2007年01月18日

年間取引報告書発送のお知らせ

お客様各位
ジョインベスト証券株式会社

年間取引報告書発送のお知らせ

平成18年分の年間取引報告書を1月17日(水)にお客様へ
発送いたしましたのでお知らせいたします。
年間取引報告書には、特定口座での現物株式(まめ株含む)
信用取引の一年間の譲渡に係る総収入金額 、総取得費等、
損益額、源泉徴収額などが記載されています。



うわぁあああ見たくない見たくない見たくない!!

見てても楽しくないし、リアルな数字がどれだけ出て来るのかと。

でもここで1年間のダメっぷりを振り返り
反省しないとダメなのかな。

tane10mankabu at 16:54コメント(5)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by はくたか   2007年01月19日 21:59
管理人さんこんばんわ。
こちらもイートレから年間取引報告書が届きましたが、ひどい。。。自己嫌悪になりそうです。

ところで、「株式投資これだけはやってはいけない」という本はごぞんじでしょうか?未読であれば、ぜひ読んでいただきたい(買うかどうかは立ち読みしてからでいいです。)と思います。私の株式投資における聖典です。
2. Posted by 管理人   2007年01月20日 22:58
はくたかさま、書き込みありがとうございます!
あんまり酷すぎて吐きそうになりましたよ。

いろいろ見たけれど難しいですね〜
あの銘柄は持ってたらもっと上がったのに!
これ、あの時からもう半額じゃん!
っていうのがまっぷたつ。

損切りと塩漬けを上手く使いこなすのが・・・
銘柄選びのセンスもてんでなってない。

その株の本、ぜひ読ませてもらいます。m()m
どんな事書いてありました?
3. Posted by はくたか   2007年01月22日 21:21
いろいろありますが自分が同意したのは
・ロスカットは勝者への最短距離(塩漬厳禁)
・プロは慣れた手段しか実行しない
・方針変更は慎重に
・手仕舞いは成り行きで(指値厳禁)
・「武田薬品があがったから二番手のエーザイを買え」は正しいか?
・新高値・安値銘柄の逆張りは危険
・銘柄のレーティングにも注意
といったところです。
4. Posted by 散水専務   2007年01月27日 20:57
その株の本って「東山一平」著作なんですね、まだ現役だったんだ。
実は初めて買った株の本はその「東山一平」の「500万円を1億にする株式投資入門」という本でした、昭和63年のことです。そのころ日経平均は2万円くらいだったかな?その翌年3万8915円の史上最高値をつけました。
そのころから株で億円を考えているのにいまだに?なのは、才能の無さを物語っております(w
5. Posted by 管理人   2007年01月29日 04:51
散水様、お久しぶりであります。

なるほど、500万円くらいあれば
1億円にするのも無理でもないのかな?
っていうか余裕じゃん!
なーんて。実際には難しいんでしょうけれどね。

でも、その本に書いてあることはもっともなのですが
こうやって種10のファンドとかやってると
そうでもないな・・・と思ったり。
例えば、塩漬け厳禁と言われていても
たいていの銘柄は含み損→含み益に
切り替わるタイミングがあるわけですね。

個人的にモスインスとかエルゴ〜みたいな
新興の銘柄はもう二度と買値に戻らないかと
思っていました。絶望的過ぎて・・・

でも戻り出したら僅か数日で買値まで復帰。
まぁ単に上昇相場なだけですけれどね。

ユニバーサルソリューションみたいなのは
それで戻れなくなった典型ですし。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Profile
訪問者数

Recent TrackBacks
Recent Comments