2/12
オニオンたんぼの地主さんが、長年、水漏れしていたたんぼのコンクリートの割れ目をふさぐ修理をしてくださいました。
黒米たんぼ際修理P_20210212_100616

初級田んぼは、両側からモルタルを注入
黒米田んぼ補修完成_20210212_133118


カワニナ、オニオンは片側だけモルタル注入したのでクラックができましたが水漏れには影響ないとのことでした。

ついでに、春水田んぼの入水口の水漏れを見てもらいました。
上流の側溝の切れ目から漏れた水が流入しているのだろうという見立てでした。
春水田んぼ水漏れ_20210212_121242

そこで、バラ園たんぼで使っていない、延長パイプを取ってきてつなげました。

とりあえず、これで様子を見ていきたいと思います。

1月24日
地域のたんぼの地主さんたちが20人くらい集まり、小雨の中、用水路沿いの畦に防草シートを張りました。NPOのスタッフも参加しました。

上曽我圃場一帯の畦を1巻のシートで覆う大胆なもので、豊年クラブのたんぼ、黒米たんぼ、春水たんぼ、カワニナたんぼ、オニオンたんぼの畦も黒いシートで被われました。
黒米たんぼ畦シート_20210212_100916

それによって緑色の畦が1日で黒いふちどりに代わりました。
農家さんにとっては、面倒な草刈りが減ってよいことです。
でも生き物たちにとってはやや迷惑な状況になってきました。
とはいえ、春水田んぼの畦のように、数年後にはまた雑草が復活してくることでしょう。

【活動報告】
12月6日(日)
9:30-12:00玉ねぎ植え付け
13:00-14:30田んぼ会議
参加者:計15名

久しぶりの、豊年倶楽部活動日です!お米の収穫がひと段落して、怠惰な日曜日を過ごしていましたが(我が家だけか)、朝から小田原に向かう日曜日の朝は清々しい!車窓からの富士山も綺麗!気温も前日より上がり、お日様も照ってくれて、しかも前日には程よい雨が土を湿らせてくれて、玉ねぎ植え付け日和でした。
2020126🧅玉ねぎ植え付け_田んぼ会議_201209_0

植え付け作業に入る前に、黒いビニール(マルチ)を地面に張る機械をチャチャッと組み立てます。⇦ちょっと手こずりました(^_^;)どのパーツをどこに差し込むのか、来年のために印をつけておこう、と言いつつ、印つけるの忘れましたね‥
2020126🧅玉ねぎ植え付け_田んぼ会議_201209_1

次に、石橋さんがフカフカに準備してくださっていた土に、まずは‥子供達が足跡をつけたー!(笑)
そこに肥料をまき、土と馴染ませるところからスタート。馴染ませたらトンボで土を平らにならします。野球やった後のグラウンドならしを思い出す、という声が上がっていました。
2020126🧅玉ねぎ植え付け_田んぼ会議_201209_2
2020126🧅玉ねぎ植え付け_田んぼ会議_201209_4
2020126🧅玉ねぎ植え付け_田んぼ会議_201209_5

そして、マルチ張り。重い機械を子供達が一生懸命引っ張りました。真っ直ぐピンと張るの、案外難しいです。このマルチ、収穫までのおよそ5ヶ月間、雑草の繁殖を防いでくれるそうです。頼むよ、マルチ!
2020126🧅玉ねぎ植え付け_田んぼ会議_201209_9

苗は去年同様、ソニックと極早生の2種類、およそ2000本!これを2列に張ったマルチに植えます。
2020126🧅玉ねぎ植え付け_田んぼ会議_201209_13

去年は植える穴を深く掘り過ぎて、収穫した玉ねぎが小さかったとの反省から、今年は穴あけ棒の3センチ位のところに白いテープを貼ってくださっていました!みんなで、15僂療間隔を目指しながら白いテープの印を目安にブスブスと穴を開けていきます。そこに、葉と根の余分なところを切り落とした苗を斜めに植え土で押さえる、という作業です。(この、ブスブス穴あけ⇨植え付けの動作、翌朝足腰に来ましたー。)
2020126🧅玉ねぎ植え付け_田んぼ会議_201209_14

数回の立ちくらみを経て、果てしない数に感じられた2,000本の苗でしたが、身軽な子供達の働きもあり、後片付けまでなんと時間内に作業終了しました!素晴らしい!
春の収穫が待ち遠しいですね。
2020126🧅玉ねぎ植え付け_田んぼ会議_201209_22
2020126🧅玉ねぎ植え付け_田んぼ会議_201209_20

昼休みを挟んで、午後からは会議室で田んぼ会議が開催されました。今シーズンの収穫状況や活動内容を振り返り、来年へ向けての意気込みなど、熱い意見交換がなされました。マイエリアの収穫量が記載された一覧表はまるで成績表のようだ!とひときわ盛り上がりました。

この日が年内最後の活動日。帰りには、お正月飾り用に、緑米の藁を一束ずつ分けていただきました。とっても綺麗な黄緑色で、いい香りです。この香りを吸うと楽しかった田んぼシーズンが脳裏に蘇ってきます。
2020126🧅玉ねぎ植え付け_田んぼ会議_201209_23

今年は大変な年でしたが、豊年倶楽部での活動があったおかげで家族も笑顔で過ごせたし、人と繋がっていられました。
本当にありがとうございました。

また来年も美味しいお米がとれますように。来シーズンが楽しみです。

活動報告

11月15日(日)10:30-13:00
米の倉庫にて
活動内容:黒米籾摺&最終選別
参加者:9名

詰まりやすいので「籾摺機に入れる米の量はチョロチョロ小川の流れのように!」との助言のもと、チョロチョロ ザー。
P_20191205_162058
P_20191205_162217

そのあと、「選りすけ」だったかな?そんな名前の機械に入れて選別。

だけど2つの機械を同時に使うと電気がオーバーするんですね!しばし停電。

機械は1つずつ使うことに。

そして人力でも選別作業を開始。一粒一粒欠けたり籾がついたお米を取り除く作業。こういう作業は好きですが、「今日役に立ってるのかな、私」と疑問を抱えながら黙々と選別。しかし!あっという間に1時になりびっくり。
1118もみすり1

黒米3袋はやり終わった気がします。

子どもたち3人は石橋さんの指導のもと、お米を5kgずつ計って袋詰めをすることに!時折石橋さんの「君たち〜(o゚Д゚ノ)ノ」と言う悲鳴が聞こえていましたが、子どもたちは「5kgピッタリマスター」を目指して頑張っていました。
1118もみすり3

緑米と黒米を各々持ち帰り、午前の部は終了。

そういえば、倉庫内に大きなスズメバチが侵入!刺激しないよう気をつけて作業したので何事もなく良かったです🤗。

中島さんの畑の横を歩いていたら、中島さんにカリフラワーと白いナスをもらっちゃいました♪ラッキー🍀ありがとうございます(*´∀人)

午後は纐纈帰ったので、報告はここまで(^_^ゞ

帰りは伊勢原から横浜町田90分の渋滞と表示が!それでも猪突猛進!渋滞に突入して帰りました!

皆様、今日もお疲れ様でした。

追記…
午後からはオニオンたんぼで藁と、最後の案山子を焼きました。
1118もみすり2
1118もみすり4

黒米・緑米脱穀と籾摺り
11月8日(日)13:00〜16:30
参加者:10人

11月にしては暖かく晴れた日曜日。

前日の雨も太陽の力強い光で吹き飛ばし、午後から無事に最後の黒米・緑米の脱穀を行うことができました。
黒米は白米に混じらせることができないので、脱穀機をじっと待ち。
緑米は稲穂が垂れる?のをじっと待ち。満を辞しての最終作業です。

脱穀機は黒米と緑米、2台に分けて行いました。はさがけの移動は竹ごと担いで移動するんですね!真ん中はシナって下がるので、実は真ん中の江村さんが大変だったと知りました。
P_20201108_131714

脱穀機さんたちは本日機嫌良く、あっという間に完了です。
P_20201108_131655
P_20201108_131703

今日参加している子ども2人とも腕に包帯。腕1本でお手伝い。

みんなでタッタカ、はさがけ用の物品を片付け、しめ縄などに使う藁を確保して(もち米系の藁は柔らかくて縄ないに良いそうです=緑米)、

残った藁を点々と分けて燃していきました。
藁は風下から火をつける、息子はそこから教えてもらいながらです。
いい体験をさせてもらいました。
そこにそんなに火をつける?あらー火のまわり方、君まったく知らなかったのね、、
P_20201108_135617

中沢さんに火の番に残っていただき、籾摺りへ。

黒い稲穂が緑米、白い稲穂が黒米、という紛らわしい籾も、籾摺りを経て、選別機をへて、、、
あれ?
「黒米、今年は黒いというか赤米?」
「緑米って、緑、というほど緑ではない?玄米くらいな?これ精米します?このまま?」
驚きの声があがります。私はどちらも初めてのご対面ですので、へぇーへぇーと話を聞きつつ、待望久しいコ(コメ)の出産に立ち会えたような感慨に浸りました!
夕焼けの富士山もキレイで、黒米と緑米の双子を連れての産院(作業場)からの帰路はお父さんもお母さんも嬉しいよ、世界が全部キレイに見えるよ!感無量の1日でした。
例によって作業のいいとこ取りだけして、沢山の黒米の籾を置き去りにして帰ったのはとりあえず脇に置いておきます。
P_20201108_163310

石橋さんに教えてもらったコイン精米所はうちの近所のと違って高性能で安く、分づきも1.3.5.8分と自由自在。さらにカインズに寄ってお裾分け用の小分け袋なども買うことができ。さすが米のことは米どころで用を足すに限ります!

ビバ小田原市!

S__26681353-20201108-1700



活動報告

日時:11月1日(日)12:30〜14:00
内容:緑米の稲刈り&はざかけ
参加者:11名

今日は午後に集合!晴れのち曇りの爽やかな秋です。
Sみどり※__4243462

脱穀機械の部品が間に合わないとのことで、黒米脱穀はお預けにして、、緑米のみの作業になりました。
作業開始間もなくしてバインダーが停止⁉︎⁉︎
緑稲刈りS__4243463

しかし皆さまサッサと手刈りに切り替えて、手慣れた様子で作業が進み、あっという間に天日干しにして終了!になりました。
みどりはさがけS__4243465

そういえば緑米って、実っても稲穂はさほど垂れないのですね。穂が黒くて一見風変わりなお米ですが、これから籾摺り→精米→ご飯になるまでどんな変貌を遂げていくのか、今からとても楽しみです!(*´∇`*)♪
みどりS__4243468

みなさま今日もお疲れさまでした。

活動報告

日時:10月24日(日)10:30〜16:30
内容:午前 オニオンマイ田んぼ脱穀
午後 脱穀組ともみすり組に分かれて活動
参加者:17名

雨にたたられ、活動ができない日曜日。
なんて怠惰に過ごすのだろう…。
待ちに待ってやっと本日、オニオンマイ田んぼ天日干しイネの脱穀ができました。
20201025🌾オニオン脱穀_201106_5

稲刈り&脱穀機(通称 コンバイン 商品名「つまラセン」実名「つまります」)による脱穀です。
1024S__4087830

1024S__4087827

束ねたひもを切る担当、コンバインに入れやすいようにイネを揃える担当、コンバインにイネを投入する担当、排出された稲藁をかき集める担当、焼き芋の番人など、やっぱり米作りに関わる仕事って88手以上あるなぁと、今日も感じられました。
20201025🌾オニオン脱穀_201106_1

(焼き芋の番は直接米作りとは関係ありません💦💦💦)昼過ぎまで脱穀作業をし、ちょうどいい塩梅に出来上がった焼き芋を、田んぼの畔で食べました。本当に美味しかった!
遠赤外線⁈の効果か、イモの甘味が最大限に感じられ、秋の味覚を堪能することができました。
1024S__4087831

20201025🌾オニオン脱穀_201106

午後は、脱穀組と、もみすり組にわかれました。もみすり組は、作業場の大もみすり機と小もみすり機に分かれて作業しましたが、慣れない機械作業に手間取り、角田米全量と千葉米15キロ分のみのもみすりとなりました。
1024S__4087836

1024S__4087838

今、我が家のチビ精米機がガラガラと動いております。元気よく角田米を精米しております!明朝のご飯🍚が楽しみです‼️

10/11(日)15:30〜17:00
活動内容 キヌヒカリの稲刈り
参加 2名

高橋さんが、コンバインでキヌヒカリの稲刈りを終えました。
籾袋を精米ハウスへ運びました。
明日、脱穀する予定です。
P絹稲刈り_20201011_160356

【活動報告】
10月4日(日)10:00-14:40
活動内容:春水田んぼ稲刈
参加者:17名

深夜から明け方にパラパラ降った雨で湿り気のある稲。
1004すみかり

コンバインが入るスペースを作るために、まずは田んぼの四隅と端の一列を手刈りしながら1時間ほど様子を見ました。
1004ほたるい

そして稲刈スタート。
1004コンバイン

メンテナンス完了したコンバインは今シーズンは絶好調で、
順調に稲刈が進みました‥と思ったら止まった!

詰まった⁈
春水田んぼの奥の方でコンバイン止まりました〜。
1004とまった

なんとボーボー生えてるホタルイが詰まりました。
万能ネギのような、ニラのようなホタルイ。
草取りシーズン後半ではヒエのみターゲットにしており、ホタルイはノーマークでした。
そのツケが(涙)
ちば4


コンバインで刈り進めつつ、手分けしてヒエとホタルイを刈り取る、という作業でした。
1004なかさわ

メンバーで交代でコンバインを操作して、大変ながらも楽しい収穫の日でした。
1004いしい

1004コンバインおわり

1004もみふくろ

皆さま、お疲れ様でした。
1004ぜんいん


稲刈り中にみつけた カヤネズミの巣
1004ねずみのす


ちいさなカヤネズミ
1004かやねずみ

1004かやね

活動報告

日時:9月27日(日)10:00〜16:40
内容:午前 春水田んぼヒエ取り 午後 オニオンマイ田んぼの稲刈り
参加者:計22名

いよいよ稲刈りです!一日仕事の始まりは黒米田んぼの稲刈りでしたが…。

10時の作業開始を待っていたかのような大粒の雨が小田原のまちに降り始めました。田んぼや稲が雨に濡れると、稲刈り機に悪影響があるとのことで、急遽春水田んぼのヒエ取り作業になりました。
つのだ2

春水!
終わらないヒエとの戦い。
Cさんは以前から「春水の奥の方のヒエがどうにも気になる!」と晩酌のネタにしていたとか…(笑)
ちば4

イネをミステリーサークルのように倒してしまった、忌々しいヒエ達は取りきれなかったものの、「来年のために!」を合言葉に頑張りました。今夜のお酒は格別ですね!🍻🍻🍻

さて、午後はオニオンマイ田んぼの稲刈りです。
1条用の稲刈り機のエンジン音がオニオン田んぼに響き始めました。
つのだ4

今年の稲刈り機は修理から戻ってきた元気者!絶好調の働きです。
つのだ3

皆さん着々と作業を進められました。イネを天日干しするための足場が組まれ、刈り取って束ねられたイネを片っ端から干す作業が始まると、稲刈り感がとまりません‼️イネのカサカサ、麻紐のキュッ、肌にあたるチクチク、稲わらの匂い…これですよ!
ちば2

大量のトンボの応援を背に、足を泥に取られながらも、稲わらの束をみんなで協力して干し終わった頃には、日は沈み、涼しい風が吹いていました。
ちば3

今日もいい一日!小田原田んぼに来てよかった!
つのだ1

皆さん、お疲れさまでした!

(事務局追記)
黒米たんぼは、午後から同時進行で、中沢さんと高橋さんで稲刈りとはさがけを終えました。
黒米

↑このページのトップヘ