2010年04月09日

メゾン・ド・スリジェ 女性を惹きつける代官山の隠れ家 PART2

P1090451(1)




















P1090452(1)




















私の前菜は、帆立貝と蟹のテリーヌ。真ん中のピンクの部分に蟹が入っています。ふわふわとしていてクセがなく、食べやすいお味。

P1090453(1)




















P1090454(1)




















ツレの前菜は、寒ブリのカルパッチョ。自家製マヨネーズソースがたっぷり。ぷりぷりとした弾力のある身が印象的。脂のノリはもう一息かしら。

P1090458(1)




















P1090459(1)




















小エビと黒トリュフのラビオリ。トリュフの風味がするクリームソースとエビのぷりぷり感、ラビオリのモチモチ感のハーモニー。ラビオリの中にも、エビをすりつぶしたものが入っています。少し塩けは濃いめ。なかなか好きなお味。

P1090456(1)




















P1090457(1)




















ツレは、フレッシュトマト バジルのパスタを注文。フルーツトマトの甘みと旨み、さわやかな酸味とバジルの清涼感。王道なおいしさ。

P1090464(1)




















P1090465(1)




















ウズラのロースト(+1000円)。皮目は、ぱっりっ。身はやわらかく、ほどよく脂がのっており、おいしい。野菜もたっぷり添えてあり、ヘルシー。

P1090462(1)




















P1090463(1)




















ツレは、豚のロースト。こちらも表面はパリっと、噛むと肉汁がジュワー。王道なお味。

P1090467(1)



































P1090468(1)




















グラスデザート。上に載せてあるのは、綿菓子。下は、苺のソースとバニラアイス(だったかな?)。甘酸っぱい苺の香りとキュートでPOPなビジュアルが絶妙!

P1090470(1)




















デザート2種類目は、グレープフルーツのジュレとガトーショコラ。しっとり&さっくりとしたガトーショコラは、さっぱりとしたカカオのお味で食べやすい。食後でも、ぺろりと食べられます。

このお店、お客さんの8割近くが女性。日曜日の昼だというのに、カップルで食事というよりも女性グループでの食事が圧倒的に多いのが印象的。目に鮮やかな前菜やデザートが女性の心をくすぐるのかも。基本的に狭いお店だし、シェフ2人でデリも含めてやっているので、待たされることもしばしば。しかし、サービスの方の軽妙かつ卒のない客あしらいのおかげで楽しくお料理を待つことができます。いろんな意味でバランスのよいお店。是非!

::: メゾン・ド・スリジェ :::
http://www.m-cerisier.com/index.html

メゾン・ド・スリジェ ( 神泉 / フランス料理 )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ



tanch0724 at 00:00│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔