今回は、神命愛心会の本部、神命大神宮本宮に行ってきました。
京急蒲田線糀谷駅から踏切を渡り、右に曲がって5分くらい歩くと、「神命大神宮」と言う大きな看板が見える。
その看板の地図通りに歩くと、すぐに神命大神宮に着いた。
鳥居をくぐり、左にある自動扉から中に入り、靴を脱ぐと、巫女さんが迎えてくれた。

荷物を預けると、その巫女さんが2階にある参拝場所まで連れて行ってくれた。
そして、巫女さんに参拝方法を教えてもらった。その参拝の仕方がかなり変わってるんだよね・・・。
まず正座し、一礼。次に、手を合わせて、その手を逆さにし、腹の中央部分まで持っていく。次に、その手を左に持っていき、右手だけ右に持っていく。
どうやらこれは、腹を清めるという意味があるらしい。
次に、両手を合わせ上に挙げ、その手の状態で右手を少し下に持っていき、拍手を打つ。
ここでは、天照大御神、天津彦彦火瓊瓊杵尊、観應宇之神、天手力男命の四柱の神を祀っているので、この動作を五回繰り返し、観應宇之神の場合だけ、拍手を打った後その手の状態で「心」と言う漢字を3回書く。

これを終えたら、礼をし、下に下りる。1階では、お守りや書物等が売られていた。
巫女さんに神命大神宮本宮と、那須にある神命大神宮那須別宮と言う施設のパンフレットを貰い、ここを後にした。