軽井沢

2008年04月24日

軽井沢フランスベーカリー ジョン・レノンとオノ・ヨーコが愛したパン屋さん

軽井沢フランスベーカリー
採点:★★★★

フランスベーカリー 外観




















フランスベーカリー 看板



















軽井沢探訪の小ネタが残ってました。我が家の経済的な事情と私が調べたところによると星のやさんの朝食の評判がよくなかったということと、翌朝はパンを購入しておいていただくことに。旧軽銀座にあるフランスベーカリーというベーカリー。場所は、同じく軽井沢で有名なベーカリーである、浅野屋さんのの向かい側。お店のHPによると、万平ホテルでベーカーチーフを務めていた初代 田村寅次郎が独立し、1952年に創業したのがこのお店。なんでも、ジョン・レノンがオノヨーコとショーンと軽井沢滞在中に、散歩がてら立ち寄ったんだとか。かわいいパン屋のおじさんの看板が目印。

フランスベーカリー フランスパン店内



















やっぱり、ジョン・レノンが好きだったフランスパンがイチオシみたい。一番目立つところに置いてありました。1泊2日で別荘へ来た人でも買いやすいように、ミニサイズが作ってありました。

フランスベーカリー ミニフランスパン



















翌朝、テラスでコーヒーとともにいただいてみました。表面にツヤがあり、小麦の香ばしい香り。フランスパンって、買った日にすぐ食べないと風味が落ちたり、湿ってしまったり、おいしくなくなってしまうことが多々ありますが、翌日食べたにしては優秀なお味。その日のうちに食べていれば、もっとおいしかったことだろうと思います。

フランスベーカリー パイ



















かぼちゃパイは、さっくりとしたパイにやさしい甘みのかぼちゃ。ミートパイは、きれいな層になったパイ生地に酸味のきつくないミートソースがたっぷり。どちらも焼き具合がいい感じで、作ってから時間がたっているにもかかわらず、そんなに湿っていることもありませんでした。どちらもなかなかGOODです。品揃え的には、レトロな感じ。目新しいものはないものの、手堅くおいしく、実直なお味。そういうところも軽井沢らしくていいかな♪ 軽井沢ステイの際には、是非!




tanch0724 at 08:55|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2008年04月12日

エルミタージュ・ドゥ・タムラ 小山薫堂絶賛のお店

エルミタージュ・ドゥ・タムラ
最寄駅:中軽井沢
料理:フランス料理
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):10,000円〜15,000円
用途:昼食

エルミタージュ・ドゥ・タムラ 外観



















かつて「トリセツ」にも取り上げられていたこのお店。「エルミタージュ」とはフランス語で「隠れ家」という意味らしい。この建物は、もともと20年以上も前に建築された作家水上勉氏の別荘。カラマツ林の中にあるそのたたずまいは、いかにも軽井沢らしくて魅力的です。

エルミタージュ・ドゥ・タムラ 店内




















エルミタージュ・ドゥ・タムラ テラス席



















店内は、こんな感じ。個室風のところとテラス席があります。温かい日は、テラス席の方が気持ちよさそう。

エルミタージュ・ドゥ・タムラ ニンジンジュース&シャンパン



















自家製ニンジンジュース&シャンパンで乾杯♪ ニンジンのクセが少なくてまろやか。

エルミタージュ・ドゥ・タムラ パンのお供



















パンのお供は3種類。

エルミタージュ・ドゥ・タムラ オリーブ



















ブラックオリーブを刻んだものとオリーブオイル。オリーブオイルがジューシーで濃厚。草のような香りがします。

エルミタージュ・ドゥ・タムラ バター




















無塩バター。

エルミタージュ・ドゥ・タムラ ソルト



















クリスタルソルト。オリーブやバターをつけてふりかけて食べるとGOOD。

エルミタージュ・ドゥ・タムラ サヨリの冷製




















エルミタージュ・ドゥ・タムラ サヨリの冷製 アップ



















サヨリの冷製。桜の香りとコンソメの味がするメレンゲがかけられていて、上品かつ繊細な味わい。春の魚、サヨリと春を代表する花、サクラを一度に楽しめる一品。

エルミタージュ・ドゥ・タムラ たらの芽のスープ2




















エルミタージュ・ドゥ・タムラ たらの芽のスープ



















たらの芽のスープ。イカ墨のラビオリとホタルイカが添えてあります。ホタルイカの旨みとたらの芽のほろ苦いお味が相まって大人なお味。

エルミタージュ・ドゥ・タムラ つぶ貝とみる貝のサラダ




















エルミタージュ・ドゥ・タムラ つぶ貝とみる貝のサラダ2



















つぶ貝とみる貝のサラダ。炭焼きにして風味付けしてあるつぶ貝とみる貝。シャキシャキとしていて勢いのある地元の野菜がたっぷり。お味が濃くてとってもおいしい。

エルミタージュ・ドゥ・タムラ 玉ねぎのフラン




















エルミタージュ・ドゥ・タムラ 玉ねぎのフラン2



















玉ねぎのフラン。玉ねぎの入った洋風茶碗蒸し。ふわふわとやわらかく、玉ねぎのやさしい甘みと旨みがお口の中にひろがります。オリーブオイルとメレンゲが添えてありました。

エルミタージュ・ドゥ・タムラ 真鯛のポワレ




















エルミタージュ・ドゥ・タムラ 真鯛のポワレ2



















皮目がパリっと焼かれている鯛に生海苔の入ったソース。生海苔の風味がよく、さっぱりとしたお味。

エルミタージュ・ドゥ・タムラ プチ・コロッケ



















お皿のふちには、えんどう豆のコロッケが沿えてありました。とてもなめらかに豆が裏ごしてあり、ほっこりとしています。

エルミタージュ・ドゥ・タムラ お肉




















エルミタージュ・ドゥ・タムラ お肉アップ



















お肉は、鶏肉。どこかの地鶏だったかと思うのですが、忘れてしまいました。ソースは肉汁ベース。身がふっくらとしていてジューシーです。ぱりぱりに焼いてある青菜と竹の子が添えてありました。

エルミタージュ・ドゥ・タムラ 




















エルミタージュ・ドゥ・タムラ トマトのコンポート



















私のデザートは、トマトのコンポート。やさしい甘みとかすかな特有の青臭さ、爽やかな酸味。バジルペーストとオリーブオイルが調和しています。新宿伊勢丹限定ピエール・エルメのトマトのデザートと比べるとエルメの方が断然おいしいけど、こちらもなかなか。

エルミタージュ・ドゥ・タムラ チョコレートパフェ




















エルミタージュ・ドゥ・タムラ チョコレートパフェ 横からみたとこ




















エルミタージュ・ドゥ・タムラ チョコレートパフェ アップ



















こちらは、ツレが注文したチョコレートパフェ。味見させてもらいましたが、コレおいしかったです。クッキーのように見えるものも、ちゃんと冷たくてビックリ。まろやかなチョコレートアイスクリームといい、柚子の柑橘系な香りといい、気に入りました♪

エルミタージュ・ドゥ・タムラ ワンスポーンデザート



















この他に、小菓子としてワンスプーンデザートが付いてきます。手前は、ゼラチン状の皮の中に苺が入っているデザートと奥は、苺シャーベットです。苺そのものの香りがとっても華やかで春らしい二匙。

コースは、7500円のおすすめのみ。事前に言っておけば、夜のコースもお昼に食べられるようです。ドリンク類が少々お高いのと、サービス料が加味されるので1人10000円くらいになってしまいました。私にとっては、昼間っからかなりの奮発(>_<)。これだけたくさん料理の種類が出てくるし、丁寧な接客等を考えればまあまあ妥当なところなのかな。軽井沢でおいしいものが食べたい時には是非♪



tanch0724 at 01:53|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年04月09日

軽井沢川上庵 麻布十番・青山にもあるお蕎麦屋さん

軽井沢川上庵
最寄駅:軽井沢
料理:そば
採点:★★★★☆
一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下
用途:昼食

軽井沢川上庵 外観




















軽井沢川上庵 玄関



















軽井沢滞在初日のお昼、「長野といえば蕎麦でしょ♪」ということで伺いました。軽井沢を初め、麻布十番や青山にもお店がある和モダンなテイストのお蕎麦屋さん。場所は、軽井沢駅北口から徒歩20分。旧軽銀座入り口にあるロータリーすぐそば。

軽井沢川上庵 鴨せいろ




















軽井沢川上庵 鴨せいろ 蕎麦アップ



















鴨せいろ(1785円)を注文。蕎麦は、斑点入りで太め。もっちり&しっかりとした歯ごたえのあります。やさしい甘みとやわらかな土の風味。汁は、ほどよく甘みがあります。鴨は、残念ながら特筆するべき感じじゃないかな。価格的には、300円ほどお高めかも。CP的に言ったら、同じお値段で大きな有頭海老の天麩羅が付く天せいろ並の方が満足感がありそう。

ひっきりなしにお客さんが来ますが、店内が広いのでこの時期、満席になることはなさそう。落ち着いた店内でサービスもなかなか。3Pか4Pか迷うところだけど、使い勝手のよさを加味して4P。



tanch0724 at 23:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

星のや 軽井沢 へ行ってきました! 寛ぎの和空間

星のや 温泉&スパ入口 昼間




















星のや スパ 外観



















今回、私の快気祝いということで贅沢にスパを予約しておきました。ツレは、経絡指圧。私は、泉(せん)という温泉泥パックと全身のトリートメントのコースを選択。

星のや スパ 店内




















星のや スパ ガラス張り



















こちらが受付。開放的な店内。見上げれば、大きく青空が見えます。施術棟は別になっており、ひとり一部屋が割り当てられます。広さ40屬らい。普通のホテル並みの広さです。水辺に面した場所のお部屋だったので、水面のキラキラ光る様子が天井に写り、とってもキレイ。

星のや スパ お香



















泉は、足湯に入れるものを、経絡指圧はお香の香りを選択できます。私は、春らしく桜の花の塩漬けを選択。ヒノキの桶に入れるとふわっと花と香りが広がり、とっても風流。軽井沢はあまり桜の木がないらしく、4月初めに桜が咲くという情報もあったのですが、ガセだったようです。桶に咲く桜で花見といったところ(笑)。

50℃と熱い温泉泥を背中に塗って体を温めた後、ロミロミのようにオイルマッサージをしていきます。体の血行がよくなり、最後は結構汗をかいていました。マッサージ終了後も体がホコホコと温かくなって、じんわりと汗が。温泉に入るのは、施術後1時間ほど体にオイルが染み込んでいくのを待ってからにした方がよいとのことでした。少々お高いけど、これを受けているのと受けていないのとでは、この旅の満足感は違っていたんじゃないかな。

星のや 温泉&スパ入口




















星のや 温泉(女湯)



















夜になってから、温泉へ。場所は、スパのお隣。これがまた、かなり変わった趣向のお風呂なのです。

星のや 温泉 エントランス



















星のや 温泉 休憩室



















エントランスは、こんな感じ。隣に休憩できる小さなスペースがあります。

ここのお風呂の変わったところは、お風呂の中の奥に暗くて細い通路が作ってあり、まるで洞窟を探検するかのように進んでいくと、さらに真っ暗な空間が。ぼんやりと一部がライトアップされていて、人影がなんとも妖艶です。ぬるめで肌に吸い付くような水質でさすが「美肌の湯」と呼ばれているだけはあるかな。ちゃんと湯の花も入っていたので、言葉通り「源泉掛け流し」だと思われます。



tanch0724 at 02:10|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2008年04月06日

星のや 軽井沢 へ行ってきました! 寛ぎの和空間

星のや パンフレットときんちゃく袋




















星のや 外観




















ゴールデンウィーク、どこかへ行くことが期待できそうにないので一足先にリフレッシュしてきちゃいました。場所は、「星のや 軽井沢」。以前は、星野温泉と呼ばれていた湯川沿いにある谷あい場所。弱アルカリ性で「美肌の湯」と呼ばれているそうです。

星のやHPより引用
「もっと日本らしさを大切にしながら近代化するルートを歩むことができたなら、私たちの生活や周りの風景はどうなっていたであろうか」という好奇心が、谷の計画のはじまりでした。それは、単に歴史をさかのぼることではありません。思い描く「もう一つの日本」は、この土地独自の価値観、生態系、そして文化を守りながら、時代に合わせた近代化をとげてきた時の空想の姿なのです。(詳しくは、こちら。)

新しいコンセプトのもと作られたジャパニーズスタイルのリゾート。以前から、雑誌やWEBの特集などで見かけており、ずっと気になっていたホテル。人気があってなかなか予約が取れないこと、休日料金が高いこと、食事の料金が含まれていないことなどから、私たちには敷居が高い場所だったのですが、思い切って行ってみました。

星のや 部屋番号



















私たちが泊まったのは、水辺に面した「水波の部屋」です。

星のや リビング




















星のや ベッド




















星のや テラス



















リビングの前には、広いテラスが付いていて、水辺に来る鳥を眺めたり、魚が泳ぐのを見たり、イスに座ってお茶や読書するなどゆったり過ごすことができます。

星のや お風呂




















星のや 洗面所



















宿泊者専用の趣向を凝らしたお風呂の他に、部屋にもお風呂が付いています。こちらは、温泉ではありません。その代わり、季節ごとにお風呂に入れるためのアイテムが置かれています。ちなみに、今回はヨモギでした。

※明日に続く!


tanch0724 at 23:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)