2010年03月14日

石ばし 冬にも土用の丑の日があるらしい PART2

長らくお待たせしてすみません。翌日か翌々日にはUPするつもりが、1週間たってしまいました(汗)。

P1090108(1)




















P1090107(1)




















さっそく、いただきましょう♪

P1090110(1)




















まずは、お通しの豆腐。焼き上がるまでに40分少々かかるということなので、誘惑に負けて焼酎も頼んじゃいました。「うなぎ」という薩摩の芋焼酎です。いかにも芋焼酎らしい香り。少し変わったシステムで、飲み物を頼むと先ほどのお通しとは別にお通し(1000円)が付いてきます。

P1090111(1)




















左から板わさ・海老の素揚げ・鯛の子漬け。どれも酒がハマる一品。

P1090115(1)




















こちらは、うなぎとセットの香の物。個人的には、奈良漬があるのがツボ。

P1090116(1)




















今回、上(3000円)を注文。ちなみに、上には特上(3800円)、下には並(2500円:テーブル席のみ)があります。うなぎの等級の違いではなく、単純に大きさによってわけているんだとか。

P1090117(1)




















P1090118(1)




















思った以上にうなぎがびっしり。ボリュームがあります。ふわふわと柔らかく、適度な脂のノリで上品なおいしさ。まるで、上質な白身魚のようです。甘からず、辛からずのタレが香ばしさと相まって、どれだけでも食べられそう。ほんとに、おいしいです。

P1090120(1)




















もちろん、肝吸いも付きます。

上野毛の「きくかわ」と比べると、かなり上品。きくかわの方は、脂がのっていてギラギラと派手な印象なのに対し、こちらのうなぎは京料理に例えるなら「はんなり」と繊細な味わい。個人的には、石ばしの方が好き。是非!

::: 石ばし :::
http://rp.gnavi.co.jp/ns/5305708/

石ばし ( 江戸川橋 / うなぎ )
★★★★★5.0
powered by livedoor グルメ



tanch0724 at 00:00│Comments(2)TrackBack(0) 和食 | 飯田橋・神楽坂

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by おいしいと幸せ♪   2010年03月28日 19:23
今晩は〜
Part2楽しみにしていました!
うなぎのタレが上品で美味しそう!べたつかずさらっとして・・・さすがですね。
しかも、40分の焼き時間。待っている間にぷ〜んと漂う香り。。。焼酎とまらなくなりそうですね♪
2. Posted by し〜ちゃん724   2010年04月04日 00:22
幸せさん こんばんは
そうなんです。べとつかないタレ、身のふわふわ感。
ほんと上品で、繊細な味わい。
40分間、飲みだすとちょうどよい時間ですよね。
っていうか、つまみの種類たくさんあったら、
うなぎ忘れて飲み会になってしまったりして

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔