2009年02月13日

アタゴール ジビエが豊富なフレンチはオリエント急行仕込み♪

採点:★★★★

アタゴール




















恵比寿から北里大学病院へ抜ける道沿いにある、一軒家風のフレンチ。緑のパラソルと茂った木々からお花屋さんに見えるかも。調べてみると、ジビエメニューがお得意のようです。時期が終わってしまわぬうちに…と新年早々伺ってみました。

シェフは、曽村譲司氏。HPによると、「18歳よりホテルオークラにて料理人として修行を始め、若干23歳にしてベルギー日本大使館の公邸料理人を務める。その後、海外の著名なレストランや豪華列車、豪華ホテルのレストランなどで腕を磨き、個性を確立。帰国後、国内外の要人の集うステラートにてエグゼクティブ・シェフを務め、34歳の時、恵比寿にアタゴールをオープン。」とのこと。ベルギー大使館、イースタン&オリエンタル・エクスプレス、ラッフルズホテルを経て今に至るという、個性的な経歴の持ち主です。

アタゴール22




















アタゴール26



















深緑は、お店のテーマカラーみたい。シェフゆかりの品々、たとえば、オリエント急行の行先が書いてあるプレートや絵などが飾られています。こじんまりとした広さで、4〜5組ほど入れば満席になりそう。ジビエを堪能したいので、2人とも4000円のコース(アミューズ・前菜・メイン・デザート・パン・コーヒー)を注文。

アタゴール2



















まずは、アミューズのピクルスとオリーブ、サラミ。写真は、2人分です。甘酢にほのかにハーブの香りがして美味。

アタゴール3



















焼きたてあつあつパンとリエット。

アタゴール4




















アタゴール5



















私の前菜は、秋田うさぎとフォアグラのテリーヌ。ぷりぷりとした食感のうさぎ肉に濃厚で華やかな独特の香りがするフォアグラ。まわりに添えられているのは、鎌倉の農家から直で仕入れているという野菜たち。緑色が濃いこともさることながら、お味が濃くて、ほどよい苦味。葉がとっても分厚く、歯ごたえがあります。食べれば、元気をもらえそうな、そんなお味。

アタゴール6



















ツレの前菜は、“鮭児”のマリネと“オシェトラキャビア”オリエンタルハーブの香り。“鮭児”とは、産卵する年令に達していない若い白鮭で、故郷はアムール川なんだとか。1万本に1〜2匹の割合しか獲れない稀少価値のあるお魚。小ぶりながらも、身がなめらかで脂がのっており、おいしいです。レモングラスの香りがするドレッシングでいただくところが独特で、オリエンタル急行を思い起こさせてくれます。

アタゴール7



















お口直しは、グレープフルーツシャーベット。

アタゴール8



















今回、食べてみたかったのがコレ。ヤマシギという野鳥です。鳥類の中では、ジビエの王様と呼ばれているそうで、かねてから食べてみたかった一品。聞くところによると、フランスでは保護鳥に指定されているそうで食べられないとのこと。最近では、日本でも、県の条例によって捕獲禁止になっているところや狩猟の自粛を呼びかけているところもあるという、稀少な野鳥なのであります。

ポワレしているところをわざわざ見せに持ってきて下さいました。一緒に入っているのは、ブドウの葉です。甘いような官能的な香りがして、期待が高まります。

アタゴール13



















さてさて。お皿に盛られて登場です。

アタゴール14



















まずは、胸肉の部分。滑らかな肉質でレバーを繊細にしたような味わい。血が多く含まれていて、コクがあります。そこへ葡萄とバターの香りが加わり、華やかなお味に。

アタゴール21



















次に、もも肉。胸の部分より脂がのっていて、食べ応えがあります。クセも少なめ。フィンガーボールが出てきたのをいいことに、手を使って骨の周りのお肉までキレイにいただきました♪

アタゴール15



















最後に、頭部。ズバリ、脳みそです。スプーンですくっていただきます。ねっとりと濃厚な味わい。フォアグラを少しさっぱりさせたような、イメージかしら。もっと食べたいなあと思いつつ、これくらいでもう少し食べたいなあと思うくらいがちょうどいいのかも?

アタゴール9




















アタゴール10



















ツレは、アン肝につられてアンコウを選択。ソースは、ショウガの香りの効いたバター風味。ぷりぷりとした身にソースが相まって、いいハーモニー。濃厚なアン肝との相性もよくて、美味。ジビエだけではなく、お魚もおすすめかも。

アタゴール23



















私のデザートは、ベルギーワッフルとキャラメルアイス。外はカリっと、中はふわふわとした食感。キャラメルアイスは、ほろ苦で大人なお味。

アタゴール24



















ピスタチオのアイスクリームをサービスしてくれました。ピスタチオの風味豊かでおいしい。

アタゴール25



















ツレのデザートは、フォンダンショコラとピスタチオアイス。トロトロとしたショコラが濃厚でおいしい。

ヤマシギは、+α3500円だったかしら? ワイン2杯とガス入りのお水1本で〆て15000円くらい。ジビエだと、年末伺ったOGINOと比較すると、OGINOよりも繊細なイメージかしら。マニアック度合からすると、こちらに軍配かな♪ ジビエ時期、最終はトナカイ肉がウリの模様。ジビエに興味がある方は、是非!





tanch0724 at 02:51│Comments(2)TrackBack(0) フレンチ | 恵比寿

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by おいしいと幸せ★   2009年02月19日 23:12
今晩は〜
やましぎすごいですね。
くちばしの形がはっきりわかるのが少し気味が悪いのですが、美味しそうでもあり。
迷いますね。。。
やっぱりアンコウを選んでしまいそうです。(小心者・・)
2. Posted by tanch0724   2009年02月24日 11:14
幸せ★さん こんにちは♪
あははは、冷静に考えるとちょっとグロイですかねえ。
口ばしって考えると生生しいかしら?
こういうのって、意外に男性陣の方が繊細かも。
アンコウもめちゃ旨でオススメ!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔