税別表記

当店の価格表は今まで「税込価格」としていましたが、
2017年10月より税別表記とさせて頂きます。


http://www2.wbs.ne.jp/~ked-oa/t-koukoku.html

税込みで分かりやすかったんですが、
商品の本来(税別)の価格が分かったほうがお客様にとって良いのかな~と。

それとは別の話しなんですが、
東北の震災以降、国産畳表が高騰し、
中国産で対応せざる状況になりましたが、
2017年10月から格安品以外は国産(熊本産)となります。

お客様の希望で中国産でもと言う方には四川産で対応します。


エンジンオイルと畳表

タイトルの「エンジンオイルと畳表」は、
見方によってはよく似てます。


どちらも、消耗品です。
低価格品~高級品までと、
値段によってはかなり幅があります。


オイルについて言えば、
性能は値段に比例しています(ほぼ)

潤滑性、耐久性他・・・値段の高い物はやっぱ上。

「たかがオイル、されどオイル」

安物で頻繁に替えるのもひとつの考え。
上等なオイルで長く持たせるのもひとつの方法。

最近の車はAT車がほとんどで、
オイルの違いは感じ取れない(わからない)かもしれません。

が、車を良い状態で維持するには、
『それなり』の物を。

では、畳表について。

これも安物~高額(高級品)と、さまざま。

アパート用~高級住宅・茶室に使う物まで。

畳表の場合の良し悪しは「耐久性と焼(やけ)」。

上等な畳表は耐久性はさることながら、
「焼(やけ)」でそうとうな差が出ます。
経年変化でムラなくアメ色に焼ける物が良いとされます。

借家レベルですと、黒スジが入ったりしてムラもあります。
劣化の進み具合も早く、イ草がボロボロと剥けたりします。

それでも、
安物を頻繁に替えるのもひとつの方法ではあると思います。
替える度に「青畳」が味わえますから

まあ、新品の畳表はよほどの粗悪品でないかぎり、
いったん畳として仕上げてしまうと、良し悪しは分かりにくいんですけどね。

畳屋としては、10年をひとつの目安としています。
このくらい経てば畳表の良し悪しが出てきます。

オイルの場合は、
速攻で良し悪しが出ます。
さらに、距離が伸びて(自分の場合は5千キロ程度)
劣化が感じられないようであれば、まずまずの評価とします。


エンジンオイルと畳表!

どちらも見た目では判断できない、
使ってみないと分からない。

このあたりは難しいところであり、
面白いところでもあります。




杉山製畳便り・・・新設しました

s-2016-11-0843

「杉山製畳便り2」 
として新たに、開設しました。


ココログからの移行です。

主に仕事のこと!
たまには趣味であるバイク・車のことも ・・・ 発信していきます。

気張らず自然体で


ギャラリー
  • 杉山製畳便り・・・新設しました