2018年02月19日

マンガタミ = まるごと背負って


7E5BB64E-B8FF-424B-9544-0BA02FD1A255
▲週明けですよ。さあみなさん、何でもかんでも背負ってガンバリましょー! ところで写真の水ようかん、前の方からかぶりついていいですか? 業務スーパーさんとの関係は? ミニクーパー&ドリンクとの関係は?

tandega2 at 12:48|PermalinkComments(0) 街の風景 | Q車など

2018年02月18日

飛ぶ準備


DSC08966_614★編済★
▲鳥の巣のコロニーではありません。トックリキワタの実。やがて春風に乗り綿が飛び散っていきます。

tandega2 at 23:00|PermalinkComments(2) 花鳥風月 

2018年02月17日

ボルトナットちゃん


DSC08759_520★編済★
▲タイミング逸したチョコレートネタですが、バレンタインデー前のこと。うちの三男くんが職場のある北九州から持ってきたお土産が何と、


DSC08763_521★編済★
▲ボルトとナットのチョコレート。ちゃんとネジ山に沿ってナットがするする入っていく。


DSC08765_522★編済★
▲モノづくりニッポンを支えてきた工業都市・北九州をアピールしているわけです。どうせなら、「チョコは溶鉱炉で溶かしました」ってやったらスゴかった。


tandega2 at 23:00|PermalinkComments(0) Food & Drink 

2018年02月16日

上を向いて飲もう


DSC08919_607★編済★
▲仕事関係誘われて行った居酒屋「琉歌」さん。こちらも趣のあるウチナー古民家です。シーサー君のまねをするポチと、トタン屋根を突き破った椰子の木、いやトタン屋根の方が後付けか。


DSC08923_610★編済★
▲飲む前に、当然、キョロキョロ天井を見回す。戦後の築ですな。赤瓦は葺き替えてある。(☜ ウチナー古民家鑑定士なら、これくらいはすぐ分かるぞ)


DSC08926_611★編済★
▲この太鼓梁が一番の見どころ、いや、店としては「見せどころ」ですな。


DSC08921_608★編済★
▲ミミガーうまい。醤油をちょろちょろとひたしてコリコリな歯ごたえを楽しみます。


DSC08927_612★編済★
▲ゴーヤー天ぷら。塩をチョイチョイとつけて、止まりません。敷いてあるナントカTIMES って? 酒を飲んでいるときは(頭の)余計なエネルギーを使いません。


DSC08922_609★編済★
▲トイレ通路のポスター。「1日700万杯も売れてるよ」って、ホントかい?


DSC08929_613★編済★
▲よい子はちゃんと手を洗います。小さな丸いタイルを張った手洗いのレトロ感がたまらん。
 で、那覇の古民家探訪もオモシロイです。

tandega2 at 13:25|PermalinkComments(2) 赤瓦 & うちなー家 | Food & Drink

2018年02月15日

上を向いて食べよう


DSC08896_592★編済★
▲よっしゃ、今日のお昼はウチナーそばにしよう。古民家な琉球茶房「すーる」さん。久茂地川沿いにあります。ちなみに「すーる」とはスペイン語で「南」だそうです。詳しい由来は店の人に聞いてね。


DSC08903_597★編済★
▲入店した瞬間「コレにしよう!」とひらめいたのが、ゆし豆腐セット。今晩、あすと連チャンで飲み会があるので、ついつい軽いやつを、と。でもご飯がしっかり付いている。600円はとてもリーズナブル。


DSC08907_599★編済★
▲お醤油は好みで味付け。壺がカワユイぞ。(☜ ガラじゃねえ?)


DSC08910_600★編済★
▲ふと天井を見れば、立派な欄間が。


DSC08911_601★編済★
▲木の枝をあしらった、立派な桁ですな。


DSC08912_602★編済★
▲奥にも部屋があり、あったままの梁が2本、活かされている。


DSC08897_605★編済★
▲ついでに壁をみると、国際通りでの商工祭パレード。1965年。「ライオン・アリゲーター」って何だろう。練り歯磨き粉?


DSC08899_593★編済★
▲われらがオリオンビールも。1966年の新聞広告だ。祝アメリカ空軍(沖縄駐留)19周年、ってか? 時代だね。


DSC08901_595★編済★
▲このあたりを通ったガーブ川がよく氾濫した、らしい。(☜  やんばるんチュの私は見ていない)


DSC08900_594★編済★
▲こんな光景も見たことないが、なぜかデジャブ(既視感)な写真です。左の看板は「写真材料 森山」と読めるから、後のモリヤマ写真館(有名なカメラ屋さん)と思われます。
 で、かなり脱線したけど、次はソーキそば(大)にするぞ。

tandega2 at 23:00|PermalinkComments(0) 赤瓦 & うちなー家 | Food & Drink

2018年02月14日

どこへ行くオキナワ(那覇まち放浪記 本編)


DSC08807_545★編済★
 ▲会社の近くにある居酒屋「あかがーら」ですが、どこかしら活気がない。胸騒ぎ・・・


DSC08805_544★編済★
▲そういうことでしたか。残念!


DSC08810_546★編済★
▲国際通りに出ると、大和瓦とウチナー赤瓦をあしらった建物。いずれもナンチャッテな感じ。


DSC08812_548★編済★
▲御菓子御殿、まさに「御殿」。モチーフは首里城だな。著作権はないだろうし、ま、いいか。


DSC08813_549★編済★
▲国際通りに面し木造2階建の家屋が残っているのは珍しい。ウチナーそばで有名な「御殿山」(うどぅんやま)が営業している。そば屋には古民家が似合います。


DSC08815_550★編済★
▲いったん病院通りに戻る。


DSC08816_551★編済★
▲セメント瓦も使いようだな。良い雰囲気です。

DSC08818_552★編済★
▲薬局さん。老舗っぽい。

DSC08823_554★編済★
▲その裏側です。雨漏り対策に苦心の跡が。


DSC08820_553★編済★
▲駐車場を挟んだ〝お隣さん〟。よく手入れされている。


DSC08824_555★編済★
▲またもや国際通り。こうなると私らウチナーンチュは完全アウェー状態です。


DSC08827_556★編済★
▲ちょっと路地に入る。石垣がきれいに残っている。


DSC08830_557★編済★
▲ビルに挟まれて赤瓦家が一軒。


DSC08831_558★編済★_559★編済★
▲道向かいには2件。


DSC08833_560★編済★
▲浮島通りへ。ここにも1軒・・・え? なくなっているさいが!

DSC07078
▲8年前はこの場所に、この2階建て赤瓦家があって、

DSC07052
▲チャリで物件を探し回り、屋根にまで上って赤瓦修理のようすを取材していたのだった。ウチナーの風景が一つひとつ消えていくのは寂しいですな。


DSC08835_561★編済★
▲木造赤瓦2階建ての3連棟はかろうじて残っている。


DSC08838_562★編済★
▲オキナワの九龍街(香港か?)、


DSC08841_563★編済★
▲この風景も香港っぽい。


DSC08844_564★編済★
▲八角堂(☜ 勝手に命名)、使われていないから、生き残るのもそう長くはなさそう。


DSC08846_565★編済★
▲近くの2階建て。ワシに貸してくれたら修理するけどなぁ。


DSC08847_566★編済★
▲向かいにも2棟あった。屋根や壁はペイントが施されている。これは何らかに活用されているから保存状態は良い。


DSC08850_567★編済★
▲公設市場近く。旧正月が近い。


DSC08851_568★編済★
▲島らっきょうがビックリな値段。しょうがないよね、産地の伊江島からは遠い那覇だもの。


DSC08855_569★編済★
▲シャッターが閉まった店の前には・・・


DSC08853_570★編済★
▲こんな移動個人市場も、かつてはたくさんあった。


DSC08861_571★編済★
▲平日の昼間にですよ、浴衣の一家がお買い物してます。日本人じゃないのは確か。


DSC08863_573★編済★
▲またもや国際通り。左は木造赤瓦、右は城壁をイメージしている。


DSC08864_574★編済★
▲浮島通りの入り口。1階部分の屋根は防水塗装されている。みんな雨漏りに苦労しているね。


DSC08867_575★編済★
▲コンパクトな個人住宅です。擁壁が高いのは、こちら側に道が開通したから。


DSC08870_577★編済★
▲さて、きょうの本当の目的地はココ。那覇高校側から国際通り方面を見て、新しい通りと松尾消防(左)とに分かれるY字路です。


DSC08875_579★編済★
▲ワタクシが革靴の修理を出すところ。大田製靴店さん。3代目の店長さん(名前を聞き忘れた)。じいちゃんが1929年(大正4年)に糸満で創業、ここ那覇に来て約60年になるそうです。古い足の木型や1954年の各種表彰状が歴史を物語る。本人もROKラジオで今週末までゲストとして靴屋さんについて語っているそうです。


DSC08878_580★編済★
▲昼も夜も放浪癖のあるワタクシが頼んだのは、革靴のソール強化と磨き。以前、もう1足を同じように補修してもらったのが、とても気に入っている。沖縄のリーガルシューズ代理店は、基本的に本土の指定修理屋さんに出すのだが、県内を希望する客にはここを紹介しています。確かな腕の証明だ。


DSC08871_578★編済★
▲狭い店内に鎮座するマシン、いやミシン。歴史ありそうだけど現役ですね。


DSC08879_582★編済★
▲じゃ、県庁方面に回って会社に戻るか。ここにも2軒、木造2階家が見える。


DSC08881_583★編済★
▲この家は生活感にじみ出ているね。


DSC08882_584★編済★
▲セメント瓦家だけどオオイタビに締められそう。オレが登ってベリベリ剥がしていいですか?



DSC08884_585★編済★
▲もう1軒、


DSC08888_587★編済★
▲県庁前にも、さらに1軒。でも・・・


DSC08890_588★編済★
▲屋根が大変なことに。

DSC08891_589★編済★
▲営業は頑張っている、ウチナーそばの「よね屋さん」ですね。


DSC08892_590★編済★
▲社に戻りすがら、やっぱり残念な「あかがーら」。オキナワの風景は、オキナワはどこへ行くのか・・・

tandega2 at 21:31|PermalinkComments(0) 赤瓦 & うちなー家 | 街の風景

那覇まち放浪記


DSC08878_580★編済★
 ▲放浪癖には靴の補強と手入れを。(詳しい記事は後ほどアップ)

tandega2 at 14:22|PermalinkComments(0) 身辺雑記 

ネコ格差


DSC08735_504★編済★
▲那覇の桜坂通り。小さな店の玄関に座っていたネコが、「コラ、シっ!」と店の人に追い出され、ふてくされ顔。しょうがないか。


DSC08739_507★編済★
▲一方では、こんなに大事にされている「みーちゃん」。どこにいるか、写真で見つけられます?

DSC08740_508★編済★
▲はい、こちら。至れり尽くせりですな。

DSC08741_509★編済★
▲そーゆーことですか。ネコ社会も序列とかあって、大変だね。


tandega2 at 11:37|PermalinkComments(0) 街の風景 

2018年02月13日

劇的アフター


DSC08797_535★編済★
▲カネと時間のない者は汗をかき知恵を出す、のだそうです。ということで日当を出さなくていい作業員を南(宜野湾)方面から呼ぶ。


DSC08802_536★編済★
▲何でもこなす、よく働く。

NIK_3625_543★編済★
▲思えば、ジャングルの中に取り残されたボロボロな倉庫(3年前)


DSC01700_541★編済★
 ▲中はこんなふうだった。我ながら、いや我々ながら、よくぞここまで持ってこれたわ。

tandega2 at 23:00|PermalinkComments(0) 源河移住日記 

2018年02月12日

何でも来なさい!


EDD87C0C-7D80-459D-8B06-35B1C45A7593
 ▲アルミサッシ、木の引き戸、ほぼ完了〜〜〜


1A378F12-8B15-4BFE-BFF0-277DDF062212
 ▲窓には木枠ガラスで古民家テイストを入れてみました。これで台風が来ても、ドロボーさんが来ても、イノシシが突進してきてもダイジョブ ダイジョブ  (´∀`*)

tandega2 at 14:08|PermalinkComments(4) 源河移住日記 
最新コメント
ブログ内の記事検索
月別アーカイブ