May 12, 2020

ブログ移行の意向

noteに登録したので、
このブログは以降そちらに移行して行こうという意向。

お気に入り登録してくださってた方々(そんな人いるのか!?)、以後かわらぬご愛顧よろしくお願いします。


FullSizeRender



tanakakanji77 at 16:47|Permalinkclip!

May 10, 2020

我は愚息なり

考えてみたらこれまで自発的に母の日に何かを贈るという行為をしたことがなかった。
世の人は母親に花を贈ったり何かギフトを贈ったり電話したりするようだ。
そして感謝の気持ちを表す。
せっかく素敵な風習があるのにスルーし続けてきた僕は愚かだ。
愚息だ。

そんな愚かな僕a.k.a.GUSOKUでも、今年は母に長いこと会えていないし彼女の年齢も考えると心配で、せめてこれくらいはと思って絵はがきを送った。

母はもう僕の名前を呼ぶことはできないが、この絵を見て僕らしき人物のことが脳裡にチラッとでもかすめたらいいな。
少しでも彩りがでたらいいなと願いつつ。
いつもありがとう。( ◠‿◠ )



以下余談。
愚息で思い出したこと。

自分のことや身内のことをへりくだる表現は色々とある。
そんな表現のひとつに「豚児」というのがあると知って驚きつつもゲラゲラ笑ってしまった。
豚児!
豚の!児!

A「いつも息子がお世話になっておりますー」
B「いえいえ、こちらこそうちの出来の悪い息子がお世話になってます」
A「何をおっしゃる、うちの愚息が…」
B「いやいや、うちの……」

みたいなへり下り合戦があったとして、その最終形態なんでは。
「うちの豚児が…」って、豚の子供にまでへり下っておけばいいだろうって感じだけどそれにしても自分の息子なのに豚の子供って、お前は豚か!?
最終形態を出された相手もツワモノでさらにへり下り合戦は続くのかもしれない。
「いやいや、うちの死した豚児が…」
「いえいえ、うちの死して腐りし豚児が…」
「いやいや、うちの死して腐りて新たなる生命体となりし豚児が…」
「その豚児、蒼き衣をまとい金色の野に降り立つであろう」

To be continued.....


IMG_2330




tanakakanji77 at 11:20|Permalinkclip!

May 07, 2020

まばたきひとつで伝わる

友達からのオンライン飲み会的なやつのお誘いは、ゆるやかにかわしてきた。たぶん苦手そうなので。

しかし、BANDとして決めなきゃいけないことや判断しなきゃいけない案件がいくつか溜まってきてたので初のオンラインミーティングを決行。
苦手そうだからとか言ってる場合ではない。
結果、とても良かった。

LINEのやり取りで済むことも多い。
日程の確認だとか、報告だとか、アレやっといてみたいな簡単なことならそれでいい。
でも、ちょっと複雑な案件だとLINEのやり取りのみでは難しい。
これは意見がバラけそうだなとかちゃんと説明しないと誤解を招きそうだなみたいな事は会話して話を進める方が手っ取り早い。

会話する時に受け取っている情報って実はとんでもない量なのだ。
ちょっとした表情の変化や声のトーン、息つぎのタイミング、そういうものをお互いに読み取り合いながらお互いが心地よく会話できるように調整してるのだ。無意識に。
無意識にとても高度なセッションをしているのだ。

どんな長い文章を書いたところで伝わらないようなニュアンスが、まばたきひとつで簡単に伝わる。
相づちひとつで10GB分の情報のやり取りができる。

約一時間のオンラインミーティング、建設的な話もできたし、メンバー二人が元気そうなのを確認できた。
元気そうな顔を見るというのが実は一番大切なことなのかも知れないな。

IMG_2358



tanakakanji77 at 14:52|Permalinkclip!

May 06, 2020

とてもキレイな景色ね

大きめの橋を渡っていた。
眺めがよく、遠くの山々まで見える。
夕焼けをはらんだ空を山はしっかりと迎え入れようとしていた。

近くを歩いていた老夫婦の会話が風にのって聞こえてくる。
「ほら、とてもキレイな景色ね。」
「ああ、ここが一番キレイだ。」

ドラマや映画のセリフかと思うような会話。
人は得てしてこういうベタなセリフを日常的に言っているものなのだ。
でも、そのベタさにツッコミたいわけではなく、僕は純粋にその会話に感動していた。

景色よりもその会話がキレイだったし、長年連れそって自然にその会話ができるようになった老夫婦こそがキレイだった。


tanakakanji77 at 13:11|Permalinkclip!

May 04, 2020

腐ったイチゴは

「こんな無能な総理大臣はやめさせろ!」と言うと、「じゃあ代わりは誰がなるの?代案がないなら感情だけで意見するべきじゃない」って返されるんだが、そういうことじゃないんじゃないの…!?

という趣旨のツイートを見かけた。
寝起きにアラーム止めた流れでiPhoneいじってて見かけた。
そうだよな、なんかうまい例えがないもんかなと思ってるうちに二度寝。zzz…

夢の中でも思考は続いていた。
例えばショートケーキの上に腐りきったイチゴが乗っかってるとして。
さすがにそんなイチゴは取り除くでしょ。腐ったイチゴが乗っかったケーキなんて誰も食べたくないもんね。
仮に今日は八百屋が休みでイチゴの仕入れがないんだよーってことであっても、代わりのイチゴがないからといって腐ったものを乗っけたまんまにしておく人はあんまりいないよね〜?
とりあえずその腐ったイチゴは取り除くよね?
って例えはどうだろうか!?

って思いついた瞬間に目が覚めた。
パッと時計を見たら二度寝開始から二時間経過していた。
とてもスッキリした気持ちだったのはうまい例えを思いついたからなのか、ただ単によく寝たからなのか……。

ショートケーキ食べたい。


tanakakanji77 at 00:03|Permalinkclip!