カラダと心を整える 豊かさと至福

神戸市須磨区板宿「ためとう整骨院」の公式ブログです。 カラダを整える事は 自分の人生の全てを整えること 自分が主役の人生 満ち足りた自分自身 人間関係 豊かな経済 イメージ力の素晴らしさ カラダの持つ可能性をお伝えします

2011年11月

 恥はかきたくないものです。だからかかないようにすると、どうしても保守的になってしまいます。
先週 東京のセミナーに行って来ました。院ではお山の大将ですがセミナーに行くと単なる生徒です。まだまだ学ぶことの多い生徒です。
セミナーに行くと普段やっている事よりもさらにレベルの高いことを要求されます。
普段から、繊細にと思ってやっていますが、一人でやっているとやはりどこか繊細さに掛けてきます。つい自分の中に甘えが出てきたしまうんでしょうね。
 勉強会に行くとやはりその辺を気付かされます。それはもう嫌と言うほど。
先週のセミナーは臨床的なセミナーでした。他の先生の目の前で施術の流れをやっていきます。『うまくやろう』とついいやらしい考えをしてしまいます。しかしうまくいきません。やっていきながら背中に嫌な汗が流れるのを感じます。こうなるともう自分の気も上がってしまし、何っやているのかわからなくなってしまいます。もう本当に泣きたいような状態で先生に交代を言われまた落ち込みます。
でもそこで先生が「こういう場所じゃないと注意されることは普段なかなか無いことだから、しっかり指導受けて」
と言われました。
 本当にその通りです。つい恥をかきたくないと思い前に出る事を躊躇してしまいます。
が、こういう時だからこそ積極的に前に出て自分のまだ足りない部分を指摘してもらわないと。
普段の仕事内で誰かが自分のやっていることをきちんと指導してくれることってまずないです。ましてや学生でもなく40近くになる年齢になると。だからこういう場があるのは本当にありがたい。
 聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥
と考えこれからもますます精進したいと思います。

神戸市須磨区板宿 ためとう整骨院

                       あきら

第2子

今月5日の朝に第二子が生まれました
前夜に軽い陣痛がきて病院に。
僕と子供は家で待機。
夜中の3時に℡。病院から「もうすぐ生まれそうなのですぐ来て下さい」とのこと。
いつもは6時くらいまでしっかり寝る子が、この日に限っては3時前に起きて、僕を起こしていた。
何か、感じるものがあったのかなぁ?
 で急いで着替えて病院へ。今回は立会出産だったので分娩室に入らせてもらいました。
でも、こうゆう時って男って何もできないから非力さを感じます。妻が一人で頑張ってるのにただ見ているだけだなんて。子供は妻が陣痛でうなる度に半泣きの顔をしながらも、真剣な表情でじっと見守っていました。
立ち会ってから1時間ほどで無事第2子を出産!赤ちゃんの産声を聞いた瞬間、赤ちゃん自身が「出てきたぞーっ!」と言っているみたいでした。身体の中からもう一つの生命が誕生するなんて、神秘と言うほかないです。
平静を取り戻して色々見ると、生のへその緒は結構太いんですね、サザエみたいだと思ってしまいました。胎盤も大きくてレバーみたいでした。
僕が何かしたわけではないけれども、すごい経験でした。
妻よお疲れ様。

神戸市須磨区板宿 ためとう整骨院

                       あきら

アレルギー

 先週 僕が夕方外出中、妻からTEL。
「子供がうどん食べたら急に痒いって言いだして、首のまわりにも蕁麻疹出たから病院連れて行くからすぐきて。」
 僕も急いで病院に
1時間後、病院に着くと元気そうな子供と疲れ切った妻が待っていた。
 妻から話を聞いてみると、うどんを食べさせていると 急に子供が「痒い」と言う。見てみると、腕に蕁麻疹が。腕だけならそこまで慌てなかったのだが、胸や首にまでじんましんが広がり、「寒い」と言いだした。
ここまで来るとさすがに、妻も病気に関して少しながら知識があっても慌ててしまう。
急いでタクシーを飛ばして病院で診察してもらうことに。
 診察の結果は多分食べ物のアレルギーではないとのこと。
食後30分経っても蕁麻疹が出たり消えたり、しているその症状からは食べ物とは考えにくいとのこと。
本人も最初の様な痒がり方はなく。元気に絵本読んだり走りまわったり。
 僕と妻が二人安心感でどっと疲れを感じながら帰宅。
その後、小麦系のものを食べても蕁麻疹は出ず、何かしている拍子に急に痒いと言う。見ると少しだけ脚などに蕁麻疹が出ているがすぐに消える。
 医療関係の知人の話によるとストレスによる蕁麻疹かもとのこと。
もうすぐ次の子が生まれるので、それが子供にとってストレスになっているのかもとのこと。
 最近子供は何かをする度に「お兄ちゃんになるんだも~ん」とよく言うが、赤ちゃん返りもしていて妻から離れようとしない。
自分の中でお兄ちゃんになるということと、そのためお母さんが自分のものだけじゃなくなるという事に対する葛藤が起きているのかなと思う。
やはり子供にとっては赤ちゃんが生まれるっていうのはすごい衝撃なんですね。
子供ながらにいろいろ考えてるんだな とあらためて思いました。


神戸市須磨区板宿 ためとう整骨院

                       あきら
ためとう整骨院
〒654-0022
神戸市須磨区大黒町3-1-4
TEL. 078-220-5257


公式サイトはこちら
神戸市須磨区板宿
ためとう整骨院


New_icons_23診療時間案内


肩こり・ギックリ腰・ヘルニア・寝違い・坐骨神経痛・頭痛・全身疲労・自律神経症・妊娠中の腰痛や病気の予防・顎関節痛・手足のシビレなど、まずはお気軽にご相談ください。
記事検索
プロフィール

tamet

QRコード
QRコード