パスタ

2009年06月01日

armonia 今春からランチ始まりました!

採点:★★★★

armonia1



















初台・不動商店街の中にあるイタリアン。ディナーのみの営業。外観からは中の様子がよくわからず、なんとなく敬遠していたお店。3月末からランチが始まるとのことだったので行ってみました。

armonia2



















ちなみに、夜のメニューはこんな感じ。

armonia3



















店内は、想像していたよりも広く開放的。ワインバーのようなカウンターと奥には半個室になっているゾーンがあります。シックな雰囲気です。

armonia4




















armonia5



















平日ランチメニューはパスタセット(サラダ・パン・パスタ・食後の飲み物・プティフールで1200円)のみ。パスタは5種類くらいの中から選択。日によって種類と数は変わる模様です。サラダには、ブリオッシュのようなデニッシュのようなパンが付きます。

armonia6




















armonia7



















このパン。少し変わっていて、半分にちぎると中が空洞になっています。サラダを挟んでお召し上がり下さいとのこと。さっくりとした食感で玉子の風味がします。サラダは、酸味の柔らかなオレンジの風味のドレッシングとポテトサラダにハム。爽やかなオレンジの香りと自家製だと思われるマヨネーズがおいしく、パンとよく合います。

armonia8




















armonia9



















空豆と牛頬肉の煮込みのパスタ。赤ワインの風味と肉の旨みが溶け合っておいしい。ですが、パスタ自体にはもっちり感と滑らかさがもう少し欲しいところ。ブロードの具合がよければ、もっとおいしくなるのに…といった感じがして、個人的にはもったいなく感じてしまいました。手打ちパスタがウリとのことなので、手打ちパスタにすればよかったかしら?

armonia10




















armonia11



















食後の飲み物とちょっとしたプレゼントのようにラッピングされたプティフールが付きます。会社に持ち帰り、3時のおやつとしていただきました。サービスの方も感じがよくて、この内容で1200円は大満足。常連の方と思われし方々が何人か来られていて、観察してみました。みなさん、ワインがお好きのよう。確かに。パスタというよりもあの頬肉の煮込みはワインが飲みたくなるお味かも。夜は、イタリアンとして食事をするよりもワインバーとして利用するのが正解かしら?

armonia ( 初台 / イタリア料理 )
★★★★4.0
powered by livedoor グルメ



tanch0724 at 07:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年06月16日

ディリット 幡ヶ谷のイメージをド返し!洗練された一軒

ディリット 
採点:★★★★

以前買った雑誌dancyuのイタリアン特集をツレが思い出したかのようにめくっていて、行きたいと言ったのがこのお店。以前、N嬢と訪問した時の模様はこちらから。そろそろもう一度訪問してみたいなと思っていたので、GOODタイミングです♪週末や土日は、以前より予約がとりにくくなったみたい。10日くらい前に電話するのがベター。

ディリット 外観



















予約の電話をしたら、「18時からでしたら…」とのこと。めずらしく日が高いうちからの訪問です。

ディリット 店内2



















店内は、こんな感じ。カウンター席もあるので、ふらっと訪れてアラカルトを頼むことも可能。確か、カウンターは予約席ではなかった気がします。落ち着いたモダンなインテリアです。

ディリット アボガドのスープ




















ディリット アボカドのスープ2



















クリーミーなアボカドのスープ。特有の青臭さはなく、食べやすいお味。うにが添えられています。うにはちょっとミョウバンの匂いが気になったかも。

ディリット アユのフリット




















ディリット アユのフリット アップ



















アユのフリットと長いもの素揚げ。アユといっても体長10cmほどの稚アユ。骨がとっても柔らかく、身がふっくらとしていておいしい。長いもは生のまま揚げてあり、サクサクとした食感。

ディリット  パスタ ズッキーニと白エビ




















ディリット ズッキーニと白エビ2



















ズッキーニと白エビのパスタ。ペペロンチーニのベースにズッキーニと白エビが入っている感じ。結構、にんにくが効いています。白エビの上品な甘みと繊細なお味が打ち消されてしまっているかも。白エビに火が入り過ぎている感じもするし、ちょっともったいないかな。

ディリット パスタ カルボナーラ




















ディリット パスタ カルボナーラ アップ



















ツレがブルーチーズを食べられないため、ラビオリを白トリュフの入ったカルボナーラに変更。白トリュフの香りはあまりしなかったけれど、とろりとしたカルボナーラのソースがおいしい。濃厚だけど、くどすぎないところが素敵。

ディリット メイン 黒ソイ




















ディリット メイン 黒ソイ アップ



















黒ソイのグリル。ソイは身が分厚くて食べ応えあり。柔らかくてタラの身に似たような繊維質を感じます。ソースは、甘酸っぱい中華っぽいようなアジアンテイストを感じるもの。このお味は、好き好きがありそうな気がします。

ディリット 口なおし



















口直しのシャーベット。グレープフルーツの風味が爽やか。

ディリット メイン お肉




















ディリット メイン お肉 アップ



















特選黒毛和牛の炭火焼。きれいな真紅色。レアーな焼き加減が絶妙でうっとり。前回にも増してお肉が柔らかくおいしかった。

ディリット 宮崎マンゴーパフェ



















プラス1000円で選べる、宮崎マンゴーのパフェ。甘くて濃厚、滑らかな舌触りの宮崎マンゴーがたっぷり。一番底は、マンゴープリンになっています。一番上にのっているのは、ミルクジェラートだったかな。食後にはぴったりのデザート。

ディリット ガトーショコラ



















ツレが選んだのは、ガトーショコラ。ツレがいうには、ちょっと固すぎるとのこと。

ディリット お茶




















ディリット お茶 アップ



















10種類ほどのお茶の中から選ぶことができます。私が選んだのは、確かハイビスカスティーだったかな? 赤い色がキレイです。

ディリット 小菓子



















小菓子は、生チョコとかりんとう。生チョコは、とろりとしていて滑らかな口当たり。かりんとうは、とっても固くて香ばしいです。

アンティパスト2品、パスタ2品、魚1品、肉1品、デザートと食後の飲み物で〆て6900円。宮崎マンゴープリン追加分1000円、ワイン2杯、お水2本で17000円くらい。秋という食材が豊富な時期だったせいもあり、前回のメニューの方が満足度は高かったかな? といっても、全体的にはやっぱり満足感があり、おすすめの一軒。



tanch0724 at 00:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年04月16日

タヴェルナ リピエーノ 間違って行っちゃいました!

タヴェルナ リピエーノ
最寄駅:新宿西口 / 新宿 / 都庁前 / 西新宿 / 西武新宿
料理:イタリア料理
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円〜3,000円
用途:夕食

タヴェルナ リピエーノ 外観




















タヴェルナ リピエーノ 看板




















東京グルメのフリットさんやおいしいと幸せ★さんがおすすめしていた、新宿のIL SACCOMANNO(いるさっこまんの)へ行こうと新宿大ガード方面へ。「おお、すぐ見つかった!」とほっと一安心。メニューを開いている時にふとお店の名前が違うことを発見!!!まあまあ、これも何かの縁。今日は、このお店でいただいてみることに。

タヴェルナ リピエーノ 黒板



















メニューはこんな感じ。手頃な価格でお酒がすすみそうな一品が並んでいます。

タヴェルナ リピエーノ お通し



















お通し。熟成の効いている生ハムの香りがよくておいしかった。

タヴェルナ リピエーノ サラダ




















タヴェルナ リピエーノ サラダ アップ



















小エビ・アボカド・トマトのサラダ(700円)を注文したら、アボカドがなくなってしまってリコッタチーズに差し替えとのこと。シーザーサラダ風のドレッシングがかけられていました。思った以上にボリューム。

タヴェルナ リピエーノ フリット




















タヴェルナ リピエーノ フリット アップ



















キビナゴと八ヶ岳産フキノトウ・甘草のフリット(800円)。衣はふわふわというよりもパリっと軽い感じ。フキノトウのほろ苦い香りがなんともいえません。キビナゴは、ちょっと火が入りすぎかな。甘草は、ステビアというハーブ。ニンニク臭のないニラのようなイメージ。

タヴェルナ リピエーノ パスタ1



















生ハムとブロッコリーのパスタ。お通しで出てきた生ハムとは違い、香りの薄いタイプのもの。パスタ自体にもっちり感とプリプリ感がもう少しあってもいいかな。

タヴェルナ リピエーノ パスタ2




















タヴェルナ リピエーノ パスタ2 アップ



















ホタルイカ・菜の花・フレッシュトマトのスパゲッティ(1300円)。春の素材をふんだんに使ったパスタ。なかなかいい感じだけど、パスタ自体にムッチリ感が欲しいかな。

タヴェルナ リピエーノ 店内



















店内は、こじんまりとしていて落ち着いた感じ。カウンター席は厨房の様子をのぞきながら、一杯やることができます。ワインに詳しくないので、ラインナップ的にどうだったかはちょっとわかりませんが、意外に種類が豊富だったような印象。お酒を飲むこと目的だったら結構使えるお店かも。2人で1杯ずつ飲んで、合計5000円くらいだったかな。ひとり4000円も出せば、結構飲めそうですよ♪



tanch0724 at 00:00|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2008年04月04日

ピッコロ・グランデ 石田純一御用達(笑)!家庭的なイタリアン

ピッコロ・グランデ
最寄駅:麻布十番
料理:イタリア料理
採点:★★★☆☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円〜3,000円
用途:昼食

ピッコロ・グランデ 外観




















ピッコロ・グランデ 看板



















オクシタニアルからの帰り、「Le CHARBON」がお休みだったので急遽麻布十番へ。どこへ行こうか迷った挙句、5年前に一度伺ったこちらへ。そう。かの石田純一氏がデートで使うことで有名だったお店です(笑)。

ピッコロ・グランデ 店内



















店内はアットホームな雰囲気。接客は体育会系でハキハキとした感じ。これは好き嫌い分かれそうです。私的には、もう少しナチュラルな方がいいかな。パスタコース(2600円)を注文。

ピッコロ・グランデ サラダ



















イタリアンハムとパルミジャーノがのせられているサラダ。レタスは包丁でザクザクと切られています。手で一口大にちぎってある方がドレッシングがなじんでおいしいかな。

ピッコロ・グランデ パスタ




















ピッコロ・グランデ パスタアップ



















手打ちストロッツァプレーティ 自家製ソーセージと野菜のソース。ズッキーニ・インゲン・ブロッコリーなどの野菜とソーセージが入ってきます。手で生地をこすり合わせるようにして作った手打ちパスタ。やわらかくもっちりとした食感でおいしい。

ピッコロ・グランデ デザート



















デザート盛り合わせ。内容は、バナナのミルクレープとバニラアイス、パンナコッタ。

うーん。手打ちのパスタはイタリアで食べた「マンマの味」っぽくておいしかったけど、前菜やデザートはごくごく普通な感じ。同じ2600円のコースを食べるなら、ラ・マティエールの方が断然満足感が高いワケで・・・。今も石田純一氏はデートに利用しているんだろうかあ?



tanch0724 at 01:44|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2008年02月21日

アルバーチョ ランチにパスタが食べたい時に行くお店

アルバーチョ
最寄駅:都庁前 / 南新宿
料理:イタリア料理 / パスタ
採点:★★★☆☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:昼食

アルバーチョ 店内



















新宿NSビルの29Fにある、ちょくちょく行っているパスタ屋さん。西新宿界隈にサルバトーレ・クオモが出来てからは、しばらくご無沙汰しちゃってました。店内はこんな感じ。ギンガムチェックのテーブルクロスがトレードマークです。窓からは、パークタワーと都庁がよく見えます。

アルバーチョ サラダ



















パスタランチ(サラダ・スープ付きで900円)に飲み物(100円)を注文。

アルバーチョ 生トマトとしらす



















パスタは、生トマトとシラスを選択。麺は細め。ニンニクがたっぷりでよく効いていて、ハミガキ。オーソドックスなお味。他には、あさり、ボロネーゼ、生ハムとルッコラなどがあります。大盛無料なのでお腹いっぱい食べたい時にぴったり。

アルバーチョ デザート



















飲み物(100円)を注文した女性には小さなココナッツムースが付いてきます。お昼時は結構混んでいて少し待たされました。接客は全体的に荒く、ピーク時はかなりぶっきらぼう。その辺りは全く期待できません。ランチにガッツリとパスタが食べたい時にはおすすめ。

NSビルの時計

























ちなみに、NSビルは中が吹抜けになっており、各階の廊下から階下を見渡せるます。もちろん、ガラ張りですが、ちょっと足がすくむ・・・。壁には大きな仕掛け時計がかけられていて、正確な時を告げています。


tanch0724 at 02:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年07月14日

カーザ・ヴィニタリア 予約の方法

カーザ・ヴィニタリア
最寄駅:麻布十番
料理:イタリア料理
採点:-----
一人当たりの支払額(税込み):5,000円〜10,000円
用途:夕食

■カーザ・ヴィニタリア
http://www.zooom.jp/selection/detail.do?id=552
http://eatout.jp/archives/2005/02/post_113.html

【予約の方法】
 。灰月前から予約受付が始まる。
◆‥敍は、ほぼ3ヶ月前じゃないと予約はムリ。
 土日でも深夜なら1ヶ月くらい前の予約でOK。
ぁ(親22時ごろなら、当日の予約でも可能。

近いうちに、訪問したいと思います!





tanch0724 at 00:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)