2007年07月16日

林屋川魚店 わかさぎの唐揚げ ビールにウマ!

林屋川魚店
最寄駅:下諏訪
料理:地方物産販売
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円〜3,000円
用途:その他











飲み隊長K氏が出張で諏訪へ行くことに。なんだかんだ話していて「お土産にわかさぎの唐揚げ買ってくるね〜!」と言われて、思わず「ええっ、どうやって持って帰って来るんですか!」と叫んでしまった。諏訪湖でわかさぎが釣れるのは知ってたけど、まさかその揚げたてをテイクアウトとは・・・と思ったら。こんなに小さくて可愛らしいわかさぎちゃんたちがカップにいっぱい。こんな風に揚げたわかさぎが売ってるなんてお土産をもらうまで知りませんでした。

これが。凄く軽い食感。油がカラリとしていてサクサク。粉の具合が軽くてとってもおいしい。これ、ホントにビールが進みます! 思わず止まらなくなって、ツレの分を残さず全部食べてしまった(笑)。まあ、貰ったことも言ってないのでこのまま内緒ってことで・・・。





tanch0724 at 16:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年05月26日

土田海産 博多名産・明太子 ご飯が進んでヤバイです(笑)

土田海産
最寄駅:天神 / 天神南 / 渡辺通 / 西鉄福岡天神
料理:地方物産販売
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円〜3,000円
用途:その他















I嬢がしばらく九州へ行ってまして。お土産に明太子を買ってきてくれました。東京でも買える「やまや」や「ふくや」以外でどこがおいしいかデパートの店員さんに聞いてくれたとのこと。調べてみると、2005年9月1日に杉田かおる氏が食わず嫌い王決定戦のお土産として紹介したよう。おすぎとピーコのおすぎさんもお勧めなんだとか。

お味は、中辛ということでマイルドな辛さ。あっさりとしたお味です。粒はさらさらとしていて、ご飯が何杯でも食べられます。中でも大塚の「ぼんご」をマネして明太子をゴージャスに入れておにぎりにしてみました。海苔の香り、塩のミネラル、ふっくらとした米の甘み、そして明太子と「日本人でよかった」と思わずつぶやいてしまいそうになりました(笑)。

他に、シソ味の明太子(メーカーは別)もいただきました。こちらは、辛さはほとんどなし。シソのいい香りがしてこちらもご飯がいつもの倍くらい食べられてしまいます。自分であまり明太子って買ったことがなかったけれど、スーパーに行っても思わず買ってしまいそうです。炭水化物過多に注意しなきゃね(笑)。



tanch0724 at 22:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年01月16日

カサゴとウッカリカサゴを入手!

赤い魚が好きな私。マダイを筆頭に、キンメ・サクラダイ・アマダイ・キンキなどが手に入るとなんだか幸せな気持ちになります。特に目が大きいキンメの愛らしさときたらなんとも言えません(笑)。この日も九州から届けられたクーラーBOXに赤い魚たちがたくさん入っているのを見て大興奮。なにしろ、どれも型が立派なのです。カサゴがいっぱいと思ったら、「ウッカリカサゴも混じっているよ」とのこと。ということで、カサゴ君とウッカリカサゴ君を1匹ずついただいてきました。写真下の茶色い斑点の方がカサゴ、上の赤い方がウッカリなんだそう。

とはいっても、なかなかカサゴとウッカリカサゴは見分けがつかないんだとか。胸鰭の筋が18本だとカサゴ君で19本だとウッカリ君と書いてありましたが、「17〜20本の間で重なることもある。」だって。って、それじゃ全く見分け方にならないじゃないw。専門家でも難しいんだそうですよ。ということで、カサゴ君は煮魚にウッカリ君はブイヤベースに相成りました。どちらも身が厚くておいしかったです!

WEB魚図鑑 ウッカリカサゴ
http://fishing-forum.org/zukan/mashtml/M000174_1.htm

■カサゴvsウッカリカサゴ■
http://fishing-forum.org/zukan/sanhtml/P000143.htm



tanch0724 at 22:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年12月31日

お正月用のイクラ 今年は、不漁だったそうで(泣)

毎年、秋になると喜多丸水産からイクラのしょうゆ漬けを注文するのが恒例行事なのに、なんと今年はなかなかシャケが獲れないのだとか。あああ、今年は食べられないのかあとガッカリしつつ、カキとホタテだけでも注文しようとダメもとで電話したら、「昨日シャケ獲れました。イクラありますよ!」と有難いお言葉。即買い、そのまま冷凍が可能とのことなので、お正月分もGETしちゃいました。ということで、1箱はすぐイクラ丼に。もう1箱は、今朝解凍してお目見え。大事に食べないと肝心なお正月になくなっちゃいそう(笑)。





tanch0724 at 11:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年12月22日

子持ち&白子入り ハタハタをGET!












東北某社から届いたハタハタ。なんとお腹がパンパンで体長15センチはあろうかというビックサイズ〜!頭と白子と卵以外の内臓をとって鍋にしました。普通に水炊きにしましたが、身があっさりとしているのでお醤油(本格的にやるならしょっつるなんだろうなあ。。。)などで味付けした汁で煮た方がおいしいかも。他に、煮付け(水1カップ・醤油半カップ・酒半カップ・砂糖大さじ2)にしました。こっちの方がコクがあっておいしかった!

卵は、不思議な食感。皮がとても固く、中身はいくらを少しあっさりさせたようなお味。白子は、イサキの白子と似ていました。生臭いか心配だったけど、新鮮だったので湯通し不要。プリプリとしていて上品に脂がのった身とゼラチン質っぽい皮がなんともいえずGOOD。東京じゃ、こんな立派なハタハタ手に入りません。ごちそうさまでした。



tanch0724 at 00:39|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2006年12月09日

湾内を脱出して祝・外洋! ヒラメ釣りに挑戦

釣って食べるなら、やっぱり高級魚でしょ〜ということでヒラメ釣りに挑戦してきました。初めは、東京湾内でも「船酔い」にビビっていた私も成長したもんです(笑)。場所は、千葉・銚子市外川港。初めて外房、波の荒いと言われている外洋へ出発です。

朝2時に出発。それがまた、銚子まで遠いのなんの。東関道・大栄町で降りてそこから一般道と有料道路を乗り継いで、なんと60辧E着は、5時ごろ。渋滞していなかったのに、自宅から3時間もかかりました。沼津や静岡へ行く方が早いなんて(笑)。ちょっとした陸の孤島かも。しかも、自宅から行くには23区内を横断しなければならず帰りは渋滞地獄、、、なかなかハードルの高いスポットなのです。ちなみに、距離感はこんな感じ。

ともあれ、出船。餌は通常生きたイワシを使用します(泳がせっていうヤツです)。今回は、アジの方が釣れるとのこと。船長の指示により、最初は生餌用のアジを釣りました。小さいハリにハネのようなものが付いているサビキという仕掛けを使います。ポトンと仕掛けを落とすと、ググっと引き込まれあげると釣れてるみたいな単純な釣り。1回で2〜3匹くらい付いてきます。とりあえず、今日の運だめし?としては上々かしら。

さて、風が強いと言っていて割には無風状態。あれ?楽勝じゃんと思っていたら、やっぱり波が高い。2mくらい。地平線が波に隠れて見えなくなります(笑)。波にも波長が長いものと短いものがあり、ここの波は波長が長い方とのこと。そうそう、私短い波長はまだ大丈夫なんですけど、長い波長は苦手。。。

ヒラメを釣るには、アタリがあってすぐに合わせてはダメで「ググッ」と引き込まれるような感覚が強くなるまで待たなければならないんだそうで、反射的に反応があったら合わせるクセが付いているからこれが結構難しい。半分パニックになりつつ「コレ、どうすればいい?もう合わせていいのかなっ。」とか叫びながら竿が最大級までしなって海に飲み込まれそうになって「竿を立てろ!」って言われるんだけど、あまりにヒラメの力が強いから私の腕の方が負けてしまう。

まるで、格闘技をやっているよう。波が高いから足も踏ん張らないといけないわ、リールは力いっぱい巻いてもなかなか巻けないわ、竿は立てられないし、とりあえず、テコの原理でお腹に竿の持ち手の部分を垂直にたててヒラメと対戦しました(笑)。ヘトヘトになりながら、無事50僂らいのヒラメに勝利。半端ない力のヒラメくん。捌くと引き締まった身が分厚く、いい弾力。さすが、あれだけのパワーが出るわけです。全身筋肉といった面持ち。















ちなみに、裏が白いと天然物の証拠。初めて釣ったヒラメくんは、刺身に昆布巻き、しゃぶしゃぶ、骨は塩焼きにして(縁側のキレイに捌けなかった部分はブリのようなお味だった)余すところなくいただきました。生命力をいただきっていう感じで、なんだか力が沸いてきそう(笑)!

■外川港 釣船 考進丸■
〒288-0015
千葉県銚子市犬若11310-15
http://www.h7.dion.ne.jp/~kousin/index.html
TEL:0479-23-1020
釣り終わった後、カレーうどんを出してくれます。体が冷え切っているので妙においしかった!

tanch0724 at 23:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年11月12日

初体験!焼きウニ



青森に行ったおみあげでもらった焼きウニ。はまぐりの貝殻にこんもりとウニが盛られていて、なんだか可愛らしい。これだけウニが入っていて800円とは格安。



お味は、カニの卵巣のようなお味。保存が利くように焼いて水分を飛ばしてあるので、少しポソポソとした食感。もう少しネットリと濃厚なのかな?と思いきや、意外にあっさりとしたお味。以前から食べてみたくてしょうがなかったのだけれど、やっぱり生にはかなわないかなあ。

tanch0724 at 23:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年10月18日

カツオ&サンマ パーティー!



ちょっと前になってしまいましたが、カツオを釣りに行ったそうで丸ごと1本いただきました。戻りガツオなのか?って聞いてみたところによると、戻りガツオではないんだとか。平塚沖で釣ってきた模様。

あまり脂はのっていなかったけど、おいしい赤身といった感じで、それはそれでいいお味だった。刺身はもちろんのこと、塩コショウをして表面を強火のフライパンで焼きたたきにしたり、竜田揚げにしたり。どれも、おいしかった。



サンマは、北海道からのお届け物。昨日獲れたばかりで、ピカピカ。もちろん、刺身で食べられます〜!脂がのっていて、濃厚なお味。



東北・三陸沖産のものは、いつもの喜多丸水産から購入。北海道の方が脂がのっているように思うけど、こちらの脂ののり方は適度で上品な気がしました。刺身なら、こっちの方がおいしいかも。



もちろん、焼き魚にもしました。いかにも、秋の味覚。 栗もいいけど、サンマも忘れるワケにはいかないのでした〜!



tanch0724 at 00:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年08月17日

チビキ 釣り人しか食べられない魚

伊豆半島の南端へ五目釣りに行った方からいただきました。なかなか魚屋さんで見かけない代物。


ロウソクチビキという魚です。細長くて胴周りが太いところが昔風の赤いロウソクにそっくりだからでしょうか?



チビキなんて名前、なんとなくグロイ感じ→血曳(笑)がするのだけれど、なかなかおいしい魚とのこと。ということで、いただいてきちゃいました〜!




身は、赤っぽい色み。腹の部分は、思いの他、脂がのっていてキハダマグロみたいなお味。量がもう少しあれば、まぐろ丼のようにして食べるのもおいしそう。

tanch0724 at 04:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年07月30日

三崎土産 魚音のまぐろ

cb03c13e.jpg地方にいってしまったヤツの同級生が東京に戻ってくるというのに、なぜか三崎に行こうということになったらしいのです。どういうノリでそうなってしまったのか、サッパリわかりません(笑)。

ということで、前述の「とろまん」とメバチまぐろの中トロの柵がお土産で手に入りました。なんだ〜。メバチまぐろか〜。って思ったのだけれど、これが結構おいしかったのです。スーパーで売ってる下手な本マグロの中トロよりずっとよかった。

235g1997円のところ、午後になってしまったからという理由で1200円にディスカウント。これを2人で食べたので、1人前600円。量もたっぷりだし、外で食べたら1000円以上は確実。ラッキーです〜♪

http://www.uooto.com/

tanch0724 at 23:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)