今回はゲーム開発関係の話はお休みです。
まあ、毎回大した話も書いてないのですけども(゚ε゚ )


IMG0501111320
以前に書いた「LIVA-B3-2G-32」をいじってみた」の閲覧数が
多かったので、その続きをちょっとだけ書いてみたり。
今回は、Windows8.1のインストールについて書いてみます。

このPCは本当に極小サイズでして、光学ドライブ非搭載。
さて、どうやってOSをインストールしようか?という事です。

  USBで外付けのDVDドライブ使えばいいじゃん(゚ε゚ )

とまあ、そういう話なのですが。でも、DVDドライブを持って
いない場合はどうしましょ? 3千円くらいで買えるんだから、
悩むくらいなら買っちゃいなYO!という話です。でも……。

  逆に考えるんだ
  「DVDドライブが無くたっていいさ」と考えるんだ

普段使わないDVDドライブを無理に買う必要はありません。
USBメモリを利用して、そこからWindows8.1をインストール
出来ます。馴染みのない人は敬遠しがちかもしれませんが、
この手順には特に難しい点は無いのです。

●手順

1)OSのDVDを用意
今回はWindows8.1とします。Windows7でもいけるハズです。
が、手順「以外」の部分で問題があって、Windows7は
インストール出来ませんでしたが(゚ε゚ ;

2)8GB以上のUSBメモリを用意
4GBだと容量的に足りないかもしれません。もし手元に無ければ
買いましょう。

  おい! 結局、買う事になるのかYO!Σ(゚ε゚ )

こればかりはどうにもなりませんがドンマイ(゚ε゚ )hahaha
人によると思いますが、USBメモリくらいは誰でも持っていると
思いますし、外付けのDVDドライブよりは使い道が多いと
思うのです。何より、DVDドライブより安いし。

3)以下の手順を参考にする
Windows 7をUEFIモードでインストールするためのUSBメモリを作成する

  え~! 自分で解説しねえのかYO!Σ(゚ε゚ )どぅへ~!

と思った人もいると思います。いや誤解です、違うんですって!
上記のページが非常に分かりやすく素晴らしかったのです。
(言い訳になってない)

で。

一応、俺なりにポイントをまとめますと。LIVAの場合は

  「UEFIブート用」のUSBメモリを作る

という点がポイントとなります。レガシーBIOS向けの、
いわゆる「ブートレコート」が必須となるブータブルUSB
メモリを作る必要はない、という事で。

LIVAはUEFIブートのみ対応っぽいです。というのは、
BIOS上ではUEFI固定で変更出来ませんでしたので(゚ε゚ ;
UEFIブート非対応の古いOSなんかをインストールするのは
難しいのかもしれません。Windows7よりも古いOSとかね。
XPとかインストールするのはメンドウそうです。いや、
入れませんけども。

うーん。でも、Linux系とかもUEFI対応してないヤツって
あるんじゃないのかな? あまり詳しくないのですが、
UEFI固定ってのはマイナスポイントに成り得るような?
まあ、そういう時代だと言えばそこまでですが……。

  ま、ワリとどうでもいい(゚ε゚ )

UEFIって何?という話もありますが、なんかアレですよ。
BIOSに代わる新しいヤツ的な、なんかカッコイイ感じの、
なんていうの? ホラ、アレですよ。よくわからん(゚ε゚ )
詳細はググって下さい……。

でも、細かい事は分からなくてもね。自作している人に
とって、以下の手順は非常に簡単です。

  1)USBメモリをFAT32でフォーマット
  2)OSのDVD内容を全部USBメモリにコピー
  3)UEFIブートする為に必要な小細工をする

1)と2)は何も問題ないと思います。エクスプローラ上で普通に
操作が出来ますので……。つまり、3)がミソだと思います。
bootmgfw.efi」をUSBメモリ上にコピーする必要があるのです。
このファイルがないとUEFIブート出来ません。このファイルを
どうやって用意するかについては、上記HP中の

  手順2―「\efi\boot\bootx64.efi」ファイルを作成する

をご覧下さい。おそらく、USBメモリからOSをインストールしたい
のに「USBメモリからブートしねえ!(゚ε゚ ;」と困っている人は、
コレを見れば解決かと。

レガシーなBIOSではブートレコードが必要でしたが、
UEFIブートの場合にはブートレコードは必要なくて、ただし
上記のファイルが必要になる。のだと思います。たぶん。
俺はそう思っているのですが、間違ってたらスンマセン。

でもまあ、実際にWindows8.1をインストール出来たので
OKという事で。(゚ε゚ )hahaha

この記事の内容はWindows7の場合も全く同様です。
実際、Windows7のインストーラは起動しました。が、
残念な事に、Windows7はインストール出来ませんでした。
インストーラが起動途中にハングアップします……(゚ε゚ ;
これは外付けDVDドライブでも同様といいますか、
DVDだろうがUSBメモリだろうが、挙動は全く同じでした。
一応、最新版のBIOSにアップデートしてみたのですが、
それでも変化なし。

その理由は、LIVAのストレージがeMMCってヤツだから?
と想像しているのですが、よく分かりません。色々やっても
解決出来ませんでした。Windows7にも対応予定、という話を
チラホラ見かけるので、素直にそれを待つしかないのかも。
でも、具体的なリリース予定については見かけませんが……。

Windows7に限らず「公式に対応をうたっているOS」以外を
LIVAに入れる場合は、相応のスキルが必要かもしれません。
俺はもう諦めました……本当は7を使いたかったのですが。