息子の誕生会、実は今回が初めて。 
夏生まれなので、パティーを開くにも友達は夏休み旅行に出てしまっているだろうからしていなかった、と言うのが公のいいわけ。 
去年に誕生会をしたい、それも彼の空手の先生が指導するStar Wars のJedi Training Party がしたい、との事。
今までしなかったから、リクエストされたら、するしかないですよね。

男の子ばっかし20人。 
Jedi Training の後にピザを食べて、ピニャータで〆る。 二時間がパッツンパッツンでしょ。
食べ物はピザ、ジュース、ポテトチップス。 ケーキ無し。
プレゼントは頂かない。 

誕生会にプレゼント無し、と言うのは子供にとっては楽しくないのだろうけれど、代わりに現金をあげる事にしました。 
プレゼントを頂いた分のお返し(party favor)を考えなくちゃいけないこと、しばらくレゴでしか遊んでいないこと(何を貰うか分からない!?)、現金を選んだら自分の好きなレゴが買えること、プレゼントのお礼のカードを一つずつ書くのがなくなるよ、など、二日かけて旦那とタグを組んで説得したのです。 
プレゼントの代わりにお金を持ってきてもらって皆で寄付先を決める、と言う方法もあるのだけれど。
これは本人が言い出さないと無理でしょう。 

パーティーの料金は、参加する人数で区切られていて、10人で$200.00、20人まで$250.00、30人までで$300.00。 体操(ジムナスティック; トランポリン、縄につかまってスイングしてスポンジの溜まりに落ちる、空気で膨らました恐竜の中で跳ね回る、などなど)や、天井から吊るされた細いカーテンのような生地に絡まりながら降りてくる、サーカスで見るようなののレッスンだったり、ダンスパーティーだったり、もちろん空手パーティーからも選んで、一時間くらい子供達を遊ばせてくれます。 そしてパーティールーム、テーブル、椅子、冷蔵庫スペースも料金内。 
私達は20人枠を選びました。 9歳児が20人、一部屋にいたら十分でしょう。 更に棒(light saber)を振り回すのだし。

必要事項を書き込んだ招待状を作って、さて、だれを呼ぶ!? 
「学年の男の子っ全員!」 
オイオイ、20人までだってば。 
招待する男の子のリストを作るのに数日かかったかな。 
皆を呼びたいものだから、住所が遠すぎる、乳製品アレルギーだからピザが楽しめない、などの削除法でやっと20人に。  

パーティーグッズはWalmart (日本だと西友なんですよね)で揃っちゃいました! 
他の用事(Crayola のglow station to go と言うおもちゃがいつも買っていたお店の棚からしばらく長い間消えていて、探しているのです。 どうやら打ち切りになっているみたい。 単純な商品なのだけれど、私のお気に入りおもちゃなのです。)で行ったのだけれど、びっくり。 紙皿、ナプキン、テーブルクロス、飾り用の紙テープ、ピナータに入れるお菓子類! 

そして彼は見つけてしまったのです。 剣の形をしたシャボン玉棒!
シャボン玉棒は一本が$1.00。 振り回して遊ぶ剣! その喜びに対して$1.00は素晴らしく良いお値段だわ!
しかし、人数分ない...  確認したら週末に納入されるとのことで、あるだけ買いました。 
そしてダースベーダーのお菓子入りイースターエッグ! これはピニャータに入れました。
006
パーティールーム、スターウォーズっぽいでしょう?!
風船は息子とお友達が、両面テープを使って飾ってくれました。 
ジェダイトレーニングが終わって、ここでピザ(ピザの箱にHAPPY BIRTHDAY のロウソクを立てました。誕生日ではないから立てるロウソクの数とか考えないで済んじゃった。)を食べて、落ち着きを取り戻したらピニャータへ!
009
これも空手の先生が指揮を取ってくれました。  
20人の男の子を扱いなれています。 先生様様。
目隠しを付けて、薄いスポンジの付いている棒を始めは使ったけれど、ビクともしないので目隠し無し、木の棒に代えて、でもまともに棒が当たっても凹みもしない。
息子が一歳のときに作ったピニャータは、包丁もなかなか突き刺さらなかった位強く作ってしまったから、今回は気を付けて薄く作ったのだけれどねー。 
割れないのを見て、突然 "Paul!" "Paul!" "Paul!" と掛け声が始まって、どうやら彼はスラッガーらしい。 が、彼もDeath Star を破壊することは出来ず...
思い切り壊そうとしているのに壊れない、ジレンマのような、喜びのような、男の子達の表情を見ながら、簡単に壊れないピニャータを作れて、私は十分に満足なのだ。 
Death Star の破壊は、棒の先端で切りつけた傷から始まりました。
ボコボコになった頃に先生が "GO!" と同時に中身をばら撒いて、真っ二つ! 
床にはお菓子を拾う男の子達の山。 
いつの間にか取った分で満足な子とか、カーペットの割れ目に指を這わせて何をも見逃さない子や、勢いに乗れない子とか。 取れなかった子の分は、’一つ頂戴’ と言って回ったら皆、くれたのよ。 感動しちゃった。 
Death Star の破壊と共に、中のダースベーダーもいくつかは割れちゃっていました。
018
Party favor の剣型シャボン玉棒は結局人数分を買い集めることは出来ず、新しく棚に出ていた普通の棒型になりました。 取っ手の部分に銀色ガムテープを巻いたらライトセーバー・シャボン玉棒に! ベルトループからぶら下げられるように金具も付けました。 
息子もこの方がスターウォーズっぽいと納得。 
惑星は誰にどれをあげたい、と考えていたので、宛名の付いた’来てくれてありがとう’ カードを付けて完成。 
楽しい誕生会でした。
009
誕生会をしたら満足するかな、と目論んでいたのだけれど、相当楽しかったみたいで、味をしめちゃったかも。