通販で「LIVA-B3-2G-32」を買いました。

  それって何?(゚ε゚ )

いきなり型番を言われてもサッパリですよねw
まずは写真をUPしてみます。


IMG0501111212
箱はこんな感じ。デジカメの箱みたいなサイズです。



IMG0501111234
マザーボードとACアダプタ。ACアダプタの方が大きいくらいですw
この他に、無線LANのアンテナとか、Bluetooth/無線LANの
モジュールが同梱されていました。



IMG0501111256
マザーボードに、Bluetooth/無線LANのモジュールを刺してネジ止め。
それをケースに
入れ込んだ状態の図。
ちなみに無線LANのアンテナは、
両面テープで箱に貼り付ける方式です。この写真だと、マザーボードに
隠れていて
見えませんけども。




IMG0501111320
で、フタを閉めて完成。3分くらいで作れました。ネジ止めが必要になる
箇所は、
Bluetooth/無線LANのモジュールの1個だけ。なのですが、
精密ドライバが必要ですね。
なお、ケースのフタを閉めると、それを開けるにはコツがいります(゚ε゚ ;
むやみに何度も開閉すると、ツメの部分を破損してしまいそう?


……という事で、一言でいうと「すごく小さいPC」です。詳細は
こちら にオマカセするとして。簡単に言うと、ちょっと
スペック的には弱いものの、メモリやストレージ類が全て
搭載済みの極小PCですね。17,000円前後で売られている
事が多い様子です。


CPUはCeleron N2806、メモリ2GB、ストレージは32GB。
個人的には、この構成でこの価格ならば安いと思います。
パーツ類を一切追加する必要が無いので、ベアボーンと
いうよりは、完成品のPC本体を買う感覚です。OSだけ
用意すれば使えるワケです。

  むしろパーツを追加出来ない、という
  表現が正しいですが(゚ε゚ )

欲を言えば、メモリは4GB欲しかった。でも、あまり多くを
求めなければ、十分に活用の場はあると思うのですよ。

  ・FANレスなので騒音ゼロ
  ・iPhoneと同じ程度のサイズ(もちろん厚みはあるw)
  ・モバイルバッテリーでも動くという省エネっぷり
  ・当然ですが、Windowsが普通に動くYO

このあたりが特徴だと思います。特に、消費電力が
すごく低い点。FANレスでSSDゆえ、駆動部品が無いのも
いいなって思います。PCで故障する箇所って、大抵は
駆動部品なので。一度設置したらサッパリメンテしない
ファイルサーバなんかに最適じゃないかと思います。
いや、メンテはしろYOって話なんですけども(゚ε゚ )うむ

で、今回俺が試みたのはWindows7のインストール。
これは現在、LIVAでは非対応OSです。でもさ、
Windows8.1が対応OSって事だしさ。だったら
7だって、ホントは動くんでしょ?みたいな。
というかですね、

  俺、Windows7 しか余っている
  ライセンスが無いんですよ……(゚ε゚ ;

Windows7でもいけるっしょ!という勝算はありました。
だって、HPからドライバ類をダウンロードしたら、
各ドライバの中に「Win7」ってフォルダがあったりするし。
少なくとも、チップセットと有線LANは何とかなりそう。
そう確信しました。いけるいける! 逆に考えるんだ
「1.1しか違わなさ」って考えるんだ。

というワケで、やってみました。

さて。LIVAは光学ドライブ非搭載ゆえ、USB接続の
外付けDVDドライブにて、Windows7のインストール。

  お? 普通にインストーラ起動した!Σ(゚ε゚ )

……と思ったのも束の間。ナゼだか、ハングアップ。
それも、お馴染みのブルースクリーンになるという事
ではなくて。

上手く説明できませんが、通常だと、インストーラが
起動するとマウスで操作できる状態になるっしょ?
そうなる直前あたりのタイミングで、画面上部に
ノイズが走って、そのまま固まってしまうのです。
なんだコレは……変な感じに固まります。

  もしかして初期不良!?Σ(゚ε゚ ;どぅへ~

なんて思ったものの。まあ待て、落ち着け俺。手持ちの
DVDドライブとの相性が悪かっただけかもしれん。
よろしい、それならばUSBメモリからインストールだ。

という事で、ブート可能なUSBメモリを作ったりと
色々やったのですが。今度は、どうやってもUSB
メモリからブートしてくれません。おかしい、そんな
ハズは……(゚ε゚ ; 結局、手持ちのいくつかの
USBメモリで試行錯誤したのですが、どうやっても
ブートしてくれません。

BIOS設定も何度か見直しましたが、良くワカラン。
だって、設定できる項目がすごく少ないんだもん……。
ブート関係の設定で、特に悩む所はありません。

でも、よくよく見たら「UEFI」の項目が固定でした。
互換モードの設定は無いっぽいし、もしかして
UEFIモードでないとダメ」とか!? そういう事!?

  ぬう、かなり時間を無駄にしたYO!(゚ε゚ ;

なので、ブート可能なUSBメモリを作るのはヤメ。
UEFIモードでインストールする為のUSBメモリを
作る事にしました。

どんなにハマったトラブルも、原因が分かってしまえば
単純なんですよねぇ。で、モクロミ通りにUSBメモリ上から、
Windows7のインストーラが起動しました。ヤッタネ!

  結果:DVDドライブ利用時と全く同じ(^ε^ )

……なんだよ! やっぱりダメなのかYO!くそう。
UEFIモードでインストーラが起動したのは良かったの
ですが、残念です。

  ……って、ちょっと待てよ?(゚ε゚ ;

LIVAにWindows7のドライバは近日中にリリース予定、
みたいな話なのですが。
インストーラが起動しないって
事は、仮に
ドライバがあってもダメじゃないの?
それ以前にインストーラが固まっちゃうワケだから。
どうするんだろ?

それでもECSなら……ECSならきっと、何とかしてくれる!

  ま、Windows8.1を入れてみるか(゚ε゚ )

Windows7のインストールは一旦諦めて、8.1を試す
事に。こちらは対応OSなのでいけるはずです。
でも手元に8.1は無いので、評価版をダウンロードしました。
で、USBメモリからUEFIモードでインストール。それだけで
アッサリとインストール完了です。

ドライバ類も公式HPからダウンロードして適用しました。
このあたりは、自作に慣れている人ならば悩む部分は
特にありません。スムーズでした。

さて、Windows8.1を操作してみた所、普通に使えて
います。YouTubeのHQ動画もサクサク見られます。
オッサンがネット見たり、オッサンがメールしたり、
オッサンがちょっと動画を見たりする分には全く
問題ないサクサク感です。

ところで。

公式HP上にBIOSが置いてありました。そこでピンと
来るじゃないですか。Windows7のインストーラが
ハングアップしたけど、BIOSをアップデートしたら
解消されるんじゃないの!?みたいな。

なのでさっそく、Windows8.1上でツールを使って
BIOSを更新。Windows上からってのがちょっと嫌ですが、
面倒なので……そのままやっちゃいました。

BIOS更新も無事に終わり。一安心。再びWindows7の
インストール用USBメモリを作りまして。いける!
今度こそいける! ちょっと遠回りしたけど、これで
Windows7に出来るネ!

  結果:BIOS更新前と全く同じ(^ε^ )

いや、Windows7が大好きとかって事じゃないんですよ。
でも「出来ない」となると、なんかフに落ちないというか。
別にWindows以外のOSでもいいんですけどね……。

という事で、Windows7はインストールできませんでした。
インストーラがハングアップする件、もし何かご存知な
人がいたら教えて欲しい……。

そんなワケで LIVA ですが。個人的には、満足しています。
って、まだ何も活用してないですが。しかし、手のひら
サイズのPCでここまで動くのは楽しいです。今後更に
スペックアップした物も登場予定らしいですし、その動向が
気になります。