旅行記

2007年03月04日

湯河原、熱海、真鶴、箱根方面へ

踊り子箱根フリーきっぷという切符がJR東日本から通年発売されています。

これは小田急系の箱根フリーパスに対抗して発売されたのだと思いますが、これがなかなか便利で安い、使える切符です。

私は毎年のようにこの切符でこちらの方に小旅行をしています。特に冬場の今の時期が一番と思っています。

この切符は都区内から特急で小田原〜熱海までを往復、箱根、湯河原真鶴地区の伊豆箱根バス、JRの小田原〜熱海間がフリーパスです。料金は4600円と格安です。

一つ難点は、箱根登山バスが使えないので、登山バスが来たら待たなくては行けないということです。

たとえば私たちの使い方は、東京から東海号(3/18に廃止になりますが)か踊り子号で熱海に出ます。もちろん指定席もOKです。熱海で小休止、梅の季節であればバスで梅園まで行き、そのまま梅園からバスで十国峠に行きます。なぜ今時期に行くのがいいのかという理由は十国峠です。

この時期は空気が澄んでいて、しかも富士山に雪があり、十国峠からの眺望は絶景です。何度行っても飽きないくらいです。特にここはいつも空いていて、のんびり出来ます。

また熱海にもどり、熱海をぶらぶらします。おいしいお寿司屋さん、干物屋さんをのぞき、スーパーなどものぞきます。けっこう楽しいですよ。

それから真鶴駅に行き、真鶴岬に。原生林や中川一政美術館(ここもポイントです、日本有数の画家の名画が見られます)を見学、岬では海を眺めのんびりします。冬場は水仙が咲いてきれいです。
岬は余計な施設がなく、本当にのんびり出来ます。日頃の疲れがとれますよ。

それから真鶴駅に戻ります。ここで真鶴駅近くに二藤商店という鮮魚店があります。ここは自家製のひもの、鮮魚、惣菜などを売っている大きな魚屋さんです。

もちろん新鮮で美味しいのですが、ここのおすすめは自家製のさつま揚げです。独特の風味で絶品です。ぜひご賞味を。あとしらす干し、わさび漬け、イカの塩から、アジの押し寿司なども絶品です。

さて真鶴から列車で湯河原に、そしてバスで湯河原温泉に。泊まるのはウェルシティはおすすめです。前の厚生年金です。独立運営になりサービスもよくなりました。施設はリニューアルしたのでホテル並みの設備で、食事もひじょうに美味しいです。

ゆっくり温泉を楽しみ、翌日は箱根までバスで。途中外輪山を越えるあたりは絶景の連続です。箱根は小田原から入ると途中あまり景色はよくなく、しかも混雑しますが、熱海、湯河原から入ると空いていて、すばらしい景色を眺めることが出来ます。これはおすすめです。

このルートですと、十国峠のケーブル、美術館がかなり割り引きになり、あとの費用はすべてフリー切符で乗車出来ます。登山電車やロープウェイもいいですが、バスを使うとこんなに楽しめます。
皆さんも試されてみては。

tamochan1516 at 05:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年11月05日

東北ー弘前・十和田・角館他の旅行日記−6−、平福記念美術館

83fbd832.jpg翌日はまた、びゅうバスで十和田湖〜発荷峠〜八幡平〜小岩井農場〜盛岡、と行き、そこから角館に行き、フォルクローロ角館に宿泊しました。駅も含め、小京都らしくクラシックな建物で良かったです。翌日角館で、武家屋敷等を見学しました。そして写真にもありますように平福記念美術館を見学しました。私はずっと前にちょっとした縁で平福百穂の親戚のかたと知り合いだったことがあり(もちろんちょっとした縁なので今は付き合いはありません)、その名前には親しみを感じていました。絵心はありませんので、どれくらい良かったとかは、表現出来ませんが観ることが出来て良かったです。あとフォルクローロ角館はJR東日本直営のホテルですが、リーズナブルな割に設備もよく、レストランがあり朝食バイキングも非常に美味しかったです。美味しかったので、翌日の昼食もここで食べました。定食もまずまずでしたが、稲庭うどんのざるうどんは本当に美味しかったです。
またサスペンスドラマでよく見る、あの川の堤防沿いの道も見れました。桜は咲いていませんでしたが。

角館から、田沢湖に行き、雨の中田沢湖でしばらく過ごし、こまち号で東京に帰りました。


人気blogランキングへ一票お願いします。←

tamochan1516 at 20:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年11月04日

東北ー弘前・十和田・角館他の旅行日記−5−、ホテル十和田荘

f7e1bffb.jpg奥入瀬を見て、子の口から遊覧船(写真)で休屋へ。天気もよく最高の景色でした。宿泊は『ホテル十和田荘』で十和田湖では安い方でしかも湖畔ではないのであまり過大な期待はしていませんでした。
ところが、部屋はすごく広いし、風呂も非常に大きく、夕食は食堂と聞いていたのですが、一つ一つのテーブルが個室状になりすごくくつろげました。もちろん食事も多すぎずで美味しかったです。

人気blogランキングへ一票お願いします。←

tamochan1516 at 23:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

東北ー弘前・十和田・角館他の旅行日記−4−、びゅうバス

7aa91263.jpg八戸から、十和田湖までびゅうバスに乗りました。平日ということもあり、乗客は8人。シートを独り占め出来て快適でした。ガイドさんがちゃんといて、観光バスツアー気分を味わえます。奥入瀬渓流を通るコースなので、紅葉シーズンの土日はすごいらしいです。

人気blogランキングへ一票お願いします。←

tamochan1516 at 22:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

東北ー弘前・十和田・角館他の旅行日記−3−、八戸駅前

0754d504.jpg八戸駅前は市街地から離れて、少し寂しいのですが、新幹線の近代的な駅があり、さらに私たち都会から来た人をびっくりさせる物がありました。駅を降りたすぐの所に、小さな建物が二つ並んでいて、片方はイカの売店、もう一つは新鮮な野菜と果物の売店でした。まずイカの方ですが、ふつうのさきいかを買ったのですが、これが安いだけでなく本当に美味しいんです。こんなの美味しいさきいかを食べたのは初めてです。野菜、果物の売店も信じられないくらい安い値段で色々な種類の野菜類を売っています。

人気blogランキングへ一票お願いします。←

tamochan1516 at 22:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年09月25日

東北ー弘前・十和田・角館他の旅行日記−2−、弘前半日コース

72aa0fa9.jpga514f5b6.jpgさて、青森で普通列車に乗り換え、昼過ぎに弘前に着きました。今日は弘前泊で明日は朝一で出発です。私は古い建物を見るのが好きなので、ここを旅程に入れたのですが、なにぶん時間がないので、全部は見れませんでした。通り一遍の観光コースになってしまいました。
まず、バスで弘前市立観光館山車展示館からスタート、ー旧弘前市立図書館ー旧第五十九銀行青森銀行記念館ー弘前城追手門ー弘前城天守閣ー石場家住宅ー旧伊東家ー旧梅田家と見学しました。
ちょっとかじってしまっただけでしたが、松本、会津若松の様な感じの城下町でありながら、洋館が点在、結構大きな街なのに武家屋敷が残っているという不思議なコントラストを感じ非常に好感を持ちました。あとどこからも岩木山がきれいに見えたのも良かったですね。
ねぷた祭りの時か桜の時は相当なもんらしいですが、静かに見れたのが一番でした。

あと2,3気付いたことを、

一つは街が非常にきれいに整備されていたことですね。しかも清潔でお手洗いとかもきれいでした。
それから市内を100円のバスが頻繁に走っていて、これが非常に便利でした。運転手さんも親切でしたね。

あと施設の入場料が安いということですね。無料のところも多く、よその街ではこんなもんじゃ済まないケースが多かったのでありがたかったです。

それから私は旅行に行くと名物料理とかはあまり食べず、地元のスーパーとかで買い物をしたり、何を売っているのを見るのが好きなのですが、ヨーカ堂あたりでもやはり東京とはかなり違っていました。普通に売っている寿司とかも買って食べてみましたが、結構安いし、個人的には非常に美味しかったと思いました。

今日は弘前市内の話でしたが、次回は翌日、十和田に行く為に向かった八戸のことを書きたいと思います。

人気blogランキングへ一票お願いします。←


tamochan1516 at 23:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年09月20日

東北ー弘前・十和田・角館他の旅行日記−1−、海鮮幕の内弁当

2ad3945d.jpg『穴狙い千ちゃんの旅行記』で述べました通り、9/11〜9/14に3泊4日で北東北に旅行に行ってきました。私は大自然のいい景色や古い建物、文化財等を見に行くのが最近はもっぱらの楽しみなので、その辺を中心に書いて行きたいと思います。

第1日目は、東京を6時56分発の東北新幹線『はやて号』で出発しました。今日は弘前を見物、弘前のシティ弘前ホテルに宿泊予定です。はやては日曜日なのに意外に空いていました。よく考えてみればだいぶ以前、北海道に行く時に乗った列車は、八戸に行くまで、遠かったこと・・。それを考えると約3時間で八戸に行けるのですから変わりました。

朝早かったので、少し居眠りしていたら、あっ、という間に盛岡を過ぎていました。ここから先は新しく開通した線ですが、生活路線もかねているのか結構ちょい乗りでお客さんが乗ってきました。

ほどなく八戸に到着、ここから函館行の『スーパー白鳥』に乗り換えです。乗り換え時間があまり無かったのですが、白鳥はほぼ満席になる盛況でした。ちょっとびっくりです。昼ご飯を列車で食べようということになり『海鮮幕の内』という駅弁を買いました。

この弁当は当然好き嫌いはあると思うのですが、普通の幕の内と同じつくりなのですが、なんとおかずが殆ど魚介類なのです。いか、貝(種類はわかりませんでした)、いくらなどなど・・・。パッケージの写真しかありませんが、魚好きの人にはこたえられないかも。ただし煮込んだものばかりですが。他ではこういう駅弁は非常に少ないと思うので、機会があったら是非買われてみては、と思います。

それから付け加えますと、車両の構造なのか運転技術なのかわかりませんが、白鳥はすごく揺れました。車に弱い人は酔ってしまいそうなぐらいでした。翌日乗った津軽号は揺れませんでしたので、ちょっと閉口でした。次回は弘前到着後の話です。

ー続くー

人気blogランキングへ一票お願いします。←


tamochan1516 at 22:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年09月18日

新潟、北陸方面鉄道旅行−5−

3e15a38e.jpg高岡から再び北陸線の普通列車で富山に戻りました。この後新潟の友人と合流することになっていたので、新潟に向かうことになりました。富山から新潟までは距離があるので特急で行くことになりました。『雷鳥号』です。ちょうど昼頃なので駅弁を買って行くことにしました。富山はご存知の様にますの寿司で有名です。ところが売店を見たら『ます弁』というのも売っていました。聞いてみるとますの寿司と同じ内容のものを少なくして縦長の入れ物に詰めたものでした。実はこれが非常に食べやすく、しかも多くもなく少なくもなくちょうど良い量でした。値段も安いのでお勧めですね。これはご当地富山か金沢駅等で売られているのですが、数が少ないのですぐ売れてしまうそうです。
特急はやはり早く、夜行に乗ったせいもあり居眠りしていたらすぐ新潟に着いてしまいました。そこでもう一人の友人と合流、彼の部屋でひと休みし、新潟市内で食事をしました。新潟って魚が美味しいんですね。種類によりますが普通の刺身とかは金沢や富山より美味しいのではないかと思いました。まあ店によるのでしょうが。ここで私だけ帰ることになっていたので、新潟駅から新幹線で帰りました。新潟駅には私が以前夜行の往復で新潟競馬に行った時に使った『ムーンライト』が止まっていました。ただ列車に乗っていただけみたいになってしまいましたが多忙な仕事から解放されて少しはのんびりできたかな、と思います。

写真は帰り際の夜の新潟駅です。この後は先日行ってきた、北東北旅行のことを書きたいと思います。今度は列車ではなく、古い文化財と良い景色中心になります。

人気blogランキングへ一票お願いします。←

tamochan1516 at 23:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年09月17日

新潟、北陸方面鉄道旅行−4−

03209a5e.jpg高岡から氷見線のディーゼルカーに乗り換えました。高岡駅は氷見線、城端線と2つのローカル線が出ていますが、どちらも共通運用になっているようでした。ここも国鉄時代に急行列車として活躍した気動車が走っています。たしか往きがキハ58、帰りがキハ40だったと思います。ただ編成が短い割に都市部を走るので帰りなどは高岡到着時は超満員になるほど混雑しました。

氷見線は高岡から富山湾沿いに氷見市まで走る線で途中雨晴あたりで富山湾に沿って走る区間があり全国でも有数の景色の良い線として知られています。また氷見はこれも有数の美味しい魚の街として知られています。しかし私たちが訪れた時は真冬で氷見の街は雪が沢山つもっていて観光客らしい人は見かけませんでした。考えてみたら皆さん車や観光バスで行くんですよね。冬のほうが美味しい魚が多いのですから。

私たちは雪の氷見の街をぶらぶらして地元の小さなスーパーに立寄りました。中にはごく普通の食品が並んでいましたが、ふっ、とみりん干しが置いてあるのが目に入りました。小さなサイズのが約10〜12個ぐらいでしょうか。値段を見て驚きました。なんと200円以下だったのです。そして後日談ですが、これを家で食べてもう一度びっくり、これが本当に美味しかったんです。

写真は高岡駅の氷見線、城端線のディーゼルカーです。

人気blogランキングへ一票お願いします。← 


tamochan1516 at 15:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

新潟、北陸方面鉄道旅行−3−

50e546bb.jpg高岡まで乗車したのは、419系という元の特急の電車寝台列車を改造した車両です。見かけは不格好で、出入り口もほぼ当時のままなので実際に地元で生活に使っている人たちには結構不便かも知れませんね。車内は一部は通勤用に改造されていますが、ボックス席や寝台をしまう装置などはそのままで当時の優等列車時代の面影を残しています。ほどなく高岡着。ここで乗り換え氷見に行くことにしました。写真は419系普通列車です。

 人気blogランキングへ一票お願いします。← 

tamochan1516 at 14:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)