Hynemosphere *ヒネモスフィア* おかわり

ヘタの横好きとはこういうことだよ。

with Bみたい。
こんにちわ、ジャンパーたむらいんです。

高くて裏しか見えないよっ!
おーい!
IMG_4291

ドロンさんじゃない方のピエール。ピエール・ガニェール(Pierre Gagnaire)
2002年 フランス Delbard
グランシェフシリーズ

デルバールのバラを扱うショップは増えたけど、このバラを扱う店舗は少なくなったなあ。
多分ツル化することと、一季咲きだってことが原因だと思う。

シングルのバラが欲しくて、ジャクリーヌ・デュプレと迷いに迷って新しい方を買った。
いい香りです。いろんな果物のにおい。かわいい色だし。(アプリコット系が好き)
わさっとものすごい房咲きになるし。
でもツルだ。冬にガッツリ剪定すると咲かないぞ!
鉢栽培に限界を感じてる。
IMG_4293
強い雨でひしゃげましたがうなだれない。
しっかり上を向くし、花弁が傷みにくいし、最近のバラは強いなあ。

欧米で作出されたバラが日本で発売されるとき、ナーセリーのつけた説明そのままで紹介するから困る。
発売された年に買った。(写真を見て一目ぼれ)
日本はあったかいからさー、でかくなるのよ。
シュラブはツルになるし、樹高の目安はプラス50センチ~1メートルくらい見ておかないといけないし。
実際育ててみないとわからないことが多すぎる。
これは剪定を嫌います。
咲くのはこの時期のみだけど、樹高を抑えるために年間を通して剪定してると翌年泣きをみます。
このバラの売りのすさまじい房咲きがなくなります。
なのでシングルのツルバラを探している方にお勧めします。
細くてしなやかな刺だらけの枝が気ままに伸びますよ。誘因は容易。
作出年が21世紀、一季咲き&ツルなのでほんとうに強健です。テッポウ虫にだけ気をつけてあとはほったらかしOK。
明るい緑の照葉です。
房咲きした花の塊はブーケみたいで本当に素敵だけど、私は剪定しているので滅多に見れません。
特徴を知るために好きにさせてた最初の3年くらいだけ。

花色も香りも好みなのだけれど、伸びすぎて手に負えないのでリストラ候補。
ピエール、ごめんね。


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

しゃーるーるー!遠いよー!
これも背が高くなる。
シャルル・ド・ゴール Charles de Gaulle
HT 1974年 フランス メイアン

ガラスの仮面の紫のバラの人が持ってくるバラはマダム・ヴィオレらしいけれど、私のイメージの中ではシャルル・ド・ゴールだな。
フリフリの花弁が昭和の少女漫画っぽいもの。
IMG_4318
ハイブリッドティー(HT)っていうかグランジフローラだと思う。
まっすぐ伸びるもん。
でも剪定で樹高は調節できます。
大きいのは私が冬の剪定をしなかったから。
12月まで咲いてたんだよねー。
蕾もまだあったから咲くかもと思って様子見してたら、1月も半ばが過ぎて、寒波が来て寒くてやる気なくなった。
完全に私の怠惰によるミスです。

無理やり枝をひっぱって撮影。
刺が少ないバラはいいなあ。
IMG_4319
IMG_4362
IMG_4360
IMG_4416
素敵よね。
紫過ぎない青ピンク色が好き。
ぼってりとしたカップ咲きもいいけれど、こういうクラシックでどことなくアンニュイな半剣弁高芯咲きも正統派な感じで好き。
香りもいわゆるブルー香で好き。
栽培年数が経つとシュートが出にくくなるそうですが、10数年育ててまだちゃんと出るのでそれほど心配しなくてもいいのかも。
鉢栽培なので枝数は少なくしてますが、新しい(3年目くらいまで)シュートは大事にしてます。
でなくなった時に困るからね。(げんこつ剪定すれば出るかもね)
これは残すバラ。

バラは人為的にコントロールできる部分がたくさんある植物なので、育てていて楽しい。
わぁ、きれいいゃん素敵だけじゃなくて、この樹はどう育てる、どう作る、どう咲かせる、どんなスケジュールで開花サイクルを組む、などいろんなことを考えながら作戦を練って、自分が狙った通りに咲かせた時が一番うれしいかも。
もちろん植えっぱなしでじゃんじゃん咲く花も大好きですが、ボケ防止にバラはいいと最近思える。
ただし体力が追い付かないので、そういう意味でも数を減らさないと…。
手入れされなくなったバラは哀れだ。

などど偉そうに書きましたが、実際はいろんなことが後手後手で反省ばかり。
あ、それはどの植物に対しても同じだわwww


にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

花・ガーデニング ブログランキングへ

だから万年初心者を脱却できないのよ。
ダメウーマン!

まず初めにスマホで見てる方、ごめんなさい。
なんでかわからないけれど、たまに文字の背景が白抜きになっていて全く読めなくなっていることがありました。
そんな操作はしていないのですが、何かの拍子に先頭にそのHTMLタグが入ることがあったみたい。
これからはタグが勝手についてないかを確認してからアップするようにします。
せっかく見に来てくれたのに読めなくてごめんなさい。
内緒にしてたわけではないんです。そんな内容があるわけないし。
気づくの遅くてすみません。
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
昨夜、何気にアクセス解析と言うものを見てみたんですよ。
したらね、検索ワードの第一位がなぜかソフォラ・ミクロフィラなんです。
今ソフォラが熱い?
なので我が家のソフォラをば。
IMG_4437
今朝のソフォラ
なんか、余計なものが写ってますが気にしないでください。

ソフォラを取り上げた最終が11月24日だったので実に半年ぶりぶり。
寒さにやられて死にかけてましたね。
でも完全復活してます。めでたい。
寒さに弱いです。多分3度以上いる(3度は霜が降りるか降りないかギリギリ)
なので最低気温が5度くらいになったら室内に入れるのがいいみたいです。
植え替えて室内で管理していたら普通に復活しました。
真夏・真冬以外は普通に外で雨ざらしです。
真夏の置き場所は北側の軒下、朝9時以降日の当たらない場所。
暑さや強すぎる日差しにも弱いかも。
3月半ばから他の普通の植物同様に外にいます。
IMG_4440
IMG_4441
ちっちゃーい

室内に入れる際に鉢と土を変えました。
もうここまで弱っちゃったから枯れるかもしれないけどダメもと!という気持ちで。
普通に成長してる株を冬に植え替えることはお勧めしません。やめた方がいいです。

モスポットというオシャンティーなものに入れてたんですが、これが非常にダメダメな鉢でして。
(私が買ったモスポットだけかもしれない。他のは知らない)
決定的にダメなのは鉢底の穴から水が抜けにくい。穴の開き方が雑なんですわ。
やすりとかで削って改良しないとダメだあれは。
そして通気性が悪い。プラと変わらない。
なのでプラにしました。(プレステラ深鉢10.5)

あと、もともと植えてあった土を全部落としました。
やっぱりね、ピートモスを固めたような土は私、ダメです。
根腐れさせる、もしくは水を吸わないので根を枯死させる。(周りの土が濡れていても、です)
根元に苔が生えてくるのも嫌だし。
それにね、鉢増しして土を増やしてあげても、そこから根が出れないんですよ。なぜか。
多少は根鉢を崩したんですけどね。
脱出できたわずかな根で生きてたようです。そりゃ弱るわ。

バケツに水を張って根鉢に水を吸わせ、土が緩んだらゆすって件の土を落とします。
無理にもんだりしない。根を痛めるだけなので。

土を全部落として新しい、水はけのよい土に植え替え。(水はけがよければ何でもいいと思います)
それで今に至ります。
復活してくれてよかった♪
調子が良ければ成長は早いです。
もし、買った時の土のままで育てている方がこれを見ているなら、今が植え替え適期だと思うので土を変えてあげた方がいいですよ。
原因不明の下葉の落葉に悩まされる前に!
梅雨時の過湿にやられる前に!

近所の年寄り方に「これはなに?」と聞かれるので、札もつけときました。
IMG_4438
「ソフォラミクロフィラリトルベイビーです」と言っても
「あんだって?」
「ソ フォ ラ ミ ク ロ フィ ラ リ ト ル ベ イ ビー です」
「あんだって?」
お ま え は 志村けんか!というやり取りが繰り返されるのでよそ様の目につくところに置く場合は名札必要。

ということでソフォラは無事に冬を越し、元気にワサってます。
枯れたとか花が咲いたとかの派手なイベントがないのでなかなか取り上げられませんけれども、便りがないのは元気な証拠なのでご安心ください。
そういえばあれはその後どうなってますか?というのがありましたらコメント欄にてお問い合わせくださいねー。


にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

花・ガーデニング ブログランキングへ

枯れたので取り上げられない、というのもありますけれども…
セダム・ブラックビューティみたいに(涙)


IMG_4399
咲き始めた。
何とか今年もここまで来た。
なんだかあっという間。
すべての植物に言えることですが、待ってる時間ってたのしいね。
芽吹きを待つ。
開花を待つ。
園芸の待ち時間はじれったくってたのしい。

一年草にとってはこれが人生の(植生の)ハイライト。
あとは結実して枯れていく。
まだか、まだかと待っている時間は先の楽しみを待っている時間。
特に花はそう思う。
蕾の時が一番楽しい。

もう5月も終わるのよねえ。
早いわー。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
蕾と言えば
IMG_4403
太陽に蕾らしきものが出てきたよ!
初めてだ。
裏にもあるの。
太陽って花をつけるのに結構年数がかかると聞いたけど。
これは実生して何年たつんだろう?
我が家に来て丸2年。2度目の春です。

紫太陽というのがよくヤフオクに出品されているので、先日手ごろな価格(1000円以下)のものを落札してみました。ちっちゃいの。
養生期間が明けたらこちらの太陽と並べて育ててみよう。
紫太陽は全体がマゼンタっぽくなるのよね?
サボテンの花はどれも豪華だから楽しみだ♪
この間はロフォフォラがかわいく咲いてました。
大豪丸からも蕾が出てきたし。
士童と紫雲丸は…また閉鎖花かなあー。
どういう条件だとちゃんと咲くんだろ?

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
IMG_4402
寝るな!寝ちゃだめだ!!
2週間くらい前に液肥あげたんだけどなあ。
おなかいっぱいで眠たくなったか。
黒法師の真ん中が詰まってきた。
アエオは休眠入りがわかりやすいのとわかりにくいのがあるね。
葉が薄いのはわかりやすいけど、肉厚なのはわかりにくい。
小人の祭りはまだお祭り真っ最中な感じだけど、あれは休眠中はどうなるんだろう。
休眠中の方がかわいいので寝てもいいんだけど、やっぱり一抹の寂しさが。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
IMG_4397
リトープス 紅菊水玉(Lithops meyeri "Hammeruby" C272A )
だいぶわかりやすくなってきた。
なるほどね、こうやって入ってるのね。
なるほど。。。。
2頭なのはわかったけど、やっぱりどうなってるのかわからなかったwww
Y字型は\/部分がなんだかもったいない気がする。
新球に傷? オーマイガッ ノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
IMG_4396
怒涛ちゃん、新しい葉っぱが出た。
中に見えてくるとあっという間に伸びてくるのね。
栽培方法を確認したが、なかなか大したイベントがないのであまり取り上げる機会ないかも。
毎日見て楽しんではいるんだけどね。
なかなか手間がかからずよろしい。
まだちょっと水やりのペースがつかめていない。
足りていないような気はするんだけれども、これはぐちゃぐちゃさ加減が気に入っているので枯らしたくないのです。

まだまだなかなかアップする機会に恵まれない方々が大勢いるのですが、今日はここまで。
えびばで、はばないすうぃーけん!

にほんブログ村 花・園芸ブログ 趣味の園芸へ
にほんブログ村

花・ガーデニング ブログランキングへ

もちろん私は仕事ですよ。
でも日曜は休む!

↑このページのトップヘ