秩父に行ましたレトロな駅舎シリーズ・奈良井駅(中央本線・長野県)

2009年11月30日

木曽路・宿場町めぐり〜妻籠・馬籠・奈良井

木曽路方面に旅行に行きました。
紅葉は終わっていましたが、レトロな街並を満喫出来ました。

以前このブログでも、タイムスリップを体験出来る空間です、とご紹介しました。

私自身、妻籠、馬籠は高校時代以来で、奈良井は学生時代に楢川村(現塩尻市に編入)の民話取材で訪ねて以来で本当にしばらくぶりです。

今、世界遺産に登録されている観光地は、大変な人出になってにぎわっています。現地の人はのぞむところなのでしょうが、旅人にとっては逆にどんどん俗化され風情をうしなってしまいつつあります。

身勝手な意見ではありますが、このような昔のままの状態で歩け、はるか昔の日本の原風景に接することができる空間として、残してほしいと願っています。

もちろん妻籠、奈良井ともに文部科学省選定の『重要伝統的建造物群保存地区』に指定されています。
◆妻籠(写真1・2)
・写真1
妻籠街並

妻籠の街並です。数十年前から街ぐるみで街並保存に力を入れてきたそうです。お土産や工芸品、おいしい五平餅や栗きんとん、くりこわめしなどが食べられます。

・写真2
妻籠脇本陣跡

妻籠宿脇本陣跡、重要文化財に指定されているそうです。

◆馬籠からの眺望(下の写真)
馬籠眺望

馬籠は大火で古い建造物は残っていませんが、おいしいそばや五平餅が食べられ、藤村記念館などのみどころもあります。また写真のように馬籠宿入口からはさえぎるもののない景色を眺められます。

◆奈良井の街並(下の写真)
奈良井街並

奈良井は木曽路の北の端で、交通が不便(高速道路から遠く、普通列車が2〜3時間に一本しか停車しない)なため、妻籠以上に観光化されていません。街並に立つと、本当に時代をスリップした感じを味わえます。
となりが漆器の日本三大産地である、木曽平沢なので漆器店も数多くあります。
宿場の規模も約1キロ近くにわたり保存されています。ここはおすすめです。

人気ブログランキングへ

tamochan1516 at 11:15│Comments(0)TrackBack(0) 山梨、長野 | レトロな街並み

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
秩父に行ましたレトロな駅舎シリーズ・奈良井駅(中央本線・長野県)