明日 あさって シアサッテ

焦らず、明るく、あきらめず!!

足が痛いし、歩きばかりなので身体が冷えて寒い。ほとほと嫌になって来た。

ここで、ぐずぐずしていても仕方がないので、戻ることにする。

最初は平坦な道を進む、上りが始まるところが中間地点だ。
また急な登りが始まる。延々と続くと思ったら、意外と早く終わる。

ん?まだ先にのぼりが有るんだっけ?

疲れと眠気で頭がボーっとしている。
ただでさえない判断力がどんどん削られていく。

海が見えた。もうすぐ、仙崎公園だ。
仙崎公園から12キロで宗頭文化センター、風呂に入って仮眠すれば復活すると人は言う。

本当に?この足の痛みが取れるのか?
この嫌気もスッキリするのか?

あーもう、どうせ宗頭まで行ってもリタイアするに決まってる。
仙崎からバスでも出たら乗るのに。。。

しばらく光が見えないから、もう撤収したのかと考えてた仙崎公園にやっとたどり着く。
煌々と光が着いていた。


エイドに着いても、ネガティブになりだすと止まらない。

「あと、30分で収容バスが出ますよ〜」

「あ!乗ります。」手を挙げて、ゼッケンを引っぺがしている自分がいた。

続きを読む

さて、ここから日置エイドまではひたすらの下りだ。

足の弱っている時の下りほど辛いものは無い。
無理するとさらに足のダメージが酷くなるし、無理にスピードを落とすとブレーキになって足に響く。
慎重に前傾姿勢を保って、歩くように走る。下りのベタ歩きは、先を焦らせるので少し走った方が良いと思う。


日置エイドはミニカップラーメンが食べられるエイドだ。
暑さのせいか食欲は無かったが、どんべいをリクエスト、無理やり食べるとこれが美味い!
スープの塩気が体に染みる〜

おにぎりも有ったが、さすがに食べられなかった。

トイレを済ませストレッチしてからリスタート。

ここから湯元温泉までが非常に辛かった。

湯本温泉へ曲がる正明市の交差点までが交通量が多く歩道はあるが結構怖い。
しかもアップダウンのある歩道で、車道の1m上くらいを歩いたり、同じ平面に戻ったりを繰り返す。

交差点を右折し、湯本温泉への5キロ弱の上り基調の直線。
湯本温泉エイドでチェックして折り返してくるのだが、帰ってくる人がうらやましくて仕方がない。

ああ俺も、早く戻りたい。。。このころだいぶ心がやられていたと思う。

自販機で麦茶を買い、歩きながら湯元温泉エイドに到着。

座り込んでいると、あと30分でバスが来ると言う話が聞こえてくる。

いかん、誘惑に負けそうだ。早く出よう。

チェックを忘れる所だった。
ここでチェックを忘れては、ここまでの苦労が水の泡だ。


帰りの道は下り基調なので楽だ。日も陰り涼しくなってきた。でも、胃腸の調子は戻らない。

セブンイレブンで乳酸菌飲料を飲んでみた。おろろ?食欲が出てきた。早速おにぎりを食べる。
ピルクルありがとう!紙パックだし500mlも飲んだから体冷えちゃったけどね(笑)

地下道をくぐり左折して仙崎公園エイドを目指す。
だいぶ頭をやられていたのか、途中の陸橋が青海大橋に思えて、道を間違えたと思い地図を確認する。
後ろからランナーが来たので、正しいことが分かる。

仙崎公園は明かりを煌々と着けていた。続きを読む

川尻岬沖田食堂のカレーは、量は少なかったが美味かった。

夜が明けてから、旧油谷中学までは曇天で肌寒い感じで、走るにはちょうど良い感じだった。
その後、徐々に日が出てきて、俵島を回るころは、かなり暑かった。

川尻岬に着く頃には、走るにはきつい暑さになっていた。

カレーと一緒に、ビールやノンアルコールビールを飲んでる人がかなりいた。
ビールを飲んだら足がもつれそうだし、ノンアルコールビールはさらに体に悪そうだ。

結局、冷えたポカリスエットを買ってリスタート。

GPSの充電をカレーを食べながらやったが、20分程度では次のエイドまでしか持たない。
ここと、立石観音で充電したが時間の無駄なので、日置からは充電しながらザックに入れて走った。
その間、時計を見れないが心拍数も上がらない速さだし、ペースも時間もわからなくても特に困らなかった。
次回からは、この手で行こう。

さっきの気持ちのいい下りを汗をかきながら苦労して上る。
上り切った後は、アップダウンを繰り返す。急な下りを終えて海岸線に出るとしばらくは平坦な道だ。


 ここで撮ったのが今回の唯一の撮影。
 海の色が日本海とは思えない。
fullsizeoutput_337d



fullsizeoutput_3383


 
続きを読む

このページのトップヘ