なんJチャレンジ|2ch

PICK UP

    おすすめ記事

    ピックアップ

    憲法・法律に自信ニキ、自衛隊について教えてくれwww

    1 :名無しさん@おーぷん 2017/12/27(水) 13:52:38 ID:FYk
    自衛隊は合憲なんか?

    自衛隊として持てる武器、できる任務の範囲はどこまでが限界や?
    先制的自衛権はおけ? 空母はおけ?
    2 :名無しさん@おーぷん 2017/12/27(水) 13:54:53 ID:A10
    自衛隊は合憲ではある。
    日本国憲法は交戦権の否定、戦力不保持をうたったもの。
    けれど自衛権までも否定はしていない。
    また、戦力というのも自衛のための必要最低限ならば含まない。警察力もいわんや
    7 :名無しさん@おーぷん 2017/12/27(水) 13:58:23 ID:FYk
    >>2
    どこまでが戦力かわからんよな
    11 :名無しさん@おーぷん 2017/12/27(水) 14:00:47 ID:uqg
    >>7
    どこまでが自衛のための戦力かなんて相対的なもんやし
    「どこまで」というが何で表したら納得なんや
    「この兵器はダメ」とかそういうことか?
    13 :名無しさん@おーぷん 2017/12/27(水) 14:02:12 ID:FYk
    >>11
    せやな!なんで戦闘機は良くて爆撃機はアカンのかとか、太平洋戦争も自存自衛のためやし、それもセーフなのか?なぜダメなの?とかや
    17 :名無しさん@おーぷん 2017/12/27(水) 14:10:16 ID:uqg
    >>13
    そもそも法ってのはある程度抽象的なもんなんや
    あんまり具体的にするとカバーできる範囲が狭すぎていちいち表現できなくなってしまうやろ
    せやからある程度は解釈で補うもんなんや
    例えばサッカーは手を使ったらハンドやけど「手」ってどこからどこやねんとかいちいち細かく決めてたらキリないやろ?
    憲法なんか特に国の根本的なあり方や考え方を決めるもんで具体的な話は法律の仕事なんや

    そういう前提で戦闘機はよくて爆撃機はダメってのは「自衛のための戦力はオッケー」ってルールの趣旨から解釈してる
    戦闘機は偵察とかに使うやろし領空侵犯されたら空飛んで戦わなアカンし…自衛のための戦力やろな
    でも爆撃機って破壊活動に使うもんやんけ!自衛ちゃうやん!
    って感じの解釈で違ってる
    もちろん解釈する人次第で判断変わるしそこは戦争とか軍隊知らん裁判官が一生懸命調べて頑張ってる
    21 :名無しさん@おーぷん 2017/12/27(水) 14:18:31 ID:FYk
    >>17
    事細かにしらべんとあかんのやな(´・ω・`)
    そのたびに議論になるのは大変や
    3 :名無しさん@おーぷん 2017/12/27(水) 13:55:14 ID:iwp
    >>1
    国際法的には自衛権は認められてる
    日本国憲法に照らし合わせると解釈の仕方による
    クラスター爆弾みたいな広範囲に敵を殺傷する武器は最低限には含まれない
    8 :名無しさん@おーぷん 2017/12/27(水) 13:59:16 ID:FYk
    >>3
    広範囲はダメなんか?
    4 :名無しさん@おーぷん 2017/12/27(水) 13:56:53 ID:117
    違法とは言いきれないってレベルじゃない?
    しらんけど
    9 :名無しさん@おーぷん 2017/12/27(水) 13:59:53 ID:FYk
    >>4
    自信の無いニキはよんどらん
    5 :名無しさん@おーぷん 2017/12/27(水) 13:57:48 ID:A10
    勘違いすべきでないのは、国際条約は自衛権は権利として認めているのであって、その権利を履行するかしないかは国内法で決めるもの。
    10 :名無しさん@おーぷん 2017/12/27(水) 14:00:45 ID:FYk
    >>5
    国連「使っても別にええんやで」

    国「使おうかどうしようか」

    って事か!!
    6 :名無しさん@おーぷん 2017/12/27(水) 13:58:11 ID:zDG
    政府の解釈では合憲だから合憲だぞ
    12 :名無しさん@おーぷん 2017/12/27(水) 14:01:37 ID:0nI
    国際法的には自衛権は主権の全うのために認められてるからいい
    憲法的には統治行為論がないとグレーゾーン
    16 :名無しさん@おーぷん 2017/12/27(水) 14:09:43 ID:FYk
    >>12
    グレーなんか
    14 :名無しさん@おーぷん 2017/12/27(水) 14:07:12 ID:A10
    性能上 相手国国土の壊滅的な破壊のためにのみ用いられる、いわゆる攻撃的兵器を保有すること。これは自衛のための必要最小限度の範囲を超えることになるいかなる場合にも許されない。
    ICBMとか攻撃型空母は無理。
    18 :名無しさん@おーぷん 2017/12/27(水) 14:10:24 ID:FYk
    >>14
    相対的に決まるんやな。
    集団的自衛権も許されるんやろか
    20 :名無しさん@おーぷん 2017/12/27(水) 14:16:57 ID:A10
    >>18
    憲法における自衛権が集団的自衛権も含むならば認められる。
    判決における自衛権は個別的自衛権しか考えてないだろうけども、安倍内閣は「自衛権」は集団的自衛権もある。なぜならばこれは国際法上認められた権利だと。
    自衛のみで動ける。憲法に「自衛」はなく。判例で決めたもの。
    専守防衛から外れて集団的自衛権が合憲なのかわからない
    15 :名無しさん@おーぷん 2017/12/27(水) 14:08:38 ID:A10
    何が良くて何がダメかなんて、武器の性能と目的によりけり。
    自衛力も周りが弱小国ばかりの時と超大国ばかりの時とじゃ変わる相対的なもので判断しずらい
    19 :名無しさん@おーぷん 2017/12/27(水) 14:11:58 ID:WCi
    抽象的なのは恣意的悪用もあるから危険
    22 :名無しさん@おーぷん 2017/12/27(水) 14:20:15 ID:3Jh
    戦争放棄と自衛権は矛盾しない
    しかし自衛隊は明らかに戦力←ここが問題
    こんな感じや
    23 :名無しさん@おーぷん 2017/12/27(水) 14:25:11 ID:A10
    >>22
    どこが「あきらかに」戦力なんや
    24 :名無しさん@おーぷん 2017/12/27(水) 14:28:42 ID:dp7
    >>23
    戦える力があるじゃろ
    25 :名無しさん@おーぷん 2017/12/27(水) 14:29:33 ID:A10
    >>24
    戦える力ってなんや。警察力も戦力なんか?
    26 :名無しさん@おーぷん 2017/12/27(水) 14:30:18 ID:5Je
    難しいンゴ
    27 :名無しさん@おーぷん 2017/12/27(水) 14:31:17 ID:5Je
    敷き詰めたら侵略戦争も自衛戦争として行けそうやな
    28 :名無しさん@おーぷん 2017/12/27(水) 14:32:14 ID:A10
    >>27
    ドイツだって自衛目的でポーランド攻めた。ドイツ国防軍って名前やったし。

    日本も自衛で始めたという大義名分がある

    1001: 厳選記事 2020/01/01 ID:なんJ


    コメント

      • 1: 名無し@チャレンジ
      • 2018年01月13日 09:21
      • 【返信】
      • なんか勘違いしてるけど「自衛のために戦争する」と「自衛のためにpowerを保持する」は別のことやからな
    コメントする
    評価する
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット
    カテゴリ別アーカイブ
    最新コメント
    アクセスランキング