2013年05月23日

遺言書の検認手続き(3)~豆知識編~

さて、次は遺言書の検認をめぐる豆知識を箇条書きでご紹介したいと思います。

・遺言書の検認を定めた民法1004条について
形式的・外観的に遺言書らしきものはすべて検認の対象になると解されている。
明らかに遺言書の要件を満たしていないものであっても、紙の切れっ端に書かれたものであっても、民法1004条によりすべて検認すべきものと解される。

・検認手続きには、必ずしも相続人全員が立ち会わなくても良い。
だから、一部の相続人が「わしはそんな遺言など認めん!!」と拒否しても、検認手続は可能。

・検認をしたからといって、無効な遺言書が有効となるわけではない。
したがって、検認を受けていない遺言書だから無効というわけでもない。
遺言書の有効無効は、裁判で争うことである。

・検認済みの遺言書であっても、相続登記に使用できない場合がある。
疑義がある場合、検認調書謄本添付が要求される場合がある。
さらに、検認調書謄本を添付しても、相続人全員からのの異議なき旨の証明書(印鑑証明書付)が要求される場合もある。

・封筒に署名押印があるが遺言書本体に署名押印がない遺言書
→発見者が裁判所外で開封していた状態で検認した遺言書が無効とされた事例あり。
(東京高判H18.10.25判時1955.41)


司法書士タムラヨウコ
http://www.tamura-office.com/

tamura_office at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック 相続 

2013年05月15日

タムラ夫妻のおバカな会話~会社の目的編

※以下の会話は仕事には一切関係なくふざけて話したおバカな会話を再現したものです。法的根拠・実務的根拠共に全くありませんのでご注意下さい。

ちょっとカタい話題が続きましたので、少し休憩です。

ある夜の会話。

妻「あのさー、会社の目的って違法性を帯びてるとダメじゃん?」

夫「うん、賭博場の経営とかダメだしね。」

妻「それはわかるんだけどさ、何かギリギリオッケーみたいなのってあるかなー」

夫「あー俺もそれ考えたことある!(;゜∇゜)
えっとねー、
『ホイミ、べホイミ、ベホマ等の呪文教室の経営』はオッケーだけど
『メガンテ、ザラキ等の呪文教室の経営』はダメじゃないかなーとか」

妻「あー(´Д`)ザラキはダメだねー。殺しちゃうからねー」

夫「でしょ?でもホイミとかは回復系だし。」

妻「でもさあ、そもそも呪文教室っていけるの?」

夫「いけるんじゃん?教えるだけだからね。効くかどうかは別だしね。」

妻「そしたら魔法教室とかもいけそうだね、ポッター的な。」

夫「いけそうだねー」

妻「ほんとかなー(´Д`)」

夫「知らなーい(´Д`)」

そして夜は更けてゆくのでした。

司法書士タムラヨウコ
http://tamura-office.com/

tamura_office at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック 会社・法人登記 | 日々のつれづれ

2013年05月13日

遺言書の検認手続き(2)

では、遺言の検認は実際どのような流れで手続きされるのでしょうか。

まず、遺言書の検認申立書を、家庭裁判所に提出します。
提出先は、遺言者の最終の住所地を管轄する家庭裁判所です。

添付書類は、以下のとおりです。

1.遺言者の出生から死亡までの戸籍(除籍、改正原戸籍)謄本一式
2.遺言者の住民票除票または戸籍附票
3.相続人全員の戸籍謄本
(相続人が既に死亡している場合や、直系尊属が相続人の場合などは、取得する書類が増えることがありますので注意が必要です。)
4.収入印紙800円
5.連絡用郵券(裁判所に個別確認)

申し立て後、通常は1~2週間で相続人全員に検認期日の呼び出し状が郵送されます。
相続人は、通知に書かれた期日に家裁に出向き、検認に立ち会います。
検認の結果は、検認調書に記載されます。

検認後、検認に立ち会わなかった相続人等には、後日家裁から検認済みの通知が送られます。

検認手続きがされた遺言書は、検認証明書が付され、登記手続や金融機関の相続手続き等に使えることになります(ただし例外がありますので、その点は次回に)。

司法書士タムラヨウコ
http://www.tamura-office.com/



tamura_office at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック 相続 

2013年05月09日

遺言書の検認手続き(1)

さて。遺言が見つかった場合。
それが自筆証書遺言だったら、家庭裁判所で検認手続き をとらなければなりません。

検認は、遺言の存在を相続人に知らせ、遺言書の形状・状態を確認・保全し紛失や改竄を防止するための家庭裁 判所での手続きです。

ちなみに遺言書にはいくつか種類がありますが、主な形式は2つ。自筆証書遺言と公正証書遺言です。

公正証書遺言は公証人と証人2名立ち会いのもと、作成された遺言です。遺言書の控えは公証役場で永久に保管されます。

自筆証書遺言は、本人が手書きで書いた遺言のこと。
公正証書遺言以外の全ての遺言は、被相続人の死後、速やかに検認されなければならないとされています。
自筆証書遺言の要件を満たしていなくても。
チラシの裏に書かれたものでも。
開封してしまった遺言書(封印された遺言書は、原則検認の時まで開封してはいけない)も。
それが遺言書であれば、本来は、全て検認手続きをふまなければならないのです。

司法書士タムラヨウコ
http://tamura-office.com/







tamura_office at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック 相続 

2013年05月07日

「#7119」をご存知ですか?&相続、まず最初になにをすべきか

GW中、身内の思わぬ病気とケガで
「救急車!」ととっさに思った出来事が2度ありました。
まったく肝の冷えた連休でした。

2度の出来事のうち、一方は実際に救急車を呼んだのですが
もう片方の時は「うわっどうしよう!?でも救急車呼ぶほどではないかも!?でも軽くみて後で何かあったらどうしよう!!」
という状態でした。

そこで思い出したのが#7119。
東京消防庁救急相談センターの番号です。
急な病気やケガをした場合に、「救急車を呼んだほうがいいのかな?」、「今すぐ病院に行ったほうがいいのかな?」など迷った際の相談窓口です。

初めて電話したのですが、驚くほど問診と指示が確実!!
看護師さんが電話で対応して下さり、とても心強かったです。
夜間や休日など、病院を探して右往左往している間に時間だけが経ってしまうのは本当に危険。
移動している間や、一人が病院探しで一人が#7119で応急手当の指示を仰ぐという使い方も可能です。
特に小さいお子さんがいらっしゃる方は、携帯に登録しておかれてはいかがでしょうか。
(※緊急性が高い場合は迷わず119しましょうね!)

さて。

相続についての2回目は、「相続、まず最初に何をすべきか?」です。

何をすべきでしょうか。
親族で話し合いでしょうか。戸籍収集でしょうか。

まず最初にすることは、「遺言書探し」です。
遺産相続では、被相続人の意思が最優先されます。

故人の机の引出しやお仏壇、誰かに預けていることもあるかもしれません。
公正証書遺言を作成していた場合には、日本公証人連合会の検索システムで検索できます。
(ただし平成元年以降作成の公証証書遺言に限ります。)

遺言書が見つかったら、遺言に従って相続手続きを進めます。

司法書士タムラヨウコ
http://www.tamura-office.com/



tamura_office at 23:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック 相続 | その他