2007年05月10日

ひとひら 第7話 『友達なのに・・・』

hihi0707

野乃先輩の面白さが回を増すごとにドンドン上がってる
主役の麦を喰ってしまいそうな勢いだ(笑)
というか、表の主人公は麦だけど裏の主人公はどうみても野乃だよな〜

hi0702hi0703hi0704

hi0705hi0706hi0708

ポスターの出来は研究会の方が上だね。
つーか、こりすぎだろコレ(笑)

今回のメインな野乃と美麗は倉庫でのやり取りが面白すぎ
10分も倉庫に入れない美麗やその様子を中で見てた野乃とか(笑)
倉庫の中に閉じ込められて、最後の手段とばかりに叫ぶ美麗
素敵に豪快な叫び声にワラタ
さすが未来の大女優の香田さんだ(笑)
それを冷めた目で見る野乃がまたいいわ(笑)

hi0709hi0710hi0711

hi0712hi0713hi0701

野乃と美麗の戦いの結末を毎度のごとく想像する麦
いやいやいや、それはねーよ(笑)
にしても、何気に演劇部女子も可愛い子多いな
ポニテの子やショートの子とかいいね
てか、ひとひらの女キャラはみんなクオリティ高い

倉庫でのやり取りは面白いだけでなく感動もありました。
野乃と美麗の過去を見せた後でのあの
「友達ぐらいはいる 榊美麗」
これは反則、やっぱりかなりきた。
野乃も美麗も凄く良かった。
それだけに麦の
「へくしょーーん!」
には腰砕け(笑)
おいおい、さすがに空気読んで自重しろよ麦(笑)

次回から文化祭開始・・・って早っ!
次回はまだ8話ですよ?
10話ぐらいからはじめるものかと思ってた。
文化祭で尺をかなり取るのかな?


rank2
参加してますのでよろしくお願いします。

夢、ひとひら


トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ひとひら第7話「友達なのに・・・」  [ らび庵 ]   2007年05月17日 01:40
今回は野乃と美麗のお話です。 さて、一体どんな話が展開されるのやら。 それでは第7幕の感想いってみましょう。
2. 波乱曲折  [ Fere libenter homines id quod volunt credunt ]   2007年05月17日 05:25
ひとひら 第7幕 複数感想記事。
3. ひとひら 第7幕  [ パズライズ日記 ]   2007年05月18日 07:54
第7幕は、野乃と美麗が倉庫に閉じ込められるお話でした。 今回は完全にこの2人がメインで、やりとりは楽しかったり感動ものだったり。 最後にはいつもどおりでしたが、この2人はこうでないとという気もします(笑)。 演劇研究会の宣伝用ポスターが完成。 なにやら....
4. (アニメ感想) ひとひら 第7話 「友達なのに…」  [ ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 ]   2007年05月19日 06:38
ひとひら 第1巻 クラスの中、一人ぼっちの私。そんな私に救いが訪れた。その人は「自分じゃない自分になれる」そう言って私に手を差し伸べる。開けた明るい世界・・・私は静かにその手を取った。私と美麗の初めての出会い・・・。
5. レビュー・評価:ひとひら/第7幕「友達なのに…」  [ ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン ]   2007年06月25日 20:08
品質評価 51 / 萌え評価 20 / 燃え評価 6 / ギャグ評価 10 / シリアス評価 10 / お色気評価 29 / 総合評価 21<br>レビュー数 94 件 <br> <br> 廃部を賭けた文化祭の公演が近づき、佳代の撮影した麦の ポスターが貼り出される。恥ずかしがる麦だが、稽古では徐々に 声を出せ...

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔