中華

2010年02月20日

台湾肉まん 鹿港(るーがん) 世田谷通りの行列店

P1090081(1)




















BlogPaint


































週末、渋谷方面での用事を終わらせた後、ふと思い出して行ってみたのがこのお店。台湾肉まんの有名店、「振味珍」の初の支店。台湾人にも一切暖簾分けしていなかったそうなのだけれど、小林貞郎さんの修行に対する熱意が認められ、開業を許可されたんだとか。場所は、世田谷通り沿い。東急世田谷線上町駅徒歩2分のところ。

P1090082(1)



















P1090083(1)



















肉まん(140円)を購入。551の豚まんよりもまわり小さいサイズ。皮に特徴があり、ふわふわ&もっちりとしていながらもコシがあり、後をひくお味。餡は、肉汁たっぷりでジューシー。台湾のものよりも味付けを少し薄くしているそうで、上品なお味。個人的には、現地と同じくらい濃くてもよいかしらと思います。

開店当初の物凄い行列は、落ち着きをみせ、常に4〜5人くらいが店先にいる状態。最近では、アマゾンでも購入できるそうなので、遠方の方にはそちらがおすすめ。

::: 台湾肉まん 鹿港(るーがん) :::
http://www.lu-gang.com/index.html

台湾肉まん 鹿港 ( 世田谷 / 飲茶・点心 )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ



tanch0724 at 22:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年07月15日

陣家私菜 新宿店 激辛!麻辣刀削麺

採点:★★★★

陣家私菜5



















以前、新宿西口商店街にあった刀削麺荘が閉店してしまい、刀削麺が食べたい時に困るなあ…と思って早数年。文化女子大からマインズタワーの方へ抜ける路地沿いに、7月7日に新しく出来たこのお店。ランチに刀削麺がいただけるとの情報を聞きつけ、さっそく行って参りました。なんでも、五反田の本店では「東京Vシュラン」では、麻辣刀削麺、頂天石焼麻婆豆腐、鉄鍋ゴマ棒餃子の3品が紹介されたとのこと。

陣家私菜4



















ランチメニューはこんな感じ。850円でメインのおかず1品とご飯・スープ・小さいおかずが食べ放題。水餃子は3個まで無料サービス。

陣家私菜




















陣家私菜2



















何はともあれ、麻辣刀削麺(750円)を注文。ほどよい山椒の香りと唐辛子の辛さ。五指山の麻婆豆腐のような、しびれるような辛さは感じないものの、なかなか本格的な辛さです。麺は、もっちり、かつ、ヒダのぷるぷるとした食感。厨房で小麦粉の塊をもった料理人がその場で削っていました。個人的には、パクチーがたくさん入っているともっと好きかな。

P1070547(1)



















水餃子も刀削麺と同じく、もちもちとした食感の皮。中の具はジューシーなスープがジュワーとこぼれ、とはいうものの、ほどよくさっぱりとしたお味。こちらもなかなか好きなお味。

陣家私菜3



















こちらは、食べ放題のおかず。この日は、春雨炒めでした。机の上にツボが常備されており、勝手に好きなだけ小皿にとって食べます。

陣家私菜




















陣家私菜



















同行者は、頂天石焼麻婆豆腐(850円)を注文。豆腐を切らずにそのまま石鍋に入れ、麻辣刀削麺より少し甘みのあるスープがかけてあります。ぐつぐつと煮立った赤いスープが食欲をそそり、ついついご飯がすすんでしまいそう。私的には、麻辣刀削麺の方が好きかな。

手頃な値段で宴会などのコースも豊富。今なら、2.5H飲み放題付で9品コース4600円が3800円とのこと。暑気払いの宴会にいいかも♪

陣家私菜 新宿店 ( 南新宿 / 四川料理 )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ




tanch0724 at 03:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年06月25日

五指山 舌がしびれるほどの辛さがたまらない!

採点:★★★★

世田谷線



















先日、東急世田谷線に初めて乗りました。世田谷線は、京王下高井戸駅と東急三軒茶屋駅を結ぶ、地元密着のローカルな路線。東急電鉄の中でもある種の異彩を放つ電車です。電車というよりも、バスを利用する感覚に近いかしら?

世田谷線3



















車内は、こんな感じ。席数も少なくて、のんびりムード満点です。

P1060849(1)



















車窓からは、民家がスレスレに見えてそこにどんな生活があるのか考えると面白いです。雰囲気的には、江ノ電とか京都の嵐電に似てるかな。

BlogPaint



















この日の目的は、こちらのお店へ伺うこと。松陰神社前駅から世田谷通り方面へ商店街を100mほどのところ。失礼ながら、外見冴えない感じのよくある中華屋さんというった風情なのですが、四川料理の有名なお店で某雑誌中華特集などにもちょくちょく顔を出しているとのこと。この日、12時を少し過ぎた時間に到着すると早くも店内は満席。私の前に2名の女性が並んでいて、どこかでみたことがあるなあと思っていると、こちらの方でした。

五指山2



















念願の土鍋麻婆飯(850円)を注文。ボリュームがあるとのことだったので「おひとりさま」だった私は、こちら一品のみでガマン。水餃子や坦々麺など、そそられるメニューがたくさんありました。今度は、みんなで行かなくては。

五指山3




















五指山4



















見た目でもわかるように花椒がたくさんかけられており、かなりの辛さ。かといって、「辛さ」だけが突出しているわけではないのがポイント。花椒の風味がよく、舌がしびれるような感覚がたまりません。辛さとお味が濃い目なせいもあり、ご飯がすすんでしょうがありません。とはいっても、普通の土鍋ご飯の1.5〜2倍くらいのボリュームがあり、最後の方は少し飽きてしました。やはり、シェアーして他のメニューといっしょに食べるのがオススメかしら(笑)。ガッツリ、辛いもの食べたい時に是非♪

五指山 ( 松陰神社前 / 中華料理一般 )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ



tanch0724 at 13:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年03月15日

陳麻婆火鍋店 新宿野村ビル店 花山椒の香りを楽しみたくて♪

採点:★★★

陳麻婆火鍋店1



















パンチのある辛いものが食べたくて、麻婆豆腐 新宿で検索。出てきて評判がよさそうだったのが、陳麻婆豆腐とこちらの陳麻婆豆腐の火鍋専門店。お昼には、中国茶付きの麻婆豆腐ランチがいただけるとのことだったので行ってみました。なんでも、「四川省より厨師を招聘し、現地から調達する厳選された調味料・香辛料で本場の味をそのまま堪能することができる。」とのこと。

陳麻婆火鍋店2



















初志貫徹で陳麻婆豆腐(1000円)を注文。お茶は、ジャスミンティを選択。耐熱のグラスに茶葉とお湯が入った状態で登場。ふんわりと葉が膨らんでいく様子を眺めつつ、いかにも辛そうな麻婆豆腐を一口。

陳麻婆火鍋店3



















舌に直接的に感じる辛さ。頭の毛穴が一気に開きます。花山椒がテーブルに置かれていたのでひと振り。唐辛子の辛さに清涼感を含んだような山椒の香りで辛さに変化が加わります。ピリっとさらに辛くはなりますが、かけた方がおいしいです。

ただ、やはりランチなので大量につくってしまっているせいなのか、本体の麻婆豆腐からは花山椒の香りはあまり感じられず、辛さにパンチがあるものの、少しもの足りないかしら。

陳麻婆火鍋店4



















ザーサイとスープが付きます。スープは熱いうちに飲むと麻婆豆腐で火照った舌が大火事になるので注意(笑)。あっさりとしたお味で、胃が落ち付きます。次回は是非、本家本元・新宿アイランドタワーB1階にある陳麻婆豆腐へ行って食べくらべてみたい!

陳麻婆火鍋店 ( 西新宿 / 中華料理一般 )
★★★☆☆3.0
powered by livedoor グルメ



tanch0724 at 09:10|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年03月04日

六鳳居 お手軽!よっぱらい蟹は3月いっぱいまで

採点:★★★

六鳳居1



















2月中旬、毎年恒例のイベントが横浜にて行われ、毎度ながら中華街へ。前回のリサーチで上海蟹がリーズナブルに食べられるお店を発見。行ってみることにしました。場所は、中山路沿い。中華街大通りと関帝廟の間。以前、順海閣あった場所のとなりです。

六鳳居2




















六鳳居3



















上海蟹の旬は、10月から12月ごろ。2月になると食べられるお店がぐっと少なくなります。ラッキーにも、最後の2匹をいただくことが出来ました。酔っ払い蟹は、3月いっぱい楽しめるとのこと。週刊文春に紹介されたようで、雑誌の表紙が張ってありました。

六鳳居10



















たまに、飲みたくなる紹興酒。黒糖のような深い香りがします。古酒のようで、少しカビっぽいような特有の香りがしました。

六鳳居13




















六鳳居14



















牛肉炒め。赤身を使用。オイスターソースの風味。ちょっと固いかしら。脂がある方が好き。

六鳳居12



















上海蟹子入りシュウマイ。みっちりと肉が詰まったシュウマイの上に、もそもそとした食感の卵。もう少し濃厚な蟹のお味がするようなものを想像したのだけれど、予想に反してあっさり味。

六鳳居9



















メインの上海蟹、登場です。

六鳳居7




















六鳳居8



















値段が値段なので少々小ぶりですが、甲羅を開けると、卵がたっぷり。

六鳳居6



















しっかりとした固さの卵巣とトロリとしたおうど色の部分。気持ち、火が通っていないくらいの方が私的には好みかしら。蟹肉を中からほじって、卵といっしょに食べるといい感じ。

六鳳居5




















六鳳居4



















レタスチャーハン。昔ながらの中華料理のチャーハンといった印象。玉子が多め。油はやや多いかな。

他に、ツレがウーロン茶を1杯頼んでひとりあたり4000円くらい。過度な期待は禁物だけど、上海蟹を手軽に食べるにはいいお店。



tanch0724 at 06:45|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2009年02月25日

石頭楼 白金店 乃木坂が本店!紹介制レストラン

採点:★★★★

石頭楼



































石頭楼1



















恵比寿3丁目交差点から天現寺トンネル手前を左に入り、少し行ったところにある一軒家。なんの変哲もない普通のお宅に見えるこちら、知る人ぞ知る「鍋」が有名なお店なのです。このお店、マスコミには住所などを公開していないそうで、紹介制というフレコミ。今回は、某氏に予約してもらって3名での来店です。とはいうものの、最近ではグルメサイトにも登録されているので紹介制でもなにもなくなってきちゃってますが。本店は乃木坂。口コミで人気が広がり、去年白金にもお店を出したんだとか。

石頭楼8



















前菜は、春菊と鶏の唐揚げ。ピリカラのソースで和えてあります。ビールがすすむ一品。

石頭楼3



















前菜とともに、胡麻油が入った鍋がセッティングされていきます。ものすごい胡麻油の香り。

石頭楼2



















具は、こんな感じ。エビ、カニ、肉団子、水餃子、エビ餃子、春雨、椎茸、えのき茸、ほうれん草、豆腐。

石頭楼4




















石頭楼5



















他に、豚バラ肉と霜降りの牛肉。

石頭楼7



















まずは、熱した胡麻油の中に肉を入れて軽く火を通し、皿にあげて

石頭楼10



















その後にスープを加え、他の具材をすべて入れてグツグツと煮込みます。

石頭楼6



















石頭楼9



















タレは、生玉子とポン酢。お好みで豆腐ようとおろしにんにくを加えて食べます。豆腐ようは独特の臭みと塩辛さがたまらなくよくて、思わずたくさん入れてしまいました。生玉子につけるとすき焼きを食べる時みたいに、玉子が半熟とろとろになり、美味。胡麻油がたくさん投入されているので少しクドイかな?という予想でしたが、意外にもサラリとした味わい。玉子につけることで、お味がマイルドになります。

個人的には、牛肉はレアーで食べたい方なので野菜などが煮えてから投入して欲しかったかしら? あえて牛肉じゃなくて、豚で十分おいしくいただけるかな?という印象。いい牛肉なので、しゃぶしゃぶでさっぱりといただきたいかも。

石頭楼11



















具をすべていただいた後、ラーメンかご飯を入れて〆ます。私たちは、ラーメンを選択。胡麻油の香りがする具から旨みがたっぷりと出たスープがなかなかおいしくて、「お腹いっぱい」と言いながらもペロリと食べてしまいました。

石頭楼12



















デザートは、杏仁豆腐。ぷるるんとした食感が素敵。

飲み物2杯ずつでひとりあたり7000円くらい。このお鍋、単純といえば単純なのだけれど、後をひくお味。少し時間が経つとまた食べたくなってしまうから不思議。店内もお店というよりは、ホームパーティをしているような雰囲気でくつろげるところもこのお店の魅力のひとつかな。もう一度行ったみたいな♪♪♪



tanch0724 at 06:39|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年08月31日

雪園 新宿本店 こんなところにあるとは知らなかった!

雪園 新宿本店
採点:★★★★

雪園 外観




















livedoor東京グルメで新宿界隈を検索していると、評判のよいチャイニーズを発見。場所は、新宿3丁目駅C5出口を出てすぐ。長春館という焼肉屋さんの並び。

雪園 スープ



















このスープ、薬膳かな? 龍口酒家で登場した薬膳スープによく似ていました。こちらのは、塩分が少しきつめ。体に染みいる、滋味あふれたお味。

雪園 冷やし中華





















雪園 冷やし中華2



















冷やし中華(880円だったかな?)を注文。具は、茹で鶏・チャーシュー・エビ・錦糸玉子・しいたけの甘煮・きゅうり・わかめ。麺は、太めでつるつる&もっちりとした食感。タレは、胡麻タレとしょうゆ味のタレを混ぜ合わせたようなもの。胡麻だれよりもさっぱりとしたお味で食べやすいかな。

雪園 デザート



















タピオカミルク。中には、つぶ餡が入っています。しっかりとした量があって、食べ応えあり。

ぐるなびに、日曜日・祭日お客様感謝サービスコースが載っていて気になるところ。なんでも、コース料理が半額になるらしい。中には、フカヒレの姿煮が登場するメニューもあって興味深々♪



tanch0724 at 07:13|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2008年07月13日

チャイナハウス龍口酒家 2号店 at 幡ヶ谷

チャイナハウス龍口酒家 2号店
採点:★★★★

チャイナハウス龍口酒家 外観



















幡ヶ谷の名店、チャイナハウス龍口酒家の2号店。中国漢方料理を出す本店の隣に出来た、お粥と麺類を中心にしたお店です。最近では、新宿タカシマヤの地下にイートインコーナーがあります。新宿タカシマヤのお店に行く以前からずっと訪問したいなと思いつつ、早3年。やっと伺って来ました。

チャイナハウス龍口酒家 水餃子




















チャイナハウス龍口酒家 水餃子アップ



















まずは、水餃子(600円)を注文。まるっこくてカワイイ形。自家製の皮で弾力があります。

チャイナハウス龍口酒家 水餃子断面



















噛むとスープがジュワー。脂っこくなくてあっさりとしたお味。個人的には、もう少しお味が濃い目で脂が入っていた方が分厚い皮によく合う気がします。って、それじゃあ、中国漢方料理の意味ないかあ。

チャイナハウス龍口酒家 お粥セット



















前回、新宿タカシマヤで食べたのが麺だったため、今回はお粥にしてみました。

チャイナハウス龍口酒家 スープ



















八宝湯という、スッポンや3種類の人参などを塩分を入れずに8時間煮込んだもの。解毒作用のあるこのスープ。セットには、必ず付いてきます。新宿タカシマヤで食べた時の方が雑味がなくて上品なお味だったかも。

チャイナハウス龍口酒家 お粥アップ



















お粥のベースは、八宝湯かな? 塩分控えめで上品なお味。半分くらいは、米粒の形が残っている感じ。

チャイナハウス龍口酒家 薬味



















ということで、ザーサイや豆腐よう、ピータンでお味を調節します。調子にのって一度に全部入れたら、ちょっとしょっぱくなってしまいました。

チャイナハウス龍口酒家 角煮



















こちらは、しっかりとした味付け。やわらかくてトロトロ。ほどよく濃厚なお味。

この他に小さなマンゴープリンが付いています。私的には、お粥よりもやっぱり麺の方が好きかな。次回は、また冷たい麺をいただきたいな♪



tanch0724 at 01:39|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年05月19日

礼華 (ライカ) 新宿御苑周辺チャイニーズ

礼華
採点:★★★★

礼華 外観



















新宿御苑の周りは、何気に魅力的なお店が集まっています。ヌーベルシノア系っぽい中華のお店がこの辺りに何軒かあって、ここはその中でももっとも有名なお店のひとつです。以前伺った新宿 古月の並びにあります。外観は、CAFE風。ちょっと見ただけでは中華のお店だとはわかりません。

礼華 店内



















お昼の13時ごろ行くと、満席。かなり待たされるかと思いきや、待ったのは5〜10分程度。外にはテラス席もあり、思った以上に席数があるので想像よりも席が空くのが早かったです。

礼華 蟹フカヒレ麺




















礼華 蟹フカヒレ麺 アップ



















蟹肉とフカヒレのスープ麺 または あんかけご飯(1500円)を注文。ちなみに、前日の夜重い食事で胃もたれしていたので麺を選択しました。麺の入ったあっさりとしたスープの上に蟹とフカヒレ、白菜の入ったあんがたっぷりとかかっています。白菜は、フカヒレに合わせて千切りになっており、いい食感です。やはり、「フカヒレ・メニュー」としてはリーズナブルなお値段のためかあまりフカヒレは入っていないような…。その代わり、蟹のいいお味とシャキシャキとした白菜の食感がそれをおぎなっているというような感じ。

礼華 蟹フカヒレ麺 麺アップ



















麺は、オーソドックスな細めの中華麺。しかし、スープが繊細なお味だけに麺のかんすいの匂いすごく際立ってしまっていて苦手でした。ご飯にした方がよかったかも(泣)。平日のランチなら、定食風のセットの方がおすすめかな。新宿 古月のランチと比べると、古月の方が、1500円でおかずが2品、サラダ、スープ、デザートがついていて満足感があるかな。個人的には、ランチに限れば古月に軍配♪ 



tanch0724 at 00:00|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2008年05月01日

古奇園 上海南翔小龍包がおすすすめらしいけど・・・

古奇園
採点:★★★

古奇園 看板



















上海南翔小龍包がおいしいという噂のこのお店。ランチに伺ってみました。場所は、この前行ったうなぎ屋さん、新宿・菊川のそば。ランチメニューを見てみると、上海南翔小龍包の文字はなく・・・。かなりガッカリ。夜だけメニューなんでしょうか。

古奇園 定食



















玉子と海老炒め、茄子味噌炒めのセット(850円だったかな?)を注文。家庭的なお味。お母さんがお昼に作ってくれたようなイメージかな。麺とのセットもあるし、リースナブルな丼もあって、ちょっとお財布の中が寂しいかなという時にうってつけなお店。しかし、上海南翔小龍包気になります♪ 夜に行ってみるしかないかあ!



tanch0724 at 01:22|PermalinkComments(0)TrackBack(1)