2013年05月

2013年05月26日

お田植え祭

女子大生も早乙女姿でお田植祭

 三和町大原の大原神社で26日、秋の豊作を願うお田植祭が催された。地元女性6人のほか佛教大学の女子学生5人が、すげ笠とかすりの着物、もんぺ、赤襷の姿で産屋そばの御供田に入り、厳かに苗を植えていった。
 お田植祭は、8年前に地元の氏子らが中心になって実行委員会をつくり、地域おこしの一環として復活させた。1昨年は大雨の影響で神事のみとなり、今回で7回目の開催となる。毎回、地域の民俗調査などで縁のある佛教大学の女子学生が早乙女として参加している。
 この日は、午前11時から産屋そばで林宮司による神事が行われ、豊作を祈願したもち米の苗を授けられた早乙女たちが田んぼに入り、一列に並んで植えていった。田んぼの周りには、地元の人たちのほか多くのアマチュアカメラマンが訪れるにぎわいを見た。
 早乙女のお田植え儀式のあとは、地域活性化に協力している成美大の男子学生7人や京都市内から訪れた緑の少年団の小学生や父兄らも田んぼに入り、田植え体験をした。


儀式前に手を清める早乙女
DSC_0072










宮司による神事

DSC_0073







苗授与の儀式

DSC_0075







一列に並んでの田植え

DSC_0079


tanbamiwaso at 14:01|PermalinkComments(0)

野点の会

経ケ端城址で
初の野点の会

 三和町上川合の経ケ端城址で今日、初の野点の会が催されている。上川合で農家民宿「ふるま家」を営む沢田さやかさんが、新たな地域おこしのイベントをと地元の城山を守る会(土井實会長)に呼びかけて企画。野点は台頭の緑水庵の表千家教授・菊田宗延さんが協力をしている。
 会場の城址は、集落から5分程登った山の頂にあり、21年前に城山を守会が公園整備し、茅葺の休憩所も建てられている。参加者は初めて訪れた人たちたちが多く、「こんな所に公園があるのを初めて知りました。眺めもよくとってもいい所」と、菊田さんのたてるお茶を味わいながら、城址からの風景を楽しんでいた。
 城址下の集会所では、城山の会の人たちが地元の山菜やお餅の販売コーナーを設け、向いのふるま家ではフリーマーケットも開かれている。開催は午後3時まで。
 土井会長は「守る会は地元の有志で立ち上げた会で、沢田さんもメンバーになってもらっています。これまで城址ではお花見の会という、内輪だけのイベントしかしていませんでしたが、地域外の人たちに来てもらう野点の会は、地域の活性化にもつながり、今後も続けていきたい」と話していた。

会場の城址
DSC_0097







お茶をたてる菊田さん

DSC_0096







集会場では産直コーナーも

DSC_0100






ふるま家ではフリーマーケットも

DSC_0102


tanbamiwaso at 13:40|PermalinkComments(0)

2013年05月25日

野点の会

明日、上川合で
野点の会を開催

 三和町上川合の経ヶ端城址で、野点の会が開かれる。農家民宿の「ふるま家」さんが、地元の城山を守る会、台頭の緑水庵の協力を得て、初めて開くイベント。城址では野点、下の集会所では餅つきや野菜販売などがある。開催は午前11時から午後3時まで。野点はお茶代として600円(お菓子付き)


tanbamiwaso at 14:21|PermalinkComments(0)

明日、大原でお田植え祭

お田植祭

 三和町大原の産屋そばで、明日午前11時からお田植え祭がある。

昨年の様子

IMG_3926


tanbamiwaso at 14:14|PermalinkComments(0)

2013年05月21日

草刈りボランティア

休館日利用し
31人が草刈り

 三和荘の休館日を利用し今日、三和荘周辺の草刈りが実施された。みわ倶楽部の会員8人のほか、理事や職員23人がボランティア参加し、グラウンドやテニスコート周り、農園内の草刈りをしたほか、グラウンド内の草引きなどに汗を流した。

DSCF0772DSCF0769


tanbamiwaso at 10:10|PermalinkComments(0)

2013年05月20日

田植え体験

児童、園児が田植え体験

 川合小学校の児童と三和保育園の年長組園児たち21人が今日
14日に「どろりんぴっく」と称し泥遊びを楽しんだ三和町岼の田んぼで田植えを体験した。田んぼの提供を受けている川合地域環境保全活動協議会の人たちに植え方を教わり、 印の付いた田植え縄に沿って、一列に並んで田んぼの中へ。高学年の児童たちは、毎年体験しているだけに手慣れた様子で作業、園児たちは最初のうちは泥に足をとられおぼつかない様子だったが、先生や協議会のお年寄りたちの助けを受け、小さな手で苗をつかみ懸命に植えていた。
 植えた稲はもち米で、秋には稲刈り体験をして、お餅にしてみんなで食べることになっている。

最初に植え方を教わる児童、園児たち

DSC_0074







園児たちも懸命に


DSC_0080







高学年児童は手慣れた作業


DSC_0086


tanbamiwaso at 11:48|PermalinkComments(0)

2013年05月16日

NPO理事会

第9回通常総会へ
向けNPO理事会

 三和荘を運営するNPO丹波・みわの第49回理事会が15日夜、八木理事長のもと理事ら12人が出席し開催された。6月2日に開く第9回通常総会へ向け、24年度会計決算、25年度予算案などについて検討した。今年度は、指定管理事業2期目の4年目に入り、来年迎える最終年を向けての重要な滑り出しの年に当たることから、運営に関する構造的な諸問題の抜本的な改革に取り組んでいくことを確認しあった。
DSC_0071


tanbamiwaso at 15:08|PermalinkComments(0)