ピッツア

2008年10月15日

サヴォイ 三宿通り店 サヴォイ 初体験です♪

採点:★★★★

マレーシア旅行記が遅々として進んでません。ゴメンナサイ(汗)。ひとまず、食べ歩きのネタに戻ります。ときおり、旅行記をおりまぜていきますね♪

サヴォイ 外観



















何を隠そうピッツアの超有名店です。もともとは中目黒にお店があり、今はサヴォイから聖林館という名前に変わっています。ちなみに、サヴォイのオーナーだった柿沼さんは、聖林館にいらっしゃいます。サヴォイは現在、三宿と麻布十番に2店舗あります。

サヴォイ メニュー



















ピッツアのメニューは、マルゲリータとマリナーラのみ。自信があるからゆえんの直球勝負なセレクトとみました。

サヴォイ 店内



















店内は、こんな感じ。いたってシンプル。金曜日の夜だったにもかかわらず、お客さんは2〜3組。どちらかといえば、ランチの方が混み合っているようです。

サヴォイ ビール



















まずは、駆けつけビール一杯。

サヴォイ 前菜



















前菜盛り合わせ(1680円)を注文。

サヴォイ 砂肝のコンフィ



















砂肝のコンフィ。臭みがなく、まろやかなお味。特有のコリコリとした食感というよりも、やわらかくてクセのないレバーのよう。奥は、カポナータ。ナスがやわらかくておいしい。

サヴォイ ブルスゲッタ



















ブルゲッタ。トマトが甘く美味。左奥は、タコのマリネ。ちょっとタコが固すぎるかな。

サヴォイ きのこマリネ



















きのこマリネ。さわやかな酸味にシャキシャキとした食感。

サヴォイ トリッパ




















サヴォイ トリッパ2



















蜂の巣のトマト煮込み(1050円)。いわゆる、トリッパです。トマトの酸味と甘み。蜂の巣もやわらかくていいお味。さっぱりとしていて食べやすい。個人的には、トロトロとやわらかくもう一息濃厚でもいいかも。

サヴォイ 窯に入れるところ




















サヴォイ 窯に入れるところ2



















さてさて、私たちのピッツアの仕込みが始まったようです。生地を広げて、ソースを塗り、具をのせて、窯の中へ。

サヴォイ マリナーラ




















サヴォイ マリナーラ




















サヴォイ マリナーラ2



















マリナーラ(1575円)。ニンニクとオレガノのみというシンプルな一品。生地は、もっちりとしつつも、もっちりが全面に出ている感じではないというか、意外にさっくりでなおかつエアリーでもあるという、今まで食べてきたピッツアとはまた違う食感でした。焼き加減も香ばしくてGOOD。

サヴォイ マルガリータ




















サヴォイ マルガリータ2



















マルゲリータ(1575円)。やっぱり、個人的にはマリナーラよりもマルゲリータが好き。トマトの酸味がほどよく、モッツアレラチーズがまろやか。バランスのよいお味です。

なかなか手堅くおいしくていいお店。ただ、WEBサイトに載っているパスタのメニューは見当たらず、夜食べるにはもう少しバリエーションがあればいいなあというのが感想。お店の方の対応は、不愉快ではないにせよ、おかわりの飲み物を聞くとか、デザートメニューを持ってくるなどの積極的なサービスがあってもいいのでは?



tanch0724 at 14:04|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年08月26日

MAR-DE NAPORI  世田谷本店 世田谷的ファミレスpart2

MAR-DE NAPORI (マルデナポリ) 世田谷本店
採点:★★★

MAR-DE NAPORI  ピッツア箱



















用賀中町通り沿いにあるピッツアテリア。数年前に突然真のナポリピッツァ協会の認定店になり、注目していたお店です。ツレが近くに行く用事があったため、テイクアウトしてきてもらいました。

MAR-DE NAPORI  マルゲリータ




















MAR-DE NAPORI  マルゲリータ アップ



















マルゲリータ(1260円だったかな?)。キレイな焼き目。うーん。トマトソース、かなり少ないです。ちょっと貧弱な印象。食べてみると、確かにもっちりとしているし、香ばしいけど、全体的に印象が薄いというか、弱いというか。もちろん、テイクアウトなのでその辺りは加味したとしても、サルバトーレクオモの方がおいしいかな?

MAR-DE NAPORI  生ハムプロシュート




















MAR-DE NAPORI  生ハムプロシュート アップ



















生ハムルッコラ(1260円くらい)。生ハムの下には、甘くて熟したプチトマトが。本来ならオリーブオイルを振りかけてあるところ、どういうわけだかバターの香りがします。まずいわけじゃないけど、ちょっと違和感。

う〜ん。平凡な印象かなあ。週末ともなるとすごく混み合って、駐車場に車が溢れかえってます。確かに。車で行けるっていうのは、ポイント高いけど…。なんどもリピートしたいとは思わないかしら。



tanch0724 at 23:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年06月08日

ピッツェリア トニーノ 下高井戸発 ナポリの香り♪

ピッツェリア トニーノ 
採点:★★★★

ピッツェリア トニーノ 看板




















ピッツェリア トニーノ 外観



















世田谷線の線路脇、下高井戸駅から100mほどのところにあるピッツェリア。ナポリの島、イスキア出身、トニーノさんがプロデュースするお店です。

ピッツェリア トニーノ 店内



















1Fに大きな石釜があり、2Fはこんな感じ。ナポリによくありそうなピッツェリアの雰囲気です。実際にイタリア人らしき家族づれが来店していました。店員さんの半分はイタリア人の方で、現地っぽい雰囲気を楽しめます。

ピッツェリア トニーノ サラダ



















シンプルなサラダ。千切りにしたニンジン、スライスしたマッシュルーム、ブラックオリーブがたっぷり。シンプルなオリブーオイルベースのドレッシングでいただきます。

ピッツェリア トニーノ トリッパ




















ピッツェリア トニーノ トリッパ アップ



















ツレが大好きなトリッパ。今回もまたまた登場です(笑)。さほどクセがなく、柔らかくてソツなく出来ている感じ。トマトソースも酸味がきつすぎず、食べやすいお味。

ピッツェリア トニーノ ラグーパスタ




















ピッツェリア トニーノ ラグーパスタ アップ



















ナポリ風手打ちめんシャラテッリ 挽き肉のソース。塩味がきつめで現地で食べたお味に近いかな。挽き肉の力強いお味とトマトソース、乳化の具合とともに、ワイルドな幅広パスタによく合っています。結構、好きなお味。

ピッツェリア トニーノ 生ハムルッコラマルゲリータ




















ピッツェリア トニーノ 生ハムルッコラマルゲリータ アップ



















生ハムルッコラにしようか、マルゲリータにしようか迷ったので、両方入っているのにしちゃいました。生ハムルッコラのマルゲリータ。ルッコラも生ハムも、モッツアレラチーズもたっぷり。盛りだくさんすぎて、食べる時にこぼれ落ちそうです。

ピッツェリア トニーノ 生ハムルッコラマルゲリータ 耳



















耳は、いい感じにまだらに焦げ目がついており、もっちりと香ばしい。この香ばしさ、ナポリで食べた時の香りにそっくりです。塩加減もいい塩梅。真ん中はトマトソースを吸ってべちゃっとしていますが、ツレいわく「向こうで食べたのもこんな風だった」と申しておりました(笑)。意外に水分を吸っていてもお味的に悪くないのですが、私的にはもう気持ち吸っていない方が好みかもしれません。

ピッツェリア トニーノ ババ



















ナポリ名物、ババ。登場したのは、ポイップクリームなしのシンプルで上品なタイプのもの。ブリオッシュにラム酒のシロップを吸わせてあり、しっとりさっくりした食感で素朴な味わい。個人的には、ホイップクリームと果物たっぷりしたものの方が好き。けど、ちゃんとしたレストランではこのテのものはあまり出てこないような気がします(笑)。

この他に、グラスワイン×1、コーヒー×2、発砲水×1で11000円くらい。ピッツアは奮発してお高い方を注文してしまったので、うまくやりくりすればもう少し安く済むかもしれません。そんなに期待していませんでしたが、結構気に入りました。永福町のラ・ピッコラ・ターヴォラより私的には好きかな。たぶん、イタリア特有の少し大味でワイルドな感じなので、繊細な味わいを求める方には少し評価が低くなるかも。



tanch0724 at 20:11|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2008年01月28日

ピッツェリア ラ・パーラ 真のナポリピッツァ協会認定第206番目のお店

ラ・パーラ
最寄駅:小田急多摩センター / 京王多摩センター / 多摩センター
料理:ピザ / パスタ
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円〜3,000円
用途:昼食

ラ・パーラ 看板




















ラ・パーラ 外観



















ツレが某アウトレットに行きたいというので、ついでにこちらへ。私としては、こちらに伺うのが目的だったりして!? というのも、日本にある真のナポリピッツァ協会認定のお店を制覇したいという目標があるからなのです。(まあ、遠くは広島や香川などにもお店があるので実際全部はちょっとキビシすぎるか?) 少なくとも東京、神奈川、千葉にあるお店は全部伺ってみたい!

ラ・パーラ メニュー



















メニューはこんな感じ。ランチコースは平日のみ。土・日のランチは、チェーナ・メニューとのこと。

ラ・パーラ ブロッコリーとジャガイモのサラダ



















::: ブロッコリーとジャガイモのサラダ :::
うずたかく盛り上がるブロッコリーとジャガイモにはびっくり。シーチキンとブロッコリーの入ったポテトサラダです。パルミジャーノ、オリーブオイルとマヨネーズソースがかけてありました。見かけよりもさっぱりとしたお味で食べやすい。

ラ・パーラ マルゲリータ




















ラ・パーラ マルゲリータ アップ




















ラ・パーラ マルゲリータ アップ2



















::: マルゲリータ(1580円) :::
焦げ目がしっかりとつけられていて香ばしい。食感はもっちりとしていながらも表面がパリパリとしています。この「パリパリ」という食感は今まで食べたナポリピッツアの中でもかなり個性的に感じました。

ラ・パーラ マルゲリータ 断面



















生地は、他店のものより若干厚め。耳の部分があまりないのも特徴的。トマトソースは、酸味と甘みのバランスがよく食べやすいお味。トマトソースもモッツアレラも豊富に入っており、なかなかおいしかった。

ラ・パーラ カラスミのパスタ




















ラ・パーラ カラスミのパスタ2



















::: カラスミのパスタ :::
ペペロンチーニにカラスミのパウダーがたっぷり。たっぷりかけられている分、ちょっとしょっぱめ。私はビールを飲んでいたのでちょうどいい塩梅に感じたけど、下戸のツレにはしょっぱかったそう。飲んだ後の〆パスタにはもってこいかな?

2人で飲み物2杯、合計5000円ちょっと。コストパフォーマンスと内容を考えあわせるとイルルポーネは2000円のランチコースがある分お得感があるかな。あの「もっちり&表面パリパリ」っていうのは新鮮だった! 土・日のランチなら、夜に行く方がおすすめかも。



tanch0724 at 00:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2007年04月09日

イル ルポーネ ピッツアもおいしかった!

イル ルポーネ
最寄駅:中目黒
料理:イタリア料理 / ピザ / パスタ
採点:★★★★★
一人当たりの支払額(税込み):1,000円〜3,000円
用途:昼食

イルルポーネ









中目黒で用事があり、再訪することに。前回は単独行動にてウリのピッツアを食べそこなったので、今度は相方を連れていきました。目黒川の桜はどうなっているかなあと横目で見てみると、やっぱりもうかなり散ってしまってました。今年は満開の様子が見られなくてちょっと残念。

打ち合わせどおりアラカルトにしようと思ったら、相方から却下が。コースのパスタがソーセージとトマトだと聞いたとたん食いついて離れません(笑)。私としては、「ソーセージなんて!家で作るパスタと同じじゃない!」と。軽くモメてとりあえず私が折れることに。ということで、ピッツアとパスタのランチ(どちらも2000円)を注文。

前菜は、カジキマグロの燻製・スモークサーモン・リコッタチーズをナスのスライスで巻いたもの・モルタデッラ(ピスタチオ入りハム)。いつも通り手堅くおいしい。











さてさて、本命ピッツア・マルゲリータの登場。いい具合に焦げ目がついていて香ばしい。ナポリピッツアを謳っているだけあってもっちり。ですが、どこかサクサクとした食感も混じっていて新食感。モチモチとしつつ、サクっともしていて始めは「あれ?」と思うのですが、だんだんやめられなくなります。塩加減も絶妙。真ん中の生地が薄い部分もベッチョリしてなくてGOOD。トマトソースも酸っぱ過ぎず、甘すぎずちょうどよい感じ。

揉め事の原因???トマトとソーセージのショートパスタ。なんだか退屈なメニューのように感じたのだけれど、食べてみたらおいしかった。生タイプのジューシーなソーセージとトマトソースにセージの香り。ソースの乳化の具合もよくてモッチリ&アルデンテなショートパスタによくからんでます。














ランチについているデザートはバニラジェラートとガトーショコラ。追加料金(各500円)でババとスフォリアテッラを注文。スフォリアテッラはリコッタチーズやカスタードクリームが詰めてある貝の形をしたナポリ名物のパイ。パイに独特な歯ごたえがあっておいしかった。中は、クリームが詰めてあるというよりかはクレーム・ダマンドのような感じかな。ババは、甘さ控えめで上品。食べやすいお味。

とりあえず、2000円でこれだけ食べられれば大満足かな? 次は、アラカルトのウニのパスタ(1600円くらい)を具沢山のピッツア・カプリチョーザなどなどいろいろと食べてみたい!



tanch0724 at 00:13|PermalinkComments(4)TrackBack(0)