2018年11月12日

宮古そば


DSC03677_1★編★
 ▲そばの旅は宮古島へ。やっとありつけた宮古そばですが、具は隠していない普通の盛り付けです。ストレートの細めん、スープはカツオ風味のあっさり系。

DSC03676_1★編★
▲はい、老舗レストランのむらの空港店。はし袋のイラストが懐かしい。しかも飛行機は「SWAL」マークの文字こそ入ってませんが、南西航空時代のカラーリングですね。それで味は? まずまずです(☜出た! 無責任な食レポ)。

DSC03662
▲宮古島での用は、先週末、かたあきの里にて節目の祝賀会があったのでした。

DSC03666
▲里の風情もすっかり落ち着いて、まさに古い集落の佇まいです。

DSC03669_1★編★
▲シンボルツリーであるリュウキュウマツ8人娘が笑顔で迎えてくれました。


tandega2 at 11:42|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ウチナーそば紀行 

2018年11月08日

シダの森構想、着々


DSC02930_1★編★_01★編★ 
▲天然の寒冷紗(かんれいしゃ=日光調整ネット)です。

DSC03310_1★編★
 ▲隣の土地ですが、勝手に切り拓いて整備しています。この高いのはヒカゲヘゴさん。

DSC02688_1★編★
▲その下には、似ているけどやや違うシダ類。

DSC02689_1★編★
▲もう一人、違うシダ類(名前はあとで調べよう)。

DSC03347_1★編★
▲こいつが大きくなると壮観です。

DSC03345_1★編★
▲ヒカゲヘゴを、

DSC03346_1★編★
▲追加で植えて、ここは「シダの森」にします。頭の中でイメージはもう出来上がっています。


tandega2 at 14:52|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 源河移住日記 

2018年11月07日

ナンチャッテ風水師


DSC03229_1★編★
 ▲えーっと、えーっと、こっちが北だから・・・

DSC03220_01★編★ _01
▲頼りになるのはスマホの方位アプリ。ちょっとした傾斜もしっかり示す。ナンチャッテ風水師をサポートするスグレモノだ。

tandega2 at 23:00|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 源河移住日記 

2018年11月06日

流行に流されるか、乗るか、抗うか、引き戻すか


DSC03044_1★編★
▲おぉ、かなりオリジナル度の高い幌のジープではないか。

DSC03046_1★編★_01
▲サイドもしっかり覆っている。かなりのこだわりと裁縫テクとみた。リフトアップやらロールバー丸出しとかの流行に流されないその姿勢がよろしい。いや、それともオリジナルにこだわるのが今の流行なのか?

DSC03358_01★編★ 
▲昨晩見た180SX さん。最近あまり見ない、ゴロゴロうなるマフラーに、シャコタン&ガチガチのダンパー、エアロスカートもひび割れてなく、つけ入る隙なし。アメリカ-のヤンキー(☜何だそりゃ)にも負けてないぞ。正統派の妥協なき改造と言えばそれはそうだけど、「チンダミ style 」っちゅうステッカー(矢印)がカワイイというかこっそり流行を追っていてほほえましい。


tandega2 at 13:18|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Q車など 

2018年11月05日

要するに何でもうまい!


お昼にはどうしてもウチナーそばが食べたいんだけど、会社の近くで歩いて行ける範囲にそば屋がない。コンビニ弁当で我慢するか。けど、画像は食堂のアレで頑張る。

★編★
▲こないだ入った名護んちゅ御用達オリエンタル食堂さんのみそ汁550円(ん~っと、600円に値上げしてたかな)。いつものホッとする味です。大満足。

DSC03286_1★編★
▲そのしばらく前に、今帰仁の何とかいう、前はそば屋だった店に入ったらメニューにそばはなく、悩んだあげくハモの何とか定食1300円。席の前も後ろも中国人らしき観光客の家族で、ずーっと大声でしゃべり放し。あ、味ですか? ウチナーんちゅに馴染みのないハモはインパクトいまいちなのに比べて、サブの「ゆし豆腐」の方がおいしかったさ~。次はゆし豆腐の単品を大盛でお願いしようっと。モーマンタイ!
「無問題」(無問題 / 无问题)とは字の通り「問題ない」と言う意味の広東語(本来の表記は「冇問題 / 冇问题(mou5 man6 tai4)」だが、「」は香港広東語独自の漢字のため日本では一般的に「無問題」と表記される(なお、「 / 」の場合は発音もmou4であり声調が異なる)。北京語では「沒問題 / 没问题(méi wèntí)」)。英語タイトルは No Problem。(以上、Wikipediaから)

tandega2 at 23:00|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック みそ汁道場 

2018年11月04日

古い味わい


DSC03165_1★編★
▲では、うちなーソバ3連発。こないだ行きました。もう老舗に入るか、というほど頑張っている浦添のてだこそば(値段忘れたが650円か700円)。ワカメと、麺に似て白いのはカマボコのせん切り。

DSC03167_1★編★
▲持ち上げてみました。これがモチモチ、ツルツルの生麺ふうでよろしい。スープは昔ながらのそばの味がします。

DSC03164_1★編★
▲大胆にも新聞紙をカウンターに広げ、その上にドンとそば丼ぶりを置いて食べているおばちゃん。新聞大好きなんですね。帰り際に「ドラフト(野球)見なくちゃ。親子の感動のドラマがいいのよねー」とか大将に言い残して出ていった。汁が飛び散ったかもしれない新聞は・・・畳んでバッグに入れて持っていきました。マイ新聞を持ち歩くほどの愛読者、タイムスさん、うれしいね。

DSC03160_1★編★
▲外観はこう。みなさん一度は見たことあるはず。浦添市民会館の入り口近くにあります。

DSC03170_1★編★
▲ところで、カウンター前に張られた古い写真は、終戦直後の浦添の空撮です。いまのキャンプ・キンザーは飛行場だった。軽便鉄道の軌道が分かります。

DSC03171_1★編★
▲戦前の首里城、なんとか門。どっかで見た写真ですね。

DSC03171_1★編★_01
▲円覚寺、詳しい図面や写真が出てきたので、復元するらしい。

DSC03173_1★編★
▲守礼の門に通じる道ですな。だいぶ復元が進んだ、あのあたり。番傘とアカギの枝がいい味出している。

649a11cc
▲今はこうなっています。「久慶門」なんですね。

tandega2 at 10:46|PermalinkComments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ウチナーそば紀行 

2018年11月03日

元祖の味


DSC03355_1★編★
▲そばづいている勢いで、元祖ソーキそばをうたう名護市の我部祖河食堂本店へ「お参り」。赤い看板に敬意を表し赤い車で。 

DSC03352_1★編★
▲やはり赤い紅ショウガは最初からのっている。元祖を強調するだけあってソーキの煮詰めぐあい、麺はまずまず(☜出た、無責任な食レポ言葉)。5年前に初めて来たときと変わりません。スープは豚ダシが効いている。そして「北に行くほど、歴史が古い店ほど、味が濃い」法則にしたがって、やや塩辛い。最後まで飲み干したけど。体力仕事の後とか自転車に乗った途中に寄ればちょうどいい。

DSC03348_1★編★
▲メニューは英語で併記。インターナショナル対応やっさー。

tandega2 at 18:07|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ウチナーそば紀行 

2018年11月02日

まずまず

C000CBC7-794E-49E5-ABD4-408930240787
▲来ました、那覇のひがし食堂さん。うちなーみそ汁が目的だったけどメニューにないので、スタンダードな沖縄そば650円で店の「食堂レベル」を試してみよう。本店が名護発祥だけあって味は安定してます。紅しょうがは見た目にいいものの、それぞれの「好み」なので次は小皿に分けてもらおう。

0524C748-BB6F-4376-AFE0-F5F38430032D
▲こうなるし。写真映えというより、紅しょうがの味がスープと麺にしみてしまい、素の味が分からなくなってしまう。なので私はコーレーグス(クース)も途中から入れます。

2502D9D6-A629-4237-A000-43263CFDECFF
▲店の外観はこう。厳密にはJr. なんですね。新都心公園にあります。

tandega2 at 13:18|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ウチナーそば紀行 

2018年11月01日

アガー


IMG_0499_1★編★
▲さいきん涼しくなったせいか、朝の起き抜けに腰がピキッ! いよいよ年齢相応にガタが来たか。街で見かけたこんな「アガー」サインが気になる・・・けど、左の二つと右端のがどういう症状かよくワカラン @浦添

ed1e200f
▲そういえば10年ほど前、こんなバス広告があった。県庁前だけど、「アガー、アガー」する人が押しかけて繁盛しているかねー。

tandega2 at 23:00|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 看板・ポスター 

2018年10月31日

そうだったのか!

kyokarahajimeru2

▲どんぐりの正体は、そういうことだったのか! ていうか、それほど種類が多かったのか。
 ワタクシがご幼少のころ、命の危険をおかして大木に上り、てっぺんで採っていたのはチューリップパンツのスダジイだな。空き缶で炒(い)ると表皮が割れ、小さいけど実はサツマイモか栗の味がしたものです。(検索表は日本自然保護協会さんの)

DSC03312_1★編★
▲これは? 源河別邸のシンボルツリー、ナギの木の実です。今シーズン初めて見た。もう40個ほど拾い、苗床に埋めてありますが、はたして芽は出るのやら。

 さて10月も終わり、あすから11月! 大変だ。ヤンバルの山では日本最大のどんぐりであるウラジロガシの実が成るか落ちるかしているんだろうけど、探す余裕もない。


DSC02719_1★編★
▲ちなみに、一番座庭に並んでいるナギの木はこれ。その立ち姿、いかにも「木」ですと言いたげな枝ぶり、本土では神社仏閣の神木となっている理由も分かります。

tandega2 at 23:05|PermalinkComments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 花鳥風月 
最新コメント
ブログ内の記事検索
月別アーカイブ