キミキス -pure rouge-

2008年03月27日

キミキス -pure rouge-/第24話 『…and meet again』/感想

『キミキス -pure rouge-』第24話(最終回)の感想です。


■相原×二見

「怖いのは、みんな一緒。だからって、逃げてたら何にも始まら
 ないよ」


明日夏の言った様に、二見さんってのは嫌な事から逃げ出している
だけ何だよね。相原君に「実験は終わりよ」って事を伝えた時だって、
結局は明日夏と相原君が仲良くしている所を見てしまい、自分の元
から離れて行ってしまうのが怖くなったから、離れる前に自分から離
れて行った。

そして今回だって、明日夏の想いを悟った二見さんは、自分の元か
ら相原君が離れて行く前に自分から離れて行った……。

つまりは、二見さんは自分に対して自信が無いんだと思うし、恐らく
だけど、両親の間に何かがあった時も、自分の元から離れて行か
ないでって事を願ったんじゃ無いかな??そして、その想いが叶わ
なかったんじゃ無いかな??

一度失敗してるからこそ、怖がってると思うんだよね……。

「怖くなったら、逃げても良い。俺、また見つけるから……。何処に
 居たって、俺が必ず見つけるから……」


そんな二見さんに対する相原君の言葉だけど完璧です!彼は彼女
の事が良く分かってらっしゃる!

二見さんに必要なのって『信じる心』なんだよね。自分の元から離れ
て行かない相手では無くて、離れて行かないと信じられる相手。

自分の気持ちだけを知ってれば良いと言っていた二見さんも、要約
相手の気持ちを考える様になった。そして、それこそが"信じる心"に
繋がって行く部分なんだと思います。

二人の恋愛。凄く素敵でした♪


■結美×光一×摩央

「握手して……。私は大丈夫。想い出をたくさんと、勇気を少しだけ、
 真田君に貰ったから……」


結美から光一へのバトンタッチ。

摩央から受け取った想いを、光一に返すって意味もあるのだと思う
し、光一から貰った『勇気』を返すから、その勇気を今度は摩央の為
に使ってあげでねって意味もある、最後の握手なのだと思います。

最後の最後まで良い子キャラな結美ちゃんでした……。

結美的には、光一の事が大好きだからこそ、身を引くって考えなの
でしょうね。つまりは、好きな相手には幸せになって貰いたいと…。

第21話のラストで決意に満ちた表情を見せてたけど、その時から全
ての事を結美は決めてたんじゃ無いかな??引っ越すまでは楽しい
想い出を一杯作って、それを胸に私は身を引きます……。

吹っ切れた部分が感じられたのは、恐らくそんな気持ちがあったか
らだと思うけど……。

この後の光一の行動に関しては、割愛させて頂きます……。


■厳しい事を書きましたので、作品を愛している方は、ご注意を。

個人的に思うに、この作品は"一つ"だけ失敗を犯してると思います。

『光一が結美に対して「ずっと一緒だよ」って言った事』

ギャルゲーが原作だと、どうしても一人の主人公が複数の女の子と
仲良くしなければならないって部分があり、それは友達として仲良く
なると言うよりは、恋愛的に仲良くなる必要がある。

だけど、恋愛的に仲良くなると言っても"一定のライン"を越えては
ならないと思うんだよね。越えてしまうと、どうしても他の女の子と
仲良くしているのを見る度に、それは二股なんじゃないかと思って
しまうから……。

第13話で、光一が結美に対して言った『ずっと一緒だよ』ってのは、
"ライン"を越えてると思うし、結美からすれば、プロポーズに等しい
言葉な訳ですよ。

なのに、光一は摩央を最終的に選んだんだよね。確かに摩央に
対して言った『摩央姉ちゃんの事を、もう泣かせない』って言った
事は良く分かるんだけど、じゃ〜結美に対して言った事は何だっ
た訳って思ってしまうのが道理と言う物。

「恋愛って色んな形があって、楽しい事ばかりじゃ無いかも知れ
 ないけど。でも、やっぱり素敵ですよね♪」


祇条さんが言った言葉だけど、アニメ版キミキスと言うのは、正に
この言葉をテーマに作れられたと思います。一言で言えば、リアル
な恋愛って感じかな。

だから、最後の光一の選択と言うのも、現実的な部分ってのを追求
してるからこそって感じだと思うんだよね。喜ぶ者も居れば、結美み
たいに悲しむ者も居る。

それがリアルな恋愛だから……。

でもさ、『キミキス』という下地を使って、こういう事を描いたのは間違
いじゃ無いのって個人的には思う訳ですよ。

ゲーム版のキミキスって、最近では希に見る位に『正統派な純愛』を
テーマにしてるんだけど、そのゲーム版の根底と言うのを覆してるの
が、アニメ版なんだよね。

ゲーム版を楽しんだ人からすれば最後の結美の姿と言うのは、あり
得ないと思うし、逆にアニメ版を楽しんで見ていた人も、ゲーム版を
買ってプレイした所で、アニメとは違った感じに映る訳。

誰をターゲットに作った作品なの!?ってのが、一つの疑問。

別に『キミキス』というブランドを使わなければ、全然有りな内容だと
思うし、そういうコンセプトなんだなぁ〜って事が、凄く明確に描かれ
てたなぁ〜って感じもするけど、『キミキス』というブランドを使ってた
からこそ、納得が行かないんだよね。

『結美が結ばれなかったのは仕方がない。でも、結美を悲しま
 せるのは、如何な物か!』


僕が言いたいのは、つまりはコレね。原作の"キャラ"だけを使った
事に対して、納得がいってない訳ですよ。

そう感じてしまうのは、やっぱり光一が結美に対して言った『ずっと
一緒だよ』ってのが、あるからだと思うんだよね。アレが無ければ、
光一の選択として、最後も受け取る事が出来たんだけど……。


キャスト表を見る限り、最初から役所に関しては決まってたみたい
なので、もし決まってたのであれば、確信犯って事なんだよね。

光一の言葉も、光一の選択も……。

相原君の様に、一定のラインを越えたなら、越えた女の子と一緒に
なって貰いたかったです……。

色々な意味で、本当に残念な作品でした。タイトルが『キミキス』で
無かったら、満点を差し上げても良い位に、良く出来てたと思うん
だけどね……。


キミキス pure rouge 4










eb!コレ エビコレ+ キミキス 特典 数量限定豪華DVD-ROM & Amazon.co.jpオリジナル『エビコレ+ キミキス』卓上スクールカレンダー付き









にほんブログ村 アニメブログへ ←僕の気持ちが分かってくれる方は、クリックお願いします。


キミキス pure rouge - livedoor Blog 共通テーマ



2008年03月19日

キミキス -pure rouge-/第23話 『miss you』/感想

キミキス -pure rouge-』第23話の感想です。


■終わりと始まり

「すっごく良い女になって、後悔させてやるからね!」

第11話の感想で『明日夏が相原を好きになって告白するんだけど、
フラれてしまい、でも大切な友達で居ようね!』って、展開だったら
良いなぁ〜って事を書いたんだけど、まさにそんな感じの結末を迎
えた明日夏ルートでした。

個人的に思うに、明日夏は相原君の事をしばらくの間は好きなまま
で居ると思いますね。だけど今までと違うのは、その恋心に悩み苦
しむのでは無くて、その恋心を励みに頑張れると言う事。

『相原君を好きな自分に誇りを持っている』

相原君を好きになった自分に、そして相原君に告白した自分に誇り
が持てる。だから、結果なんて物はどうでも良い……。自分の気持
ちを伝える事に意義があるんだし、モヤモヤした感情を胸に抱いた
まま接してたら、今までの様な何でも言い合える良い友達関係にさ
え戻れなくなってしまう。

告白した所でフラれるのは分かり切っている。でも、今までの関係
に戻る為には、自分の気持ちを伝える必要がある。だから、告白
をした。

『すっごく良い女になって、後悔させてやるからね!』

最後のキスは『恋愛の終わり』を意味し、最後のセリフは『新たな
友達関係の始まり』を意味している。

ほんの少しの恋心を抱きつつ、その気持ちを何となく感じながらも、
今までの様な良い友達関係を築き続ける。それが今後の明日夏と
相原君なのかなぁ〜ってのを、想像させる様な終焉でした。

凄く"明日夏らしかった"。この一言に尽きますね……。

報われないからこそ明日夏の良さが出ている様に感じたし、そんな
風に感じられるのは『相原×二見』という、組み合わせがあるからだ
と思うんだよね。

だからこそ、是非共に相原君と二見さんには幸せになって貰いたい。


■その一言は誰に向かって言うの!?

光一と結美がくっついたのは第13話での出来事。結美が転校する事
を光一に告げ、そして光一は『転校しても、ずっと一緒だから』という事
を告げた。

それから一言も光一は結美に対して『好き』って言葉を告げて無いん
だよね。最初は不思議に思ってたけど、今となっては何となくだけど、
その理由が分かりました。

最初から『結美と摩央のどちらを選ぶのか!?』ってのを、狙ってた
からこそ、明確は答えを光一は取って来なかったんでしょうね。

果たして、どちらを選ぶのか!?

個人的には結美を選んで欲しい。だって余りにも可哀想だし、摩央
は選ばれなくても、遅すぎた恋だと分かった事で、一度は割り切れ
てるじゃ無いですか??ダメージ的な事を考えたら、結美を選んで
欲しいと切に願う所……。

だけど気になるのがキャスト表だよね……。第1話の時点で密かに
気になってたけど、何故にゲーム版ではメインヒロインの位置に居
た結美が5番目で、摩央が3番目なのよ!!

最初見た時からアレレって思ってたけど、まさかね……。そんな事
は関係が無いと、誰か言って!!


キミキス pure rouge 4


にほんブログ村 アニメブログへ ←知ちゃんに萌えた方は、クリックお願いします。


キミキス pure rouge - livedoor Blog 共通テーマ



2008年03月13日

キミキス -pure rouge-/第22話 『time goes by』/感想

『キミキス -pure rouge-』第22話の感想です。


■どちらとも言えない状況

「近すぎると当たり前すぎて、気付かない事ってあるんだよね……
 もぉ〜手遅れだけど……」


光一のラストの涙と言うのは、摩央姉ちゃんが言っていたこの言葉
に掛かってるのかなぁ〜って感じですね。

恐らく、摩央姉ちゃんと同じ様に子供の頃から光一も摩央姉ちゃん
の事が好きだったのだと思います。だけど、摩央姉ちゃんから告白
されるまで、自分の気持ちに気付かなかった。

『もぉ〜手遅れだけど……』

光一が摩央姉ちゃんの事で思い悩むとしたら『手遅れ』って部分し
か、考えられないんだよね……。じゃ〜その手遅れってのは、どの
部分を指しているのか?

摩央姉ちゃんの事を傷つけてしまった事に対する手遅れ。もしくは、
摩央姉ちゃんとは、もう恋愛関係になれないんだって事に対しての
手遅れ。

結美と一緒にいる時に楽しそうじゃ無いのは、摩央姉ちゃんを傷つ
けてしまったから!?それとも、光一の心は既に摩央姉ちゃんの方
に傾いているから!?

前回の感想でも書いたけど、光一の行動ってのは『結美』or『摩央』
のどちらとも伺える感じなんだよね。

このまま結美エンドを迎える事になったとしても、今までの光一の
言動に対して納得が行く説明が出来ると思うし、摩央エンドを迎え
たとしても、光一の言動に対して納得が行く説明が出来ると思うん
だよね。

だからこそ、今後の展開が全然と言って良い位に読めない……。

原作の雰囲気を考えると、もっとストレートに作り上げてくるかと
思ったけど、なかなかに手の込んだ作りにしてきた様で。

結美と光一がくっつけば、全てがまるく収まると思うんだけどな…。


キミキス pure rouge 4


にほんブログ村 アニメブログへ ←今後の展開が気になる方は、クリックお願いします。


キミキス pure rouge - livedoor Blog 共通テーマ



2008年03月05日

キミキス -pure rouge-/第21話 『cutting memory』/感想

『キミキス -pure rouge-』第21話の感想です。


■摩央の考え

「これは、辞めておこうかな」

『フランダースの犬』を光一に返そうとしたのは、子供の頃に築いた
姉と弟の様な関係ってのを、一度白紙に戻したいって事を摩央は
考えているからだと思います。

光一から貰った本を、今までずっと持ってたのは、恐らく自分と光一
を結びつける物は、子供の頃に築いた関係だと思ってたから。勿論
好きだと気付いたのは最近の事なので、無意識的に大事にしていた
と思うけど。

だけど、映画の中で摩央が言っていた様に、子供の頃に築いた関係
があるからこそ、一緒になれないって部分があるんだよね。

『私達……私達、どうして幼馴染みなのかなぁ…。知らない通し
 だったら良かったのに、そしたら普通に好きだって言えたかも
 知れないのに……』


近すぎた存在だからこそ、一緒になる事が出来ない。だから摩央は
『フランダースの犬』という、光一との"子供の時の繋がり"を手放そう
としたんだと思います。

「それは、こっちに貸して」

子供の頃の繋がりを手放す代わりに、摩央が新たに持って行こうと
したのが『映画の台本』。これが意味するのは『異性としての意識』
って所ですかね。

『フランダースの犬=姉と弟の関係』
『映画の台本=男と女の関係』


摩央が選んだのは幼馴染みという関係では無く、異性としての関係。

別に光一に未練があってとかでは無いと思うし、結美から光一を奪
おうって考えも無いのだと思います。只、光一の事が好き好きならば、
幼馴染みとしての関係では無くて、異性としての関係で居たいんだっ
て事の、摩央姉ちゃんなりのケジメなんだと思いますね。


■光一の考え

「良いよ、摩央姉ちゃんにあげた物だし……」

『フランダースの犬』の受け取りを拒否したのは、摩央姉ちゃんとの
幼馴染みという関係を続けたがっている証拠。

個人的に思うに、光一が幼馴染みという関係を続けたがっているの
には、二通りの解釈があって、一つは今まで通り、姉と弟の様に仲
良くしたいんだって意味。

そしてもう一つは、映画の中で光一が言っていた事だけど、

『幼馴染みだからずっと側に居られた、君をこんなに好きになれ
 たんだ。始まり方なんて関係無いよ!……君が好きだ!』


幼馴染みだからこそ好きになれたと言う光一の考え。だから摩央と
の幼馴染みという関係を続けたがっている……。

前者の考えなら結美ENDに直行。後者を選べば摩央ENDに直行。

間違いなく光一は結美を選ぶと思うけど、摩央を選ぶ可能性はゼロ
では無いのだと思います。今回の光一の言葉を聞く限りは……。


最後に見せた結美の決意に満ちた顔と言うのは、やっぱり光一の
事を摩央に譲ろうとしてるのかな??

ちょっと心配な感じ……。


キミキス pure rouge 3


にほんブログ村 アニメブログへ ←二見さんの変わり様にビックリな方は、クリックお願いします。


キミキス pure rouge - livedoor Blog 共通テーマ



2008年02月27日

キミキス -pure rouge-/第20話 『uncontrollable』/感想

『キミキス -pure rouge-』第20話の感想です。


■相原×二見

「君の言う通り、人の気持ちは変わるんだろう。っていうか、変わ
 れたらと思う。そしたら、君を忘れられたら……こんな格好悪い
 思いをする事も……嫌われる事も……。

 でも変わらないんだ。なんだか分かんないけど変わってくれない
 んだ。忘れたくても、諦めたくても、君の事が……。なぁ〜気持ち
 ってどうやったら変われるんだろう??分かんないよ、俺、バカ
 だから……」



二見さんって凄く矛盾していると思いますね。だって人の気持ちは
何れ変わってしまうと言いながらも、相原君に実験の話を持ちかけ
てたんだから……。

明確に描かれて無いから何とも言えないけど、恐らく二見さんの中
で引っかかっている部分と言うのが、両親の関係。その両親の姿を
見た上で二見さんは、人の気持ちは何れ変わってしまうんだって事
を、言っているのだと思います。

だけど何処かで自分の考えを否定したい気持ちがあって、それが
形として表れたのが相原君に持ちかけた実験の話。

実験と言ったら普通は、分からない答えに辿り着く為に行うと思う
けど、二見さんの場合は『人の気持ちは何れ変わる』と言う結論が
既に出ているのにも関わらず、実験を行おうとしてたんだよね。

それって、自分の考えが正しいかどうかを確かめる為に実験をし
ようと思ったのではなくて、自分の考えが間違ってたら良いなって
想いを抱きながら実験をしてたんだと思います。

『実験=希望』

実験を重ねていく内に、相原君は勿論の事、二見さんも相原君に
惹かれて行く部分があったと思うし、だからこそみんなと一緒に居
る時間も悪くない的な事を言ってたんだと思います。

だけど、相原君が実験よりもサッカーの試合を選んだ時に二見さん
は怖くなってしまったんじゃ無いかな??

二見さんが言っている『人の気持ちは何れ変わる』ってのは『自分
の元から離れて行ってしまう』という意味が込められているのだと
思います。

だから、サッカーを優先した相原君の姿と言うのは、二見さんから
したら変化の兆しな訳でして、自分の元から離れて行ってしまうと
いう前兆部分。

二見さんは恐らく、大切な人が自分の元から離れて行ってしまう
という悲しみを知ってるんだと思います。だから、他の誰とも心を
通わせようとしないのだと思うし、相原君との実験を途中で辞め
てしまったのも、変化の兆しを感じ取った時点で、これ以上自分
が傷つくのが嫌だから、逃げ出してしまった。

二見さんが言っていた実験は終わりと言うのは、実験は成功した
って事だと思いますね。つまりは、人の気持ちは何れ変わるんだ
って事を、相原君の姿を見て感じ取った……。

でも、それは二見さんの誤解。

『でも変わらないんだ。なんだか分かんないけど変わってくれない
 んだ。忘れたくても、諦めたくても、君の事が……』


本当は相原君の気持ちは全然変わって無くて、今までと変わらず
に二見さんの事だけを見ていたんですよ。そして、その想いがやっ
と二見さんに伝わった……。

二見さんの涙って、実験が失敗した事に対する嬉し涙なんだと思い
ますね。でも本人は、実験が失敗する事に希望を抱いていた自覚な
んて物は無いから、涙の意味に関しては分かって無いと思うけど…。


なんかさぁ〜二見さんの気持ちを考えながら見ていたら、物凄く切
ない気持ちになってしまい、ついつい最後はもらい泣きしてしまい
ましたよ。

ホント、それ位に良くて大満足な感じでしたね……って言いたい所
だけど、一つ心残りなのが明日夏の存在。

色々な意味を含めて心配な感じだなぁ〜。


キミキス pure rouge 3


にほんブログ村 アニメブログへ ←二人の幸せを願う方は、クリックお願いします。


キミキス pure rouge - livedoor Blog 共通テーマ



2008年02月20日

キミキス -pure rouge-/第19話 『true heart』/感想

『キミキス -pure rouge-』第19話の感想です。


■初めての試練

「光一と結美ちゃんの仲を邪魔する気無いし……ってか光一が
 結美ちゃんを好きなのちゃんと知ってるし、だから今まで通り
 楽しくしよ」


って事を摩央姉ちゃんは言っていたけど、結美が現れたら逃げ出
す様に立ち去ってしまうし、一方の光一だって一日中上の空な感じ。

今までの関係に戻りたくても、決して戻る事は出来ない。何故なら
今までの二人の関係は家族みたいな物。だから、お互いが異性と
して意識してしまっている今現在では、以前の様な関係に戻る事は
不可能に近いんだよね。

やっぱり摩央姉ちゃんは光一の事を好きなままだし、結美にだって
嫉妬に近い感情を持っているでしょう。それに光一だって、姉の様
な存在として摩央姉ちゃんの事を見てたから、あれだけ仲良く出来
てたんだけど。でも今は一人の女性として意識してしまっている。

何だかんだ言いつつも意識しまくりな二人。そんな不安定な気持ち
のまま挑んだ、映画のラストシーンでの二人の掛け合い。


「私達……私達、どうして幼馴染みなのかなぁ…。知らない通し
 だったら良かったのに、そしたら普通に好きだって言えたかも
 知れないのに……」


「幼馴染みだからずっと側に居られた、君をこんなに好きになれ
 たんだ。始まり方なんて関係無いよ!……君が好きだ!」



恐らく摩央姉ちゃんの言っていた事は本心の気持ちなのでしょうね。
幼馴染みという関係であったり、姉と弟みたいな関係だったりっての
を後悔している感じ。

それに対して光一が言っていた事。恐らくこれも光一の本心の言葉
だと思います。前回の感想でも書いたけど、光一は摩央姉ちゃんの
事をずっと好きだったと思います。だけど、摩央姉ちゃんと同じ様に
姉と弟の様な関係ってのがあって、今まで気付かずに過ごしてきた。

でも、摩央姉ちゃんに『好きだ』って事を突然に言われて、その時に
初めて摩央姉ちゃんの事を女性として意識したと思うし、意識をした
からこそ自分の隠れていた気持ちに、やっと気付く事が出来たんだ
と思います。

光一が言っていた『幼馴染みだから好きになれた』ってのは、摩央
姉ちゃんに対する、光一なりの返事なのでしょうね。

幼馴染みという関係を後悔している摩央姉ちゃんに対して、それは
違うよ。幼馴染みだから、僕は摩央姉ちゃんの事を好きになれたん
だよって言う、光一の想い。

ここでポイントになりそうなのが、確かに光一の言っている事には
嘘は無いと思うし、摩央姉ちゃんに対して『好きだ』って言ったのも
本当の気持ちだと思います。

だけど、それは摩央姉ちゃんに対する答えでは無いと思うんだよね。
光一の言葉には続きがあって、その続きの言葉の始まりは『でも』っ
て言葉から始まると思うんだけど……。


そんな二人の只ならぬ様子に気が付いた結美ちゃん。流石の結美
も、摩央姉ちゃんの涙を見たら気付くよね。摩央姉ちゃんの言ってた
事は本心なんだって……。そして光一の言っていた事も本心の言葉
なんだって……。

まぁ〜古今東西どんな恋愛作品においても、何かしらの試練っての
は必ずある訳であり、今まで順調に行き過ぎていた光一と結美の方
が変だったんですよ。

って事で、光一と結美にとって初めての試練。結美の性格を考える
と、摩央姉ちゃんに譲ろうとするってのもあるかも知れないよね。

物凄く心配な感じだけど、でも試練を乗り越えた時には、より二人の
絆が深まるってのも一つの定石。光一の中で結論は既に出ている
はずなので、一刻でも早く二人に対して答えを伝えるべき。

光一らしい答えを僕は期待しております。


キミキス pure rouge 3


にほんブログ村 アニメブログへ 今後の展開が気になる方は、クリックお願いします。


キミキス pure rouge - livedoor Blog 共通テーマ



2008年02月13日

キミキス -pure rouge-/第18話 『rainy blue』/感想

『キミキス -pure rouge-』第18話の感想です。


■光一×摩央

「私が好きなのは、光一よ!!」

恐らくだけど、光一も子供の時から摩央姉ちゃんの事が好きだった
と思うんですよね。それは姉としてでは無くて、異性としての意味で
って事で……。

色々と思い返してみると、光一と摩央姉ちゃんにはリンクしている
部分が多々あって、そのリンクしている部分で一番深く影響してそ
うなのが『フランダースの犬』。

光一の夢って小説家になる事だけど、でもその夢って摩央姉ちゃん
との出来事がきっかけだったんだよね。

『大丈夫、僕がネロとパトラッシュを絶対幸せにするから。
 摩央姉ちゃんを二度と泣かせないよ』


そう言い切っていた子供の頃の光一の姿と言うのは、まさに摩央の
事が好きだからって感じがしたし、今でも小説家を目指してるって事
は、心の片隅にあの時の想い出があるからだと思います。

それに最近の光一と言うのは、やたらと摩央姉ちゃんの事を気に掛
けてるんだよね。摩央姉ちゃんが心配だからという理由で、結美との
デートを途中で切り上げたり、今回だってやたらと母親に摩央の容態
を聞いてました。

光一が摩央姉ちゃんの事を気に掛けている様子と、摩央姉ちゃんが
光一の事を頻りに気にしていた様子ってのが、凄く似ている様に思う
んです。

じゃ〜何故に、摩央姉ちゃんが光一の事を気にしてたかって言うと、
それは本人の気付かない所で光一の事が好きだという想いがあっ
たからであって、その潜在的な好きという気持ちが、気に掛けると
いう行為に現れてたんだと思います。

光一も摩央姉ちゃんと同じ様に、潜在的な想いが気に掛けるという
行為に現れてると思うんですよね。

っで、その隠された想いに摩央姉ちゃんは前回の出来事で気付いて、
そして光一も摩央姉ちゃんに言われ今回のた一言によって、摩央に
対する自分の隠れた気持ちに気付くんだと思います。

『私が好きなのは、光一よ!!』

まぁ〜どちらにしても、光一が最終的に選ぶのは結美なんだと思い
ますけどね。光一の性格を考えると、何となくそう思います。


■相原×二見

「人は何故、恋愛をするのか?人は何故、人を好きになるのか?
 それが知りたくて実験を始めたの」

「じゃ〜何故、人の気持ちは変わるの?」

「人は結局……独りなのよ」


結婚、離婚、その後。これらの言葉って、二見さんの家族の事を表
している様に思えるんだよね。

取り敢えず、次回以降に詳しい事は語られると思うので、その時に
でも思った事を書こうかなと思います。


キミキス pure rouge 3


にほんブログ村 アニメブログへ ←今後の展開に注目の方は、クリックお願いします。


キミキス pure rouge - livedoor Blog 共通テーマ



2008年02月06日

キミキス -pure rouge-/第17話 『her answer』/感想

『キミキス -pure rouge-』第17話の感想です。


■光一←摩央←甲斐

「大丈夫、僕がネロとパトラッシュを絶対幸せにするから。
 摩央姉ちゃんを二度と泣かせないよ


以前の感想でも何度も書いてきてる事だけど、摩央姉ちゃんは自分
の気持ちが分からなくなってるんだよね。本当に自分は光一の事が
好きなのか?そして甲斐君の事を男性として意識してるのか?

答えが出ず色々と迷っている時に、光一と結美のキスシーンを目撃
してしまったんだけど、その時に摩央姉ちゃんは思ったんじゃ無いか
な??もぉ〜光一の事を考えるのは止めようって……。

「ねえ、甲斐君……キスして……」

「ねえ、甲斐君……私のこと好き?」


どちらの言葉も、自分の気持ちを無理矢理に甲斐君の方に向ける
為の言葉の様に思えるんですよね。

要するに、光一には結美という立派な彼女が居る訳でして、今さら
自分が光一の事で悩んでても仕方が無い事。だったら光一の事は
忘れて、甲斐君の方だけに自分の気持ちを向かせよう。

この二つの言葉と言うのは、光一の事は早く忘れて、甲斐君だけを
見る様にしようという、摩央姉ちゃんの焦りの様な物が感じられます。

そんな感じで、甲斐君だけを見ようと必死になってる摩央姉ちゃん
なんだけど、凄く無理をしている感じで辛そうなんだよね。何故に
辛そうにしてるかって言うと、自分の気持ちに嘘を付いていたから。

『大丈夫、僕がネロとパトラッシュを絶対幸せにするから。
 摩央姉ちゃんを二度と泣かせないよ』


この言葉を聞いたその時から、摩央姉ちゃんは光一の事を好きに
なってたんだよね。でもその気持ちが好きと言う気持ちだと、ずっと
気付かずにいた……。

摩央姉ちゃんにとって光一は弟の様な存在な訳でして、その関係
が"好き"という気持ちを分からなくさせちゃったんだろうね。だけど
長い年月を掛けてやっと自分の気持ちに気付いた訳ですよ。

昔から光一の事が好きだったんだって事が……。

だから甲斐君の事が好きになりきれなかったんだと思うし、それに
光一の事が何となく気になってたのも、好きだと言う気持ちが心の
奥底であったからなんでしょうね。

「私……これ以上、甲斐君と付き合えない……」

摩央の気持ちに振り回されている甲斐君が凄く可哀想に見えてし
まうけど、でも一番辛い気持ちを抱えてるのは摩央なんだよね。

その辺を考慮しつつ今後も見守って行きたいです。


■二見←相原←明日夏

「なんかさ、二見さんって何時も独りだし、あんな感じじゃん。
 でも本当は寂しいのかなって………。実験でも何でも仲良く
 なれたらって思ってたんだけど……」


この事に気付いている相原君は、絶対に二見さんを幸せに出来る。


キミキス pure rouge 3


にほんブログ村 アニメブログへ ←甲斐君が可哀想と思う方は、クリックお願いします。


キミキス pure rouge - livedoor Blog 共通テーマ



2008年01月30日

キミキス -pure rouge-/第16話 『stand in』/感想

『キミキス -pure rouge-』第16話の感想です。


■甲斐×摩央→光一

「ねえ、甲斐君……キスして……」

摩央姉ちゃんは分からなくなってるんだよね。自分が光一の事を
どう思ってるかって事が。光一に結美という親しい存在が出来て、
それを嬉しく思ってる反面、嫉妬的な想いも感じてしまう。

嫉妬という気持ちを抱いてしまうのは光一に対して、男性として何
か特別な物を感じているからなのか、それとも大切な弟が自分の
元を離れてしまうという家族的な意味においての嫉妬なのか。

それに甲斐君に対しての気持ちさえも分からなくなっている状態。
友達として好意を抱いているのか?それとも男性として好意を抱
いているのか?

本当に色々な事で分からなくなっているんだよね。だから自分の
気持ちを確かめる為に、甲斐君に会いに行って、そして……

『ねえ、甲斐君……キスして……』

自分は甲斐君の事をどう思ってるのか??そして光一の事をどう
思っているのか??

その答えがキスの果てにある……。


でもさ凄く思うんだけど、摩央姉ちゃんが甲斐君と仲良くしてる所
だったり、キスしてる所を光一が見たとしても、摩央姉ちゃんと同
じ様に、光一も嫉妬の気持ちを抱くんじゃ無いかなってね。

父親が娘が嫁に行くのを寂しがる様に、いつも身近に居た存在が
自分の元を離れて行ってしまうと、寂しく感じてしまう。それはその
人の事が好きだったから??それとも大切な家族として接して来
たから??

光一と摩央姉ちゃんの関係って、後者の様な気がするし、それが
今回の答えの様な気もします……


■二見 VS 明日夏

「どうして、相原君なの!?」

個人的に印象に残ったのが、このセリフ。恐らく二見さん的には
相原君を選んだのは偶然であり、たまたまなんでしょうね。

だけど出会いは偶然だったとしても、相原君を選んだのは大正解
な訳であり、それは何故かと言うと相原君は二見さんの唯一と言っ
て良い程の理解者だから。

以前に二見さんと父親の電話のシーンがあったけど、その時に感
じたのが、父親は娘の事を何も分かって無いって言う事。そして娘
も別に分かってくれないならそれで良いって思ってるって事。

だけど本当は父親に対して何か言いたい事があったんじゃ無いか
なって思うんです。そして言える様な自分に変わりたいって密かに
思ってるんじゃ無いかな?

だけど変わりたくても変われない……。なのにも関わらず相原君
はドンドンと変わろうとしてる。それにいつも一人で居る自分とは
違い相原君は、色々な所で楽しそうにしてる。特に明日夏と一緒
に居る時とか。

二見さんにとって相原君は唯一の理解者だったんだけど、第14話
での出来事を機に、相原君を遠い存在に感じてしまったんだよね。

だからそれ以降、相原君との連絡を絶った……。

別に二見さんは相原君を嫌いになった訳では無くて、二見さんが
ドンドンと変わっていく相原君に取り残されてしまっただけ……。

二見さんの難しさが凄く出ている恋愛模様。スタッフ達も良く分か
ってらっしゃるって感じです。


キミキス pure rouge (2)


にほんブログ村 アニメブログへ ←潰されたイワオ君が可哀想と思った方は、クリックお願いします。

キミキス pure rouge - livedoor Blog 共通テーマ



2008年01月23日

キミキス -pure rouge-/第15話 『now's the time』/感想

『キミキス -pure rouge-』第15話の感想です。


■結美×光一←摩央

「私思うんですけど、イメージだけで言えば身近にピッタリの方が
 いらっしゃる様な気が…。あっけらかんと快活で、さっぱりしてて、
 朗らかで……」


いやぁ〜そう来たかぁ〜って感じの主役交代。物語的にこの交代は
凄く大きいと思いますよ。恐らく光一と結美の関係は既に揺るぐ事の
無い関係だと思うんですよね。だから摩央姉ちゃんが映画の主役を
演じようと、今の二人の関係には影響を及ぼさない。

だけど摩央姉ちゃん的には違う。映画の主役を引き受ける時に光一
に向かって言った言葉だけど、

「ただし一つ条件があるわ。ここまで結美ちゃんが思ってくれてるのよ。
 ちゃんと幸せにしてあげなさい」


多分、光一と結美が幸せになって欲しいって気持ちは本心なんだと
思います。でも心の片隅に『光一の事が好きなのかも!?』って部分
が残ってるから、迷いが生じる。

その小さな迷いを、大きくしてしまう可能性があるのが映画の主役と
いう、光一との新たな繋がりの様な気がするんですよね。

"光一×結美"という関係は変わらない。でも摩央姉ちゃんの気持ち
だけが膨らんでいってしまう……。

そう言う意味において、この主役交代は大きいんじゃ無いかな??


そんな感じで映画撮影編は摩央的に波乱な展開になるかと思いなが
ら見ていたら、まぁ〜ラストにビックリな展開……。

光一と結美のキスは予想出来た範囲。だけどそれを摩央姉ちゃんが
見てしまうとは……。この部分も今後に向けて大きいよね……。


キミキス pure rouge (2)


にほんブログ村 アニメブログへ ←結美の大根役者ぶりにビックリな方は、クリックお願いします。


キミキス pure rouge - livedoor Blog 共通テーマ



サーチボックス
たなぽんの一言日記
またまた仕事場が変わる事になり、今度は滞在先にネット環境が無い為に色々と不便しそう……。なので、定期更新したいと思っていたガンダム00の感想も無理っぽいです。これじゃ〜麻生さんと同じ「やるやる詐欺」だよ。

2009/02/04(水)
ブログ紹介
アニメ/マンガ等で個人的に感動した場面を紹介するサイトです。
紹介した作品を知ってる方は、僕が感動したポイントに共感して頂き、作品を知らない方はその作品に触れるきっかけになれればと考えております。

それとこのブログは基本的に
【コメント大歓迎♪】
【トラックバック大歓迎♪】
【リンクフリー】
ですので、是非とも願いします。
web拍手

『好きな女性声優・ベスト5』をweb拍手上で発表しています。興味がある方は、今すぐにボタンをクリック。ちなみに『もっと送る』をクリックする事に順位が上がっていきます。
ランキング参加中
にほんブログ村 アニメブログへ

1日1クリック、お願いします
Recent Comments
連絡先
連絡などは『tanapon0083<アットマーク>dragon.livedoor.com』までお願いします。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)