京都

2009年01月24日

五建外郎屋(ごけんういろ) 京都老舗特集:第3日目

採点:★★★★

ういろうといえば、名古屋の食べ物と思いがちですが、京都にも有名な外郎(ういろ)屋さんがあります。水無月という名前で、三角形で小豆がたっぷりのっているういろう。食感は、名古屋のものより柔らかめでぷるるんとしています。

五建外郎屋




















五建外郎屋3



















五建外郎屋は、牛若丸と弁慶で有名な五条大橋近くに安政年間に創業。建仁寺や六波羅蜜寺、清水寺、鳥辺野詣の客のため茶店として店を構えたのが始まりとのこと。現在の店主の方は、五代目なんだそうです。

最近は、細長く食べやすい形に。小豆・抹茶・黒糖・ゆずの中から、小豆とゆずを選択。小豆は、しっとりと湿り気があり、ぷるぷると柔らかくておいしい。ゆずの方が、名古屋のういろうに近い食感。ゆずの香りがさわやか。どちらもやはり、京都らしく「はんなり」としていて好き。

五建外郎屋2




















五建外郎屋4



















今回、草餅と豆餅も買ってみました。草餅は、餅の部分が少し柔らかすぎかな。豆餅の方がコシがあり、おいしかったです。餡は、しっかりと甘みがあり、素朴なお味。個人的には、やはりういろうの方がオススメ♪



tanch0724 at 06:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年01月23日

茶房 洛匠 ぷるるん抹茶ゼリー 3日間連続!京都老舗特集:第2日目

採点:★★★★

洛匠



















開晴亭のビーフカツサンドと一緒に食べようと買ってきたのがこちら。洛匠は、京都高台寺の近く、ねねの道にある茶店。鉄筋王の大別荘であったものを改築し、200坪の敷地に数寄屋造りの建物と日本庭園があり、観光客に人気のお店です。ウリは、草わらび餅と抹茶カステラ。と、今回は食べたことのない抹茶ゼリーを買ってみました。

洛匠2




















洛匠3



















ウェッティーでぷるるんとした食感に、苦味の効いた抹茶の味。餡と栗の甘露煮、コーヒーフレッシュが添えてあります。ゼリー自体が甘めなので、またさらに甘い餡と栗の甘露煮を載せると甘さがしつこくて残念。

個人的には、きな粉をふりかけて食べたいかしら。って、きな粉をふりかけたらほとんどわらび餅と変わらなくなってしまうかも(笑)。ぷるるんとした食感がわらび餅同様、なんともいい感じなので、添え物で味を壊されてしまったのは勿体なかったかな。



tanch0724 at 08:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年01月22日

開晴亭 本店 ビーフカツサンド 3日間連続!京都老舗特集:第1日目

採点:★★★★

開晴亭



















明治43年下京区烏丸に開業、老舗のフレンチレストラン。現在は、北山にお店があります。このお店の看板ともいえるビーフカツサンドを食べてみたかったものの、学生のころとても財布の中身が乏しくてなかなか手を出せず、食べないまま東京に帰ってきてしまったいわくつきの?メニューなのであります。新宿伊勢丹の地下で「冬の京都美味物語」という催しで購入できることを発見。さっそく行ってみました。

開晴亭2




















開晴亭3




















開晴亭4



















ビーフカツサンド(1260円)。お肉の厚みが1儖幣紊△蝓▲團鵐色でレアーな火の通り加減がなんとも食欲をそそります。お肉はむっちりとやわらかく、ジューシー。衣が薄く、周りについているデミグラスソースも少なめなのであっさりとしたお味。最近、東京の味に慣れてしまったせいなのか、若干塩分控えめに感じます。塩分控えめな分、牛肉特有の香りがよくわかるかも。パンには、焼き目をつけてあります。

たった6キレですが、かなりボリューム。4キレでも普通にお腹がいっぱいになりました。このお肉で1260円なら結構お買い得かも。ちなみに、メンチカツサンド(735円)やマカロニコロッケなど単品の揚げ物などもありました。肉好きの方は、是非!

あ、そうそう。私イチオシの麩饅頭、半兵衛麸の「笹巻麸まんじゅう」も買うことができます。おやつにそちらもいかが〜♪



tanch0724 at 06:35|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年01月09日

半兵衛麩 本店 西の麩まんじゅうナンバーワン♪

採点:★★★★★

半兵衛麩1




















半兵衛麩2



















我が家でお正月にはかかせない存在になっている生麩。今年は張り切って半兵衛麩からお取り寄せしてみました。お雑煮や煮物の彩にかかせない梅麩や生ゆばとともに、はずせないのがこの笹巻麩です。

半兵衛麩3




















半兵衛麩4



















最近では、関東の和菓子屋さんでも見かけるようになりました。しかし、こちらの麩まんじゅうは格段にお味が違います。ぷるるんとしたウエッティーでなめらかな麩の感触とあっさりとしたこし餡がたまりません。同じ京都のお麩屋さん、麩嘉の麩まんじゅうも有名ですが、やはり麩のコシや食感を考え合わせると断然こちらが食べたくなります。関東の最高峰は麩澤かしら? ちなみに、こちらの麩まんじゅうは青のリの風味。海の香りっていうところが江戸前を感じます。そちらもオススメ。



tanch0724 at 09:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年03月11日

一保堂茶舗 京都の老舗 手軽なお値段!たまらない香り

一保堂茶舗
最寄駅:新宿 / 代々木 / 新宿三丁目 / 南新宿
料理:緑茶専門店
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:その他

一保堂茶舗




















一保堂茶舗2



















同僚Sくんがお気に入り。一保堂茶舗のほうじ茶。毎朝、起き抜けにほうじ茶を飲むのが日課になっているんだとか。ふとしたことで一保堂の話になり、ついでに私の分も買って来てくれました。ありがとです〜。

一保堂は、京都で最も有名な茶舗のひとつ。創業は、享保年間(1717年)。お店のHPによると、近江出身の渡辺伊兵衛が、京都のほぼ中心に位置する寺町二条に、茶、茶器、陶器を扱う店として「近江屋」を出したのが始まりなんだとか。その後、うお茶の品質の良さは評判を呼び、弘化3年(1846年)に山階宮より「茶、一つを保つように」と「一保堂」の屋号を賜った…とのこと。

昭和27年からデパート出店も始めたそう。一保堂といえば、京都にしかないと思っていた私。調べてみると、東京だけでも渋谷の東急本店や東横店、新宿タカシマヤや小田急、京王など20店舗くらいお店があるみたい。

急須にお茶の葉を「ちょっと多すぎか?」と思うくらい入れ、やかんでカンカンに沸かしたお湯を入れるといい香り。あまり置き過ぎず、30秒くらいで入れるのがいいんだそうです。湯飲みを鼻に近づけてかいでみると、あまりにいい香りで幽体離脱してしまいそう(笑)。これが100g500円だっていうんだから、コーヒーに比べたら安いもんです。お近くのデパートで是非!



tanch0724 at 23:35|PermalinkComments(2)TrackBack(0)