December 2017

December 28, 2017

そんな気持ちで

朝起きてひとっ風呂浴びて急遽お願いされた年賀状をコメダ珈琲で描く。in OSAKA。
この絵の具セットは遠征先でとても重宝する。
友達の家族の幸せな瞬間を切り取って絵にすることができるのはこちらも幸せな気持ちになります。

今夜も大阪でライブ。
感謝感謝感謝の一年を大阪の地で締めくくります。

たくさんのひとのまえでもそのなかのひとりにむけて語るように
そのひとりの向こうにいるみえない百人に語るように

そんな気持ちで。

tanakakanji77 at 12:07|Permalink

December 24, 2017

新宿JAM解体Tシャツ 通販します。

やっぱTシャツって、時事性、スピード感、メッセージ性、ユーモア、みたいなものが重要なんだなと実感。

思いつきで勝手に作った【海賊版 新宿JAM解体Tシャツ】。
思いのほか好評で用意した分あっという間に完売しました。ありがとうございます。
僕の思いつきをおもしろがってTシャツ制作してくれた奈良光くんにも最大級の感謝!!

年内で閉店となる新宿JAMの“ラストエンペラー”石塚店長も笑い泣きでご購入。

どーしても欲しい!って方のリクエストに応えて増刷することにしました。
年明けの発送になってしまうと思いますが、このメモリアルなTシャツが欲しいという方、ご一報ください。

12月25日締め切りです。

破格の1500円でご提供。
もちろん通販もオッケー。
希望枚数とサイズも合わせて教えてくださいませ。

そんでもって、新宿JAMの歴史が終わるまであと一週間。
いや、正確に言えば一週間後から歴史が始まる。
image

image


tanakakanji77 at 16:54|Permalink

December 19, 2017

今日ですべてが始まるさ

ドブロクもお世話になっているレーベル「音宿ごりら屋」のボス猿こと今西太一が泉谷しげるさんの前座を務めるということでそのライブを見届けてきた。

太一さんはかつて泉谷さんの付き人であったというから、年月を経てこうして、ひとり対ひとりという形でライブするのはとても意味があることなのだ。(それこそ以前書いた「プロレス的」な意味において重要な日ということ)

大一番の舞台で鳴らされる太一さんの「TOWN」にシビレた。
歌い終わった直後に「って感じなんですけど…」は照れ隠しか?笑
初めて観る泉谷さんのライブの多幸感はすごかったし、聴き慣れていたつもりの曲「春夏秋冬」の一節が今さらながらに実感として胸にキた。

今日ですべてが終わるさ
今日ですべてが変わる
今日ですべてが報われる
今日ですべてが始まるさ

高校生の時から知ってる歌なのに、その歌詞の意味がようやく実感として理解できた。

ラストで二人一緒に歌って演奏する姿があまりにも美しくて泣いた。(汚いオッサン二人だけど、美しかった)
ビビってなかなか一歩を踏み出せないことをやってみようと思えたし、そこをチャレンジしなくてどーするよ!?って前向きな気持ちになれた。

んで、泉谷しげるとのライブで今西太一がキヨシローを歌うという場面に立ち会えて、なんだかもうよくわかんない気持ちでした。

太一さん、泉谷さん、どうもありがとう。

tanakakanji77 at 10:54|Permalink

December 16, 2017

バイバイ 新宿JAM

佐川さんという人が店長だった。
佐川さんのレーベルからCD出して爆発的に売れ始めた氣志團とタイバンさせてもらって、ギャラを1万円もらったのをずっと覚えてる。それが初めてもらったギャラだったから。

佐川さんが去って、ももちゃんという人が店長になり、色んなバンドと出会わせてくれた。ももちゃんはNHKを辞めてライブハウスにやってきた不思議な人であった。

ももちゃんが去って高野さんという喫茶店のマスターみたいなオジサンが店長になった。(原田メンバーは高野さんのモノマネがとても上手だった。)

その後、森田くんという人が店長になり、森田くんのレーベルからドブロクはCDリリースすることができた。本格的に外に向けて意識的に活動し始めたのはこれがキッカケなんだろうなと思う。

森田くんが去って、石塚さんがやって来た。
石塚さんはライブが終わると楽屋まで来て「いや〜〜、ホンマいいライブだったわ〜。すごいな、自分ら!」って言ってくれる。
それが本心かどうかはどうでもよくて、ライブ直後の楽屋に店長が来るというのはなかなかナイことなのだ。
石塚政権のもとでは、たくさん企画ライブをやらせてもらった。

以上が僕が知る新宿JAMの店長遍歴。

「ドブロクのホームはどこなんですか?」って聞かれると「特にホームとかはないなー」なんて答えていたけれど、あらためて考えてみたら「ドブロクのホームはJAMだな」ってぼんやり思ってたところに年内で閉店のニュース。

それを聞きつけて「なんかやろう!」と思いたった森田くんが、当時のレーベルメイト「鶴」と、親交の深かった「ザ ワイワイズ」とドブロクでスリーマンを企画してくれた。

12月21日、僕らが最後にJAMで演奏する日です。
20年間立ち続けたJAMのステージとお別れ。
最大級の感謝と愛情を。
八月のワンマン以来となるチームで臨みます。PA 緒方、照明 葉月。
現在のドブロクを一番カッコ良く鳴らせるチームで。

NOおセンチで臨みます。

半年後くらいに寂しさがやってくるんだろうな。それくらいでちょうどいい。


tanakakanji77 at 14:59|Permalink

概念としてのプロレス

先日、落語家さんと一緒にお酒を飲む機会があってとても楽しくお話ししていた。
会話の流れでプロレスの話になって、選手の名前とか技の名前とかがワーッと出てきて場は盛り上がってたんだが、いかんせん僕はプロレスそのものには明るくない。
でも場を乱すつもりもないので、うんうんと頷いていたところ、その落語家さんが僕のようすに気づいて、「プロレスあんまり好きじゃないですか?」との気づかい。
「いや、好きじゃないって言うか、ぜんぜん知らないんですが、概念としてのプロレスは理解してるつもりです」と答えると、
「概念!そう、概念がすべてですよプロレスは。」

僕の真意が伝わって良かった。

文字通りのプロレスというよりも、世の中のあらゆる事象をプロレス的に読み解くという意味あい。
落語だってプロレスだし、バンドだってプロレスなのだ。

tanakakanji77 at 04:25|Permalink

December 12, 2017

サンタのパラドックス

ラジオを聴いてたら「クリスマスを前に、サンタは今ごろ何してる?」ってお題で大喜利。
「プレゼントをヤフオクで大量に確保してる」とか、「航空会社に問い合わせてトナカイが飛ぶルートを確保してる」とか、そんな感じの答えが続く中、ひとつ気になったものが出た。

それは、
「親がサンタであることに気づいた子供をリストから外している」
というもの。

パーソナリティーは笑って普通に流してたんだが、いやいや待てよ。
親がサンタであることに気づいた子供のことを「サンタ」がリストから外しているってことは、サンタはやっぱり親じゃないんじゃないか!っていうパラドックス。
投稿者はそのツッコミ込みで送ってきたのかどうなのか謎だが、僕はひとりでもやもやしてしまったのだった。

クリスマスと言えば、うちはクリスチャンの家庭だったのでサンタ教育はされなかった。(だったので ってこともないのか?)
「イエス様が生まれた日なのに、なんでお前らがプレゼントもらう理由があるんだ?百歩ゆずってイベントってことでプレゼントはあげるけどそれは親からのものでサンタからではない。ちゃんと送り主に感謝しなさいよ」って感じで。まあ、もうちょい柔らかい表現ではあったけど。

その説明に納得していたし、夢がないなとも思わなかったし、その結果夢のない人間に成長するわけでもなかった。

今のサンタ教育事情はどんな感じなんでしょうね?
なんだかんだ言って子供はわかった上でグレーゾーンを楽しんでいるんじゃないかなと思ってるんだけど。

tanakakanji77 at 17:33|Permalink

December 09, 2017

にぎやかな交差点

望むと望まざるに関わらず出会いと別れの交差点のど真ん中にいる僕ら常に。
色んな交差点があるけれどそれを越えていかなければいけないんだよな。

きのうのスタジオでようやく完成した新曲をそのまま夜のライブで演奏。
できたばかりの曲の生命力を僕は信じるし、ライブで一回演奏することはスタジオ五回分の経験値に価する。

うっかりしたら【夏】とか【思い出】とか【涙】とかいうワードを使ってしまいそうなところをグッと我慢の子。
タイトルの「にぎやかな交差点」も星新一の本みたいで気に入ってます。

image

tanakakanji77 at 14:26|Permalink

December 04, 2017

すがきやでチューニング

放課後 高校生たちがダベるイトーヨーカドーフードコート の二階の「すがきや」で安城の街にチューニングを合わせて、無事ライブしてきました。

近くに住む友達が子供がいるからライブは観られないけどっつって差し入れ持って来てくれてCD買ってくれたり。
大好きなシンガー佐野さんとも久しぶりに会えて元気そうであんしんあんしん。
色んなひとにガッカリされないようにしなきゃなと気持ちをキュッと引き締めた夜。

今年は残りのライブがあと五本。
ひとつひとつ丁寧にやっていきます。
その先が何とつながっているのか、楽しみです。
image

tanakakanji77 at 08:46|Permalink

Twitter


line-stamp hspace=

dobrok-facebook

新譜情報

Do the EMO!!!!

ドブクルーズ
Archives