2008年03月23日

シゴフミ/第12話 『シゴフミ』/感想

『シゴフミ』第12話(最終回)の感想です。


■新たなる未来への可能性

「僕はフミちゃんの弱さ、甘えだから。結局変わらないんだ、
 フミちゃんが自分で撃たないと……」


文歌が変わった様に見えたのは、只、強がっていただけで、父親と
の関係に決着を付けようとしたのも、要に対して学校が楽しいと嘘を
付いたのも、夏香の告白を聞いて何も言えなかったのも、只、強がっ
ていただけ。

何故に強がる必要があったかと言うと、それは、もう文歌にとっての
逃げ場所であるフミカが消えてしまった。だから、昔の様な弱い自分
からは脱却する必要があったんだよね。

でも、文歌は世間の荒波に耐えきれず、結局は全てから逃げ出して
しまい、そして文歌の弱さが、またフミカの事を蘇らせたと……。

ってのが、今回の話って所ですかね。

正直、最終回を通して何を描きたかったのかが、僕には理解出来ま
せんでした。いや、多分だけど、フミカのこの言葉を最終的には伝え
たかったと思うけど……。

「あり得たかも知れない未来、シゴフミも同じだ……」

本来歩むべきはずだった人生と、シゴフミによる新たなる未来への
可能性。その事を文歌とフミカを使いながら、最終話では描いてた。


個人的な予想として、この作品のラストは、第1話の内容や今まで
の内容を見る限りは『Remember11』というゲームと同じ様なラスト
を迎えると思ってたんだよね。

つまりは『えっ、何それ!?』って感じのラストになると思ってました。
ハッピーエンドでも無く、バットエンドでも無く、視聴者の想像を煽る
様な終わり方。

だから、前回の感想でも物凄く深読みしてたんだよね。でも、蓋を
開けてみれば、結構なストレートな感じのラストにビックリ。

僕の期待とは正反対の結末と言う事で、いまいち乗り切れなかった
部分もあるし、作品としてのテーマが理解出来なかったと言う部分に
おいても、いまいち乗り切れませんでした……。

作品の善し悪しって事では無くて、趣味の問題として、個人的には
ラストに関してだけ言えば、好きになれなかったですね……。

作品としてのテーマを理解出来れば、また違った印象を得られると
思うけど、その辺は僕の勉強不足って感じで、作品に対して、物凄く
申し訳ない感じで一杯です……。

なんだか、こんな感想で、すみません……。


シゴフミ 一通目











にほんブログ村 アニメブログへ ←この作品を楽しめたと言う方は、クリックお願いします。


シゴフミ - livedoor Blog 共通テーマ



トラックバックURL

トラックバック一覧

1. シゴフミ 第12話「シゴフミ」(最終話)  [ のらりんクロッキー ]   2008年03月23日 17:31
うーん、なんか中途半端な感じ… ハッピーエンドってことでよいのかな? ラストでこれまで登場したキャラのその後が描かれてたのが一番よかったかな。 美紅が笑顔でよかった。この子が一番心配だったので。 要と夏香が一緒でも文歌はあの学校に行ってはいかんでしょ...
2. シゴフミ 第12話 「シゴフミ」  [ リリカルマジカルS ]   2008年03月23日 21:41
文歌ママ登場。 そのイカれっぷりはパパと同じでした(^^; まあ、変態パパとお似合いといえばそうなんですけどw
3. シゴフミ  第12話 最終回 感想  [ 荒野の出来事 ]   2008年03月24日 03:16
 シゴフミ   第12話 『シゴフミ』  文伽(ミカ):植田佳奈  カナカ:松岡由貴  野島要:寺島拓篤  野島辰巳:野島昭生  チア...
4. シゴフミ 第12話(最終話)  [ 刹那的虹色世界 ]   2008年03月27日 12:33
シゴフミ 第12話(最終話)「シゴフミ」 フミカの消えた後、文歌は父キラメキを告訴する。どんな事情があれ、娘が父親を告訴したこと、さ??.
5. シゴフミ #12(終) 「シゴフミ」  [ 月の静寂、星の歌 ]   2008年03月28日 00:22
4  その時、何があったのか――。  彼女たち以外は誰も知らない。  わかるのはただ、  姿を消した者と残った者がいることだけ……。  残った者は、かつてとは正反対に戦いの道を選んだ。  だが、その道は想像を遙かに越える険しさだった――。 ★総括と....
6. シゴフミ 第12話(最終回)  [ パズライズ日記 ]   2008年03月28日 01:57
最終回は、文歌が自ら変わろうとしたお話でした。 フミカは完全に消えたと思ってしまいましたよ。 実はまだ存在してくれていて嬉しかったです。 文歌がキラメキを告発したのは自分の力で一人で生きていこうという決意の表れみたいなものだったんですね。 自分の父親を....

コメント一覧

1. Posted by みつー   2008年03月24日 02:47
僕はラストの予想とか考えてませんでしたが、
微妙だったことは確かかと・・・
いや、すごくいい話だとは思いましたが、
不完全燃焼っぽい感じがorz
原作を読むべきかもう放置するべきか・・・悩んでますww
2. Posted by カズ   2008年03月24日 15:32
なんともいえないラストでしたね。
シゴフミからの未来・・・
フミカと文歌に新しい未来ができたといったところでしょうか?
影でしかなかったフミカが文歌と違った道を歩みだす。
別の人間(?)として。
あの2人の言い合いが、それを象徴してるとしか思えませんでした。
3. Posted by たなぽん(管理人)   2008年03月24日 18:26
>みつーさん
コメントありがとう御座います。

>不完全燃焼っぽい感じが
視聴者が求めていた物と、制作者が最後に描いた物が違ってたから、
そんな気分になってしまうのかなぁ〜ってのは、思う所。そうなって
しまうと、作品の善し悪しじゃ無くて、視聴者の気持ちに左右されて
来ちゃうからね……。まぁ〜個人的な意見に過ぎないけど。

>原作を読むべきかもう放置するべきか・・・悩んでます
メディアミックス作品だから、『死者からの手紙』という設定に
興味を抱いたなら、手を出してみるのも有りかと思うけど。
まぁ〜僕は未読者なので、大きな事は言えないけどね(笑)
4. Posted by たなぽん(管理人)   2008年03月24日 19:03
>カズさん
コメントありがとう御座います。

>フミカと文歌に新しい未来ができたといったところでしょうか?
ミクロな視点で言えばそうかも知れないけど、でも、今回に関しては
もっとマクロな視点で見る必要があるのだと思います。

恐らく、文歌にとってフミカの消えた世界と言うのは、この世から
『シゴフミ』が消えた世界と言うのを、現しているのだと思います。

文歌にとっての、只、逃げ回るだけの人生って事ですね。でも、
文歌の中でフミカが生まれた事によって、文歌の人生は大きく
変わる訳ですよ。

今まで真っ直ぐしか進むしか無かった道に、急に分かれ道が出来た。
その分かれ道のきっかけが『シゴフミ』であり『フミカ』であると。

『あり得たかも知れない未来』ってのは、もし仮に、別の自分が
居たとしたら、こんな道に進むかも知れないよねっていう可能性
を表しているのかと思います。

下記に続きます。
5. Posted by たなぽん(管理人)   2008年03月24日 19:05
#カズさんへの、続きコメントです。

つまりは、文歌が操ってたら、只、逃げ回るだけの人生だったかも
知れないけど、フミカが操ってたら、逃げずに立ち向かっていた
人生を歩んでいたかも知れないっていう可能性。

あり得たかも知れない未来に進む為の『きっかけ』と言うのが、
シゴフミの意味であり、最終回で仕えたい事のマクロな部分な
のかなってのは、個人的には思う所。

長文な上に、難しくなってしまって、申し訳ないです……。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
サーチボックス
たなぽんの一言日記
またまた仕事場が変わる事になり、今度は滞在先にネット環境が無い為に色々と不便しそう……。なので、定期更新したいと思っていたガンダム00の感想も無理っぽいです。これじゃ〜麻生さんと同じ「やるやる詐欺」だよ。

2009/02/04(水)
ブログ紹介
アニメ/マンガ等で個人的に感動した場面を紹介するサイトです。
紹介した作品を知ってる方は、僕が感動したポイントに共感して頂き、作品を知らない方はその作品に触れるきっかけになれればと考えております。

それとこのブログは基本的に
【コメント大歓迎♪】
【トラックバック大歓迎♪】
【リンクフリー】
ですので、是非とも願いします。
web拍手

『好きな女性声優・ベスト5』をweb拍手上で発表しています。興味がある方は、今すぐにボタンをクリック。ちなみに『もっと送る』をクリックする事に順位が上がっていきます。
ランキング参加中
にほんブログ村 アニメブログへ

1日1クリック、お願いします
Recent Comments
連絡先
連絡などは『tanapon0083<アットマーク>dragon.livedoor.com』までお願いします。
オススメ作品
オススメ作品
オススメ作品
オススメ作品
オススメ作品
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)