2011年11月

2011年11月29日

福祉有償運送で市長と懇談

 11月29日、福祉有償運送事業問題で福知山市役所市長応接室で松山市長との懇談会が開催されました。この懇談会は福知山市内で福祉有償運送を実施している11事業団体のうち8団体で結成している「福祉有償運送事業所ネットワーク連絡協議会」が野田市会議員の紹介で実現したものです。懇談会には市側から、市長、福祉保健部長、高齢福祉課長、市民人権環境部長、生活交通課長、参事が出席、ネットワークからは、NPO福知山BGM福祉サービス、NPO大江鬼の里、NPO福知山健康友の会福祉サービス、社会福祉法人福知山シルバーニコニコサービスの代表が参加、双方からのあいさつに続き、要望事項3項目について今日時点の考え方が市長から発言がありました。
1、交通体系全般における福祉有償運送事業に位置付けについては
  11団体の事業が定着してきている、高齢化率26%に達している状況の下で公共交通を補完するものとして 
  益々重要になってきていることを踏まえ引き続き努力したい。
2、運行回数走行距離など運行状況に応じた財政措置
  15万円の補助金でスタートしたが使いにくいなどの意見を踏まえ、要綱改正を行ってきた。市の財政から今  
  日時点では困難であり財政状況の進展具合を見て今後検討したい
3、助成券に対する手数料の引き上げ
  当初5%でスタート、その後要望に応えて7,5%に引き上げた。今、来年度の予算編成作業中だが担当の 
  部の意向としては10%にするよう要望していると聞いている。最終的には部の意向を尊重できるよう努力し 
  たい
以上の回答を踏まえ懇談にうつり各団体からの意見要望が述べられた。
 NPO丹波・みわからは
1)市バスと有償運送を一体的にとらえた方向性を確立するために関係地域の代表者をを含めた検討委員会を  
  設置すること
2)京都府の福祉有償運送の補助金として車両購入に対する補助制度があるが新規事業等に限定され車両の 
  更新には適用されない、市として改善を求める必要があるのでは
  の2点を要望しました

懇談会は今後も関係部との協議を行うことを確認し終了しました。
IMGP0107
   市長との懇談会

tanbamiwaso at 16:31|PermalinkComments(0)

2011年11月28日

サクラ満開

季節はずれのサクラ
大原産屋の里に咲く

 三和町大原の産屋の里に、季節はずれのサクラが咲いている。産屋に通じる川沿いの土手に植えられたサクラで、先週からつぼみが開き始めたという。地元の人によれば、この時季に花が咲いたのは初めてのこと。「季節はずれで驚きましたが、白いきれいな花で、昨日の大原八景除幕式を祝うように満開となってくれました」と話していた。

咲き誇る白い花
IMG_3268

ほぼ満開のサクラ
IMG_3265



tanbamiwaso at 09:00|PermalinkComments(0)

2011年11月27日

大原八景

大原八景案内
看板の除幕式

 三和町大原地区で27日、福知山市長を迎え「大原八景」の案内看板の除幕式が催された。同地区では府景観資産の登録を機に、「美しき命の源流うぶやの里・大原」をスローガンに掲げ、大原ならではの魅力を発信しようと、様々な取り組みを展開している。八景の設定は、今年5月に全世帯にアンケート調査をして決め、市の歴史街道整備事業で案内看板を設置した。
 看板は大原神社下に立てられ、八景の「産屋と産屋岩」「お釜さん」「秋葉山」「大イチョウ」「お旅所の大杉」「御供田の田圃」「谷垣内の蛍」「奥山峠の雲海」を写真で紹介し、イラストマップで場所を案内している。
 除幕式は午後1時半から始まり、小林英夫実行委員長があいさつに立ったあと、松山正治市長ら来賓とともに看板の除幕が行われた。この日は地元のほか、京都、大阪、滋賀などから約130人が訪れ、共に案内看板の完成を祝った。
 式典のあとは、大原神社の林秀俊宮司が案内に立ち、川合川下の「お釜さん」と「産屋」、国道173号沿いの「秋葉山」展望台を巡ったほか、神社絵馬殿でインド音楽・舞踊のコンサートが開かれた。

来賓らが除幕
IMG_3242

式典会場
IMG_3250

完成した案内看板
IMG_3270

「お釜さん」で説明を受ける参加者
IMG_3260







tanbamiwaso at 16:02|PermalinkComments(0)

2011年11月26日

三和荘から観た紅葉

今年の紅葉は一週間程度遅れているそうです
三和荘から観た紅葉も例年に比べてやや見劣りします。紅葉しないまま葉が落ちています。
それでも日を追ってきれいになっています。
DSC_0552
      万灯山
DSC_0555
    かがみやま


tanbamiwaso at 12:00|PermalinkComments(0)

2011年11月25日

第6回福祉移送ネットワーク会議

11月25日、福知山市民会館で、第6回ネットワーク会議が開かれました
この会議では、福知山市に提出する要望書の確認、ネットワーク会議の名称変更と規約の確認などを行いました
この福祉有償運送事業所ネットワーク連絡協議会には市内の福祉有償運送事業団体10団体のうち、以下の8団体が加盟しています
<加盟団体>
NPO法人大江鬼の里クラブ、NPO法人福知山健康友の会福祉サービス、社会福祉法人福知山シルバーニコニコハウス、NPO法人丹波・みわ、NPO法人オークラ福祉応援団、NPO法人ヒューマンコミュテイ、NPO法人人権しあわせネットワーク、NPO法人BGM福祉サービス
<要望事項>
1、福知山市の交通体系全般にわたる福祉有償運送事業の明確な位置づけ
2、運行回数や走行距離など運行状況に応じた財政措置
3、助成券の事業所に対する手数料の大幅な引き上げ

なお、市長との話し合いは11月29日に行います
移送サービス


tanbamiwaso at 16:41|PermalinkComments(0)

2011年11月24日

三和荘農園の野菜販売中

三和荘農園で収穫された小豆に続いて大根、かぶら、九条ネギを三和荘売店で販売中です
 大根、ねぎ、九条ねぎ 各100円
RIMG0310


tanbamiwaso at 17:38|PermalinkComments(0)

2011年11月23日

細見谷収穫感謝祭

収穫感謝祭で西淀川の
町会の人らと地域交流

 三和町の辻、中出、田ノ谷、西松の4地区合同で20日、大阪市西淀川区の佃2-6振興町会の人たちを招き、「細見谷収穫感謝祭」が開かれた。中出のライスセンターを会場に、テント張りでイノシシの焼肉、うどん、焼きそば、手打ちそば、お餅などのコーナーを設け、訪れた人たちに無料でふるまったほか、センター前のビニールハウス内では太鼓や民謡などのステージ発表があり、地域の人たち約250人が振興町会の人らと楽しくにぎやかに交流した。
 感謝祭は、4地区でつくる細見谷農業生産組合が休耕田でのそば栽培を機に、地域を元気にする事業をと呼びかけ、10年余り途絶えていた感謝祭を復活するかたちで企画した。4地区あげて実行委員会つくり準備する中で、都市交流も図ろうということになり、地元出身者のいる佃の振興町会に呼びかけたところ、梶原町会長ら28人がバスを仕立てて来ることになった。
 梶原さんは「前町会長の山口さんがこちらの出身者で、お話をいただき町内の方々に呼びかけました。町会は218世帯の1つのマンションで、いま改装工事中なので、こうしたお招きは大変ありがたく、みなさん喜んでいます」と話していた。

拍手で迎えられる佃の人たち
IMG_3218

ハウス会場で歓迎式
IMG_3223

にぎわうテント張コーナー
IMG_3229



tanbamiwaso at 15:00|PermalinkComments(0)