2007年12月23日

機動戦士ガンダム00/第12話 『教義の果てに』/感想

『機動戦士ガンダム00(ダブルオー)』第12話の感想です。


■マリナ・イスマイール

マリナさんがアザディスタン王国の王女の座に就いてるのも結局は、
アザディスタンが新生国家として新しく生まれ変わった事を他国の
皆様方にアピールする為であり、いわばお飾り的とも言える象徴に
過ぎないんだよね。

もちろんマリナさん自身も、お飾り的な立場だと言う事は充分理解
しており、それでも尚アザディスタン王国を再建しようと色々と自分
なりに考えながら頑張ってたけど、結局は何も出来てない……。

今回の出来事だって保守派はもちろんの事、マリナさんと同じ意志
を持っている改革派も、王女であるマリナさんの事を完全に無視して
ユニオンに連絡を取ってたりと、完全な置いてけぼり状態。

じゃ〜そんなマリナさんには一体何が出来るのか?国中が混乱して
いる状況の中で、シーリンがマリナに言ったけど、

「考えなさい、最悪の事態を回避する為にも」

武力に走ろうとする保守派を宥め、抑え込んでいたマスードが何者
かに拉致されてしまった事で、保守派/改革派の両者の導火線に火
が灯ってしまい、内戦までは時間の問題って感じ。それを阻止する
のが王女としての責務であり、本来の役目。

『考えなさい』

でも今回のマリナさんは、ただ何も出来ずに見ていただけで、結局
はソレスタルビーイングやユニオンに助けて貰った形。

「私のした事が、この国を戦いに導いてしまった……」

マリナさんの言う『私のした事』ってのは、太陽光発電によるエネルギー
供給を推進した事で、元々分裂状態にあった国家を更に酷くしてしまっ
たって事なのでしょうね。

マリナさんが太陽光発電に拘るのも、そのエネルギーを元に経済を
立て直し、嘗て石油産業によって潤ってた頃の様に戻りたいっての
があるのでしょう。その理想の最終地点と言うのが、刹那に話しか
けてた子供が言っていた、

「マリナ様が言ってたよ、いつか僕たちも宇宙に行けるって」

天上人となって地上に這い蹲っている人々を見下ろしたいと言う
意味での『宇宙』では無くて、単純に国を再建して宇宙にまで手が
届く様な国にしたいってのが現在の意味合いなのでしょうね。

『理想と現実』

今回もマリナさんは、落ちる所まで落ちてしまった感じ。一体彼女の
底辺は何処まで続くのでしょうか??

心配です。


そして気になるのが保守派の指導者であるマスードを拉致した犯人。
実行犯はサーシェスだけど、彼は雇われてるだけであり裏には必ず
事件の糸を引いている人物が居るはず。

個人的に怪しいと思うのは『アレハンドロ・コーナー』ですね。物語の中
で唯一、天上人的に物事を見下ろしてる彼だけど、色々と怪しい所は
満載です。

「国連の支援は災いを運んできただけの様ね」

シーリンの言葉にもある様に、彼の行動によって超保守派と呼ばれる
武装組織もきやすくなり緊張状態も高まってたんだけど、それに加えて
マスードも拉致しちゃえば爆発は必須。

今回の事件に関しては、彼が黒幕な感じがするけど…。じゃ〜狙いは
何なのかって言うと、彼が言っていたけど、

「この国の行く末を見守りたいのだよ。それに君達がどう行動するか、
 この目で確かめたくてね」


ソレスタルビーイングが介入するきっかけを与えたってのもあるけど
それ以上に感じるのが、刹那に過去と対峙する機会を与えたっての
もあるんじゃ無いかな??

アレルヤが過去を乗り越え真の天上人に一歩近づけた様に、刹那に
も同じ様に試練を与え、そして乗り越え、真の天上人になって欲しい。

ってな事もありえるかも。う〜ん、取り敢えずは想像の域に過ぎない
けどね。でも意図はなんであれ、彼が怪しいのには変わりないと思い
ます……。


■刹那・F・セイエイ

「俺は…ガンダムになれない……」

刹那がソレスタルビーイングに参加している目的と言うのは、想像
した通り、自分が子供の頃に味わった苦い体験を、他者には与えた
くなくて、だから本気で紛争を止めようと思ってる。

個人的に凄く面白いのが、ソレスタルビーイングの目的と、刹那の
目的って同じなんだよね。共に武力による紛争の根絶を目指してる。

でもソレスタルビーイングのやり方では、刹那の目的は果たせない。
刹那とソレスタルビーイングではちょっとだけ目的が違うんだよね
そのちょっとの違いが、個人的には大きいんじゃ無いかと思います。

この違いが今後のポイントになると思うけど……。



とにかく今週も面白かった。それに刹那だったり、グラハムに名言的
な事を言わせるのも、結果的には正解なんだよね。だって色々な方の
ブログを見てると、反響が凄く大きいし。

基本的に自分の感想を書き終えてから、人様の感想を読む様にして
るのでまだ分からないけど、でもきっと今回も大きな反響を得てるで
しょうね……。


機動戦士ガンダム00 (1)


にほんブログ村 アニメブログへ ←ルイスママの豹変にビックリな方は、クリックお願いします。


ガンダム00(ダブルオー) - livedoor Blog 共通テーマ



トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 機動戦士ガンダムOO「教義の果てに」感想  [ ここには全てがあり、おそらく何もない ]   2007年12月23日 17:54
5 機動戦士ガンダム00 (1)宮野真守発売日:2008-01-25価格素直に良い点と悪い点を書いてみました。”2007年の10月から、ガンダムが始まるぞ!”という噂を聞きつけて、このガンダムの試写会にいってきた20歳の大学生の意見です。僕はガンダムを知ったのはW(ウィング)....
2. 機動戦士ガンダム00 #12 「教義の果てに」  [ 月の静寂、星の歌 ]   2007年12月23日 18:14
5  中東――。  そこに位置する多くの国々は、石油輸出産業で経済を支えていたが、太陽光発電システムの建設計画により、その存在価値を失おうとしていた。  国連決議により、一部を除いて大幅な石油輸出規制が採択され、それに反対する、一部の中東国家が武力を行使、....
「俺は、ガンダムになれないっ……!」(刹那・F・セイエイ)  第12話「教義の果てに」の感想です。自分の「命」を助けてくれた「ガンダム」(=神)になろうと、今まさに奪われようとしている「命」を守ろうと、もがく刹那。しかし、人は神になれないのでした。いや、「...
4. 機動戦士ガンダム00 第12話 「教義の果てに」  [ リリカルマジカルS ]   2007年12月23日 19:14
前回、シャアの名セリフをバクった?ハムさんでしたが・・・ 今回そのセリフが嘘でないことを証明してくれましたw ついでにガンダム愛の異常さもw 戦闘においてデュナメスの尮..
5. 機動戦士ガンダムOO(ダブルオー)/感想/第12話「教義の果てに」  [ ランゲージダイアリー ]   2007年12月23日 23:22
 「マリナ様が言ってたよ、いつか僕たちも宇宙に行けるって」(少年)  『機動戦士ガンダムOO(ダブルオー)』の、第12話「教義の果てに」の感想です。
6. 機動戦士ガンダムOO 感想 第12話「教義の果てに」  [ MOEだいありー ]   2007年12月24日 20:40
ガンダム12話の感想です。 「人呼んでグラハムスペシャル!!!!」 ど・・・どうしよう・・・今回はハム様名言祭りですよ。 「中尉、久しぶりにガンダムに会えそうですな」という部下の言葉には 「そうでなくては困る」 ロックオン兄さんと対峙すりゃ ...

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
サーチボックス
たなぽんの一言日記
またまた仕事場が変わる事になり、今度は滞在先にネット環境が無い為に色々と不便しそう……。なので、定期更新したいと思っていたガンダム00の感想も無理っぽいです。これじゃ〜麻生さんと同じ「やるやる詐欺」だよ。

2009/02/04(水)
ブログ紹介
アニメ/マンガ等で個人的に感動した場面を紹介するサイトです。
紹介した作品を知ってる方は、僕が感動したポイントに共感して頂き、作品を知らない方はその作品に触れるきっかけになれればと考えております。

それとこのブログは基本的に
【コメント大歓迎♪】
【トラックバック大歓迎♪】
【リンクフリー】
ですので、是非とも願いします。
web拍手

『好きな女性声優・ベスト5』をweb拍手上で発表しています。興味がある方は、今すぐにボタンをクリック。ちなみに『もっと送る』をクリックする事に順位が上がっていきます。
ランキング参加中
にほんブログ村 アニメブログへ

1日1クリック、お願いします
Recent Comments
連絡先
連絡などは『tanapon0083<アットマーク>dragon.livedoor.com』までお願いします。
オススメ作品
オススメ作品
オススメ作品
オススメ作品
オススメ作品
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)