田園調布・自由が丘

2010年03月15日

仁松庵 自由が丘にある古民家風和食店

P1080774(1)




















P1080775(1)




















義母が誕生日ということで、4人でこちらのお店へ。奥沢駅から奥沢神社の前を通って北へ400mほどのところ。自由が丘からだと南東へ200mほど。古民家を移築してきたような、ひなびた雰囲気が印象的。木戸を開けると店内は石畳。自由が丘の人ごみからは想像がつかない異空間。ちょっと旅してきた気分です。

P1080776(1)




















松花堂弁当(3150円)を注文。左から、いくらおろし・里芋のきぬかつぎ・かまぼこ・ニシンの煮つけ。

P1080780(1)




















P1080781(1)




















鶏のつくね・生麩・フキ・里芋・焼き栗・ゆばの炊き合わせ。やさしいお味。

P1080782(1)




















お刺身は、まぐろ・かんぱち・青柳。脂がのっていて、なかなかおいしい。

P1080783(1)




















焼き物は、銀だらの西京漬け。香ばしい味噌の香りがいい感じ。添えてある煮豆と昆布の佃煮がいい箸休めになります。

P1080784(1)




















こちらは、揚げ物。穴子・まいたけ・あしたば(だったかな?)・ゆば巻きなど。穴子は、大振りでボリュームがあります。ですが、皮が固くて特有のクセが強く個人的にはNGかしら。衣が固くて分厚いところも少し苦手。

P1080779(1)



















梅とじゃこのご飯と赤だし、香の物が付きます。

P1080785(1)




















デザートは、水ようかんと抹茶わらび餅。素朴な餡の味わいがなかなかおいしく、わらび餅はむっちりとした食感。

お昼は、1000円くらいの定食もあります。「お昼の予約は、仁松膳、松花堂弁当、お昼のコース、会席コースのいずれかに限らせていただいております。」とのこと。しっかりとした板前さんのいる和食のお店というよりも、少し高級な居酒屋という感じ。外観や店内など趣向を凝らしているので、それなりに楽しめます。が、過度な期待は禁物かな。

::: 仁松庵 :::
http://r.gnavi.co.jp/a612800/

仁松庵 ( 自由が丘(東京) / 懐石料理 )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ



tanch0724 at 00:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年09月13日

兵隊屋 田園調布的!街のお蕎麦屋さん

兵隊屋 
採点:★★★


兵隊屋 外観



















田園調布に用事があり、ついでにこちらへ。古い昔ながらの一軒屋。ツレが子供のころよく連れて行かれたお蕎麦屋さんとのことで、昔を懐かしむために行ってきました。(写真が暗くてスミマセン。)

外観から察すると、日本料理のお店といった感じで、「さぞかし高級なんだろうなあ?」と想像してしまいます。メニューをみると、意外にリーズナブル。街のお蕎麦屋さんっぽい感じ。

兵隊屋 穴子天せいろ



















穴子天せいろ(1300円)を注文。

兵隊屋 せいろ



















お蕎麦は、機械打ちしたものかしら。つなぎは少し多めのようです。ごくごく一般的な生のお蕎麦かな。

兵隊屋 穴子天



















天ぷらは、穴子2切れ・しめじ・ピーマン・ししとう・かぼちゃ・さつまいも。かなりボリューム。蕎麦汁とは別にちゃんと天つゆが添えてあり、好感が持てました。油っぽくならずに、お蕎麦はお蕎麦のお味で楽しむことができます。

お蕎麦だけではなくて、丼物も豊富。店内は広々。奥には、座敷があります。机も4人席が多くて、少し年齢層の高い家族連れが多いのも特徴。駐車場も5台ほどあって、近隣の人たちがファミレスがわりに使っているような感じ。とりあえず、ここに来ればお腹いっぱいになるってことで、結構便利かも。



tanch0724 at 13:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年05月20日

レピドール レピドールといえば、トリコロールなんだとか。

レピドール
採点:★★★

レピドール 外観



















田園調布でケーキ屋さんといえば真っ先にあげられるだろうお店。以前の訪問はこちらから。なんでもモンサンクレールのパティシエ、辻口氏が東京に出てきて初めて門をたたいたお店がここなんだとか。そういえば、お味はともかく、モンサンクレールも自由が丘という高級住宅街のお膝元にある点ではレピドールと少し似ているかもしれません。

レピドール トリコロール



















トリコロール(1800円)。これが昔からずっと食べ続けているツレの思い出のスイーツです。ツレいわく、「レピドールといえばトリコロール、トリコロールといえばレピドール。」なんだとか(笑)。見た目とっても地味な印象です。

レピドール トリコロール2



















プレーンの生地、ショコラの生地、ナッツの入った土台と3段階になっているのでトリコロールというのでしょうか。弾力のあるスポンジにバタークリーム。とってもオーソドックス。レトロなバタークリームを使ったロールケーキのようなお味。結婚式の引き菓子にも使えそう。

お店の入れ替わりや流行り廃れが激しい昨今。子供のころ食べていたものが今でも残っているっていうこと自体なかなかないことだし、うれしいことですよね。そう考えるとお味だけでは考えられないような、ツレを通じて私も貴重な体験をさせてもらったようなそんな気がしました。お味だけ考えると3Pかな(笑)。



tanch0724 at 00:00|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2008年01月27日

D&DEPARTMENT DINING 使い勝手のよいCAFE

D&DEPARTMENT DINING
最寄駅:九品仏 / 尾山台
料理:カフェ / その他軽食
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円〜3,000円
用途:昼食

D&DEPARTMENT DINING 看板




















D&DEPARTMENT DINING 外観



















インテリアショップ「D&DEPARTMENT PROJECT」に併設されてるCAFE。環八通り沿い、九品仏駅から南へ徒歩8分。東京グルメでもなかなか高評価。車でツレの実家に行く前に寄ってみました。ちなみに、併設の駐車場はありませんが、裏側の住宅街の中にいくつかコインパーキングがあります。

D&DEPARTMENT DINING メニュー



















ランチセットは、SPECIAL LUNCH SET(1575円)、PASTA SET(1260円)、QUICHE SET(1050円)、HAYASHI SET(1260)の4つ。パスタは、3種類の中から選ぶことができます。普通のメニューから単品での注文も可能。

D&DEPARTMENT DINING ミモザサラダ




















D&DEPARTMENT DINING ミモザサラダアップ



















PASTA SETを注文。写真は、セットのコーンスープとサラダです。サラダには、おろしたチーズと細かく切ったベーコンを炒めたもの(だったかな?)がかけてあります。市販のものではないちゃんと作ったドレッシングだったところが好感がもてました。

D&DEPARTMENT DINING ジェノベーゼ




















D&DEPARTMENT DINING ジェノベーゼアップ



















ジャガイモといんげんがたっぷり入ったジェノベーゼ。通常のジェノベーゼソースのようにこってりと松の実が入っていないため、バジル風味のクリームソースといった具合。その分、松の実がたっぷり上からかけられています。なかなか好きなお味。

D&DEPARTMENT DINING ハヤシライス



















ちなみに、ツレはHAYASHI SETでした。デミグラスソースではなくて、ケチャップとソースがベースになっていてアットホームなお味。私的には、パスタの方がおいしかった。

D&DEPARTMENT DINING 店内




















D&DEPARTMENT DINING 紅茶



















店内は、1960年代テイストで統一。ソファは、カリモク60のスペックを使用。食器やカトラリーは、ノリタケ60かな? ステンレスのポットが魅力的。ドローイングアンドマニュアルというD&DEPARTMENTを主催している会社は、60VISIONということで、モデルチェンジとは無縁のものとの生活を提案。なんでも1960年代は「世界に通用するスタンダードを」と必至にものづくりに励んでいた時代(WEBサイト参照)とのこと。つまり、普遍的で時代を乗り越えて生き残ったデザインは時代が変わってもカッコよくありつづけるということかな。大量消費、大量廃棄しないというライフスタイルってことで、これから求められるエコロジーな生活には大切なことかも。

あ、話がそれましたが。夜は12時までやってるし、電車でも車でも便利な場所。腹が空いている時でも、お茶したい時でも、デートでも、ひとりで時間を潰したい時でも利用可能。なかなか居心地もよくて・・・と、CAFEとしてはきっちりツボを押さえてます。温かくなったら、等々力渓谷にお散歩した帰りに立ち寄るのもいいかも!



tanch0724 at 14:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年01月15日

パティスリー パリセヴェイユ お年賀いただきました!

パティスリー パリセヴェイユ
最寄駅:自由が丘 / 奥沢 / 九品仏
料理:ケーキ / カフェ / パン / チョコレート / タルト・パイ
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:おやつ

パティスリー パリセヴェイユ 焼き菓子1




















パティスリー パリセヴェイユ 焼き菓子2



















まったりとお家で過ごすお正月に欠かせないのがお菓子。今年はどこにも行かず大人しく過ごそうということを知ってか知らずかいろんなところからお菓子が集まってきました(笑)。みなさん、気を使って下さってありがとうございます! 弟夫婦からは、パティスリー パリセヴェイユの焼き菓子をいただきました。そういえば、最近行ってなかったなあ。以前の訪問はこちらから。

パティスリー パリセヴェイユ 焼き菓子3



















パウンドケーキというよりは、ガトーショコラに近いかな。ふわふわというよりもしっかりとした固さ。まわりには、ココアパウダーがまぶしてあります。中には、干したイチヂクとオレンジピール。ショコラのほろ苦さとイチヂクのプチプチとした食感。適度にしっとりとしていて柑橘系のさわやかな香りがとても華やか。コーヒーともよく合うお味。これからの季節、バレンタインの贈り物としてもオススメ! 是非〜。


tanch0724 at 00:00|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2008年01月07日

レピドール 地元の人に愛されるパティスリー

レピドール
最寄駅:田園調布
料理:ケーキ / 喫茶店
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:おやつ

レピドール パート ドゥ フリュイ パッケージ



















これまであまり食べることのなかったパート・ドゥ・フリュイ。パート・ドゥ・フリュイとは、フルーツピュレとジュースを濃縮し、冷やし固めた砂糖菓子。子供のころに食べたオブラートに包んであるゼリー菓子を彷彿し、「まあ、似たようなものでしょう〜♪」という勝手な想像をしていた私。

レピドール パート ドゥ フリュイ




















レピドール パート ドゥ フリュイ アップ



















「食事制限がなくなったら食べてね!」と最中に引き続き、義母さんからまたまた差し入れ。レピドールのパート・ドゥ・フリュイです。種類は、葡萄・オレンジ・苺の3種。石畳のように敷き詰めてあり、とってもキレイ。果汁を煮詰めて水分をとばしてあるので、香りが濃厚。ジュースとはまた違ったジューシーさでなかなか美味。他のところのパート・ドゥ・フリュイも食べてお味を比べてみたい!



tanch0724 at 00:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2007年12月23日

和菓子処四代目 松川 売り切れ必至!数量限定 豆大福

和菓子処四代目松川
最寄駅:雪が谷大塚
料理:和菓子
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:おやつ

※リハビリをかねて、一日おきくらいのペースでストック分とお見舞いでいただいた品々の情報を更新していきたいと思います!

和菓子処四代目松川 豆大福




















和菓子処四代目松川 豆大福2



















かねてから義母が「近所に行列ができる豆大福が有名な和菓子屋さんがあるのよ〜。」と聞かされ、食べてみたいと思っていたらお見舞いに持ってきてくれました。場所は、中原街道沿い・田園調布警察の並び。調べてみたら、なんでも「とんねるずのみなさんのおかげでした」で爆笑問題が豆大福をおすすめしていたとのこと。この豆大福、番組でかなりの反響があったらしく、開店から1〜2時間ほどで完売してしまうんだとか。「開店と同時にがんばって買ってきた!」と義母談。ありがとうございます♪

一口食べてみると、黒豆の香りがふんわり。普通、豆大福というとお餅の中に入っているお豆はえんどう豆を使用している(と思う)けど、この豆大福は黒豆を使用しているのが特徴。お味に高級感があります。中の小豆も丹波産の大納言を使用しているそうで、ふっくらと大粒の小豆はつややかで甘納豆のように粒がコロコロとしています。一般的なつぶ餡よりも小豆がつぶれていなくて、大納言そのものを生かしている感じ。

和菓子処四代目松川 喜助最中




















和菓子処四代目松川 喜助最中2



















豆大福と並んで有名な「喜助最中」も合わせていただいちゃいました。こちらの最中の形はちょっと変わっていて、細長い俵型。箱にはタテに収納されていて、蜂の巣か繭のよう。餡は豆大福同様に大納言を使用。小豆がコロコロとしています。最中の皮がしっかりと焼き込まれていてとっても香ばしいのが特徴。

黒豆と大納言、かなりいいものを使っているんじゃないかな。手術数日前、翌日から食事制限って時にいただいたので1個ずつしか食べられなかったのが残念。今度はたらふく食べてみたい〜!



tanch0724 at 21:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年11月24日

コメダ珈琲 @下丸子 名古屋で有名な珈琲店が23区内に初出店

コメダ珈琲
最寄駅:鵜の木 / 下丸子
料理:喫茶店
採点:★★★☆☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:昼食

ダンナの実家へ遊びに行ったら、「面白いお店ができたのよ〜!」といきなりおっしゃる。なんだろうと思って連れて行かれたのがこのお店。名古屋を中心に中部地区で展開している大型の喫茶店で、小倉トーストに代表される名古屋喫茶店文化の先駆けとも言える存在とのこと。名古屋の人で知らない人はいないと言われるように日常にすっかり溶け込んでいて、誰でも気軽に利用できる大衆喫茶なんだとか。

コメダ珈琲 外観




















コメダ珈琲 外観2



















場所は東急多摩川線下丸子駅から徒歩1分。多摩堤通り沿い、光明寺池の向かい側あたり。大きい駐車場があるので車での移動の際にも立ち寄りやすいのがポイントです。

コメダ珈琲 コーヒーのアテ



















コーヒーを注文すると必ず出てくるのがコレ。豆菓子のようなもので、要はコーヒーの「あて」というわけです。コーヒー1杯でも満足感が得られるようにとの配慮なのかな? コーヒーのお味は、ネルドリップのようなコクと滑らかさ。日頃、スタバやタリーズのコーヒーに慣れているのである意味新鮮でした。

コメダ珈琲 名物・シロノワール




















コメダ珈琲 名物・シロノワール フォークが人数分



















これが名物「シロノワール(580円)」。なんでも義父と同じ会社に勤める名古屋出身の人に「コメタコーヒーに行ってみようと思うんだけど・・・」と伝えると、是非これを食べてみて下さいと言われたんだとか。熱々のデニッシュの上にソフトクリームが載っていて、ソフトクリームがとろけたものとデニッシュを絡めて食べるとアップルパイ&アイスクリームみたいな感じに・・・と言いたいところですが、デニッシュは昔購買部で売っていたような日持ちのするちょっとチープめな、あまり生地が層になっていないもの。かなりのドデカさでひとりで食べるには持て余してしまうかしら。残念ながら、特においしいっていう代物ではないかも。小さいころから食べていた人には特別な郷愁を感じさせるメニューなんだろうなあ。

ちなみに4人で伺いましたが、メニューをバラバラに頼んだら、メニューごとに4本のフォークと4枚の取り皿が出てきたのにはビックリ。チーズケーキが出てきた時にもしっかり4本のフォークが添えられていました。さすがに、小さいケーキを4人で分ける人はいないと思うんだけど(笑)。一杯のかけそばを連想して、家族で大笑いしてしまいました。

コメダ珈琲 コロッケサンド



















お昼を食べていなかった私はコロッケサンド(710円くらい)を注文。これがまた大きい。小腹が空いているくらいなら、半分分けでちょうどいいかな。コロッケは揚げたてアツアツで素朴なお味。シロノワールよりも、私的にはこちらの方がヒットでした!

名古屋の喫茶店文化、結構刺激的でした!あの「お客様に満足いただきたい」的大々的なサービス精神たるや、大阪商人も真っ青!?家の近くに出来たら、ぶらっと訪問するかも。

※名古屋の喫茶店文化や名古屋気質について面白いサイトを発見
http://toppy.net/myamya/myamya11.html



tanch0724 at 16:25|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2007年11月22日

ごまのお店いい友 ごま専門店の和菓子

ごまのお店いい友
最寄駅:池上
料理:和菓子 / 佃煮販売専門
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:おやつ

いい友1



















義理の母が「おはぎ持ってきたの。」っていうのでお彼岸に食べる牡丹餅を想像していたら大違い。いきなり「まきす」が出てきたものだからツレと一緒に怪訝そうな顔をしていると「これ、金ごまと黒ごまが半分半分だから!」というのでますます2人で迷宮入り。

いい友2




















いい友3



















ともあれ、まきすをほどいてみると・・・。つまり、もち米が棒状になっていて中に餡、外側はすったごまがたっぷり。真ん中はセロハンで分けてあり、片方は金ごま、もう片方は黒ごま。金ごまの方にはつぶ餡で、黒ごまの方がこし餡です。金ごまの方がごまの香りが香ばしく、ふっくらした小豆の食感がいい感じ。

このお店、なんでも池上本門寺新参道にあるとのこと。パッケージにも「池上本門寺みやげ」なんて大々的に書いてあるので参道に古くからあるお店なのかと思いきや、最近出来たお店なんだとか。神戸にもお店があるようです。ごまを使ったふりかけや佃煮、せんべいや羊羹、アイスなど品揃えも豊富。FAXや電話で注文が可能。ちなみに、3,000円から送料無料。ごま好きにはたまらないお店かな。



tanch0724 at 01:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年09月18日

米沢屋 迫力満点に牛を食らう!

米沢屋
最寄駅:自由が丘 / 尾山台 / 等々力
料理:焼肉
採点:★★★★★
一人当たりの支払額(税込み):5,000円〜10,000円
用途:夕食

M嬢と「ら・ぼうふ」に行った時の話で盛り上がり、その後、しばし焼肉談義。そういえば、もう一軒近くに美味しいといわれている焼肉屋さんがあるです・・・ってことでこちらへ。某グルメサイトヤキニクエスト、東京焼肉ものがたりの最新焼肉番付にも登場。以前から気になってたお店です。



続きを読む

tanch0724 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)