デリカテッセン

2009年07月10日

パークハイアット東京 デリカテッセン お値打ち!ワインテースティング

採点:★★★★★

デリカテッセンでワインのテイスティングをやっているという情報を聞きつけ、行ってみました。内容は、特製アペタイザープレートと8種類のワインで2500円。平日のみの夕方6時〜8時まで。最終入店時間は、7時までです。

パークハイアット東京デリカテッセン



















1杯目は、ドリームバスタイム。白のスパークリングワイン。産地がオーストラリア、品種はシャルドネとのこと。酸味がさわやかで葡萄らしい香り。テイスティングだというので、ほんの1口2口かと思いきや、ほぼ1杯分の量が出てきてびっくり。

パークハイアット東京デリカテッセン3




















パークハイアット東京デリカテッセン4



















アペタイザープレートは、こんな感じ。まずは、生ハム、ローマ産サラミ、パテ。どれも特有の香りがして、おいしい。

パークハイアット東京デリカテッセン5



















黒っぽいのは、黒ビールのチーズ。熟成いい感じのコンテに、ピリカラのブルーチーズと干しイチヂク。奥にあるのは、スパニッシュオムレツにイカとエビのマリネ。

パークハイアット東京デリカテッセン6



















実の熟し方の違う3種類のオリーブ。私的には、緑のあまり熟していないものがジューシーに感じられて好き。

パークハイアット東京デリカテッセン7



















次に登場したのがこちら。スモーキング・ルーン(右)という、カルフォルニア産シャルドネ種のワインとレ・ドメーヌ・ポール・マス(左)という、フランスのラングドック・ルーション産シャルドネ・ヴィオニエ種のワイン。個人的には、スモーキング・ルーンの紅茶のような、少しスモーキーな味わいがお気に入り。ドン・セバスチャーニ&サンズの1ブランドで、現在3代目ドン・セバスチャーニは短期間でワールド・クラスのワイナリーに成長させ、飛ぶ鳥を落とす勢いの天才プロデューサーと呼ばれているようです。レ・ドメーヌ・ポール・マスは酸味控え目で飲みやすく、フルーティー。

パークハイアット東京デリカテッセン8



















右からスモーキング・ルーン、メルロー種のものとレ・ドメーヌ・ポール・マス、カベルネソーヴィニヨンとメルロー種のもの。スモーキング・ルーンは、適度な重さがあり、バランスがよくて好みの味。レ・ドメーヌ・ポール・マスは、花粉のような香りが個性的。スモーキング・ルーンよりは、軽めなのかしら?

ここまで飲むと、ワインに対してあまり耐性のない私は酔っ払ってきてしまい、ふらふらです(笑)。まさか2500円で、こんなに1種類に対して量が思いませんでした。次のワインの写真は、撮り忘れです。同じく赤ワイン。右からスモーキング・ルーン、カベルネソーヴィニヨン種のものと、レ・ドメーヌ・ポール・マス、カベルネソーヴィニヨンとシラー種のもの。酔っ払いながら書いていたメモによると、スモーキング・ルーンは、まろやかで花粉の香り。レ・ドメーヌ・ポール・マスの方は、よりまろやか…とのこと(苦笑)。

パークハイアット東京デリカテッセン10


































最後に、一番初めに登場したドリームバスタイムの赤です。同じくスパークリングでシラーズ種のもの。程よく甘く、バニラのような花の香り。これをすべて飲み干すとたぶん家にたどりつけないという思いにかられ、ほんの少し口をつけた程度で残しました(汗)。

お値段がお値段なので、高級ワインが登場するワケではありませんが、お値段以上に優秀なお味のものを上手くセレクトしてあるように感じます。ワインにあまり詳しくない私にとっては、自分のお気に入りを探すいい機会になりそう。7/21から8/31までは、同じく2500円にて特性アペと日本の地ビールの先駆者である「サンクトガーレン」のビールを好きなだけいただけるとのこと。こここれは、また…行かなくっちゃね♪

パークハイアット東京デリカテッセン ( 初台 / デリカテッセン )
★★★★★5.0
powered by livedoor グルメ



tanch0724 at 02:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年12月15日

ル・ジャルダン・ゴロワ 荻窪店 新宿・小田急百貨店催事にて

採点:★★★★

少し早めに仕事が終わったので、ふらりと小田急百貨店の地下へ。行ってみたかったル・ジャルダン・ゴロワが催事に来ているのを発見。予定外のメニューなのに思わず、買っちゃいました(笑)。ル・ジャルダン・ゴロワは、フレンチのお惣菜屋さんで、荻窪や東中野にお店の他に、最近では、プランタン銀座、新丸ビル、池袋東武にも出店しているみたい。

ル・ジャルダン・ゴロワ1



















生ハムと半熟卵のジュレ。やさしいコンソメのお味。日本の出汁にも共通するような、体にじんわりと染みる感じ。キレイに器に移すのが難しくて、裏返しになっちゃいました(汗)。ホントは、こんな感じになります。キラキラとしたコンソメと細かく切ってあるニンジンとほうれん草の彩がよくて、ホームパーティーなどにも使えそう。

ル・ジャルダン・ゴロワ2



















きのこのグラタン。エリンギやしめじなど、きのこの香りがぐぐっと凝縮。こちらもやさしい風味。牛乳のまろやかなお味が素朴で、いい感じ。

ル・ジャルダン・ゴロワ3



















ニンジンと胡桃のサラダ。胡麻和えのような、白和えのような、こちらも素朴な味わい。酸味がやわらかくて食べやすいけど、胡桃の香りはあまりせず、お味が寝てしまってるかなあ。個人的には、オーソドックスにキャロットラペの方が好き。

ル・ジャルダン・ゴロワ4



















ほうれん草のキッシュ。自宅のオーブンで10〜15分ほど温めなおしました。パイ部分のサクサク感、玉子とほうれん草のバランスがよく、変に脂っぽくもなくてなかなかGOOD。ワイン欲しくなっちゃいます。

ル・ジャルダン・ゴロワ5



















木苺のショートケーキ。朴とつな風貌(笑)。こちらもまたまた、素朴な味わい。しっかりとコシのあるスポンジにたっぷりとシロップが含ませてあり、クリームと木苺の酸味との相性が抜群。たまにこういうの食べると気持ちがほっとしちゃうかも。

全体的に洗練されたお味ではないけれど、温かみがあってなかなかいい感じ。今年は平日がクリスマス。いろいろ忙しい合間にパパッと用意するには使えるかも♪



tanch0724 at 06:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年05月29日

デリカテッセン 新宿パークハイアット1F カップケーキを買ってみた!

パークハイアット東京デリカテッセン
採点:★★★★

デリカテッセン カップケーキ





















デリカテッセン カップケーキ ピスタチオ



















先日、デリカテッセンで発見したカップケーキ(420円くらい)。仕事にキリが付いたので、みんなの分も買いに行ってきました。購入したのは、苺・オレンジ・2種類のベリー・ピスタチオの4種類。その他に、ショコラのカップケーキが2種。ショーケースで見てたよりも実際見るとかなり小さめ。

ピスタチオを食べてみました。杏仁豆腐みたいな香り。クリームの部分がピエール・エルメで食べたピスタチオのガトーみたい。クリームとカップケーキの間には、ベリーのジャムが。カップケーキの生地はさっくりとしていてちょっと目の詰まったマドレーヌみたい。

他に、オレンジとベリーも少しずつ食べてみました。私的には、シンプルな生地には、オレンジのさわやかな香りのするクリームが一番合うような気がしたかな。手土産に持って行くと楽しそうな雰囲気でいいけど、まさか400円以上するとは思ってくれないだろうなあ…。その発想、ちょっとセコいのかしら(泣)。カップケーキのみなら3P(*´Д`*)ノ☆



tanch0724 at 00:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)