2008年01月03日

新宿 古月 中華激戦区!新宿御苑前

新宿古月
最寄駅:新宿西口 / 東新宿 / 新宿 / 新宿三丁目 / 西武新宿
料理:中華料理一般
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円〜3,000円
用途:昼食

新宿 古月 外観




















新宿 古月 店内



















去年の週末(ちょっと時間が経ってしまいました・・・)、新宿御苑前の礼華へ行ってみると行列になっていてどうしようか迷った挙句、並びにあるこちらのお店へ。場所は新宿御苑前駅から甲州街道(御苑脇の道)へ。赤い壁が目印。そういえば、乙武洋○さんが同じく礼華の行列に並ぶかやめるか奥さまと迷ってらっしゃいました。乙武さん、新宿区出身だそうでちょくちょくこの辺りでお見かけします。近くに住んでるのかな?

新宿 古月 メニュー



















ランチは、週代わりで5品の中から2品を選ぶスタイル。サラダ・スープ・デザート付きで1500円。コースは5品で3500円。この日の週代わりメニューは、牛肉と大根の土鍋煮・四川正統マーラー豆腐・ピータンとシェンタンと海鮮青菜炒め・魚のフライ甘辛ソース・叉焼腸詰焼鴨どんぶり。この日は、2人でうかがったので5品中4品を選択。

新宿 古月 サラダ




















新宿 古月 スープ

























サラダは、蒸篭に入っていています。なかなかいいアイデア。スープは、あっさりとしていて上品なお味。

新宿 古月 麻婆豆腐



















::: 四川正統マーラー豆腐 :::
唐辛子の風味は本格的。油が多くてとろみが分離。個人的にはもう少し山椒のお味が効いてる方が好き。

新宿 古月 牛肉と大根の土鍋煮



















::: 牛肉と大根の土鍋煮 :::
ブロッコリーやニンジンも入ってビーフシチューのよう。お肉が柔らかい。大根にしっかりスープが染み込んでいておいしい。寒い日にはアツアツの土鍋料理、たまりません!

新宿 古月 焼き物



















::: 叉焼・腸詰・焼鴨どんぶり :::
あれ。そういえば、「どんぶり」ってどういう意味だったんだろう? 自分でご飯に載せるっていう意味だったのかな? 見かけ地味ですが、中国叉焼特有の香がしてなかなか好感触。

新宿 古月 ピータンとシェンタンの海鮮炒め



















::: ピータンとシェンタンの海鮮炒め :::
シェンタンとは、あまり聞きなれない言葉ですが、ピータンよりも熟成の時間が短くて黄身の部分が黒くならないらしい。泥の中にも塩を入れるんだとか。からすみだと思って食べてたオレンジ色の部分がシェンタンだった模様。コクがあっておいしい。全体的にあっさりと上品なお味。

新宿 古月 デザート



















::: 杏仁豆腐 :::
柚子のママレードみたいなものが添えられていて、とっても香りがいい。杏仁の柔らかい風味ともよく合って、好きなお味。

店内は、すっきりとしたシノワ風。窓からは御苑の緑を見ることができ、癒された気分。お店の方も付かず離れず。気が行き届いていました。気持ちよく食事ができて、なかなかおすすめ!



tanch0724 at 23:18│Comments(0)TrackBack(0) 中華 | 新宿・代々木・初台

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔