完成!
004_2
息子の作った惑星達です。 
彗星が当たって爆発している状態のものから、噴火が起きているところ、と一つずつストーリーがあるみたい。
お友達にあげるために作っているので、ピンク色が好きな子や、黄色が好きな子を考えながらも。
それぞれ、直径が3〜3.5cmかな? 

使った樹脂粘土は、Sculpey と言うブランドです。 
他のブランドで Fimo もあるけれど、焼き温度がSculpey よりも低くて、焼き時間も短いので、もし使うなら最後の層に使うことに。 
結局使わなかったけれど。

粘土と焼き時間を節約するために、まずはガラスのビー玉を中心にしてSculpey で包みました。
’重み’の為にもビー玉を使いました。 次回は、工具やで’錘’を探そうかと企んでおります。
Sculpey は6mmの厚さにたいして275度F、15分間焼くようにとの指示で、丁度ビー玉の周りがそのくらいなので15分。
息子の惑星作りがスムースに進むための下準備。
これで直径が2.5cm位。
003_2
底に焼き後がつかないために、コーンスターチのお山に乗せて焼きました。 
このベースの玉に、息子が層を作って、もう一度焼きます。 
扱いやすいですよね、樹脂粘土は。

20個 x 2も焼いたら、家の中はプラスチックの匂いで充満ー。 
オーブンについた匂いは、温度を上げて空焚きして解消。 
手に付いたプラスチック感は、何度も手を洗ってもなかなかしつこかったです。
面白い。 勉強になったぞ。