カラダと心を整える 豊かさと至福

神戸市須磨区板宿「ためとう整骨院」の公式ブログです。 カラダを整える事は 自分の人生の全てを整えること 自分が主役の人生 満ち足りた自分自身 人間関係 豊かな経済 イメージ力の素晴らしさ カラダの持つ可能性をお伝えします

2013年06月

カラダ・酒さ

*酒さ
 「酒さ」は、30代から60代の人に多い、炎症性かつ進行性の慢性疾患です。
「大人のニキビ」と誤って呼ばれることもありますが、酒さはまったくニキビとは違う疾患で、赤み、小さな吹き出物、顔面の毛細血管の拡張、ほてりなどといった症状を引き起こします。

 顔がまだらに腫れ、瞼も赤く腫れてお見えになりました。以前からお越しの娘さんがたいそう心配されてお母さんを紹介して下さったのです。
 
 皮膚科では「酒さ」と言われたとのこと。 

 ・・・。よく見ると、見覚えのある皮膚の症状。産後に私がなった肌荒れと全く同じ様子!!!

 産後のカサカサぶつぶつ。まだら赤の顔。塗ったり、冷やしたり・・・。すればするほど広がる 。あれは「酒さ」だったのですね!!!
 そんな発見を心の中でつぶやきながら体を見させて頂きました。

 背中ガチガチ。筋肉が骨のように硬くなってます。首も肩もガチガチです。頭もガチガチ。・・・。すっっごい頑張り屋さんの体です。 

 でも、本人はそんなにしんどくないとの事。しかし家事はもちろんでしょうし、仕事の合間に介護もされ、 随分ハードな毎日を過ごしておられるようです。娘さんも「お母さんは頑張りすぎるんです。」と言われていました。

 初回施術し、身体の緊張がキツく内臓の働きも弱っている感じですからよく休んでください。とお話して帰って頂きました。 

 二回目来院の時は「あれからすごくだるくなりましたが、よく眠れ、顔の腫れが引いてきました。」と、確かに前回より幾分すっきりした顔でお見えになりました。 

 内臓機能の低下がみられ、特に肝臓と胃が弱っているようでしたので、胃を休ませる事と、お薬やサプリが強いようなので控えてみるのもいいかもしれません。とお話して帰って頂きました。

3回目、4回目。顔の赤みと腫れがひどくなっていました。皮膚の皮もカサカサと剥けてきています。相変わらず、また胃と肝臓がかなりお疲れの様子。

 お肌は女の命です。やはり、カサカサ、ぶつぶつ、赤々だと、おしゃれもしたくなくなるし、気持ちも落ち込みます。

「酒さ」は完治は難しと言われています。(ネットで調べると) 


身体全体で見た時、肌は一つ大きな排出臓器です。カサカサ、ぶつぶつは毒素を出す身体の作用。ならば、身体全体を整え、休ませ、毒素排出を促してあげれば改善していくのではないでしょうか?

お薬もサプリもそれで治るのではなく、自分の身体が治るのを手助けしてあげるだけのものです。

肌のカサカサも、その場しのぎでクリームをぬるのではなく、カサカサのままにしていると、それを感知して、肌みずからが潤いをだそうとするから何もつけるなという皮膚科の先生もおられます。

 実際、私の「酒さ」は完治しています。
身体を整え、胃腸を休ませ、顔もぬるま湯で洗うのみ。カサカサの日やぶつぶつの日もありましたが、少しよくなったと思って、何かお肌にすると悪化。そんな繰り返しで、3ヶ月。

そして、1年。今では化粧水もクリームもいらないお肌になりました。最初の3ヶ月はつらいでしょうが自分のお肌や身体を信じて待ってあげてみてもいいのでは? そんなお話をしながら施術しました。

5回目。お肌が一皮むけたようにきれいになっています。あれから、薬も控え目にし、お肌もなるべく触らなよう
にされているそうです。

 あれもこれもしたくなります。何か足りないのかと、何が悪いのかと一生懸命つけ足したり、 こねくり回したりしてしまいがちです。

 でも、何事も「時」があります。「信じて待つ」それは、お肌や体調だけでなく、自分の気持ちや人生でのタイミング、人間関係、子育てなど全てに置いて必要な事なのでは・・・?そう思い至った出来事でした。

 せっかちの私は日々心の中で 「私、待て」と思いながら子育てしていますがね・・・

 神戸市須磨区板宿 ためとう整骨院

                                               ゆみ

交感神経と副交感神経

 我が家のパパさんはイケメンでイクメン。私より子供と遊ぶのが上手なのはもちろん、オムツ、食事、お風呂、お着替え・・・。しつこい子供の攻撃やイヤイヤにも、おどけて上手に子供の笑いを引き出しながら相手をしています。そんなパパさんですから、二人のうちの男の子はパパさん大好き

 ・・・やばい。 どう考えても母はパパさんに勝てるものがありません。

 先日はおもちゃの恐竜の目を指さしながら長男に嬉しそうに「見て見て!これママが怒った時の目だね」と言われました。

 そんな子供達ですが、眠い時だけは「お母さんがいい。」と言ってくれます。

 先日もパパさんの寝かしつけの絵本読み。脱線、ヒートアップするパパさんの絵本読みに子供は大喜び抱腹絶倒の息子の笑い声に、パパさんも上機嫌。「さぁ、寝よか。」「うん。おやすみ。おかあさんと寝るわ。」「えっ。お父さんと寝てくれんの??」「・・・。明日寝ちゃるわ。おやすみ。」さっさっと私の布団に潜り込む長男。

 毎晩、こんな会話が繰り返されます。


 活動は交感神経優位の働き。休むは副交感神経優位の働き。
 活動はパパ。休むはママ。
 楽しいはパパ。安らぎはママ。


男は交感神経。女は副交感神経。・・・どちらもバランスが大切。

・・・そんな事を思ったり 子供は正直。


 
神戸市須磨区板宿 ためとう整骨院

                                               ゆみ


 

心の勉強会・反省

  2泊3日で「心の勉強会」に行ってまいりました。先生曰く「心・宗教の話でお金を取るのは偽物」との言葉のとおり、研修会費全額と、宿泊費の一部は主催者の先生が負担してくださいました。

 3日間様々なお話を伺い、帰ってから先生に勧められた本を読みながら、その中でも今の私の心に残ったのは「調和」という事でした。

人生の目的とは・・・。
 自然界との調和。
 人同士の調和。
そして、なにより自分自身との調和。研磨。向上。

 その為には、日々自分の思想、行動に偏りがないか、自己中心的でないか、自分を「反省」すること。「反省」となる指針は己の中にある「自分には嘘をつけない」と云う思いと、第三者の目から自分を顧みる中道の目。

 ただ、「反省」ばかりしていると、私なんて反省するところばかりで、つい暗く、重くなりがちです。
けれど、「暗い、重い」気持ちになる「反省」は本当の反省ではない!そうです。

 人は本来皆、「明るく、ほがらか」。「反省」は曇りガラスを拭くようなもの。拭けば、全ての人は本来の「明るく、ほがらか、人と調和がとれる」に戻れるそうです。

 つい日常に流され、人のせいにしたり、プリプリ怒る事で問題を性急に解決しようとしたりするそんな私に気付きつつ、気付いてないふりをしていた事を思い知りました。

 気付いたからと、すぐ治せる訳ではありませんが、とりあえず、「子供とジジにプリプリ言わない!」をまずは目標にし、家族の調和を大切にしていきたいと思いました。

 ・・・思った先から、今朝、冷蔵庫を開けっ放しで二男とケンカを始めた長男を怒鳴りつけ、泣かしてしまいましたが・・・。

・・・失敗しても諦めない心が大切です!すぐできたら、私、お釈迦様か、キリスト様になってしまいますもんね

 神戸市須磨区板宿 ためとう整骨院

                                               ゆみ

 




 
 

 
ためとう整骨院
〒654-0022
神戸市須磨区大黒町3-1-4
TEL. 078-220-5257


公式サイトはこちら
神戸市須磨区板宿
ためとう整骨院


New_icons_23診療時間案内


肩こり・ギックリ腰・ヘルニア・寝違い・坐骨神経痛・頭痛・全身疲労・自律神経症・妊娠中の腰痛や病気の予防・顎関節痛・手足のシビレなど、まずはお気軽にご相談ください。
記事検索
プロフィール

tamet

QRコード
QRコード