July 2012

July 31, 2012

ガキの使いがそうであるように

裏番組がおもしろくなくてどーすんだよ?
って、いつも思ってます。


フジロック開催期間中ってこともあり、その裏番組的なやつを!
て感じで、「コシロック」と題して越谷で執り行われたイベント。

メンツも良くて、いいイベントでした。


裏番組はトンガっていかないと。
カウンターな気概でいないと。
その心意気が、いつか大逆転を呼ぶ。
新しい文化を作る。
紅白の裏番組のガキの使いがそうであるように。


【7月29日 越谷easy goings セットリスト】

1.ピミツのパピヨン
2.チキチキ!16ビート大作戦!
3.ぐろーばる!!
4.ドブクルーズ

tanakakanji77 at 14:15|Permalink

July 29, 2012

バンド継続

もしかしたら当たり前すぎるほど当たり前なことなのかも知れないけど、
誰も言わないから、少なくとも俺は誰かが言ってるのを聞いたことがないから言うけど、


「今やってることが今までの自分たちの中で一番カッコイイと信じられる限り、バンドは継続する。」


去年よりも、おととしよりも、今やってることが一番いい!
さらに言えば明日の方が、来年の方がもっと良くなる!
そう、本気で信じられていれば、バンドを辞めようなんていう発想になるはずがないのです。

(個々で色んな事情があるかも知れないよ?もちろん。
でもとりあえずはその辺は全部無視してます、今は。メンドーだから。)


で、重要なのは、「自分が」カッコイイと信じていること。
他人や周りの人がどう思っているかなんて、どーでもいい。
あの時のCDは何枚売れたとか、あの時はライブに何人動員したかとかなんて関係ない。

「今」!「自分が」!カッコイイと「信じられる」!

それだけ。

なんてシンプルなんだろう。


今日のライブは、きっとそういうバンドばかりが出るのであろうな。
楽しみです。


越谷EASYGOING(埼玉)
出演
ロリータ18号/Very Ape/BLACK VELVET LUCY/ドブロク/the village of riverside/打首獄門同好会/_ _ _ _*(テイヘン)






tanakakanji77 at 12:56|Permalink

July 28, 2012

あれから一年



あれから一年。

結局、地デジ化しようという気持ちも起きないまま時が経ったけど、
テレビがあったらあったで観てたんだろうなあ。
オリンピックとか観てたんだろうなあ。

でも、それがないまんま一年過ごしたってことは、
おれにはあまり必要ないものだったってことなんだなあ。

みつを

tanakakanji77 at 14:41|Permalink

July 27, 2012

つれづれ

フジロックに行くの行かないの、天気いーの、楽しいのというみんなのツイートを横目に、
六畳足らずの自室で12時間眠ってしまいました。

そしてついに今年初、エアコン稼働。

そしてさらに今年初、冷たいの食べて頭キーン体験。
かき氷は好きじゃないので、クーリッシュでしたけど。


今日の出来事をつれづれなるままに。
地味!






tanakakanji77 at 14:39|Permalink

July 26, 2012

クソみたいに根性がねじ曲がってた

明日からフジロックってことで、
今夜は前夜祭なのかな?
色んな人が苗場で楽しそうに過ごしてる様子が伝わってきています。

僕も何回か行ったことあるけど、現地に着いたら「音楽が好きな奴らがこんなにもいるんだー!」と、やたらテンションが上がるものです。

天気もいいようで、楽しい三日間になればいいなと思います。


今は素直にそう思うけど、
去年までの僕はクソみたいに根性がねじ曲がっていて、
こんなことを言ったらアレかも知れないけど、
フジロック開催中に豪雨とかのニュースを聞くと、ざまーみろというような気持ちがなかったというと嘘になる、そんな感じでした。

最悪だなー。


自分が関与していない所でみんなが楽しそうにしていると、理不尽な疎外感を感じてしまったりする、アレです。

子どもの頃の夏、夕方にやけにグッスリ眠ってしまって、
パッと起きて時計みたら6時で、
まだちょっと明るいので夕方の6時なのか、翌朝の6時なのか判断がつかず、
テレビの部屋へ行ったら家族みんないて夕ごはん食べてて、
「あんたよく寝てたから先に食べてるわよ」みたいに言われて、
そこから食事に合流するんだけど、みんな楽しそうに話しながら食べてるのに、なんか会話の流れに入れず、ひとり不機嫌でいる、
そんな感じです。


今は、そんなこと思いませんよ。

誰もケガすることなく、全力でフジロックを楽しんできてねー!
と、思うだけです。


tanakakanji77 at 20:39|Permalink

July 25, 2012

バンドが続く限り

吉祥寺と渋谷でライブ二連ちゃんでした。

新曲たちの精度をあげるためにも、この一年は毎回演奏していた「ドブクルーズ」をセットリストから外してみました。

まあ、どんな曲に関しても言えることですが、いつでもパッと行けばその曲が聴けるってわけじゃない。
一期一会です。
バンドにしてもそう。
いつまでもやっているとは誰の保証もない。
一期一会です。

ただ、バンドが続く限り、毎回グッドミュージックは鳴っています。


【7月23日 吉祥寺G.B. セットリスト】

1.ピミツのパピヨン
2.チキチキ!16ビート大作戦!
3.ワーワーワールド
4.サリゲナイトユルガナイト
5.ぐろーばる!!
6.SHOW-TEN-GUY



【7月24日 渋谷7thFLOOR セットリスト】

1.ピミツのパピヨン
2.なんじゃハッタリ君
3.チキチキ!16ビート大作戦!
4.ワーワーワールド
5.傘は、ある
6.ぐろーばる!!

tanakakanji77 at 15:34|Permalink

July 23, 2012

それをやります

道を歩いている時や信号待ちの時、
冬には日なたを選んでいたのに、
夏が到来した今、日かげを選んでいる。

それだけで、70%の体力維持になる、
かどうかは知らないが、
暑い暑いと言うよりも、すすんで工夫をしてみましょう、だよ。
呼吸の仕方とか、着る服の色とか。



吉祥寺へ向かっています。
今夜はドブロク、吉祥寺G.B.でライブです。

生活の中や、社会的な動きで、大きな出来事だったりショッキングなニュースがあった時に、
その感情がライブに反映されて良い演奏ができたりするのもいいんだけど、

特に何もない、普通の日々のなかでのライブでも、
良い演奏をちゃんとして、日常と非日常の狭間を構築することの方が大切だし、よっぽど難しいよなと思います。

それをやります。


tanakakanji77 at 15:31|Permalink

July 21, 2012

わざわざテレビで観る

ゆうべテレビでやってた「サマーウォーズ」、ちらっとだけしか観られなかったですが、
結構みんなあの作品、好きみたいですね。
たくさんの人が観ていたようです。

ジブリ作品をテレビでやる度に思うけど、今みたいな、自分の好きな時にネットでもDVDでも観られる時代に、わざわざテレビで観るっていうのが不思議。

それはきっと、同じ時間にたくさんの人が同じものを共有している感覚が欲しいからなんだろうな。
映画館で映画を観ると感動が大きいのは、スクリーンがでかいのだけが理由ではないと思うのです。


自分が好きな曲がラジオで偶然かかると、CD持ってるんだけど、なんかずっと聴いちゃう。
しかも、なんかCDよりもいい感じに聴こえる、
っていうのと似てるかも知れない。

その感じ、好きです。


サマーウォーズの監督の新しい作品が、今とても気になります。
映画館で観たいな。

tanakakanji77 at 14:24|Permalink

July 20, 2012

ノーストレス

夏の始まりの大阪遠征。

今回は飛び石のライブで、一日まるまるオフになり、
せっかくなので、夏休みっぽく過ごしました。

大学時代の友だちの塚本に宇治を案内してもらったり、
家でダラッとしたり、
ご飯つくって食べたり、
唐突にアロマキャンドルを作り始めたりして、
まったくのノーストレスな一日。

こんなに安心できる日々が30日も続くんだから、子どもの頃の夏休みは楽しいわけだよ、あんまり覚えてないけど。
と、塚本も言っていました。


ずいぶん気分もリフレッシュできて、翌日のライブに臨めました。

扇町paqa-dice。
共演者がみんな素晴らしく、とても音楽的な夜だなあと、静かに興奮しました。

なかでも、「雨市」というバンドの金丸くんの弾き語りがとても良かった。
なんか、染み入るというか、納得がいくって感じのライブ。
忘れていた色んな感情が呼び起こされました。
大切な感情から、どーでもいいような思い出す意味もないような感情まで。
どちらも大事な感情です。


人は、色んな感情を抱えて生きていて、
それを忘れたり思い出したりしながら生きていて、
必要なときに思い出したり、
必要じゃないときに何故か思い出したり、
一見、ムダなように見えるような手続きが心に幅をもたせるのかしら。
そんなことを思います。


【7月18日 扇町para-dice セットリスト】

1.チキチキ!16ビート大作戦!
2.SHOW-TEN-GUY
3.ドブクルーズ
4.ぐろーばる!!
5.ピミツのパピヨン
6.ワーワーワールド(新曲)
7.サリゲナイトユルガナイト
en.なんじゃハッタリ君





tanakakanji77 at 13:15|Permalink

July 18, 2012

ゆうべの本が素晴らしすぎた

ゆうべ読んだ本が素晴らしかった。

原 広司という人の「集落の教え100」という本。
タイトルどおり、集落の作り方についての本。

集落ってなんじゃ?

それは、家とか色んな役割の建物や道、橋、広場とかが集まったもの。
違う言葉で言えば、街とか都市とか村とかになるのかな。

まあ、そういったものをただ無計画に作るのではなく、
意図をもって作ると快適な暮らしができますよって内容。


なんだけど。
各章の冒頭にでてくる格言が、いちいちグッとくる。

「集落」を「音楽」におきかえてもそのまま通用するような言葉。


複雑なものは単純化せよ。
単純なものは複雑化せよ。
その手続きの複雑さが人の心をうつ。


グッとくるねー。

きっと、どんな言葉におきかえても通用するような普遍性があるんじゃないか。

「料理」でも、「絵画」でも、「教育」でも、「営業」でも。


他にもグッとくる言葉が多すぎて、
心の肥しがかなりたまりました。


tanakakanji77 at 18:22|Permalink

Twitter


line-stamp hspace=

dobrok-facebook

新譜情報

Do the EMO!!!!

ドブクルーズ
Archives