると報告されているVCについて、その抗酸化作用とがん細胞に対する毒性を、酸化型ビタミンC(DVC)と比較して調べた。

細胞内の活性酸素を蛍光色素などで定量したところ、VCはDVCと比べて活性酸素のレベルを低下させることが分かった。また、がん細胞を用いてVCの過酸化水素による細胞死の抑制作用を検討すると、VCにはこの作用がなかったが、DVCは細胞死を抑制した。

さらに、転移能のあるがん細胞に対してVCは選択毒性を発揮したが、DVCにはこのような作用はなかった。この毒性作用は、過酸化水素を水と酸素に分解するカタラーゼによって抑制されたことから、過酸化水素の産生に起因していると考えられる。

これらにより、VCは血液を循環する転移がん細胞を抑制するのに有効であること、還元型であるVCはがん細胞に対して毒性のみを有することが分かった。

研究を通じて、酸化型のDVCに細胞死を抑制し、細胞を保護する作用があることも判明した。これは、例えば神経細胞の変性を主な症状とする脳虚血の治療などに応用できる可能性がある。

photo細胞内の活性酸素レベル 出典:東京工科大学
photoがん細胞に対するビタミンCの選択毒性 出典:東京工科大学

   

 

続きを読む

健康を手に入れる!

血液オゾン療法が歯科で有効な訳!

オゾン療法は別な名前で一部の方に浸透したことがあります。

しかし、今はその名前を利用できないため上記の名前を使用しています。

この方法は、体を健康に保つことで歯周病を抑え込むために当歯科医院で導入しました。

 

血液オゾン療法は、血液100mlほど採血します。
採血した血液にオゾンガスと混ぜます。
オゾンガスが血液に触れると一時的に酸化ストレスを

与えますが、
すぐにオゾンガスは酸素に分解されて血液に溶け込みます。
酸化ストレスによって抗酸化スイッチの入った血液を

体に戻します。
これは「ホルシミス効果」と呼ばれ、少量の酸化ストレスによって眠っている本来の体の抗酸化力を引出します。

 

1.自然治癒力の向上

2.血液の浄化と活性化

3.細胞レベルの活性化

4.若さと健康の向上と維持

5.病気予防と病気治療

 

さらに、オゾンガスと血液が触れた時に一酸化窒素が

発生しますが、一酸化窒素は血管を拡張する効果があるため

血流が良くなるのです。

 

一度ご体験してみ絵はいかがですか?

 

続きを読む

アルツハイマーと歯周病の関係について!

ネットニュースからの情報ですが、歯周病とアルツハイマーの関係については以前よりわかっていましたが、具体的な証明がなされるようになってきました。

日本人の8割以上が歯周病であるにもかかわらず

痛みが無いから放置しているのがほとんどです。

アルツハイマー型認知症以外の認知症との関連性はわかりませんが、口腔内崩壊状態では何も防げません。

しかし、歯周病に根本から立ち向かい改善すれば、認知症になる確率はかなり低くなるはずです。

 

医療>歯周病はアルツハイマー病の一因か?

毎日新聞 5/27(土) 10:00配信

 

<医療>歯周病はアルツハイマー病の一因か?

日本人の成人の80%以上がかかっているといわれる歯周病。その原因菌が作り出す「酪酸」がアルツハイマー病を引き起こす一因になる可能性があるという。日本大学歯学部の落合邦康特任教授(口腔<こうくう>細菌学)らの研究チームが5月12日、福岡市で開かれた日本歯周病学会でラットによる実験結果を発表した。歯周病とアルツハイマー病の関連性については、これまでも指摘されていたが、動物の体の中で歯周病とアルツハイマー病の関連を示唆する現象が起きているのを確かめたのは初めてという。

◇脳の機能が徐々に失われていくアルツハイマー病

アルツハイマー病は認知症の一種で、脳の神経細胞が徐々に死に、脳の機能が失われていく病気だ。国内に約500万人いる認知症患者の6〜7割を占めると考えられている。細胞死は記憶や学習に関わる海馬の周辺から始まり、最終的には脳全体に広がる。発症すると、まず、少し前の出来事が思い出せなくなる。そして、時間や場所が分からなくなって、言葉が使えなくなる。仕事や家事など段取りが必要な行動ができなくなり、人の顔や物を見ても判別がつかなくなる。さらに進むと、食事や入浴、着替えもできなくなって寝たきりになる。発症後は平均10年で死に至る。

◇歯周病菌が作る「酪酸」が酸化ストレスを引き起こす

アルツハイマー病を発症する要因はまだ完全に解明されていないが、考えられている仮説の一つに、体内での酸化反応が組織や細胞などにさまざまな害を与える「酸化ストレス仮説」がある。チームはこれまでの研究で、歯周病の原因菌「ジンジバリス菌」などが作る酪酸が細胞内に取り込まれると、「鉄分子(ヘム)」「過酸化水素」「遊離脂肪酸」が過剰に作り出され、細胞に酸化ストレスを起こして壊してしまうことを明らかにしている。

そこで今回は、酪酸が動物の脳にどのような影響を与えるのかを調べた。健康なラット3匹の歯肉に酪酸を注射。6時間後に、海馬▽ホルモンの分泌に関わる松果体と下垂体▽さまざまな高度な活動をつかさどる大脳▽主に運動機能の調整を行う小脳−−について、酸化ストレスの状態などを分析した。

◇記憶形成に関わる海馬に大きな影響

すると、酪酸を注射したラットは、通常のラットに比べ、全ての部位で平均35〜83%も「ヘム」「過酸化水素」「遊離脂肪酸」の濃度が上昇していることが分かった。中でも海馬での上昇率が最も高く、ヘムは平均79%▽過酸化水素は平均83%▽遊離脂肪酸は平均81%−−濃度が上昇していた。また、細胞の自殺を誘導する酵素「カスパーゼ」の活性を測定すると、海馬で平均87%増加していた。さらに、アルツハイマー病の患者の脳神経細胞内では、物質輸送に関わるたんぱく質「タウ」が異常に蓄積するが、酪酸を注射したラットは通常のラットに比べ、海馬で平均42%もタウの量が増加していた。

◇歯周病の放置は厳禁

チームは実験結果について、注射した酪酸が血流に乗って脳内に入り込み、さまざまな異常を引き起こしたとみている。歯周病患者では、「歯周ポケット」と呼ばれる歯と歯肉の間から、健康な人の10〜20倍も酪酸が検出されるという。落合特任教授は「歯周病巣の酪酸が長期間にわたって脳内に取り込まれれば、アルツハイマー病を引き起こす一因になることは十分に考えられる。歯周病はすぐに生死に関わる病気ではないので放っておく人が多いが、重大な別の病気につながる可能性があることを忘れてはいけない。早めに治療をすべきだ」と指摘する。

チームは今後、歯肉から脳内にどれだけ酪酸が入り込むのかを調べる。また、酪酸を注射した動物がアルツハイマー病を発症するかどうかを、行動分析などで検証する予定だという。

 

下のところをクリックしますと

「振り向き」で知るアルツハイマーというページに飛びます。

参考にしてください。


https://mainichi.jp/premier/health/articles/20161114/med/00m/010/002000c?inb=ys

続きを読む
記事検索
プロフィール

たまち歯科

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ