音楽のスキマ

あらゆる隙間音楽、忘れ去られる前に記述せよ

もうとにかく鞘師在籍当時のモー娘。のPV貼ってくだけで十分w









 











鞘師はもちろんだけど、田中れいなのギャル立ち最高カッコいい。
まぁ後の文章は個人的な感慨に過ぎないので無視して構いません。

鞘師在籍当時、モー娘。のフォーメーションダンスかっこいいなと思ったことと、鞘師里保という名前は一致してませんでしたが、ベビメタブレイク後の2ch鞘師コピペで見事重なり、2015年暮れの卒業報道後半分忘れつつ長らく気になっていましたが、あの伝説のグラストンベリーフェスの鞘師参加で驚愕したわけです。

それまでベビメタではYUIMETAL脱退後、いやそのずっと以前から大賀咲希に始まって岡崎百々子、藤平華乃までなんでさくら学院からサポでいいから誰か起用しないのかと煮え切らない思いでいました。
こういう思いはでも音楽とはまったく関係ない、ベビメタの音楽は音楽で優れたキャプションとして確固として屹立していたわけで、例えばダークサイドで参加したRock am Ring 2018など、サポートダンサーの大群衆を前にした緊張感と相まって素晴らしいプロショットを残してくれてましたし。
でも鞘師参加でやっぱり格が違うな、と。
グラストンベリーの3人はモー娘。脱退とYUIMETAL脱退という同じ傷を抱えているなと。
あのステージはその抱えた傷の昇華だから、3人が力を合わせてステージで昇華した姿を披露するからあんなに感動するのですね。
やはり答えはステージにしかない、その証明でもあった。

とにかく鞘師さんベビメタと関わってくれてありがとうございます。
古今スーパーグループ数あれど、事務所を超えたアイドルのスーパーグループはベビメタが人類初です。
また鞘師参加でベビメタがJPOPアイドルとしての欧米輸出が明確になりました。
その文化的宗教的な抵抗感は、初期のベビメタに対する抵抗がメタラーを中心としたものに留まっていたのに比して、その抵抗感と文化的障壁を突破した喜びを一般層にまで広げたことでした。
これは逆に言えば欧米圏に日本固有だった無垢なドルヲタを生み出していくという無謀な挑戦だと思います。
でもそれでいいんです。
その癒やしはまったく無害なものですから。
欧米圏はグローバル経済による貧困化でかつてないほど精神的に荒廃しています。
そうした層に寄り添うのが古来ロックの役割でしたし、その役割を徹底して貫徹するベビメタの姿勢はメタルであります。
インタビュー等を見ると、すぅもあコバの3人の総意がまとまりつつあるのを感じます。
LAフォーラムのファンカムを観ていると、アイドルでいいんだね、カワイくていいんだね、それは音楽的に尖って行くことと矛盾しない、北米ツアーを通じてそれがベビメタの強みであると自覚できた、そんな自信を感じます。

以上です。

ロックは死滅したと言われて久しいですが、最近忘れられてる曲でもひとつ。

 

みなさんご存知プリンスの隠れ名曲「Take Me With U」ですね。
同時期にバングルスの「Manic Monday」もヒットしてたと思うんですが、その曲もプリンスの提供曲なんですね。
フリートウッドマックのスティーヴィー・ニックスも提供受けて「Stand Back」がヒットしてましたね。



これはそんなスティーヴィー・ニックスの忘れられてる曲忘れたくない名曲「Blue Denim」
カッコ良すぎます。
同系統の曲ではもちろん我らがBABYMETALの「カゲロウ」なんですが、当然まったく忘れ去られてないのでこっちです。



宇徳敬子さん作詞作曲歌の「恋はサディスティック」
この曲当時アレンジ大好きだったんですよね。
その宇徳敬子さんが瀬戸朝香に提供したのがこの曲「この情熱はダイヤモンド」



これもいい曲なんですよ。
大久保佳代子がカラオケで歌いそうな曲ですね。
この流れで、



パブロックの名曲、デイブ・エドマンズの「Girls Tolk」
ELOのジェフ・リンがELOの凝った音辞めたくなった曲ですね(推測)


 
そうなると相方のニック・ロウで「Cruel to be Kind」ですね。
コーラスが素敵ですよね。
それではまた。


4988061866864_2


結論から書きます、このBABYMETALのニューアルバム『METAL GALAXY』は傑作です!
まだ4回しか聴いてませんが、これは全人類必聴の傑作アルバムです!
あとは全て蛇足になりますから、読まなくても大丈夫です。

あ、でもちょ、ちょっと待ってください。
傑作と言ってもこれ人類史に刻む傑作か知りませんが、少なくともベビメタ過去最高作では、ていうことは日本音楽史上最高傑作ということでベビメタは日本音楽史上最高のユニットですからね!
いや違うこれ今までベビメタが積み上げてきた作品体系を全てひっくり返して圧縮して塊にして平らになめしたようなアルバム……いや違うな、アミューズの歴史的音楽的資産を資料室の世界中のレコード盤、音源(そんなものがあればですが)と融合して作ったカレイドスコープ……、いやそれも違う、なんですかこのアルバム、いやこれもはやBABYMETALですらない!
まず総論から行きましょう。
ええと、そうこのアルバムの1枚目と2枚目は明確に違う、1枚目はフューチャーメタルの名のもとにプログレッシブで、2枚目はベビメタの軌跡の伝統的踏襲。
違うな、1枚目はJPOP丸出しを隠そうともしない。いやむしろJPOP押し世界戦略重低音ラウドPOPが目白押しで、2枚目はこれまでのベビメタのメタル路線の拡大再生産版世界標準化で、ぁそう、ストーンズやツェッペリンがやったそれ、ベビメタの老舗化、量産化の礎。
10ccもそれやってりゃなーゴドリー&クリームの馬鹿!
いやそれ全部?
逆に1枚目2枚目に共通することは音がいままでと違う、打ち込みちゃう電子楽器の性質上の打ち込みを除けばギターもベースもドラムも生音であり、一発録りの渾然一体であり、ライブ感丸出しの空気感。
だもんだからかつてのような一曲一曲音が分離した人工的な曲構成は一蹴されており、気がついたら全曲終わってた&ループみたいな。
気がついたら最初からまた聴いてて一日中ループみたいな。
いや、このところ一斉に出たヘドバンやPMCやらの雑誌類まったく読んでないですよ。
そういうのは後から読むのが楽しいと思ってますんで、答え合わせみたいにですね、その頃には全部売り切れで読めなくなってるかも知れませんけどね、まぁどうでもいいんです。
大事なのは作品ですアルバムです曲です。
なにを言っても曲がダメなら負け犬の遠吠えになりますから。
でもこの『METAL GALAXY』捨て曲がまったくないヤバイ曲だらけで、一発目の『Future Metal』がメタルの未来のゲートウェイとして控えめで『DA DA DANCE』のユーロビートって俺ユーロビート大嫌いなはずなんだけどベビメタにやらせるとあら不思議、てかこれライブ会場でヤバいんじゃない殺す気? あらタクマツモトさんのギターが遠い遠いだよねユーロビートだもんね、誰もウキウキミッナイに松本ギターフューチャーさせるなんて思わないもんな! 
3曲目のエレガールは知ってるけど前曲と渾然一体、そうこの曲あまり好きではなかったんだけどスタ録だと塊感がものすごく圧が強くて押し切られて好きになってしまう。スタジオ版あってのライブ版、そうその刷り込みがあってまたライブも聴こえ方が違ってくるから不思議で、なんて言うのかなぁ、ストーンズの初期のライブ盤『Get YA YA's Out』なんて原曲知らなきゃ聴いてらんねーだろ? 分からんか、分からんやろな、まーいいんだけど、生まれ変わりました『Elevator Girl』パチパチ!
個人的にはおまじないからブランニューデイ、↑↓←→BBABの流れが訳わからなくて好きです。
そんな難しいことやってるとは思わないんです。
ブランニューデイなんかベビメタにとっては特にR&B節にプログレメタルの合わせ出汁ってだけですから。
うわっウタダ北米進出に足りなかったのはこれか!
↑↓←→BBABってなんだよメタル印パフュームかよ!
いやおまじないだわやっぱ衝撃は、サバトン嫌いとか言ってスイマセンやっぱヨアキム最高だわコバキャラ分かってんなー。
こんな感じだからもうないないば~んあたりで一聴上がりですわ。
もうぐうの音も出ませんですわ。
コバぜったい頭おかしいだろ。
てなわけでフューチャーメタルとはJPOP、ひいてはアイドル文化の欧米進出の礎であることが決定いたしました!
そう、なんだかんだ言ってベビメタはアイドルでもあります!
異論はありますでしょうが、音楽の極北を歩むと共にベビメタは欧米に日本のアイドル文化を輸出することに成功したのも事実であります。
今回のギャラクシーツアーに当たって欧米の多数の雑誌のインタビュアーは異口同音にゆいちゃんどうなった?と2人に訊ねる始末です。
世界のみんながゆいちゃんがどうなったか気になって仕方ない、そんな現象は日本でベビメタが初めてであります。
メタルの復興とJPOPの振興の背中合わせは今に始まったことじゃありませんが、欧米ドルヲタ化計画、世界をYMYにしてしまえ! 恐ろしい男ですコバは。
正直言って僕はメロディックを廃したメタルは大嫌いです。
あんなもんはコワモテ気取ったジャズみたいなもんで、リフ偏重の音楽嫌いの嘘つきです。
こっちはこっちで長年のPOPを馬鹿にしやがってという恨みもあります。
POPを維持するのがどれだけ大変か。
メロディーを量産するのがどれだけの苦役か。
ブライアン・ウィルソンを見てみろ、ポール・マッカートニーを見てみろ、スチュワート&グールドマンを見てみろ、仕事してたのは彼らの方やぞ!
一時期POPの帝王だったメロディーメイカーのジェフ・リンなんか同業にも気味悪がられる始末。
ロン・ウッド加入以降リフに頼ってだらだら似たようなロックを量産するストーンズがどれだけ嫌いか。
(ロン・ウッド加入以降ですよ。それ以前は大好き)
退屈なリフ偏重でジャズと同様没落したロック、貧乏世帯のグランジの炎で焼き尽くされたのを忘れたフリしてバーンとか? あのBuuuurrnnn!!とか?の伝統主義者共のせいで徹底的にダサい存在に貶められてしまったメタル、あとは悪魔に心を売り飛ばして先鋭化するしかなくデビルホーンにすがりジャンルはクラスタで切り刻まれ弱小化し体中タトゥをまとい世間を威嚇する、そんな情けないものに未来などあるものか。
だから分かってる碧眼のメタル自営業の方々はいち早くBABYMETALに注目した、顔客に背を向けてさえ進んでベビメタを擁護した。
JPOPという名のメロディーラインとアレンジの洪水をメタルにもたらしたベビメタに光を見た。
天才ロブ・ハルフォードが自分たちのファンをプリーストマニアと呼ぶようにバンドは自営業のTシャツ屋となって久しい膠着状況のなか、自分たちは変わらなければならないという直感を信じたベビメタのズッ友バンドたちには敬意しか感じない。
いや膠着してるのはメタルだけじゃない、今の世界的な政治の膠着状況に救いはあるのか、それとも終わりを予感して大麻のようなヌルいビートのヒップホップに身を委ねてゆっくり腐って行く若者たちを黙って見ていればいいのか、ベビメタの躍進はそんなおっさん世代の嘆きを救うものでもある。
今や世界の没落は中国の台頭による安物買い経済がもたらしたのは明らかだが、そんな中国を育てたのは当のアメリカで、今になって経済戦争で潰そうと躍起になってるボンクラである。
だが日本はどうだろう、もっと柔軟な姿勢で明治以来のボタンの掛け違いを手探りしていくしかない。
そう各国文化への理解の深さとその敬意は大陸の反対側の英連邦と似たもの同士の連帯感が実はあり、音楽創出の熱量も同じように深く広く、ベビメタ第二のホームとなったのも偶然じゃないのだ寺内タケシの昔から。
実は僕はこのアルバムでは二枚目冒頭の『In The Name of』が重要だと思ってる。
ファーストアルバムで重要なのが『BABYMETAL DEATH』であるのと同様、この強烈なインスト曲がベビメタサウンドの基礎をなすものだからだ。
BDがあるからIine!があんな楽しいのだ。
In The Name ofで始まるから2枚目も傑作揃いになるのは決まったようなもので、その考え抜かれた曲構成でアルバム後半も一時も退屈させることはない。
長くなったので個別のレビューは省くけど、今のとここのアルバムで一番好きなのは『PAPAYA』
こんなライブでアガる曲無いっしょ!
何度か酸欠で倒れそうになったけど、次回ピットで参加したら死ぬよ、こんどこそ間違いなく。
ではまた!


あれ……間違ってしまいました。
これはルベッツの「シュガー・ベイビー・ラブ」でしたね。
誰でも知ってる名曲ですね。

しかしこのPV、口パクはいいにしても、みんな見ててイライラしてくる演技してますね(笑)
このバンドも当時一発屋と呼ばれていましたが、この曲が入ってるアルバム「Wear It´s At」にはドゥーワップに高じて「Rock Is Dead」なんて曲も入ってて味わい深いです。
他も名曲揃いのいいアルバムですよ。
え、この導入にもイライラしますか?
どうもすいません。

あ、そうでした、デフランコ・ファミリーでしたね。

DEFRANCOS OLD

デフランコ・ファミリー70年代当時、オズモンドブラザースに始まり、ジャクソン5が黒人、パートリッジ・ファミリーが白人と来て、彼らはメキシコ系なのかなと思ったら、カナダで結成されたバンドでした。

74年に3曲ほどHot40にシングルを叩き込みましたが、77年ごろには解散してしまったようです。
最近でも再結成してライブをしてる動画などもありますけどね。



彼らの最大のヒット曲、「恋のハートビート」



「アブラカタブラ」

あと他にヒットはカバーで「ラストダンスは私に」がありますが、つべでは貼り付けできるものが見つからず。
ぜんぶ名曲なのはもちろんですが、やっぱりボーカルのトニー君はめちゃくちゃ歌上手いですね。
現在はなんお仕事をしてるのかは分かりませんが、カリブ海に面した自宅で悠々自適な生活をしているようです。



やっぱティーンポップの方々はロック界の面々のようにDOPE死とかしてないんですね。
良かったです(本気で)








10CC_-_TopPop_1974_2

一発目は『スピード・キル』です。
プログレメタルの始祖とも言える(50年前の)曲です。
すばらしい!



2発目は『ラバーブリッツ』です。
なんじゃこの唯一無二のグルーブは??です!



3発目は『フイルム・オブ・マイ・ラブ』です。
ストーン・テンプル・パイロッツのパクリかよ(逆



というわけで一応、10ccの説明を。
(長文は個人的主観の御託なので、適当に飛ばしていただいて結構です)
一言で言えば10ccはXTCのアンディ・パートリッジが4人いたような才能の塊のようなバンドです。
時宜を得ると言いますか、偶然の必然と申しますか、60~70年代のロック界では様々な革新的なバンドが誕生して活躍しました。
この10ccもそんなバンドのひとつで、今でいうミクスチャー系のマンチェスター出身バンドであります。
ほぼ全てのジャンルの黎明期でもあったので、彼らの作り出す楽曲が現在流行ってる様々なジャンルの始祖でもあるという奇跡のバンドです。
でもそんな当時の革新的なバンドはたくさんあったわけで、他にもクィーンやスパークスやトッド・ラングレン、ELO、日本でいえば四人囃子など、探せばいくつも出てきて、全部革新的というインフレ状態でもあったと思います。
つまり、ロック界全体で他と違うこと変わったことをやろうという意気に溢れた時代だったわけで、その中からヒット曲を生み出したバンドが現在でも記憶されてレジェンドとされているんだと思います。
ですから埋もれたバンドはその何十倍もあり、若手バンドのサンプリングの草刈場となったのが20年も前のことです。
そんなことはまぁ、どうでもいいことです。
バンドの背景説明など本当に面倒くさいです。

こんな素晴らしいバンドであったのですが、1974年のアルバム3枚めにおいてメンバーに亀裂が走ります。
きっかけはこの2曲です。



 

前者はゴドリー&クリームの『パリの一夜』、
後者がスチュワート&グールドマンの『アイム・ノット・イン・ラブ』です。

4人メンバーがふたつのユニットに分かれてしまったんです。
両曲とも肝入の1曲だったわけですが、後者が爆発的大ヒットをしてしまい、意固地になったゴドリー&クリームが前衛的な傾向を強めるに従ってバンドは修復不可能になり、若気の至りで4枚目のアルバムで脱退してしまいます。

悲劇の始まりです。
なにが悲劇かと言って、聴いてるファンの方が悲劇なんです。
バンドは必然的によりコマーシャルなスチュワート&グールドマン、よりアーティスティックなゴドリー&クリームに別れたというのが通説になっていましたが、ファンからすれば『パリの一夜』にだってスチュワート&グールドマンはアイデア的にも参加してますし、『アイム・ノット・イン・ラブ』だって当時画期的なブ厚いコーラスを導入したのはゴドリー&クリームで、どっちがどうという話じゃなかったんです。
前衛的でアーティスティックな(今となっては何のこっちゃかさっぱり分かりませんが)と言っても、レコードが売れなきゃ食っていけませんし、よりポピュラーなと言っても進取の気性が無ければヒットなんかしません。
同じことなのに、なんとなく普段の人間関係の意地の張り合いから分裂してしまったようにしか見えません(笑)

僕が10ccを知ったのは分裂した後です。
初めて買った最新アルバムが5枚目の愛ゆえに』でした。
その中でも個人的な最高曲がこれです。



ライブがまた素晴らしいのです。

 
 
このあとスチュワート&グールドマンとゴドリー&クリームは長い低迷期に入って行きます。
ですがそちらでも素晴らしい曲がたくさん生まれました。
それは後編で書きます。
ではまた。







↑このページのトップヘ