2007年08月27日

安倍改造内閣

 いよいよ27日、安倍改造内閣が発足する。マイナーチェンジどころではない、ビッグマイナーチェンジ、いや、総理以外はフルモデルチェンジになるのではないかという噂が流れている。

 私は戦後レジームからの脱却という安倍総理の方針がとても気に入っている。その柱は憲法改正だといわれている。

続きを読む

tangatafenua58581 at 03:40コメント(3)随想録 この記事をクリップ!

2007年08月16日

妄想爆発のF1東京グランプリ

 先日こういう記事が出た。FIAのバーニー・エクレストンが東京での市街地レース開催に興味を持っており、某テレビ局にこの話を持ちかけているというのです。

 まあF1といえばフジテレビ、そして、お台場です。お台場は埋め立てで人工的に作られた土地ですので、規制のうるさい日本の道路の中では、一番レースに向いているだろうということですが、石原都知事が在任中、つまりあと4年の間であれば、この話が実現するのではないかという期待が高まっております。

 

 

続きを読む

tangatafenua58581 at 05:11コメント(2)随想録 この記事をクリップ!

2007年08月15日

開戦の理由やいずこ

 戦後62回目の終戦記念日。玉音放送で日本国民が敗戦を甘受した日から、62年の歳月が流れた。

 不戦の誓い、戦争の傷跡、平和と命の尊さ。それもいいだろう。

 しかし、戦後62年を経てなお、「あの時なぜ戦争をせざるを得なかったのか?」という部分について本格的なメスを入れているマスコミは相変わらずいない。

 昭和26年5月3日、米国議会上院の軍事外交合同委員会で行われた質疑応答で、ダグラス・マッカーサーは以下のように日本のおかれた状況を述べている。

 「彼らには、綿が無く、羊毛が無く、石油製品が無く、スズが無く、ゴムが無く、その他にも多くの資源が欠乏しています。それらすべてのものは、アジア海域に存在していたのです。これらの供給が断たれた場合には、日本では、一千万人から一千二百万人の失業者が生まれるという恐怖感がありました。したがって、彼らが戦争を始めた目的は、主として安全保障上の必要に迫られてのことだったのです。」

 どこのマスコミも、このマッカーサー証言を報道しようとしない。 

 戦争というものは相手があって初めてできるものである。したくなかった戦争をせざるを得なかった状況を作り出したのは、日本国自信ではなく、留まることを知らない膨張覇権主義を推し進めていった欧米列強のほうなのだということを、日本人は今一度確認しておかなければならないとおもう。

 21世紀は、日本に帰せられた数々の言われなき汚名を返上する100年にしなければならない。

 


 



tangatafenua58581 at 23:32コメント(2)随想録 この記事をクリップ!

2007年08月09日

ドルジ危うし

 横綱朝青龍の出場停止と謹慎が決定した。この件については厳しいとか甘いとか、いろいろな意見があると思うが、私はまだこの程度の処分では甘いと思っている。

 これまで朝青龍は数々の問題を起こしてきた。土俵上で相手をにらみつけたり、髷をつかんで反則負けになったり、座布団を蹴っ飛ばしてみたり、勝負が付いているのに相手を突き飛ばしたり、懸賞金を左手でわしづかみにしたりと、横綱の品格を傷つけるようなことをしてきた。

 疲労骨折で巡業を休むといいながら、見事な体の切れでサッカーを行い、ついに処分が下った。

 

続きを読む

tangatafenua58581 at 19:32コメント(6)随想録 この記事をクリップ!

2007年08月06日

合掌造りのレストラン「ひたち野」 筑波山

外観

筑波山の山中にあるレストラン「ひたち野」は、常陸牛の専門店で、外観は特徴的な合掌造りとなっている。

風返し峠の入り口付近から門を入るとこの建物が見てくる。

 

 合掌造りの民家3軒を移築して組み合わせたとあって、かなり大きいレストランである。

店内

 店内はとてもいい雰囲気。合掌造りという和の建築様式に、洋風でモダンなな雰囲気が加わっている。

 どこか明治の雰囲気を感じさせるが、当然のことながら私は明治の時代を知りません・・・。

 

続きを読む

tangatafenua58581 at 10:49コメント(2)紀行 この記事をクリップ!

2007年08月04日

とんぼ

とんぼ正面

 

 

 

 

「虹だって15分も続いたら、人はもう見向かない」

ゲーテ



tangatafenua58581 at 01:09コメント(2)寫眞 この記事をクリップ!

2007年08月03日

久しぶりの車

筑波山用事があって茨城県に出かけてきた。

何度見ても筑波山はいいものだと思う。

しかし、昔のように峠を攻めようという気持ちがおこらないのには自分でもガッカリしてしまった。

 昔は特にくだりになると喜んでコーナーを攻めていたが、今は普通に運転している。しかも体にかかる横Gがちょっとしんどかったりして、後ろから走り屋みていのがくると端にとまって道を譲り、バイクが追いついてくると左にすこしずれて先へ行かせる。

 スピード出してなにが楽しいのかと思うようになったのだ。

ひたち野駐車場

 そもそもレガシィーB4なんて峠を攻める車では無いように思う。かつて房総中腹のタイトな峠を激しく下っていたら、あまりにフロントヘビーなこの車にはきつかったのと、私の運転がへたくそだったこともあって、前輪がずるずるすべりはじめたことがあった。

 

 なにも筑波を走るためにきていたわけでもないので、目的地に着く前にタイヤへたらしてちゃどうしようもない。

 そういうわけでちょろちょろっと雰囲気を楽しんで、食事を楽しんで終わりにし、お遊びはおしまいということにしておきました。

 

 



tangatafenua58581 at 21:36コメント(2)今日の一日 この記事をクリップ!

2007年07月31日

民意を問う

 参院選挙は自民党の惨敗におわった。完全な負けである。

 この選挙は不祥事と過去の問題に足を引っ張られた選挙であると言っていい。

 社会保険庁にはじまり、閣僚の不用意な発言や他を省みない対応によって、他人と自分に首を絞められたのである。

 民主党の勝利は自ら得点を奪って勝ちきったのではなく、相手のオウンゴールによって勝利したものであり、民主という政党に多くを期待すると早晩失望することになりえないのではないかと私は見ている。

 

続きを読む

tangatafenua58581 at 01:45コメント(2)随想録 この記事をクリップ!

2007年07月29日

借り物の服を着た代償

 自民党の惨敗については閣僚の不用意な発言や事務所費問題が大きいとおもうが、これらの問題が無くても自民党はかなり議席を減らしていたのではないかと思う。

 というのも、安倍総理が就任以来、自分の政治をまったくと言って良いほどやってこなかったからだ。

 安倍総理は「美しい国」を作ると言った。しかし、国民が求めたのは、「やさしくて強い国」だったのではないかと思う。弱者に優しく、内外の不当な要求に対しては毅然として闘う政治家、それを安倍総理に期待したのだと思う。

 そもそも安倍総理は拉致問題への取り組みで拉致被害者の家族から信頼され、その支持をもとに国民的な人気を得た。

 つまり、善良な日本国民が当然に持つ感情を代弁してくれる、悪と闘う、それが安倍総理だと期待した。

 

続きを読む

tangatafenua58581 at 22:14コメント(2)随想録 この記事をクリップ!

2007年07月26日

ついに終戦

 アジアカップはサウジに敗れて終戦を迎えた。前半25分あたりまでは日本の猛攻がつづいたが、パスをまわしてゴール前にアプローチしていくしんが続いた。

 ただ、ゴールを奪うという意識の低さ、この期に及んで綺麗なサッカーをやろうとする意識のズレ、シュートを打たないメンタリティー。これが勝負をわけたということなのかもしれない。

 サウジ対カザフの試合を見たとき、これはオーストラリアよりも手ごわいなと思った。スピードはあるし、個人技もある。特に日本は斬り込んで来るドリブラータイプに弱く、ファールでしかとめられない。

 サウジのドリブルに対して枚数は足りているのに、最初に一人当たりにいかないで、ズルズルと後退してしまうシーンが多く見られた。

 

 

続きを読む

tangatafenua58581 at 00:43コメント(2)随想録 この記事をクリップ!

2007年07月15日

亜細亜を知らない蛙、大海を知らない亜細亜の蛙

 アジアカップ2007が東南アジア4カ国共同開催で行われている。この大会はいくつか新しいことがある。

 それは、アジアカップでは初めての4カ国共催ということと、アジアサッカー連盟に移籍したオーストラリアの参戦という2つだ。

 オーストラリアと言えば昨年のドイツW杯で日本代表を完膚なきまでにたたきのめし、最終的にはベスト16まで進んだ強豪である。

 なんといってもオーストラリアはラグビーが強いが、サッカーでも優秀な選手がたくさんいる。

 母国語が英語であることもあって、日本とは桁違いの人数が欧州のクラブ、特にプレミアリーグでプレーしている。

 このことをもって、アジアカップの優勝候補筆頭にあげられていたのがオーストラリアである。

 

 

 

 

続きを読む

tangatafenua58581 at 23:02コメント(2)随想録 この記事をクリップ!

2007年06月09日

またのお越しを:李登輝前総統離日

 台湾の李登輝前総統が今日離日した。

 5月30日から今日まで、思い出の日本を精力的に駆け回り、各地で講演と散策を行い、心ある人々から大歓迎で迎えられた。

 李登輝前総統は84歳。滲み出る深い教養と、圧倒的な大局観を備えた歴史に残る大政治家であるとともに、「22歳まで日本人だった」と公言してはばからない親日家である。

  ダンディズムという言葉では安っぽい。人はこのようにあるべきだという理想を、私は李登輝前総統に見ている。 

 私は尊敬する人物を一人挙げろといわれたら、真っ先に李登輝前総統とこたえる。

    中国の温家宝などに国会演説をさせるのなら、私は李登輝前総統にこそ国会で「先輩日本人」として、堂々と演説をしていただきたい。

 そんな度胸も見識も、今の日本には無いのが悲しい。

 どうか末永くお元気で、近いうちにまた日本へ来てほしい。



tangatafenua58581 at 23:15コメント(2)随想録 この記事をクリップ!

2007年06月02日

NZ TRAVEL CAFEの話の続き

レシート 結局トゥイについては4本くらい飲んだ。久しぶりの酒であり、仕事明けということもあって、かなりいい気分で酔っ払うことができた。

 いちおうここはカフェだが、最初からお茶を飲むなんて気持ちはサラサラ無い我々のペースはなかなかのものだった。

 お互い誕生日が近いこともあり、「十の位がひとつ変わるのが重かった」なんて心境を吐露しながら、昔話に花を咲かせた。

 酒の勢いは時に人を雄弁にさせるが、その反面、変な感傷を引き起こしてしまうこともある。

 

続きを読む

tangatafenua58581 at 13:42コメント(3)随想録 この記事をクリップ!

ニュージーランド・トラベル・カフェ

 先日、あまりうれしくもない誕生日を迎えた私は、久しぶりに学生時代の同期の娘と再会した。

 一応祝ってくれるということだったので、ありがたくその招待に預かり、六本木のニュージーランド・トラベル・カフェに足を運んだのだ。

 ニュージーランドには一家言あるこの私としては、東京のど真ん中でニュージーランドの看板を掲げて商売をする以上、それなりのものを出してもらわなければ納得できませんという意気込みだった。

 

 

続きを読む

tangatafenua58581 at 00:04コメント(2)随想録 この記事をクリップ!

2007年05月02日

何もない、結局は。

  人生は虚しい。生きるものはいつか死ぬ。死んで跡形もなくなる。ただそれだけ。結局はそれだけ。

tangatafenua58581 at 02:39コメント(2)随想録 この記事をクリップ!

2007年04月11日

へんな臭いがする

moleskine

MOLESKINEの2007diaryを使って日記をつけている。

しかし、どうにも気になっていたことがあった。それは、紙から変な臭いがするということだ。

いままで使ってきたMOLESKINEは、こんな臭いしたことがなかった。でもこれはあきらかに違う。

ビニールを破って封をあけ、ページをパラパラとめくったときから、なんかおかしいと思った。

でも、最初はあまり気にならなかった。新品の紙の臭いだろうと思っていたので。

 

 何の臭いかといわれても、うまい具合に例えば見つからないが、いいにおいではない。

 インターネットで調べてみたら、やはり私と同じことを感じている人はおおくいるようで、みんな最近のMOLESKINEはちょっと臭いと言っていた。

 使用開始から4ヶ月がたった今、ずいぶんとその臭いもなくなってきたが、一体あれはなんだったのか、ちょっと教えてもらいたい。

 

 

 



tangatafenua58581 at 22:25コメント(3)MOLESKINE この記事をクリップ!

2007年04月08日

京都駅一考

224fdaea.JPG

 前に京都へ行った時、京都タワーへ登った。京都の夜景はとても美しく、ため息が漏れるほどだった。

 古都・京都の玄関である京都駅を拠点に動き回ったが、どうしても納得の行かないことがあった。

続きを読む

tangatafenua58581 at 00:55コメント(2)随想録 この記事をクリップ!

2007年03月24日

ハードロックカフェ

c5406481.jpg

 友人と成田にあるハードロックカフェに行って食事をした。しかし、たぶんもう行かないと思う。まずいちばん嫌だったのは、店内がうるさいということだ。まあハードロックカフェなんだから当たり前なのかもしれないが、私はこういうのがダメなんです(´0`)

 

続きを読む

tangatafenua58581 at 02:28コメント(2)今日の一日 この記事をクリップ!

2007年03月23日

早期英語教育はなぜ危険か?

 07年3月22日の読売新聞の夕刊に「早期英語教育に必要な覚悟」というエッセイが載っていた。

 フリージャーナリストの多賀幹子さんという人が寄稿しているのだが、私はこの方を存じ上げない。

 まあ、それはさておき、内容には非常に共感できるものがあり、今回はこれを取り上げてみたいとおもう。

続きを読む

tangatafenua58581 at 01:18コメント(2)随想録 この記事をクリップ!

2007年03月20日

イラク自衛隊『戦闘記』

イラク自衛隊「戦闘記」
 著者は「ひげの隊長」こと佐藤正久氏。アメリカからの執拗な要請に応える形で派兵された自衛隊だが、イラクのサマーワ県に自衛隊の基地を設営して本隊を迎えるべく、先遣隊として派遣されたのがこの佐藤正久一等陸佐(当時)である。続きを読む

tangatafenua58581 at 22:32コメント(4)単行本 この記事をクリップ!
Profile
スパさん
「やがて老齢と経験とが、手をたずさえて、彼を死へと導いてゆく。そのとき彼は覚らされるのだ。あのように長い、あのように苦しかった精神であったのに、自分の生涯はみんな間違っていたのだ、と。」
                                  ゲーテ『詩と真実』
Recent Comments