今回は、大阪府富田林市にあるPL教団の聖地に行ってきました。

まずは「PLの塔」こと「超宗派万国戦争犠牲者慰霊大平和祈念塔」。


PLタワーへの入り口。教団の人形劇団「カッパ座」のキャラクターがお出迎え。


道を進んで右に見えるのがカッパ座の劇場「ぷらっと」。


そのまま進むと、PLタワーの入り口が見えた。
 

PLタワーの礎石。
 

寳生と書いてある。寳生とは教団用語でいわゆる献金のことを指す。


建物内には、このタワーの建築に携わった建築家・勅使河原蒼風作のオブジェがたくさん飾られている。






神殿に昇る。その鷹さ15m。180mの高さを誇る塔であるが、残念ながらここまでしか昇ることが出来ない。


これがPLの祭壇である。


宗教は自由です。


祭壇の上部には菊の御紋のようなものが飾られている。


神殿の説明。平和への思いが描かれています。


PL処世訓。PL信者としての生き方を示している。


開運の宝。いわゆる御守のことで、自由にいただくことが出来る。




教団の機関誌。塔内で無料で入手できる。


神殿の周囲にあるステンドグラス。


PLタワーのすぐ近くにあるPL病院。もちろん教団が運営してます。
 

続いては、塔近くの教団の大本庁に行ってみました。
見学の際は入口で受け付けを済ませ、このようなステッカーを服に貼らないとなりません。
残念ながら信者でないと建物の中には入れないとのことです。


第一錬成道場。
 

敷地内にはこのようなグランドが見える。PL学園のものだろうか?


正殿。大本庁神霊と言われる神様が祀られているとのこと。


歌碑。「羽曳野の大丘拓き芸術の都生れしめば魂極まらむ」と言う二代目の教祖作の短歌が描かれている。

生命の塔。こういうセンスは好きだ。


大本庁内の売店で購入したタオル(リストバンド付)。


PL聖地限定の水。なんて書いてあるかは不明。