2017年06月03日

ネコ講談1/十二匹集合!梅か牡丹かニャンバラリ!!

正徳年間と申しますから、華やかな元禄、天災続きの宝永も終わり、六代将軍家宣の頃。

越後高田藩の元藩士、福原市九郎、その出で立ちは、藺笠(いがさ)をかぶり、経文の入った箱笈を背負い、錫杖をたずさえ、白衣の着物に手甲脚絆。今は、亡くなった両親を弔うため、旅の六部となり、全国の霊場を巡っております。

そんなある日のこと、市九郎が小さなお堂で一夜を過ごしますと、夢枕に一匹の子猫が姿を現し、

『オイラは河村の里に住んでいる猫で、ムツと言いますミャ。実は河村峠に巣食っている金色の毛をした赤目の大鼠に、母親を殺されてしまいました。仇を討ちたいのですが、大鼠は山犬ほどもあって普通の猫では到底かないません。香取神宮の門前に無住心剣の極意を会得した、ウメという三毛猫が住んでいますミャ。その猫ならば仇を討てるでしょうーー』

と、市九郎へうったえ姿を消した。

「うーん、奇妙な夢だったなあ。しかし、これも亡き父母への回向となるかもしれぬ」

と、市九郎は香取神宮へとやって参りました。

門前の店屋で三毛猫のコトを訊ねますと、「ああ、鼠取りの仕事が無いときは、いつも楼門の柱の下で寝ているよ」と、どうやら鼠取りの名猫らしい。

市九郎が楼門へ行ってみますと、店の者が話していたとおり、三毛猫が長い尻尾をゆっくりと揺らしながらくつろいでいる。

ーーうーむ、かなり年老いてるなあ。凛々しさなんか、これっぽっちもないし。本当に極意を会得した、鼠取りの名猫なのか?ーー

「ちょいと、そこのあんた!年老いてて悪かったね!凛々しくなくって、すまなかったね!!

「え、誰か居るのか?」市九郎は、辺りをキョロキョロ見渡した。

「ちょっと、ちょっと、ココだよ、ココ!どこに目を付けてんのさ!このボクネンジン!!

声のする方を見ますと、三毛猫が尻尾をパタパタ動かしながらしゃべっている。

「うわーッ!猫がしゃべってるッ!!

「おやおや、猫は十年以上生きると、人の言葉を話せるようになるって、知らないのかい。トンチキだねェ。〝猫又〟でグーグル検索してみな、ウィキペディアにも載ってるよ」

「いきぼとけですか?」

「ウィキペディアだよ、このスットコドッコイ!そんなコトより、あんた。大鼠を退治するため、あたしに力を借りにきたね」

「どうして、それを?」

「あたしにみたいに十七年も生きてると、人の心が読めるのさ。ほら、尻尾の先が二又に分かれてきてるだろう」

「えッ!二又!!

「バカだねェ、ウソだよ」

「ああ、そうですか。私は福原市九郎と言います。それで、ウメばあさん」

「姐さんとお呼び!」

「ウメ姐さん。ウメ姐さんは無住心剣の極意を会得してるそうですが、大鼠を退治するためには、その極意が必要なんです。そもそも、無住心剣とは何ですか?」

「牡丹の下の眠り猫、さ。あたしの元の飼主、小田切一雲ていう剣術家が授けてくれたのさ」

「その極意を教えてください!」

「極意、極意って、バカのひとつ覚えかい。いま言っただろう、牡丹の下の眠り猫!それが極意さ」

「牡丹の下の眠り猫

「あんた、坊サンだろ。その安い西瓜みたいな頭で、よく考えな」

「それで、大鼠が倒せるんですか」

「あと猫が十一匹いるねェ。それも尻尾の長い猫たちがね」

(江戸時代、尻尾が長い猫は化け猫になると敬遠され、当時の日本は尻尾の短い猫がほとんどでございました)

猫が十二匹集まれば大鼠が退治できる。市九郎は猫を集めるのも神仏の導きなのだと、ウメを連れて河村峠目指し出発致しました。



香取神宮から河村峠への道、市九郎は先を急ぎますが、

「あれ⁈旦那さま、尻尾の長い三毛猫でございますよ」

「おお、これは珍しい。六部さま、少しで構いませんから、抱かせていただけますか」

と、猫好きから声をかけられる。

ウメは喉を鳴らして甘えたフリを見せ、ウニャンとお腹を見せて転がったりする。

「急がないと!」

市九郎はウメを引ったくると、逃げるようにその場を離れました。

「ちょいと、このトウヘンボク!あたしが楽しんでるのに、野暮なマネをおよしじゃないよ!!

そうこうしながら利根川沿いに道を進め、河村の里へと入り、古びたお寺へ腰を落ち着かせた頃には、十匹の猫がお供となっていました。

「ウメ姐さん、姐さんを入れて十一匹集まりましたね」

「あたしの魅力のおかげさ。だけど、これだけ居ると騒がしいねえ」

「ええ。でも、よく集まりましたね」

「ハァ~、まったくオタンチンだねえ。講談だからチャチャッと集まらないと、話が前に進まないだろう」

「ええ、まあ、そうですが。浅原の町でクロとキジの飼い猫が二匹、布佐の船着場でクロトラと毛の長い猫が二匹。途中で、サビとシロの二匹、すぐさま、チャブチとクロブチの二匹、里へ入る前にサバトラとチャトラの二匹が加わり、十匹集まりました」

「やけに、簡単に説明したねェ」

「ええ、講談ですから」

するとそこへ、噂を聞きつけた上州新田は岩松という殿様の家来が訪ねてきて、「大鼠退治の話は、猫の世界で知らぬものはない。我が殿の猫も役立たせよ」と、ハチワレの猫を市九郎へ預けました。

(この岩松という殿様、明治時代に猫男爵と云われた岩松俊純の先祖でございます)

これで猫が十二匹。

毛色模様も様々に、ミケ、クロ、長毛、シロ、サバトラ。ハチワレ、クロトラ、チャトラにチャブチ。サビ、キジ、クロブチ十二匹。

よくよく見れば猫たちの、十二の瞳それぞれに、浮かび輝く光る文字。

梅竹菊蘭その次は、仁義礼智忠信孝悌。

「みんな、この際だ。一匹一匹、名乗りをあげな」

(ウメが声をかける。以下、身振り手振りのキャラ紹介)

「あたしゃ『口の悪さは天下一』ミケのウメ」

「ぼくちん『気さくなお坊っちゃま』ハチワレのタケチヨ」

「おれっち『ヘタレだけど芸達者』チャブチのキクノジョウ」

「おいらは『遊び好きの片目小僧』シロのランマル」

「あっしは『仲間思いで気遣い屋』クロブチのジンキチ」

「こちとら『自己チューな風来坊』チャトラのギダユウ」

「あたちは『南蛮渡来の小粒な乙女』長毛のレイ」

「てまえは『仏顔の親分肌』サバトラのチシン」

「おりゃあ『隠れんぼはお手のもの』クロのチュウベエ」

「ぼくはね『ダッコ大好き甘えん坊』キジのシンパチ」

「あたいは『内弁慶のツンデレ小娘』サビのコウ」

「じぶんは『船を操る力持ち』クロトラのテイシロウ」

金毛赤目の大鼠を退治するため、今ここに集いし尻尾の長い十二匹の猫。



十二匹もの猫を連れた旅の六部は珍しく、村人や猫好きからモテはやされる。

「あっ、やっと来てくれたミャ!」

十二匹を見て、子猫ムツが嬉しそうに飛び出してきましたが、ムツまで「ちょーカワイイ!!」と、村娘たちから引っ張りだこ。

騒ぎも収まり、ムツは母親の仇打ちを頼むことができましたが、十二匹は大鼠退治の修行もせず、居眠りと毛繕いと爪とぎの毎日。

「やれやれ、いつになったら大鼠を退治するのやら

市九郎の口から、愚痴がこぼれました。



ところが、ある日突然、ムツが居なくなった。そこに散らばっていたのは、鈍く光る金色の毛。

「しまった!みんな大鼠だ!!

市九郎の叫びに、猫たちはヒゲをピンと張って毛を逆立てた。

「ヤツめ、あたしらの噂を聞いて待ち構えてたようだね。ふふン、ムツを猫質に取って、どうやら誘いをかけてるねェ」

「ウメ姐さん、行きましょう!」

市九郎と十二匹、大鼠の待つ峠へと急ぐ。

河村峠に着きますと、空は真っ赤な夕焼け。

そして黒雲が夕日を覆い隠した時、ガサガサッと茂みが揺れ、のっそり姿を現したのは、子牛ほどもある金毛赤目の大鼠。

「ウメ姐さん、相手は山犬どころか子牛ほどもありますよ!」

「まったく馬鹿デカい鼠だよ。みんな、相手が子牛ほどもあるんじゃ、逃げるしかないね」

大鼠の後ろ大木の根元に、猫質となったムツがいた。

風は嵐となり、雨を呼ぶ。

大鼠が雨を弾きながら突進して来ると、猫たちはウメの合図で逃げ出した。

「窮鼠猫を噛むって諺があるだろう。あんな大鼠から逃げたって、決して恥ずかしいコトじゃないよ!」

十二匹は泥濘の中を、逃げて逃げて逃げ回る。

その間に市九郎はムツを助け、大木の枝へと避難しました。

しかし、次第に猫たちに疲れが見え始め、思うように逃げるコトが出来ず、大鼠の餌食になるのも時間の問題。

「このままでは、ウメ姐サンたちが捕まってしまう!」

市九郎は、おもむろに手を合わせ、

「ダイホウコウブツバサンバエンテイシュヤジン!大方広仏婆珊婆演底主夜神!!どうか、十二匹に力を貸したまえ!神通力を与えたまえ!!

夜を守る神様、主夜神尊の名号を唱えますと、猫たちの尻尾がピーンと立ち、疲れを忘れたかのように軽やかに飛び跳ね、大鼠の追撃をかわしていく。

(この神様、京都は三条の檀王法林寺に祀られておりまして、黒猫が御使いだそうです。それでこのお寺は江戸時代から黒い招き猫で有名です)

「おお!守夜神尊のご加護か、御使いの黒猫が力を貸したか!」

市九郎が叫んだその時、猫たちのしんがりを務めていたウメ、「おや?なんだい、ヒゲがピリピリするねェ」何かを感じましたか、たった一匹、少し離れた草陰へと身を隠す。

すると十一匹が一丸となり、ウメに向かって逃げて来た。その背後から襲い来る大鼠。

「あたしの感が当たったね」

ウメの目がキラリッと光った。

大鼠の爪が十一匹の背中に届こうとした瞬間、猫たちは全身バネのようにピョーンと左右へ飛び退いた。

ウメがうずくまっている草陰の向こうは、断崖絶壁。

大鼠は足元のウメにつまずき、勢いあまって崖下へ真っ逆さま。

そして、そのまま利根川の濁流に飲み込まれ、二度と姿を見せることは無かったのです。

嵐の後の朝焼けが、猫たちと市九郎を包みこむ。

ふと見やれば、ウメの頭上に咲き誇るは一輪の牡丹。

「あっああ!これこそが牡丹の下の眠り猫…!!

市九郎は、眼が覚める思い。

「他力一乗。生きる縁があれば生き延びるし、そこで死んでしまうならそこまでの運命。ウメ姐さんは、すべてのコトを仏菩薩の働き、因縁に自分の身を任せていた

「そんな、こむつかしいモンじゃないよ。あんたの頭は、ホントお地蔵サン並みだねェ」



こうしてムツの仇討ちは終わりましたが、ウメは大鼠の心の声を聞いていたそうです。

子鼠の頃、人間に体じゅう針を刺される虐待を受けたのだと。

突き刺された針の影響か、人間を恨んだ鼠の怨念か、それらがただの鼠を化物に変えたのかも知れません。

「いつの世でも、人が一番愚かなのか

市九郎は大鼠の過去を哀れに思い、また、仇を討つために集った十二匹の猫を讃え、十三もの石碑を建て、子猫ムツを連れ巡礼の旅へ戻って行きました。



この後、やがて吉宗の時代となり、ムツは鼠取りの名猫として、剣術家に心のあり方を語る。これが、太平の世に慣れてしまい、剣の心得を忘れてしまった武士たちへの教訓本、『猫の妙術』となったのでございます。

 眠り猫こそ、剣の極意、『十二匹集合!梅か牡丹かニャンバラリ!!』という一席。

(宝井修羅場塾 発表作品) 


 




Web絵本ランキング
にほんブログ村 イラストブログ 絵本制作へ
にほんブログ村


tamesuounokami at 08:01コメント(0)トラックバック(0) |  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

しいたどる.

めがね産地で放流される
漂い続け 流れ着いたのは
創作の浜辺
高橋宏幸という
絵本作家に助けられ
ただいま 恩返しのため
絵本の形をした玉手箱を
まったりと製作中

  いつでも里親募集中
記事検索