2009年08月31日

選挙結果を冷静に

まぁ、冷静に考えてみれば手放しでは喜ぶことが
できない面もある。ゾンビ当選者を含め改めて眺めてみたら、
超右翼連中の実力派で落選したのは、モウロウ中川だけで、
実は女右翼トリオを含めて、結構なメンバーが
かろうじて生き残っている。もう、なぜかキレイに
ならないんだなぁ、自民党は。

選挙がはじまった頃、自民党の例のページにある
幼稚な漫画や下品な怪文書、それからイデオロギー満載の
子どものようなアホ演説を見て、わしは思った。
ずっとこの調子だったら民主党の楽勝だ。だけど、
まぁ、自民党もアホじゃないから、どこかで
路線変更するんだろうなぁ・・・、と。

だから、選挙後に自民党は、こういうアホなことをして
それが敗因だったって、そう書きまくってやろうと
思っていた。だけど、自民党は路線変更どころか、
アホ行為をどんどんバージョンアップさせてゆくもんだから
もう、たまらなくなって、実況中継になってしまった。

今日のTVタックルでは、森永さんや民主党の松原仁さんたちが
一斉に怪文書のことをバラしてたんだけど
未だにあっそーは、こういうことの意味が
分かっていないらしく
今日の選挙の反省の弁をの中では、
「保守強調は間違いではない」。
まぁ、あっそーだからね。

まぁ、こんなんだと、わしは時間の問題だろうなと思う。

民主党の当選者のインタビューを見ていると、
将来、この人は日本の政治を引っ張ってゆくように
なるだろう、そんな人もいて本当に楽しみだ。全く対象的だ。


さて、選挙も終わったので
次回はブログの引越しについて書きたい。


ご訪問記念にクリックをお願いします。
広島ブログ


tammar at 22:46|Permalink2009総選挙 
スポンサードリンク