大森・蒲田

2008年01月30日

歓迎 本店 やっぱり羽根つきに限る!

歓迎
最寄駅:蒲田
料理:餃子 / 中華料理一般
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:昼食

光屋 外観




















光屋 店内



















同僚が好きだという焼酎、「朝日」を求めて、蒲田にある地酒とワインの蔵 光屋まで。朝日は、朝日酒造株式会社という蔵が作っている黒糖焼酎。奄美群島の東端、喜界島で造られているもの。自宅周辺ではなかなか売っているところがなく、しかも、売っていたと思ったら定価よりかなり割高な価格。正規のお値段で売っているところをネットで探していて発見したのがこの光屋というお店。

光屋 スタンディング・バー



















ちなみに、夕方からはスタンディング・バーもやってます。

歓迎 本店 外観




















歓迎 本店 メニュー



















ということで、蒲田でどこで昼ごはんを食べようかということになり、10年来食べてみたかったこちらのお店へ。dan○yuの餃子特集でもたびたび登場。羽根のついたきれいな焼き目がなんともおいしそうで涎を垂らしながら見ていました。場所は、マルエツの裏側、大田区生活センターの1F。

歓迎 本店 らーめん



















::: らーめん(400円) :::
さっぱりとした醤油味。少し淡いような印象。餃子といっしょに食べると調度いいような味の濃さを加減してあるのかも? 麺は柔らかめ。もう少し固めの方が好き。

歓迎 本店 カニチャーハン



















::: カニチャーハン :::
パラパラとしたご飯。カニは案外たくさん入っていました。こちらもさっぱり味。

歓迎 本店 焼き餃子




















歓迎 本店 焼き餃子アップ




















歓迎 本店 焼き餃子断面



















::: 焼き餃子 :::
通常価格350円のところ、土曜日は100円引きでナント250円! 安すぎです。写真で見ていた通り、パリパリとしたキツネ色の羽根が付いています。手作りの皮は、もっちりとした食感。噛むとスープがじゅわ〜。このスープがおいしい。なんでも漢方入りなんだとか。特有の香りは特にしませんでした。ニラがたっぷり。ニンニクは使っていないそう。肉と野菜、餡と皮のバランスが絶妙。今まで食べた焼き餃子で一番好きかも。

歓迎 本店 水餃子




















歓迎 本店 水餃子アップ



















::: 水餃子(10個480円) :::
皮はもちもちとしつつ、なめらかな食感。餡は、焼き餃子のものと変わらないみたい。私的には、焼き餃子の餡にはニラがたくさん入っている方が好きだけど、水餃子の餡は肉が多めでニラがあまり入っていない方が好き。水餃子か、焼き餃子か、どちらがおいしいか?と聞かれたら、焼き餃子の方に軍配!

土曜日、12時少し前に入店。店内は、昭和のドライブインか食堂のよう。お客さんの入りは半分くらいだったのに、15分もするとあっという間に満席。かなりの人気です。餃子だけではなく、エビチリやトマトの玉子炒めなども人気があるそう。次回は、ご飯に焼き餃子、トマトの玉子炒めで行きたいと思います♪



tanch0724 at 01:19|PermalinkComments(6)TrackBack(1)