ブータン事務所長 民樹のつぶやき

佛子園ブータン事務所から、ブータンでの活動や日々の出来事等を共有します。

社会福祉法人・佛子園ではブータンから毎年蕎麦をトン単位で輸入しております。

今回、ブータン国内で蕎麦が収穫され、天日干しや、異物除去、袋詰め等の作業の様子を動画にまとめてみましたので、是非ご覧ください。

https://youtu.be/aIkcbKqOJo0

蕎麦を提供してくれている農家の方々からのコメントもあります。

宜しくお願いします。

毎年4月2日は世界自閉症デイです。

ブータンでは当日各地で自閉症の人達が好むと言われている青色の服を着たりライトアップしたりして、自閉症への理解とサポートを呼び掛けています。

May be an image of 5 people and the Temple of Heaven
今年も、ティンプーのランドマーク、メモリアル・チョルテンが青色にライトアップされました。
(出所:Disabled People's Organization of Bhutan facebook)

ティンプーでは昨日からずっと雨が降っています。

IMG_9440
周辺の裏山では雪が積もっているのが見えます。

春先で梅や桃の花が雨に濡れて綺麗です。
FullSizeRender
FullSizeRender

そう言えば、インドのモディ首相が今日ブータン訪問予定でしたが、雨の影響で明日に延期になりました。

社会福祉法人・佛子園のブータン事務所では毎年ブータンから甘蕎麦の実をトン単位で法人本部に輸出しています。

ブータン蕎麦は、佛子園事業所で障がい者就労や障がい者の方々の生きがい・やりがい、地域活性化、美味しい新そばの提供に繋がっております。

佛子園のブータン蕎麦輸出関連記事:ブータン蕎麦 : ブータン事務所長 民樹のつぶやき (livedoor.jp)

今朝ブータンとインドの国境の町から合計20トン超のブータン甘蕎麦がコンテナ輸送されました。

今年もブータン農林省関係者の協力を得て、東ブータンの68軒の農家から購入しました。

農家の方々からは佛子園が毎年蕎麦を購入してくれるお陰で、自分たちの生活の質向上に繋がっており、大変感謝しているとメッセージを頂きました。


IMG_9141
農家の皆さんが村の集会場に蕎麦を運んできて異物の除去を手作業で行います。

IMG_9003
異物除去後に輸出用のPP袋に入れて各袋20キロ均一にします。

IMG_9129
各袋の蕎麦の水分量が梱包時に輸出に適している13~15%であることを確認します。

IMG_9002
皆さんで協力して異物除去や梱包、荷積み等の作業を全て手作業でします


IMG_9131
蕎麦代は全て農家の皆さんに還元されます。

IMG_9135
農家の皆さん

2af448f7-15df-46e6-b7e5-462ece6741f7
ブータンとインドの国境に集約された蕎麦

ca2a09ea-e83f-4dc0-8436-38a8c64b1502
コンテナに積み込んでいきます。

dbaff992-59b5-4a4e-bd13-ecd72e44ce56
全て手作業です。

6c6e42dc-c3be-4e45-a87a-3f596d07e5e3
無事20トン超全てが20フィートコンテナに収まりました。

truck
インドのトラックでコルカタ港まで輸送され、そこから船でシンガポールと韓国を経由して東京港には約一か月後に到着予定です

truck from gate
ブータンとインド国境のゲートからトラックが出発しました。









一か月にわたって佛子園の施設で実施していたJICA草の根事業「ブータンごちゃまぜ拠点づくりプロジェクト」の本邦研修が先日終了しました。

終了に伴い、ブータン人研修員が研修での学びや気づきについてJICA北陸センターで報告会も行いました。

研修で学んだことを活かして、ブータンでごちゃまぜ拠点の開設に向けて活動をすすめていきます。

IMG_8929

IMG_8932

↑このページのトップヘ