真夏の浅草ツアー?都会の里山風景をさがして、さいたま市・川口市

2010年10月09日

懐かしの上野駅発着の特急列車の写真(昭和51年頃)と当時の上野駅発着列車

昭和51年頃上野駅・特急ひばり号
昭和51年頃上野駅・特急ひばり号583系写真
昭和51年頃上野駅・特急とき号181系写真
昭和51年頃上野駅・特急あさま号写真
昭和51年頃上野駅・特急ゆうづる号写真
昭和51年頃上野駅・特急ひたち号写真
今日は懐かしの昭和の上野駅発着の特急列車の写真と当時の列車の話です。
東北・上越新幹線が開通するまでの上野駅は、日本が鉄道大国であるという証明のような駅でした。
写真はすべて昭和51年頃に撮影したもので、一部腕が悪いためはみ出しているもの(とき号)もありますがご辛抱ください。
写真は上から「ひばり号」「ひばり号(583系)」「とき号」「あさま号」「ゆうづる号」「ひたち号」です。
このほかにも無数の特急、急行列車が発着していました。
当時を思い出して、憶えている限り列挙してみたいと思います。
◆特急
・ひばり号
上野発の特急の代表格で仙台行。本数も多く、ほとんどは485系でしたが午前中に出る1本だけが運用の都合で583系でした。
・やまびこ号
盛岡行で愛称は新幹線に引き継がれた。
・はつかり号
青森行で寝台電車兼用の583系でゆうづるの一部やはくつる号などと共通運用だった。歌謡曲の題になったこともある。
・みちのく号
常磐線経由の青森行で583系だった。地味な列車ではつかりなどに比べ比較的指定券がとりやすかった。
・つばさ号
当時は首都圏発着では数少ないディーゼル特急だった。
・やまばと号
山形行でたしか4〜5往復くらいの本数だった。
・あいづ号
最後まで一日一往復しか走らなかった。渋い特急列車。
・ひたち号
最初は一日一往復のディーゼル特急だったが、沿線の発展で電化されどんどん本数も増えた。
・とき号
上越線の看板列車。181系車両(いわゆるボンネット特急の原型になったこだま型の改良型で直流専用)の最後の牙城になった。ちなみにあさまやあずさは先に189系や183系に置き換えられた。
・あさま号
信越線の看板列車。碓氷越えで有名。そのまま新幹線の愛称に。
・そよかぜ号
軽井沢行のリゾート列車で
・白根号
万座鹿沢行。当時伊豆に行くあまぎ号とならぶ数少ない157系(いわゆる日光型)で運行。
・はくたか号
金沢行で午後に出発夜遅くに着く。上越線経由。
・白山号
元は客車の急行から格上になった。最盛期は2往復。信越線経由。
・いなほ号
羽越線経由の秋田行でかなりのロングラン列車、現在は羽越線のみの運行。
・ゆうづる号
常磐線経由青森行の寝台列車で583系電車と客車が混在。指定券をとるのが難しい列車の一つだった。
・はくつる号
東北線経由青森行の寝台電車。指定券がとれない列車のナンバー1を争う列車だった。
・あけぼの号
奥羽線経由の青森行寝台列車。途中で一往復増発。
◆急行列車
・津軽号
今も語り継がれるいわゆる出世列車。奥羽線経由の青森行。旧型客車・寝台の混合編成。2号は青森に昼頃に到着。
・八甲田号
東北線経由の青森行。比較的スピードダイヤ。名門列車。
・十和田号
最盛期は季節列車も含めると5往復くらいあった常磐線経由の青森行。寝台との混合編成。北海道に行くカニ族が愛用。
・おが号
2往復あり、昼間の気動車と夜行の客車列車。奥羽線経由秋田行。
・北星号
盛岡行の寝台専用の急行で途中で特急に格上げ。
・新星号
仙台行の寝台専用急行。
・北陸号
1号は寝台と座席の混合編成で福井行、2号は寝台専用列車で金沢行で後に特急に格上げ。
・天の川号
上越線経由、秋田行の寝台専用急行、後に愛称を変えて特急に格上げ。
・鳥海号
上越線経由の夜行列車でこちらは座席中心。
・いわて号
東北線経由盛岡行。長距離を走る昼間急行にランクインしていた。
・もりおか号
常磐線経由盛岡行で地味な存在だった。
・いいで号
気動車でざおう号と併結して東北ー磐越西線経由の新潟行だった。
・まつしま号
東北線で一番ポピュラーな列車。仙台行。いわてなども含め一部ビュッフェを営業していたこともある。
・ざおう号
山形行だが前述のいいで編成は気動車、ほかは455系でばんだい号と併結。
・あづま号
福島行の列車。ばんだいと併結。
・ばんだい号
まつしまやざおう、あづまと併結で会津若松、喜多方行。
・ときわ号
常磐線の急行で当時日本の急行列車では紀勢線のきのくに号と争う、本数を抱えていた。勝田、高萩、平(現いわき)、原ノ町、相馬、仙台行など20本以上を運行。455系中心。
・つくばね号
水戸線経由の急行で455系。
・なすの号
宇都宮、黒磯方面短距離の急行で165系。本数多数。
・日光号
昔は157系の豪華列車だったが、東武との戦いに負け、単なる165系の近距離急行に。
・佐渡号
上越線の代表的な急行。新潟行。いつも混雑。
・ゆけむり号
上越線水上行。いわゆる温泉列車。
・草津号
上記ゆけむりと併結。万座鹿沢行。
・よねやま号
上越線経由の柏崎行。一日一往復。
・信州号
長野行の信越線代表列車。一部は長野電鉄にも乗り入れしていたと記憶しています。
・妙高号
直江津、妙高高原行の列車で一本だけ夜行で客車列車(寝台・座席)だった。今でも長野ー直江津間の普通列車の一部はこの愛称を引き継いでいる。
・あかぎ号
前橋行の列車で165系に混じり一部は近郊型で運行されていた。お客からは急行料金を払いたくない列車として知られていた。

と書いていたら疲れてしまいましたが、これに加え、東北線では一関行、福島行、常磐線では仙台行、平行、高崎線で11時くらいに出る高崎行など普通列車の客車列車も発着していました。

当時はほとんどの特急は食堂車があり、いわて、まつしま、佐渡、信州、妙高などの急行はビュッフェを一部営業していました。
雑多でしたが旅好きの人にはこたえられない雰囲気が当時の上野駅にはありました。

以上昔を懐かしむ話でした。
長々失礼いたしました。

tamochan1516 at 04:26│Comments(1)TrackBack(0) 鉄道 | 鉄道写真

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by スモパケ   2010年10月17日 12:49
583系のひばり号は非常に珍しいですね。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
真夏の浅草ツアー?都会の里山風景をさがして、さいたま市・川口市